FC2ブログ

道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

ちょっといい出逢い

さて、明日1日仕事をしたらまた韓国出張、そして木曜日に大阪に戻って来て、金曜日は大阪で
仕事と言うややこしい生活。

でも土曜日から月曜日までの3日間、京都でのんびりリフレッシュできるので、それを楽しみに
がんばりましょう。

荷物も仕事関係はデータを入れ替えるだけで、ハード系は基本的に先週と同じ。
衣類が大阪の仕事用と、京都でのんびり用を追加するくらい。
カメラも邪魔にならなければ同じα6000、身軽にするならRX100M3、これは最後に決めましょう。



さて、先日のブリュッセル、ドタバタもありましたが、良い出逢いだったなぁと思ったことが1つ。

20180520a.jpg

最終日、ブリュッセルで紅茶を買おうといろいろ調べて見つけた「LA MAISON DE THE」に行きました。
直訳すれば「紅茶の家」
グランプラスから歩いて数分のところにある小さな紅茶専門店です。

1897年からこの場所で店を構えているとのことで、店内はインド、スリランカ、ネパール、
ベトナム等々各地の紅茶がずらり、それに中国茶に日本茶も・・・。
許可をいただいて中の写真を撮らせていただきました。

20180520b.jpg

店の御主人とお茶談議をしながら、いろいろ茶葉の香りを嗅がせていただいて品定め。
結局スリランカの紅茶園でも一番標高の高い「ヌワラエリヤ」と、「ちょっと高いけどね」と
店主のお勧めネパールの「シャングリラ・ゴールド」を購入。
「ヌワラエリヤ」は甘みのあるしっかりした香り、そして「シャングリラ」は弱めの発酵で
何ともやさしい香りです。
さすがにシャングリラはヌワラエリヤの4倍ほど、ダージリンの最上級の2倍ほどもする値段。
大奮発です。

20180520c.jpg

こちらがお店の御主人。
やはりプロと言うか紅茶ソムリエと言うか、ものすごい情報量をお持ちです。

「時々日本にもお茶を買いに行くよ」「自分用にはこれを使っているんだ」と出してきたのが
何と京都一保堂さんの急須。
一保堂さんは私も行きつけなので「私もこの店にはよく行くよ」なんて言ったらまた盛り上がり。

幸い他のお客さんもいなかったので(1人常連さんらしいのが指名買いのみ)、30-40分以上は
話し込んでいたでしょうか?

20180520d.jpg

あまり長居しても申し訳ないので、「じゃぁ、そろそろ行きます」と言うと「ちょっと待って」
と、なんとネパールの「クワパニ」という紅茶を50gもサービスしてくれました。
これだけでも15ユーロ(2000円)位する???

これはシャングリラよりも発酵が弱くて、紅茶と言うよりも緑の香りが残る茶葉。
「これは煎茶と同じで、お湯の温度は85℃くらいで3-4分、2-3杯は飲めるから楽しんで」
と、嬉しいプレゼントをいただきました。

日本茶もそうですけど、紅茶もこうしてお話しすると深いです。
御主人も「久しぶりに紅茶も日本茶も話ができて楽しかった」と、最後は握手でお別れしました。

ブリュッセルに行ったら、是非、いや絶対にまた行きたいお店。

そして今回、御主人とはとっても素敵な出逢いだったなぁ・・・と思える出来事でした。

by かねごん


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad