FC2ブログ

道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

期待できそうです

皆既月食、うっすらガスってますが何とか観られそう・・・。

アメリカ航空宇宙局(NASA)は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン(Super Blue Blood Moon)」
なんて名付けているそうで、月が大きく見えるスーパームーン(1月2日の次に大きいらしい)、
ひと月に二度満月のあるブルームーン、そして皆既月食のブラッドムーンの3つが重なるという、
トンでもないレアな月が今夜は拝めるらしいです。

母の食事当番ですが、長玉付けたカメラ持って行って来ます。

では、今日はこれだけで!

by かねごん

オッサン5人

夕方4時から、高校のクラス会の次期幹事?5人でいつものBBQです。

夕食は要らないと家族に言って皆出てきているとはいえ、60過ぎのオッサンが5人集まって、
2時間食い放題、飲み放題・・・まぁ良く飲んで良く食います。

一応真面目に(シラフの内に)次回の話もしてます。

いつ頃やるか・・・とか、ホテルは値段も高くなるし、気軽にやるには居酒屋の方がいいとか、
小田急沿線だとどこがいいとか・・・

最近安くて料理のいい宿もあるので、宴会のあと、泊りたい奴は泊る、という選択肢も。

自分としてはいきなり泊りの計画作るより、普通に居酒屋で何回かやって、少し盛り上がって
きたら、みんなの意見も聞いて決めた方がいいかなぁ・・・と思うんですが・・・
まだ働いている奴もいるし、女性もいるしね!

20180128.jpg

食い放題、1時間半が過ぎても箸は止まらず、まだこれだけ肉を並べてます。
(汚れててスミマセン)
別にメンバーは体育会系の集まりってわけじゃないです。

ま、満腹になって帰ってきました。


さて、明日以降は寒さも若干緩むみたいですが、木曜日はまた雪が降るかも???
いや、水曜日の夜は皆既月食!
国立天文台のHPによれば、日本ほぼ全国で欠け始めから終わりまで見ることができて、しかも
夜10時前から11時過ぎまでと遅い時間に皆既食になるとのこと。
次回日本ほぼ全国で皆既月食が初めから終わりまで見られるのは2022年11月8日だそうです。
ここだけは晴れてほしいです。

by かねごん


今日は私の番

奥さんが夕方から宴会で出かけて、母の食事当番は私が作ることに。

今日は思い切り洋食にしようと、前に欧州出張で買ってきたソースとスープを使ってみました。

20180127a.jpg

クノールのレモンバターソースとトマトスープ。
この手の商品、日本じゃ売ってないので、出張に行くと何種類かまとめて買ってきます。
(トマトスープはあるけど、味が全然違います)

手軽に使えるので、ちょっと味を変えたいとか、アクセントにしたいときに便利です。

レモンバターソース、初めはパッケージと同じようにサーモンをムニエルにしようと思って
スーパーに行ったら2切れで680円???

さすがに「これは高いだろ?」ってことで、他を物色していたら、舌平目の割と大きめのが
「お買い得品」で2切れで580円・・・まだ高いけど仕方ないか・・・で買っちゃいました。

まぁムニエルなんで、作るのは簡単ですけど、母は普段こんなの食べたことあるのかな?
それにトマトスープも日本で売っているのと違って、かなり酸味が強いのでちょっと心配。

いつもなら奥さんが家で料理したのを持って行くんですけど、今日はご飯だけ炊いて、あとは
調味料を含めて食材をすべて持って、母のところで料理することに。

で、まぁ温野菜(冷凍のヤツです(笑))を添えて、ソースをかけて完成。

20180127b.jpg

舌平目が25cm近くもあって、大きなフライパンでギリギリ、皿からはみ出しちゃいました。

このソース、今回初めて使ってみたんですが、オランデーズソースにレモンを加えた感じで
舌平目との相性、なかなか良かったです。

母は元から魚が好きなので、きれいに骨を外して食べてくれたし、酸味が強めのスープも
「珍しいねぇ」と言いながら飲んでくれで、先ずは良かったです。


夜遅くに帰ってきた奥さんに話したら「ウチでも作ってくれていいんだよ!」と・・・(^^;)アセアセ

ま、他にもいろいろ、挽肉を加えるだけのミートソースもあるし、あまり放っておくと
賞味期限もあるし、その内に作りましょ・・・ってことで(笑)

by かねごん


融けません

昨日・今日と、朝の気温は2日続けて-4℃。
予報の-7℃にはならなかったですが、日陰の駐車場や歩道に残った月曜日の雪が融けず
カチンカチンになってます。

午後から出かけた新宿副都心も、高層ビルで吹き溜まりになりやすいのか、あちこちに
雪が残っていて、しかも歩いていると風が冷たい><

こんなに気温が下がったことあったのかな? と、自分のBlogを検索したら、ちょうど
去年の今日も-4℃まで気温が下がって、熊本も5cmの雪が積もって、台湾でも雪と・・・
もちろん海外出張は別ですけど、意外とこんなこと、blogに書いておくと役に立つもんです。



1月も末になって、鎌倉の梅の便りも聞こえてきましたが、内職が溜まっていたり、諸々、
なかなか出かけることができず、ムズムズしています。

今週末は無理だけど、来週末くらいには行けそうかな?


20180126.jpg

2016年2月7日 鎌倉にて、梅の蜜をつつくメジロ

今はまだ咲き始めで、蝋梅が咲いているらしいですが、来週はどのくらい咲くでしょう。

このところの自分、ちょっと忙しさとかを理由にしてダレている感じもあるので、ここは
「気まぐれ」じゃなく、しっかり「行く!」を決めて準備しましょう。

by かねごん

寒波襲来

きょうから最強クラスの寒波が来ているそうで、相模原の明日の予想最低気温は-3℃。
金曜日の予想はは何と-7℃。

いやぁ、これはヤバいでしょう。
今まで相模原には50年住んでますが、おそらく経験したことない寒さです。
上半身はもうヒートテックのお世話になってますが、下半身もヒートテックが必須。
今週は寒さ対策優先の格好で仕事に行った方が良さそうです。

電車も着ぶくれした人で混みそうだなぁ!



冬と言えば毎年言っていたのがスキー。
独身の頃は、先週集まったテニス部が冬はスキー部みたいになって、1週間おきに金曜の
夜からスキーに行って、シーズン20日くらいは滑ってました。
夏のボーナスもスキーのため!
寒いのが嫌いな私は、とにかくガンガン滑って体を温めてました。

結婚してからはさすがにそれはできず、家族で年末スキーで蓼科の車山に行ってました。

20180124.jpg

写真は家族で2006年末に行った車山、息子も奥さんも顔が隠れていたのでアップ。。
奥の山は蓼科山です。

この後は息子も受験の時期になって、この時以来11年余り、スキーとは離れてます。
ちょうど奥さんもパソコン覗き込んできて「たまには行きたいよね」と。

行くのはいいけど、ウェアはもう着られないし、ブーツは劣化して割れちゃうだろうし
板は大丈夫かもしれないけどビンディングは心配・・・一式レンタルか?

当時は義母も元気だったので、ワンコは実家に預けて行ってましたが、今はそれも無理。

実現するためのハードル、なかなか高そうです。

by かねごん

大雪です   ブラティスラヴァ-最終回

天気予報では昼から雪・・・のはずが、職場のある東銀座は、朝8時に細かな氷の粒が
ちらついてました。

で、そのまま10時ごろからは細かな雪が降り出して、昼1時ごろには急に吹雪のような
不利になって歩道も見る間にシャーベットになり始めました。

職場も朝から「今日は15時まで」とアナウンスされていたのが、昼過ぎには「急ぎの
仕事がない限り帰宅を」と変更指示。
私も14時前には撤収して、鉄道が遅くなり始める前に家に帰ってきました。

15時半過ぎの地元、相模大野駅周辺。

20180122a.jpg

もう5~7cmは積もっていて、街路樹の枝は、雪化粧してちょっときれいです。

20180122b.jpg

駐輪場の自転車のサドルにも、この通り。
湿った雪なので、タイヤやスポークにも雪がついてます。

本音を言えば、こんな時こそ「雪の鎌倉、撮りに行きてぇ!!!」チャンスなんですが、
行ったら最後、今度は帰ってこれる保証はないし・・・

さっき8時過ぎで、外の気温はすでに-1℃、雪は10㎝以上。
明日の朝、駅までの道が凍ってエライことになりそうだし、電車が無事に動いてくれるか。
気になります。



<ブラティスラヴァ-最終回>

ブラティスラヴァの街歩きが続いていますが、この旅行の中で、自分の印象に一番残った
のがブラティスラヴァだと思います。

旧市街は本当に小さな街で、主なところを観るだけなら1日あれば十分だと思います。
でもこの土地がいくつかの国に支配された歴史を追って歩いたり、新市街とのギャップを
楽しんでみたり、また私のような路地ヲタにも、とても1日じゃ足りない街と思います。

小さいけれど奥が深い街でした。
最後に、そんなブラティスラヴァの路地の世界を。

20180122c.jpg


20180122d.jpg


20180122e.jpg


20180122f.jpg


20180122g.jpg


そして最後の最後に、広場でなぜか日の丸を見つけました。

20180122h.jpg

近づいてみると、スロバキアの日本大使館でした。
そうか・・・小さな街だけど、ブラティスラヴァは立派なスロバキアの首都でした。

人生初のプライベート海外旅行、9月のオーストリア旅行の記事、これでひと通りおしまいです。
いい経験でしたね。
昨年のマイルもいつの間にか14万マイルもたまっているし、またどこか行ってみたいです。

by かねごん

とっても財産  ブラティスラヴァ-5

昨夜は前の前に勤めていた会社で入っていたテニス部の、2年半ぶり4回目の同窓会。
今回も15人のメンバーが遠く大阪からも集まって、大いに盛り上がりました。

ちょうど席が電気回路の設計をやっていたメンバーと一緒になって、当時の製品の話や
また自分も含めて今も真空管アンプの話になったり。

一人は今でも超高級真空管アンプの設計にかかわっていて、このまま話し込んだら夜が
明けること間違いなし・・・テニスの話はそっちのけで、熱い話で盛り上がってました。

前の会社の仲間はもちろん、前の前の会社の仲間ともこうして騒ぐことができるって、
自分にとって、ものすごい財産だなぁ・・・つくづく思いました。



<ブラティスラヴァ-5>

20180121a.jpg

聖マルティン大聖堂
14世紀に建てられ、85mの高さの塔を誇る、ブラティスラヴァで一番古い教会。

ハンガリー王国の歴代国王や女王の戴冠式が行われたそうです。

20180121b.jpg

静かで荘厳な雰囲気の内部。

聞いた話ではこの場所、元は墓場だったとか。
床に遺骨が見える窓もあるらしいんですが、残念ながらお目にかかれませんでした。
(好んで観に行こうとは思いませんが・・・)

20180121c.jpg

いつも思うんですが、教会のステンドグラスの美しさ、息をのみます。
ステンドグラスを通った光で、大聖堂の中は柔らかな光に包まれます。


この大聖堂、先日紹介した城壁のすぐ南にあるんですが、旧市街の南西の角と言うことも
あって、城壁なんか出会った人数人だし、大聖堂も、この辺は観光客、意外と少ないです。

街の治安はいいみたいですが、ヨソ者が荒らすこともあるので、一応注意は必要です。


さて、明日は午後から雪の予報。
しかも夕方から夜にかけては積もりそう・・・

交通機関に影響が出る前に、帰宅指示が出てくれるといいんですが・・・

とりあえず傘無しで歩けるようにゴアテックスのインナー付きのパーカ、チロリアンシューズに
念のた防水スパッツまで用意して、雪が降る中を歩く分には準備万全。

まぁ、心配は明日よりも明後日の朝の凍結ですね。

by かねごん


ちょっとだけ  ブラティスラヴァ-4

昨日・今日は寒さも和らいで、ちょっとだけ薄着になって通勤。

天気は予報ほど晴れず、どんよりした空模様だったけど、帰りの電車の中はちょっと
コートが暑いくらい。
明日までは寒さも緩むけど、明日からはまた寒くなるらしいです。

今年の冬って、いつもより寒い気がするんですけど・・・どうなんでしょ?



<ブラティスラヴァ-4>

ブラティスラヴァの街を囲む城壁から今度はブラティスラヴァ城に行ってみました。
城壁の横を通る道路をくぐったところに、お城に向かう階段が始まります。

20180119a.jpg

観光ガイドにも出てくる丘に向かう路。

結構急な坂道を300mほど登る(思ったより結構きつい)とお城の門にたどり着きました。

20180119b.jpg

左側は急な崖。

難攻な造りですね。
門からさらに100mほど行くとお城が見えてきました。

20180119c.jpg

まだこの高さの石垣の上・・・・・です。
一気に登る坂なので、短くても息が切れていたのを思い出します。

そして、やっとたどり着いたブラティスラヴァ城。

20180119d.jpg

4つの角の塔をテーブルの脚に見立てて「裏返したテーブル」と呼ばれているそうです。
(日本的に言えば裏返した将棋盤の方が似ている?)
戦いのための城ではなく、居住のための城、でも護りは硬く・・・と言った感じです。

中は博物館になっていました。(ここはちょっと省略します)

20180119e.jpg

街の南側をゆったりと流れるドナウ川。

手前の橋の上に乗っているのは展望台だそうで「UFO展望台」と呼ばれているそうです。
拡大するとこんな感じ・・・確かにUFOです。

20180119f.jpg

ここからブラティスラヴァの街が一望できるそうですが、自分は街中の路地をもっと
歩いて見たかったので、ここはパス。

20180119g.jpg

お城の南西側の門。

これも戦いのための城にあるような、物々しさはありません。

印象としては、しっかりとした守りでどっしりと構えて、やさしく街を見おろしている。
そんな感じを受けるお城でした。

この門からお城の北西側を回って、ほぼお城を一周して、また旧市街に戻りました。

by かねごん

マジ凹む  ブラティスラヴァ-3

朝、ハッと気が付くと時計の針は45分・・・10分寝坊。
慌てて準備して「いつもの電車の1本後に乗れる」と駅に着いて、ホームに並んで・・・
何気にホームの掲示板にふと目をやると、いつもの25分の電車がなく29分??

は??? 一瞬わけわからず・・・

そこで気付きました。
いつもの6時25分じゃなく、今は5時25分・・・・・・・1時間早い。

ガッビィーン

起きたのは5時45分じゃなくて4時45分。
考えてみれば、目覚ましを止めた記憶もない。
時計の分針だけを見て「寝坊した」と思い込んで行動してました。

家に戻って寝るわけにもいかず・・・そのまま職場のビルに7時に着いて・・・
事務所に入るとまだエアコンも効いてないので寒いし、1階のナチュラル・ローソンの
イートインで、ため息つきながらのんびり??朝食して・・・8時に出勤

いや、マジ・・・凹む。
俺、歳とってヤバくなってきたんじゃないか・・・と
朝食しながら奥さんにメールしたら「まぁ頻繁に起きなきゃ大丈夫よ」と慰めのお言葉。

でもやっぱりブルーな1日でした。



<ブラティスラヴァ-3>

ブラティスラヴァはモラヴァ川とドナウ川の合流点にも近いことから、交易の要所として
古くから都市が築かれて、中世にはハンガリーの支配下で、一時はハンガリーの首都も
ここに遷都されていたそうです。

現代から見ると小さな街ですが、外敵から町を守るための城壁も作られ、その一部が今も
残っています。

20180116a.jpg

案内板の「You are here」の所が城壁ですが、驚いたのはこの城壁に囲まれた内側。
Google Mapで見て比べると、当時の路がほとんどそのまま残っています。

北側の中央、広い路がつながっているところが、旧市街に入ってきたミハエル門で、
ここも城壁の一部だったことがわかります。

20180116b.jpg


20180116c.jpg

上の写真は南半分、下は北半分。
城壁の外側は道路になっていますが、歩道橋から全体を見ることができます。

20180116d.jpg

城壁の内側も歩くことができますが、この城壁、二重になっています。
どういう使い分けをしたんでしょう。

うーん、こういう所を歩いていると、妄想の世界に入ってしまいます。

20180116e.jpg

こちらが北西側の角から見える、現存する城壁の全体。
1枚目の地図と比べると、城壁の外、この道路の辺りも堀になっていたみたいです。

街を城壁で守って、さらに街を見おろす丘の上には城を築く。
まさに鉄壁の守り・・・ですね。

で、ブラティスラヴァ城の方にいってみました。

つづく
by かねごん

ブラティスラヴァ-2

普段はオーバーヘッドタイプのヘッドフォンで音楽聞きながら通勤してますが、先週からのこの寒さ。
ヘッドフォンで耳の冷たさはカバーできても、北風は容赦なく私の頭皮を直撃してきます。
(短髪なのでっ!)

さすがに寒いのは嫌なので、音楽聞くのもあきらめて、毛糸の帽子かぶって通勤してます。
頭を冷やすと冷やさないじゃ、感じる寒さは全然違いますからね。

毎日氷点下の朝の冷え込みも、とりあえず明日で一休みみたいですが水曜日は夕方から雨?
ま、インフルエンザも流行っているようなので、少しお湿りがあってもいいんでしょうね。



<ブラティスラヴァ-2>

20180115a.jpg

この橋を渡って正面のアーチをくぐると旧市街。

橋と言っても別に川があるわけではなく、庭のような路のような・・・空堀?

20180115b.jpg

アーチを抜けた途端、いきなりタイムスリップしたような街並みが飛び込んできます。

路に沿って左に曲がると、目の前にそびえる塔。

20180115c.jpg

ミハエル門

ブラティスラヴァの旧市街は元は城壁に囲まれていたそうで、中に入るには4つの門が
あって、その1つがこのミハエル門。

4つの門のうち現在残っているのは、14世紀に造られたというこの門だけだそうです。

20180115d.jpg

門を抜けてすぐ右側にはこんな路地もあって、私的にはもう・・・「萌え~っ」です。

門を抜けた両側はさすがに観光地。

20180115e.jpg

さっきまではほとんどいなかったはずの観光客が、どっと現れてきます。

振り返ってミハエル門を見ると、道の両側には土産物店やレストランがずらり並んでます。

この道をさらに進んで(背中方向)、右手を見ると、また萌え~な路地が・・・

20180115f.jpg

スウェーデンのストックホルムの旧市街もそうですが、敵が侵入してきたときに、軍団を
分散させて、攻撃しやすくするために、狭い路地を多く作ったといいます。

しかもクネクネとした路が多い。
ここもそうした考えなのかもしれませんね。

このあと、今に残る城壁の方へ行ってみました。

つづく

by かねごん

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

かねごん

Author:かねごん
2016年2月、Zaqから引っ越してきました。

年に2回ほど行く京都、家から小一時間で行ける横浜・鎌倉、その他海外出張で撮った写真等々、日々の出来事と共に紹介します。

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

京都 (107)
鎌倉・湘南 (81)
横浜 (41)
原宿・表参道界隈 (57)
銀座 (99)
奈良 (2)
ちょっとふらふら (80)
路地裏・街並み (24)
その他の国内旅行 (30)
海外出張・旅行 (168)
ドイツ (15)
わんこ (58)
自衛隊・ミリタリー (43)
食・辛・食 (78)
カメラ・写真 (23)
パソコン (26)
祭り (15)
山・アウトドア (7)
その他 (150)
古寺(京都・奈良・鎌倉以外) (5)
京都で出逢ったあんなものこんなもの (13)
未分類 (1628)

検索フォーム

訪問者

あなたは

人目の訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん