道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

紺碧の空に




浜松基地の航空祭「エアフェスタ浜松2014」

快晴に恵まれて風も弱く、最高の条件の中で飛行展示が行われました。

ブルーインパルスも紺碧の空に白い翼を輝かせて最高の演技を見せてくれました。

ファインダー越しに演技を見つつ、その美しさ、カッコよさに、ちょっと感動しちゃいました。

とりあえず今日は、主翼ををキラッと輝かせてデルタループを描くブルー。

今回は撮った写真も、今までにないものすごい量を撮ってしまい、全てのコマをチェックするのは
相当時間がかかりそうです。



まぁ、とにかく楽しめた浜松ですが、かなり日焼けもしたし、重いレンズを振り回したおかげで、
両腕の上腕筋はパンパン、明日は筋肉痛になる事間違いなし?
そして帰りの東名高速は、まさかの前々回の浜松から3連続で事故渋滞。
大井松田で東名を降りて下道を走り、家まで行きの倍近くも時間がかかっていました。

まぁそれでも今まで以上に楽しむことができた一日でした。

by かねごん


行って来ます♪

今夜はこのあと息子、義弟と一緒に1時半ごろ家を出て、明日行われる航空自衛隊浜松基地の航空祭、
エアフェスタ2014に行って来ます。

午後には新宿まで行って、600mmの超望遠ズームレンズもしっかりレンタルして来ました。

ブルーインパルスも当然飛ぶわけですが、今日の予行から行っている名古屋方面にいる会社の仲間からは、
「天気も良く、今回は期待できそう」との連絡。

昨年は天候に恵まれず、行くのを断念していただけに、私にとっては2年ぶりの浜松基地。

ブルーインパルスはもちろん、いろいろな航空機の展示飛行や諸々、期待しちゃいますね。



2012年 浜松基地にて。

それではこれからシャワーを浴びて、少しだけ仮眠して、行ってきます!!

by かねごん


秋の花粉

9月半ば頃から、特に家に帰ってくると必ずくしゃみが出ます。
雨の日はいいんですが、晴れて特に乾燥しているときは、1度始まるとなかなか止まらない。

この2年ほど、ほとんど症状が出ていなかった秋の花粉症が久しぶりに出てきたみたいで、薬を飲み始めて
少し症状が和らいだみたいです。

春の花粉と違うのは、鼻が詰まるようなことはなくて、くしゃみと鼻水だけ。
でも鼻水は意外と厄介で、電車に乗る時にズルズルするわけにも、まして寝ていて鼻水垂らす訳にもいかず。
いろいろ苦労してます(笑)。

おまけに私のくしゃみは猛烈に大きなくしゃみらしく、家内からは騒音扱いされてます(爆)




鎌倉 海蔵寺にて


今日は夕方から雨が降り始め、今は本降りになっていて、明日の午前中いっぱいは雨が続くそうです。

せめて外を歩く通勤時間帯は勘弁してほしいなぁ!

by かねごん

のんびりと癒された一日

日曜日ほどではなかったですが、秋晴れの広がった一日。

しっかり? 朝から鎌倉に出かけてきました。

今日は休日の割には観光客も少なめで、北鎌倉から入って、お寺さんをいくつかのんびり巡って、
締めは夕陽を観に稲村ケ崎へ。

残念ながら地平線近くに雲があって、富士山はもちろん、伊豆の山々の陰に沈む太陽までは
観ることはできませんでしたが、陽が沈んでからもしばらくの間、マジックアワーを楽しむことが
できました。



稲村ケ崎にて

一日の締めに、潮風と潮騒に包まれて、贅沢な時間を過ごして、癒された一日でした。

by かねごん


もったいない一日

朝、いや昼近くに目覚めたら、外はきれいな秋晴れ???

いや、昨日まで曇りで雨が降りやすいって予報だったじゃん???

家内の話では、どうも昨夜のうちに天気予報が変わって、晴れになっていたとのこと。
チェックしなかった私が悪いとはいえ・・・ちょっとこれはねぇ・・・こんな外出日和・・・もったいないことしました。



でもせっかくの天気だから、ブランチくらいは外で食べようと、散歩ついでに家を出て駅の方に行ってみると、
本当に抜けるような秋の空が広がっていました。


遅いブランチを楽しんだあとは、義父の見舞いに病院に行って、先に行っている家内と合流。

義父は点滴も体内に溜まった液を外に出す管も取れて、自由に体が動かせるようになっていました。

こうなると義父も「食事が物足りないから佃煮みたいなものが欲しい」とか「彼岸の墓参りどうする?」とか
いろいろな自分の気になっていることがさく裂してきます。

佃煮は京都でまとめ買いしてきたのがあるので、それを持ってくることにしたり、墓参りは彼岸は過ぎちゃうけど
こんな時だから、今年は10月に入ってからにしようとか・・・いろいろ話してきました。

さて明日は一日工業会の打ち合わせ、そして明後日はまた休み。

明後日も天気が良ければ、また鎌倉でも出かけたいですね。

by かねごん


回復力    深夜と呼ぶには早い

午後から義父の見舞いに家内と病院へ。

親戚も2家族4名来ていて、にぎやかな病室になってました。

義父の容態の方は、術後翌日から歩行訓練を初めて昨日の朝から食事も取り始め、今日は術後3日目にして
ベッドの上で胡坐をかいて皆と話しているほど。

点滴が1本と体内に溜まった液を出す管は付いたままですが、顔色も普段と変わらず良く、達者な口もちろん
変わらず、今までの開腹手術なら絶対起きてベッドに胡坐なんて絶対無理!

これが内視鏡手術が体への負担が少ないということなんですね!
いや、驚きました。

義父の入院でドタバタして、母の所へ持って行く夕食が、ちょっと簡単なメニューになってしまいます。
申し訳ないですが、母も理解して心配してくれているので、ここは甘えさせてもらいましょう。
(ちなみに今日は、レトルトの参鶏湯にさせてもらいました。)




       
一昨日は会社から帰宅したのが11時過ぎ、そして昨日は工業会で夜8時から海外とWebミーティングがあって、
帰宅したのは0時半近くと、ちょっと電車の寝過ごしが怖い日が続いてます。

写真は夜11時近くの銀座四丁目交差点。

新宿や銀座はこの時間でも人通りが多いです。
まだ深夜と呼ぶには早いのかもしれません。 ビルのネオンやショーウインドウの灯りはだいぶ消えて、街路灯だけが煌々と点いていました。

by かねごん


義父の手術

今日は85歳になる義父の腎臓にできたガンの手術。

私も休暇を取って家内と義弟の3人で病院に行ってました。

昼過ぎに手術室に入って、手術が終わったのは4時半ごろで、更に病室に戻ってきたのは5時半過ぎ。

無事手術も成功して一安心です。

手術としては片方の腎臓を切除したんですが、こぶし大の腎臓の摘出が内視鏡手術でできちゃうんですね?

先生が摘出した腎臓を見せて説明してくれましたが、私のような素人にもはっきり分かる、親指の先くらいの
大きさのガンが、肉腫のような塊となっていました。

先生も「少なくとも生きているうちに再発することはないでしょう」ということで、まだ麻酔から覚めきれず
朦朧としている義父に「再発するとしたら来世だろうってよ!」というと苦笑いしてました。

そんなわけで、本人はもちろん、待つ側も疲れた一日でした。

By かねごん

五ヶ月ぶりに・・・

久しぶりに鎌倉(実際には湘南?)に出かけてきました。

ちょっと曇り空でしたが、昼ごろからは薄日も射し始めて絶好のお散歩日和。

江ノ電を鎌倉高校前で降りて、海岸通りを途中稲村ケ崎などに寄り道しながら長谷駅まで、距離はたいしたこと
ないですが、気持ちよく歩いてきました。

で、今日は先日買った1.7倍のテレコンのテストも兼ねて。
D800Eにテレコンを付けた80-200mm(ちょっと古い)という、海水浴客の多い8月中だったら「盗撮オヤジ」にでも
間違えられそうな物々しい出で立ちで歩いてました。
(江ノ電の撮り鉄はそのくらいのを下げて歩いてますが・・・)




ちなみに稲村ケ崎から見た江ノ島を、200mmとテレコン付けて340mmで画角を比べるとこれくらい。
解放F値は4.8になります。
ちょっとガスがかかって、等倍比較しても解像度うんぬんを語るのは難しいですが、手軽にこの商店距離が手に
入るなら十分じゃないでしょうかね?

ただ、元のズームがVRが付いていない古いレンズですから、手ブレはそれなりに厳しいです。
D800EはISO感度をAUTOにしておけば、ある程度シャッター速度が確保できますが、厳しいモノは厳しい!
左脇を締めて構えても、心臓の鼓動でレンズが動いて、「おい、ちょっと止まってろ!」 と言いたくなります(笑)
70-200mm VRⅡが欲しい・・・っ。 でも、大三元レンズは手が出ないっ!


by かねごん


父の日記    シンガポール・サルタンモスク界隈

とりあえず3連休2日目です。

昨日は整形外科にリハビリ行ったら、エレベータのドアが開いて一瞬身を引くほど、メチャ混んでいて・・・
幸いリハビリの方はそんなでもなかったですが、月曜が休みのためですかね?

そして今日は息子にも手伝ってもらって実家に行き、父が買った山とある本の片付け。
単行本の大部分は古本で引き取ってもらうつもりで段ボールに詰め込んでますが、畳の上にも積み上げられた本、
そう簡単には減って行きません。

そんな中から息子が父の日記を見つけてきました。
1冊で3年から5年の複数年の日記が付けられて、去年・一昨年の今日がわかる日記帳。
数行の日記ですが、1991年からほぼ毎日綴られていて、最後に入院した2009年7月末の前日で終わっていました。

父が亡くなって今年の12月で5年になりますが、こんな日記を付けていたとは知りませんでした。
もしかしたらこれ以前のも出てくるかもしれません。

まだ中は読んでいませんが、先ずは母に知らせてから。
もし母が見るのがつらいようなら、あることだけ伝えて、そっとしておきましょう。



<シンガポール、サルタンモスク周辺>

さて、話は変わってシンガポールの中心となる高層ビル街から、ビーチ・ロード(Beach Road)かノース・ブリッジ・ロード
(North Bridge Road)という路をを北東にキョロキョロしながら30分ほど歩くと(普通に歩くと15分位?)、ちょっと変わった
街並みが出てきます。



この界隈、アラブ系の街並みでArab StreetとかBaghdad Streetなど、それっぽい名前が付いた通りがいくつもあって
サルタンモスクを中心とした街が広がっています。
街並みもカラフルで、なんか青空にコントラストが映えそうな色遣いで、
写真は日本で言う参道に当たる通りでしょうか? 両側に飲食店と土産物店が並んでいます。
夜には観光客でにぎわうんでしょうね。



そして、その参道の1本東側の裏通り。
ちょうど参道に並ぶ店の裏側で、勝手口が整然と並んでいるのが面白いです。
人通りも少なく、店員がちょっと一息入れている、彼等の生活道路ですね。



そして一部の店には原色をふんだんに使ったこんなペイントも。
ちょうど日陰になっていましたが、朝日が当たる時間だとカメラのカタログにでも出てきそうな壁です。

明日は短い連休の最終日。
何と4月以来、驚異的に?ご無沙汰している鎌倉辺りでも行ってみようかと思ってます。

by かねごん


ドタトタやってるだけ・・・   シンガポールのスタバ

今日は一日ずっと工業会の会合だったんですが、朝、地下鉄東銀座の駅を出ようとすると猛烈な雨!

出口から工業会の入り口までは数10メートル。

傘を出すのが面倒だったので、ダッシュで工業会に駆け込んだものの、やっぱりずぶ濡れになりました。

家に帰ってきてその話をすると家内殿、
「自分はダッシュのつもりでも、傍から見たらオッサンがドタドタやってるだけなんだからねっ!」

はい、全くその通り。

おまけに短髪の私は、頭に当たった雨粒がそのまま顔に流れてくる始末。
拭いた後の乾きが早いメリットはありますが、濡れた時には濡れネズミのよう??

でもこういう時はハンカチよりもマイブームの手ぬぐいが、大いに役立ってます。
タオルよりコンパクトだし、乾くのも早いし、夏場は手ぬぐいが活躍する場が多いです。




シンガポールのマーライオン公園近くのスタバ。

店内は広くゆったりとした席のレイアウトで、冷房(あえてエアコンと言わない)もホテルやショッピング
モールのように効きすぎていないのが何よりありがたい???

窓の外は工事中のフェンスがちょっと邪魔だったけど、マリーナ・ベイ・サンズは眺められるし・・・
しかも昼過ぎなのにガラガラで静だし、コーヒー一杯でかなりくつろげました。

by かねごん


次のページ

FC2Ad