道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

馴れないフライト

朝7時半、羽田に返ってきました。

今回の帰りの便、ロンドンを昼前に飛んで、翌朝に帰ってくる便。
いつもヨーロッパの帰りは夜に飛んで、翌日の夕方に日本に帰ってくる便で、昼前に飛ぶのは初めて。

昼前に飛ぶので、機内で寝るにもタイミングがつかめないし、熟睡もできないし。
考えてみれば羽田に着く7時半は、イギリスではまだ前日の夜11時半。
つまりイギリス時間で昼間の間ずっと飛んでいるってこと。

さすがにどこでも寝られる私でも、まとめて熟睡はできず、タブレットの映画を見ながら合計3時間半
くらい寝たのかな?

明日から時差ボケが出ないか、ちょっと心配です。


<ロンドンの地下鉄>

今回、ロンドンのヒースロー空港から街中、またホテルから会議場までの移動は「チューブ(Tube)」
と呼ばれる地下鉄で移動していました。

20171006a.jpg

かまぼこ型のロンドンの地下鉄車両。

背が低く、東京の大江戸線よりも背が低いです。

20171006b.jpg

ドアが大きく天井にかかっているのは、車両の形を細いトンネルの形に合わせているため、そして人が
乗降するためにはここまでしないと、頭がつっかえてしまうということ。

まぁ、工事費を削減した結果??? なんでしょうかね?

そしてロンドンの交通機関を利用するのに欠かせないのが、同行メンバーに教えてもらったこのカード。

20171006c.jpg

「オイスターカード(Oyster Card)」と言うプリペイドカード。
一般向けには定期券になっているものもあるそうで、日本の交通系カードと同じ感覚で、地下鉄、バス、
鉄道に共通で使えるそうです。

購入するときに25ポンド(約4000円)(20ポンドチャージ+5ポンドがデポジット)で、不足すれば
追加でチャージ、余れば帰りに空港で解約払い戻しができます。

面白いのはその料金システムで、普通に切符を買うより格安で乗車でき、我々のようなビジター用の
カードは1日の支払い上限もあって、それ以上は無料になるらしいです。
ロンドンの地下鉄(少なくとも)は、時差通勤を促すため?に、通勤時間帯は高く、そうでない時は
安い料金が設定がされていたりするので、その点でもいちいち確認しないで済む、プリペイドの方が
絶対楽です。

月曜日の到着時に空港で買って、会議場までの2往復と木曜日の空港まで、4日間使って最後に戻って
きたのがデポジット込みで16.2ポンド、利用時間帯の金額計算はわかりませんが、おそらく切符を買う
より3~4割は安いはず・・・と一緒に行ったメンバーが言ってました。


さて、今晩は眠れるでしょうか?
ちょっと荒療治で、風邪薬飲んでから寝ますかね。

by かねごん

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad