道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

どメジャーポイントで新緑

ゴールデンウィーク突入で今日は休み(明日は仕事です)。

平日なので少しは空いているか???と、思い切って普段はメチャ混雑で避けている避けている
鎌倉のどメジャーな長谷観音と大仏の方に行ってみました。

外国からのの観光客が多いのは覚悟していたので、まぁ想定内でいつもと変わらず?
それに比べて日本人観光客は、週末などに比べるとずいぶん少なかったですね。

絶対的な人が少ないので、長谷寺の入り口も待たずに入れるし、大仏ものんびりとはいかないまでも、
落ち着いて拝観することができました。

長谷観音は去年の3月にも行ってますが、大仏は何年振りだろう?? 思い出せないくらい久しぶり。
写真を調べてみたらなんと4年半ぶりでした。




長谷寺のモミジ。
この時期は新緑が眼に優しくてきれいですねぇ。

あいにく今日の鎌倉は曇りで、午後3時半過ぎになってやっと陽が射してきましたが、曇り空の下でも
新緑は十分に楽しめました。(写真はイマイチでゴメンナサイ)



鎌倉まで来たので、釜揚げシラスでも買って帰ろうかと、いつも行っている材木座の店に電話すると
「今朝は海が時化ていて、シラスが獲れなくて、解凍もんしかないんですよ」との返事。
試しに腰越の店に電話しても同じ。

海が時化ていたなら仕方ないです。今日は買わずに帰ってきました。

でもね、嬉しかったのは「解凍もんしかない」とちゃんと言ってくれたこと。
ただ商売に走るのではなく、これが「信用」に繋がるんだなぁ・・・と、実感しました。

by かねごん


母の見舞いの後に・・・

午後から家内と母のところへ。

会話も自分からいろいろ話しかけてくるし、入院前と同じようになってきました。
表情も豊かになってきましたね。

奈々の写真を持っていったら、ニコニコになって「会いたいねぇ」と。

モニターの値も入院当時と比べて
 脈拍:115/分 ⇒ 80/分
 血中酸素:80近くまで下がって酸素供給 ⇒ 酸素供給無しでも95
 血圧:115-65 ⇒ 85-45
血圧が低めですが、まぁ元から血圧は低めだったので、こんなもんですか。
そして呼吸は回数は変わらないですが、入院当時は浅い呼吸だったのが、今は深く呼吸が
できるようになっていて、これが血中酸素の増加につながっている感じです。

ただ、波はあるけど、ちょっと耳が遠いのは入院してから進んじゃったかなぁ?


母の見舞いの帰り、飛行機を見るのが好きな家内をつれて、前から一度行ってみたかった
厚木基地のすぐ北にある広場へ行ってみました。
ここは滑走路の端から数100メートルの場所で、離着陸する飛行機を撮るには絶好の場所。

病院に行く前から決めていたので、装備もしっかりD700に70-200mm+×1.7テレコン。

夕方5時半近かったのですが、訓練から戻ってくる米軍機を撮る人たちが、ざっと30人近く
集まっていました。

戦闘機はF/A-18E スーパーホーネットが主です。




高度も100m以下なので、フルにズーム入れると機体がフレームからはみ出します。




こちらはVFA-195 DumbustersのCAG機(航空団司令機)
派手な塗装は航空祭では人気の的。
5月2日の厚木基地公開では、他のCAG機と一緒に展示されるでしょう。




これはF/A-18F(複座型)をベースにした電子戦機EA-18G グラウラー。
主翼端とその内側に電子戦用のポッドを装着しています。




次から次へと帰投してきますが、基本は高度数百メートルを2機編隊でぶっ飛んできて、
基地上空で右にブレイク(編隊を解除)して、速度を落として周回して滑走路に進入。
ここでタッチアンドゴーをやって、もう一度右旋回して再度滑走路に進入して着陸。

つまり同じ機体を2回撮るチャンスがあるわけです。




機体が夕陽に染まってきれいです。




ちょっとF/A-18とは違う、甲高いエンジンの音が聞こえたと思ったら、葉巻型の機体。
ホーカー ハンターが飛んできました。

ホーカー ハンターは元々イギリスのホーカー社で開発された機体。
米軍の所属ではなく、ATAC社という民間の軍事会社の所属で、米軍の訓練の補助を
請け負っています。




1950年から60年代の機体で、さすがに古めかしさは感じますが、まだまだ頑張ってます。

ここに向かう途中、車の中からE2-C ホークアイが見えたのですが、残念ながらこれは
後続機がなく、撮れませんでした。

40分ちょっとの短い間でしたが、気付いたらあっという間に500ショット以上撮ってました(笑)
家内も間近に飛ぶ飛行機を見ることができて嬉しかったようで、「また来たい」との一言。

ここに来る口実ができそうです(笑)

by かねごん


初委員会??

昨日・今日は春を通り越して初夏の汗ばむ暑さ。

昼食に出るサラリーマンはほとんどワイシャツ姿、銀座界隈の外国人旅行客はTシャツ1枚で
歩いている人も多かったです。

そして今日は初めて自分一人に任された委員会の会合の事務局。
10人で1時間ちょっとの小さな委員会でしたが、何とかまとめることができたし、前の職場の
経験を生かして、議事録も即日発行できました。

今日はプロジェクタを使った議題は無かったですが、プロジェクタを使いながら委員会を一人で
運営するとなると、プロジェクタ用と議事進行・メモ用と、パソコンが2台必要ですね。



そして私は明日・明後日と連休。

明日は母の所に行って、明後日は家族の中で自分だけ休みなので、カメラ持って鎌倉でも
行って来ますかね?




片瀬西浜にて

江ノ島に渡る大橋の東側を片瀬東浜(通称:東浜)、西側を片瀬西浜(通称:西浜)と言います。

夏はどちらも海水浴場ですが、オフシーズンの西浜はサーフィン系、東浜はウインドサーフィンや
カイトサーフィンで賑わいます。
材木座や稲村ケ崎に比べると波も穏やかなので、初心者が多いところです。

by かねごん


先ずは一歩     元気の元

午後から家内と母の所へ行ってみると、受け答えもしっかりしてきて、自分から話しかけてくる
こともあるし、冗談を言う余裕もある等、一昨日とはずいぶん改善があって、食事もできるように
なったとのこと。

ただずっと同じ姿勢が長いので、腰の圧迫骨折したところがかなり痛むようでした。

それでもまだ一歩ですが、快方に向かって踏み出した感じですかね。



一昨日の母の容態を見て、ちょっと穏やかじゃなかった自分。
本当はこんなこと、考えちゃいけないのかもしれませんが、自分、長男なので万一の際のことも
考えておくのも、家を継ぐ者の役割の一つと父に教わったし、実際そう思っています。

ただ昨日はちょっとネガティブループになっていて、何とか頭の中をプラス思考にしようとして家に
帰ると、友人から元気の元が届いていました。




10日ほどベルリン辺りに行ってきたということで、その土産。

ベルリンのトラムの路線図に地下鉄など鉄道路線図、ホワイトアスパラのスープにハリボーのグミ、
ハイレマンのチョコ、そしてドイツの公共放送連盟「ARD」の付箋にステッカー、ベルリンフィルの
コンサートカードに観光地図。

これ、どれも行ったことのある人じゃないと価値のわからないものばかり。
嬉しいですねぇ、こういうの。

路線図なんて、自分は出張ベースだけど、思わず乗降した駅を探しちゃいます。
出張だと意外とこういうのってもらって来ないんですよね。

いい気持ちの切り替えになりました。

by かねごん


やっぱり入院

母の状態があまり良くないので、明日を待たずに弟が国立病院に連れていった結果、やはり
肺に水がたまっていたり、血中酸素が低めだったりということで、そのまま入院することに。

肺炎のワクチンは接種していても、もとから肺が弱いので、仕方ないですね。
肺に水がたまったと言うことは、またたしばらく入院することになりそうです。

ある意味入院することで、私たちが普段目の届かない日中も、完全看護で安心なのですが、
反面入院することでまた足腰が弱くなってしまうのが心配です。

リハビリもお願いして、足腰の状態をできるだけ悪くしないようにしてもらいましょう。

とりあえず明日は昼から病院に行って、様子を見てこようと思います。

by かねごん

今度は大きな病院で

昨夜、10時近くに帰ってきて遅い夕食。

ソファでテレビを見ていたらそのまま寝落ちして、ハッと気づくと3時半。
「なんで起こしてくれないんだよぉ!」と家内に言っても「起こしたけど起きないじゃん!」と・・・

柔らかいソファで、変な格好で寝たのか、体中が痛いし・・・もう最悪!

風呂の中でストレッチしてから寝ました。


ところで母の熱、ほぼ平熱に下がったんですが、昨日弟が診察に連れて行って、血液検査したら
炎症反応と尿酸値が高く、呼吸も浅めとのこと。

念のため大きな病院で検査を・・・ってことで、先生も紹介状を書いてくれたので、木曜日にまた
休みを取って、以前母が入院していた国立病院に連れて行くことにしました。
自分もまだ新入社員のみなので、あまり有給休暇の持ち合わせがないですが、当然母が優先。

まぁ熱が下がってきたところでの検査だったので、炎症反応が高いのは仕方ない?
でも尿酸値は今までそんなこと無かったし、呼吸の方はもとから血中酸素が低めなのが、もう少し
下がっているのかもしれないかな・・・

まぁ素人が想像していても解決しないので、木曜日に連れて行って、その結果ですね。




横浜 大桟橋通にて


今日からしばらくは天気予報でも雨マークはありません。
日中の気温も20℃オーバー。

今朝、慌てて薄手のジャケットとスラックスを出して出社しました。

家に帰ってから、薄手のスラックスを全部(数本ですが)だして、ちゃんとウエストが入るか確認。
何せ今まではチノパンやカーゴパンツで出勤して、こんなにネクタイ締めたりスラックスにジャケット
なんて、新入社員以来・・・(今も新入社員ですが・・・)

しかも去年はタバコを吸わなくなって一気に6kgも体重が増えたので、ウエストチェック大切です。

まぁ、ちょっときつめですが、何とかはけたので一安心です。

by かねごん


やっと・・・    解約

母の熱、昨夜は37.8℃、今夜は37℃、やっと昨日から夜になっても38℃を超えなくなりました。
このまま快方に向かって欲しいです。

今日は弟が食事の用意などしてくれていますが、まだ鼻水が出たり、時々咳をしたりは続いて
いるので、明日もう一度医者に連れて行ってくれるとのこと。
兄弟そろって近くにいると言うのは、お互い助かります。

ただお互いに気にしていたのは、1週間ほとんど寝たきりだったので、やはり足腰が弱くなって
歩き方が危なっかしくなっているし、体力も落ちている感じがすること。
そして日中はテレビとかも見ずに、一人で天井を見ているだけだったので、言葉の呂律も
ちょっと回りにくくなっていること。

どちらもまたデイサービスに行ったり、起きてテレビなど見るようになれば、それがリハビリに
なってある程度回復するとは思いますが、特に足腰はしばらく要注意ですね。




容態が落ち着いたら、たまには癒しの奈々を連れて行ってやろうと思います。


なかなか書くチャンスがなかったのですが、先週、Y-Mobile(旧E-Mobile)のポケットWiFiを
解約して来ました。

理由は利用頻度が低いのに毎月4000円近い利用料は見合わないこと。それに買った機種が
海外で使える場所が限られていること。そして別に買ったポケットWiFiにMVNOのSIMを使えば
月額972円で3GB/月と自分には十分な通信量だし、本体は海外も多くの国で使えること。

ちょうど契約して2年が経った更新期間中で、今なら解約手数料もかからないと言うので
思い切って解約しちゃいました。

「スマホのデザリングでいいじゃん」とも言われますが、スマホのバッテリーは万一に備えて
なるべく温存しておきたい気持ちがあるので・・・
また海外ではスマホのSIM入れ替えちゃうと、電話番号は変わるしDOCOMOのメールも
使えなくなるので、海外でのスマホはポケットWiFi接続を基本にしているので。


まだ書きたいことがいろいろあるんで、もう一つ。

例年より10日ほど早いですが、自分の今年の花粉終了宣言、しちゃいました。
実際には水曜日からマスクを外して通勤してたんですが、これといったひどい症状も出ずに
済んだので「もう大丈夫かな」ってことです。

これで一番喜ぶのは家内かな。
何といっても洗濯物や布団を思いっきり外に干すことができるし、窓を開けて空気の入れ替え
もできるし、もちろん自分も鬱陶しい部屋干しの洗濯物の中にいなくて済むし。

一応薬だけは今月いっぱい、飲み続けるつもりです。

by かねごん


熱があまり下がらないので・・・

月曜日から続いている母の発熱、37℃後半から38℃前半と、あまり下がってこないので、今日は
私が休暇を取って病院に連れて行ってきました。

レントゲンの結果は3年前の肺炎の影響が濃く残っているものの、全体的にはよくなっている部分
もあって、急を要する症状は見当たらないとのこと。

で今まで処方していただいた薬をもう少し続けてみましょうと言うことでした。

で、帰って来た時には37.3℃だったのが、疲れたのか夕方にはまた38℃に上がって、やはり
88歳の高齢もあって抵抗力も下がっているし、かといってあまり強い薬も処方できず、弱めの薬で
ゆっくり対応する方向のようでした。

このまま落ち着いてくれるといいんですがね。

やはり高齢で一番心配なのが肺炎。
一応ワクチンは接種していますが、100%じゃないので・・・

そんなわけで今日は写真のアップはありません。

by かねごん

発熱   工具入れ

昨日、デイサービスに行った母が熱を出したそうで、弟が迎えに行ってくれました。

38.2℃とちょっと高めの熱で、今晩になってもまだ下がらないようです。

あまり熱が続くと体力的にも良くないし、母の場合「トイレが近くなるから・・・」と、お茶の時以外は
水分を摂らないので、熱が下がりにくい?

さっき電話して「汗かけば、ションベンの近こうなることはなかけん、水ば飲みなっせ」としっかり
言って、本人も納得したいたようですが、ちゃんと水分摂ってるかなぁ?

明日は食事当番なので、しっかり様子を見てきましょう。




土曜日、「いずも」の艦内で見つけた赤い工具入れ。

工具マニア???にはちょっと有名な「Snap-on」が使われていました。
やはり信頼の証なんでしょうかね?
私には高級すぎて「Vessel」止まりです(泣)

そしてそのケースに(恐らくマグネットで)付けられた丸い皿。
外したボルトやナット、小さな部品を受けるための皿でしょう。
こういう場所にしては、ちょっとかわいい存在ですが、役目は重要ですね。

さて昨日は10℃ちょっと、今日も13℃ほどで冷たい雨が続きましたが、明日は一気に20℃近くに
なるそうです。(でも雨は降るそうです。)

by かねごん


「いずも」一般公開

一日更新が遅れましたが、昨日は先月就役した海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦「いずも」の一般公開。
9000人の枠に40000人が応募したと新聞に出ていましたが、1枚のはがきで見事当選!

あいにくの小雨の中、午前10時からの入場枠でしたが、何はともあれ義弟と行って来ました。
(息子も行くつもりが、残念ながら大学の就職説明と重なって・・・)

「いずも」は全長248m、全幅38mで、海上自衛隊最大の護衛艦。
JR横須賀駅を降りるとすぐ目の前に停泊しているんですが、「大きいなぁ」とは思うんですが、
比べる対象が無くて、今一つ実感がわきません。

当選はがきの確認と、簡単な手荷物チェックを受けていざ船体に近づいてみると、今までに見学した
ヘリを1-2機搭載したイージス艦よりもはるかにデカイです。




一度最後部まで行った後にいよいよ乗艦。
乗員の方たちが、皆に声をかけて暖かく迎えてくれました。


タラップから入った先はヘリの格納庫。
ヘリが入っていないので、とにかくガラーンとしていて、大きな空間です。




上の写真は後部から撮った写真ですが、右側の開口部と一番奥の艦首近くがヘリを飛行甲板に
出し入れするエレベーターです。

飛行甲板へは艦首部のエレベーターで上がります。




自分たちも乗って、いざ飛行甲板へ。




飛行甲板、広いですが、ここも比べる対象が無くて、イマイチ大きさの実感がわきません。
全長248mの艦首から艦尾までほぼ完歩??しましたが、やはりわかりにくいのが正直なところ。

ただ、更にデカかったのがこれ。




海自の潜水艦の向こうに見えた「73」、米軍の空母ジョージ・ワシントン。

昨日までは横須賀市民向けに公開されていたようですが、こちらの飛行甲板から見ても向こうの
飛行甲板は更に高い位置にあるのがわかります。


いや、あっちも見て見たかった。


艦尾のエレベーターの上には海難救助ヘリSH-60が展示されていて、これでやっと全体の大きさの
感覚がわかりました。




航空祭でもSH-60は見ますが、意外と大きく感じるもの。
ところがこの甲板上で見ると全然大きく感じず、こじんまりとした機体に見えます。

それだけこの飛行甲板が大きいってことですね。
飛行甲板に上がったころから雨もあがり、ゆっくり見ることができました。


公開されたのは写真の通り、格納部と飛行甲板だけで、夏にある他の艦艇の公開のように艦橋
までは入れませんでしたが、のんびり見ていたらあっという間に2時間が過ぎていました。

格納部ではグッズの販売も行われていましたが、小さな販売スペースに長蛇の列。
1-2時間は優にかかりそうなので、ここはパスしました。




ヴェルニー公園からみた「いずも」




更に正面に回ると・・・やっぱりデカイ。
右奥に停泊している他の護衛艦と比べると、メチャクチャ大きいのがわかります。

でも向こうにいたジョージ・ワシントンは、横幅でこの倍以上あるそうで、いったいどんなもんなのか?

帰りはドブ板通りの店をのぞきながら京急の横須賀中央に出て帰ってきましたが、久しぶりに横須賀で
楽しんできました。

by かねごん


次のページ

FC2Ad