道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

理解不能

今日は自分の職場の総会。

当然事業や会計の報告があるんですが、わからないのが会計報告。
自分の職場、一般の会社と違って公益法人なので、貸借対照表なんかも様式が違うんですが、
これが3年目の今でも見方が難しくてよくわからない。

経理の人に聞いても「そりゃ普通じゃ難しくてわからないよ」と・・・
お役所との関係で記載するフォーマットが決まっているそうなんですが、ちょっとレクチャー
してもらったくらいでわかるのは、よほどの会計のプロ。
一般ピープルには理解できる代物じゃないそうです。

じゃ、総会に来ている人は、ほぼ100%わからないで会計報告を聞いてるってこと?

それはともかく、前々から思ってるんですけど、なんでこういう時ってダークスーツに白シャツ、
ネクタイ、黒靴なんでしょ?

自分、ホスト側で指示もあるのでそうしてますが、この暑い中、衣替えも終わってるのに・・・
日本の不思議な習慣です。



<京都で見つけたあんなもん・こんなもん>

永平寺に行くとき、特急サンダーバードに乗ろうとして気付いた「京都駅 0番線」。
0番線の存在は「ブラタモリ」で知って、そのホームに初めて立ちました。

20170609a.jpg

確かに、0番線の表記。

しかも1番線がなくて、左の電車が止まっているのは2番線。
間のホームのない通過線が1番線らしいです。

20170609b.jpg

調べてみたら0番線のある駅って全国に40もあるそうで、東京でも綾瀬、日暮里がそう。
ホームの移設の順序だったり、理由はいろいろあるみたいです。


もう一つ、京都駅の地下道で見つけたコインロッカー。

20170609c.jpg

壁面上下に施された模様がなんと源氏香の図。

滅茶苦茶マニアック!
それとわかる人しかわからないでしょうけど、でも京都に似合う、京都らしい図柄です!
(一言説明を入れれば外国の人にもわかってもらえるのに・・・)

by かねごん

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

6時間30分

今週、「どうも空がすっきりしないなぁ」と思っていたら、今日梅雨入りが発表されました。
しばらくはジメジメした天気が続きますね。

今日は千葉の四街道という所で打ち合わせがあって、職場から片道1時間50分、乗換え4回。
小一時間打ち合わせのあとは、家まで乗換えの少ないコースを選んで2時間50分、乗換え2回。
朝の通勤も合わせると6時間30分近く電車とバスに揺られていた計算。

いや、さすがに電車で寝てるだけでも疲れました。


話は変わって梅雨入り前の先週金曜、職場の帰りに歩いた銀座。
夜7時頃から約20分の間、雲一つなく晴れた空が濃い水色から群青色、そして藍色へ、見事な
変化を見せてくれました。

20170607a.jpg

始めはビルのガラスの光を狙ったつもりが・・・

20170607b.jpg

ほんの数分、四丁目の交差点に来ると群青色に・・・おっ・・・

20170607c.jpg

さらに15分ほど、有楽町まで来ると、藍色になって

20170607d.jpg

3分後、数寄屋橋交差点では、さらに深い色になって闇に吸い込まれていきました。

こんなきれいな変化が見られることも、天気と自分のタイミングが合わないとなかなか無い?
これはちょっと得した気分でした。

by かねごん

ぬいぐるみみたい

一昨日壊れたタンスの引き出しの底板、修理しました。

先ずは中の衣類を出して、引き出しを外してみると、底板を支える桟が折れたんじゃなくて、
前面の板に掘られた桟をはめるホゾから下が、板の反りで割れた感じでした。
(こういう時に写真を撮らない、気の利かなさ><)

そこでもともと打ち付けてあったU釘を外して、割れた部分を戻して、ホゾの入った部分全体を
割れていない部分も含めて細く長い釘を打って終了。

想像よりも複雑な壊れ方だったんで、ちょっと手間取りましたけど無事終了です。


20170604.jpg

昨日、ショートカットになった瑠奈、なーんか幼くなって、触った感じもぬいぐるみみたい!
親バカ?ですけど、この方が癒されるというか、萌えるというか・・・(笑)

個人的には、ショートも好きです!



さて京都の写真の整理、撮った数はいつもより少ないですけど、まだ何もできていないです。
とりあえずパソコンにコピーしただけ。
その中で、鉄博の写真が思った以上に多い??

ま、整理できたらまた紹介します。

by かねごん


テーマ:ペット - ジャンル:写真

ロン毛にサヨナラ

ちょっと更新切れましたが、しっかり俗世に戻って仕事してます。

そして今日は瑠奈のトリミングの日・・・ついにロン毛にさよならしました。

瑠奈は我が家で三代目のシーズー、今までずっとロン毛だったんですけど、この子は一番元気で
おてんばで、その分毛玉もひどくて、一日おきのブラッシングでは毛玉の成長の方が早くて、
さすがに手に負えなくなってしまいました。

数ヵ月前からトリミングで「短くして」と言ってたんですが、その都度「えぇ~っもったいない」
と説き伏せられて・・・でも今回は「家族の総意」ってことでカットしてもらいました。

20170603a.jpg

Before

20170603b.jpg

After

まったく別人・・じゃない別犬。

こうしてみると思ったより小顔だし、眼も大きかったのね(笑)
すっごく幼く見えます。
耳にリボンぐらいつけてあげたいけど、それも無理。
毛はまた伸びてくるので、この辺から妥協点を見つける感じですかね。



話は変わって昨夜、タンスに洗濯物をしまっていたら「ミシッ」
引き出しの底が1/4程抜けてしまいました。

よく見ると引き出しの裏で底板を支えている桟が古くなって一部折れてしまった様子。

もう30年使ってるからなぁ・・・と思いつつ、とりあえず折れた部分を元の位置に釘で止めれば
底板に割れ欠けがなければ何とかなりそう。

明日あたり引き出しの中を全部出して、引き出しを外して、チェックして修理してみましょう。

by かねごん

俗世に帰る

夜10時過ぎ、また俗世に戻ってまいりました。
今日は湿度も高く、また一段と暑い日でしたね。

そして予定通り、一日京都鉄博で遊んでました。
と言っても、これ、一日じゃ見切れないです。

ちょうど汽車にも乗ったことがあって、東海道新幹線の開通も知っている、私らの世代には
鉄道好きじゃなくても「ああ、あったよね」で通じる世界。

機械好きの人間(私もその一人)には、この鉄の生き物がたまらない。

20170530a.jpg

歴代の特急列車を前に、自分も「全部乗ってます」

外の機関庫に行けば、ずらり並んだ汽車がお出迎え。

20170530b.jpg

一両ずつ見始めると、もういくら時間があっても足りません。

20170530c.jpg

ナメクジと呼ばれたD51の初号機も。

で、4時間半近くいたんですけど、半分見たのかな?
自分の見るペースだとここ、もう2回は来ないと・・・満足できないかもしれません(笑)


で、ホテルで荷物を引き取って、ちょっと早めに伊丹空港へ。
もちろんヒコーキの写真が目当てです。

なんてしたら「お暇な主婦の日常」のりらさんが「今日は休みだし、近くだから」とチャリ
飛ばして来てくれました。
りらさんにお会いするの、3年半ぶりの2回目。
お互い「顔、覚えてるかな~っ」・・・でも大丈夫でした。

りらさんの伊丹空港展望デッキの撮影場所(ってかお手振り場所?)教えていただき移動。
そこで目の前にいるANA機のプッシュバックが始まった瞬間、りらさんお手振りモード。

20170530d.jpg

20170530e.jpg

始め横に手を振っていた機長もこちらに気づき、続いてコーパイも。
「私に返しているのかわからないけど」と言ってましたが、いやいや手を振っているのは
りらさん、あなたしかいないでしょ(笑) でもこれ・・・楽しい。

短い時間でしたが、楽しい時間、過ごさせていただきました。


さて、明日から俗世で仕事です。
朝しっかり起きられるように・・・寝ます!

by かねごん

アカン!

いつものように気まぐれ街歩き。
「ちょっと東西の路を・・・」と地図を見ると、塩小路通を一本上った木津屋橋通にマークが無い。
そのまた北の下魚棚通も・・・

午前中にこの辺歩いて、午後もう一筋・・・なんて考えていたんですが、いざ歩き出したら暑い!

確かに予報じゃ30℃超えるとは言ってましたが、いきなりはまだ体が慣れてないです。
湿度が低いのがせめてもの救いですけど、照り返しも強くて、のぼせてくる感じがわかります。
昼過ぎまでの3時間余りに取った水分は1リットル近く。

さすがに「アカン!」

木津屋橋通と下魚棚通をクリアした後、この暑さの中で直射日光浴び続けるのはヤバいと判断して、
3時過ぎに撤収してきました。

それでも涼しくなる夕方からは、また夕食がてらに四条の方へ出かけましたけどね。

明日は今日よりもさらに2-3℃高くなるそうで、ますます要注意。
でも逆に行くところが決まりました。

「京都鉄道博物館」

実は今日、木津屋橋通を歩いていたら、正面に京都水族館が。

20170529a.jpg

「この向こうに鉄博があるんだな」なんて思いながら歩いていたら、目の前に写真で見た駅舎が。

20170529b.jpg

移築された旧二条駅です。

え・・え・・その先には鉄博のエントランスがあって、その後ろには・・・

20170529c.jpg

この格子の向こうにC62、クハ86、0系が・・・いるんです。

この場で立ち寄ってもよかったんですけど、まだ暑さにめげてなかったので、そのまま通過して
しまったんですね。

でも、腹が決まりました。

明日、最終日はギリギリまで鉄博で遊びますっ!!!(笑)

by かねごん

永平寺参り

今日は京都を離れて、福井にある永平寺に行ってきました。

年末の「ゆく年くる年」の中継でも出てくるお寺なので、知っている方もいるかもしれませんね。

永平寺は曹洞宗の大本山の一つ。
曹洞宗は他の宗派と違って大本山が二つあります。
一つがこの永平寺、そしてもう一つが横浜の鶴見にある総持寺。
総持寺は我が家のお墓もあるので、毎年お盆の時期に来るお坊さんからも永平寺のことは伺って
いたので「いつか行ってみたい」と思っていました。

福井への出張は無いので「行くチャンスは京都に行ったとき」と思っていましたが、京都からも
電車とバスに乗っている時間だけでも約2時間、乗り換えなども含めれば片道2時間半のコース。
いつもの京都に来る調子では、なかなか行けません。

そんなこともあって今回は「行く!」を決めてきました。

京都駅8時10分発のサンダーバード5号で先ずは福井へ。
そこからバスで約30分、どんどん山の中に入ってバスを降りると、土産物屋が並ぶ門前町が開けます。

20170528a.jpg

境内に入ると門前町の喧騒が一転、修行の場としての張りつめた空気に変わります。

20170528b.jpg

まぶしい新緑の中でも、どこからか読経の声が聞こえてきそう・・・

建物の中は修行の中心となる「七堂伽藍」などを見て回ることができ、基本どこでも撮影が可能
(フラッシュは禁止)ですが、僧はどのような時も修行中の身であるので、カメラを向けないで
との説明がありました。

20170528c.jpg

一番奥にあるいろいろな法要が執り行われる法堂(はっとう)。
天保9年(1843年)の改築だそうです。

20170528d.jpg

こちらは仏殿、ご本尊が安置されています。

写真でもわかるように、永平寺は山の斜面をそのまま利用して70余りの建物が作られています。
建物間の移動は、階段と廊下を使っての移動となりますが、どこに行ってもピンと張り詰めた空気。
背筋が伸びます。

20170528e.jpg

総持寺は広く市民に開かれたお寺、永平寺は修行の場としてのお寺・・・と聞いてはいましたが、
今日はそれを実感しました。

ずっと気になっていた永平寺参り、やっと実現して自分の気持ちもすっきりした一日でした。

by かねごん

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

前のページ 次のページ

FC2Ad