道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

城塞ザルツブルグ城

1カ月半ほど前に実家の庭にまいた除草剤、昨日実家に行って見ると一度雑草が枯れたあとから、また
小さな丸い葉の草が生え始めていました。

他の植木への影響がないように、地面にまいて根から吸収させる除草剤ではなく、葉にまいて葉から
吸収させて根まで枯らす除草剤を使っていたので、まだ芽が出ていない状態の草には効かなかった
みたいです。

3年近くかかりましたが、手ごわいドクダミにもしっかり効いた除草剤なんですが、種の状態では
芽が出てきたら繰り返しまくしかなさそうで、毎年根気がいる仕事です。



<ザルツブルグ城>

私が泊っていたザルツブルグ駅前(新市街)のホテルの部屋から見た、旧市街方向の眺め。

20171010a.jpg

切り立った丘の上に、ザルツブルグ城が望めます。
旧市街を歩いた後、このザルツブルグ城へ行ってみました。

ザルツブルグ城へは、旧市街を抜けてひたすら坂道を上るコースとケーブルカーがありますが、この
ケーブルカーの傾斜が半端じゃないです。

20171010b.jpg

写真の右に伸びているレールがをケーブルカーが走りますが、最大勾配が62%あるそうです。
計算してみたらなんど31.8°、スキー場に例えれば「壁」と呼ばれる上級者コースとほぼ同じ傾斜。
スキーやスノボをやる方なら分度器で見る30°とゲレンデでの30°との差、お分かりいただけるはず。

20171010c.jpg

実際に乗ってみると、これだけ傾斜のあるケーブルカーって、乗ったことない気がします。
傾斜が急すぎて結構怖いです(笑)
(高尾山のケーブルカーがほぼ同じ勾配で、日本一だそうです。)

そしてケーブルカーを降りると目の前に迫る岩壁、その上に城。
ケーブルカーの部分(高さ約100m)も含めて天然の地形を利用した城塞です。

20171010d.jpg

思わず「すげぇ!!」と、口に出てしまいます。

20171010e.jpg

そして岩壁に向かって左に行くと城内への入り口。

中は博物館になっていて、中世の生活品や宝飾品、武具、拷問器具から近代軍事いたるまで、幅広く
展示がされていて、なかなか見ごたえがありました。

20171010f.jpg

回廊に沿って並べられた大砲がザルツブルグの街に睨みを利かせています。

20171010g.jpg

眼下にザルツァハ川に沿ってザルツブルグの街並みが広がって、遠く地平線まで見ることができ、
ちょっと感動的な光景です。


ところで先に紹介したモーツァルトの生家もそうでしたが、展示物や室内の写真撮影もフラッシュを
使わなければ基本的にOKです。
日本と違ってこの辺はあまり撮影の規制はありませんが、念のため入り口では「写真撮ってOK?」と
確認すると間違いありませんね。

このザルツブルグ城見学、ケーブルカーの乗車も含めて12ユーロですが、これもザルツブルグカードの
提示で無料になります。

by かねごん


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad