道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

いきなりだご

今日は社内のイベントで、役員の方々にいろいろな提案を展示して聞いていただく機会をいただきました。
自分の受け持ちはごくわずかでしたが、それぞれの方から結構手ごたえのある意見をいただいて、
元の提案をしてくれた現場のメンバーにも、いい返事をすることができました。


さて、車やら何やらでちょっと遅れてしまいましたが、日曜日に熊本の叔母から荷物が届きました。
中に入っていたのは、これ


母が熊本にいた当時からあって大好きな、とある店の「いきなり団子」。
1個1個ラップにくるまれた10個入りのパックが2つ、早速母の所に届けて、6個だけいただいてきました。

「いきなり」とは熊本の方言で「簡単」とかの意味があるそうで、「簡単に作れる団子」という意味
になるんでしょうか? そして「団子」を「だご」と言うので、「いきなりだご」と呼びます。


レンジで温めて割ってみると、中はきれいな薄黄金色。


熊本で見かけるいきなり団子は、ほとんどが輪切りにしたサツマイモに小豆の餡をのせて生地でくるんで
蒸しあげたものですが、ここの店のいきなり団子は餡が無く丁寧に裏ごししたサツマイモだけを
生地にくるんで蒸し上げています。

以前友人に、京都のとある店で売っている焼き芋をアルミ箔でくるんでいただいて、熟成させてから
食べるっていうのを試したことがあるんですが、これと負けずと劣らず、「お芋ってこんなに甘いの?」
って思うほど、生地のわずかな塩味が絶妙に甘みを引き立てて、口の中に広がります。

素朴な、でも深みのある、歴史を感じる味です。

by かねごん


いきなりだご

熊本では団子のことを「だご」と言います。

生録

朝起きて外を見たら近所の屋根が真っ白になっていました。
どうやら明け方にまた雪になったようです。
幸い道路までは積もりませんでしたが、成田空港や千葉方面はかなり積もったみたいです。


さて家に帰ってきて届いていたモノ。

右側のちょっとゴツい装置、PCMレコーダーと言って、会議なんかの音声の録音に使う
メモリーレコーダーの、音楽などの録音にも使える高性能型のデジタルレコーダーです。
先端のマイクでステレオ録音ができるほか、外部マイクも接続できてCD並みの音質で録音が
できるスグレモノです。

40年ぐらい前に生録(「なまろく」と読みます)といって、音楽や自然の音、SLの音などを
自分で録音するのが流行って、ソニーからはカセットデンスケと呼ばれるポータブルの
カセットデッキが大ヒットしたりもしました。
当時はカセットテープで、野鳥の声などを録音すると、テープのシャーッというノイズが
気になったのですが、今はデジタル録音でそんなノイズも気になりません。

私も以前勤めていた会社で、カセットテープ機器を担当していたので、結構生録に凝ってました。
当時5万円台(と記憶している)カセットデンスケ、重さも5kg以上あったのが、今はなんと
2万円でお釣りが来て、重さも200gちょっと・・・恐ろしやデジタル化。

左側のマイクはもう30年以上前にボーナスをはたいて買った、当時1本25000円もしたマイク。
もちろん現役です。

で、こんなもん買って何するか?
年末に片付けしていて、野鳥の声や海辺の音を録ったテープが出てきたんですね。
それを聞いて、写真とは別に、いろいろな音を残してみたいなぁ・・・と思ったわけです。
去年、祇園祭のコンチキチンが頭から離れなくなったのも一つのきっかけかなぁ。
今年の祇園祭には、カメラバッグの中に入れていきたいですね。

by かねごん

習うより慣れろ

今夜の天気予報「夜遅くに気圧の谷が通過するので、所によっては雪か雨が・・・」
今はやんでいますが、10時半を過ぎに外を見たら、雪がはらりはらりと降っていました。
積もることはなさそうですね。



さて、昨日我が家に来た車、昼過ぎからテストドライブに行って来ました。

テストドライブと言っても、先代の桃の墓参りを兼ねて、相模川の上流へ往復50kmほどの、
距離を楽しんできました。
細かく書くと長くなってしまうのでやめておきますが、さすがに12年前の車と比べると
エンジンやATが違うだけじゃなく、車高も高く、車幅も広く、足回りも違えば、運転した
感覚も当然違います。(比べるのが酷)

まぁカメラでもなんでもそうなんですが、私の場合は取り扱い説明書を読む方ではなく、
基本的な動きがわかれば後はいろいろいじりまわして「習うより慣れろ」のタイプで、
ホントにわからなくなった時だけ説明書・・・です。
(ただの面倒くさがりとも言う?)

by かねごん


やっと納車



あれから40日余り、やっと新しい車が納車されました。
年中乗り回しているわけじゃないですが、やはり車のある生活に慣れた身に、車のない生活は
結構不便だったので、やっとそれが解消された感じです。

息子は試験中で行けなかったので、家内と一緒にディーラーに引き取りに行って、預けてあった
今まで12年もの間、我が家に付き合ってくれたレガシィの前で記念写真を撮って別れを告げ、
今度は新しいインプレッサXVの前で記念写真も撮ってきました。

ディーラから家まで、ちょっと遠回りしながら帰ってきましたが、やっぱり新車の匂いって、
いいですねぇ。

ただね、カーナビ、オーディオ、ドライブコンピュータ、そしてEyeSight、どれも新しいモノ
だらけで浦島太郎状態です。

今日はこれから母の所に行くので、帰ってきたらしばらく車の中にこもって、いろいろ試して
操作を少し覚えて、明日はちょっとその辺をドライブしてみようと思います。

by かねごん


春ですねぇ   いつの間にか



春ですねぇ~
まさか今時の天気の話じゃなくて、表参道のブティックのショーウインドーの話です。

今日は午後から予定されていた会合が中止になって、久しぶりに会社の帰り、恵比寿から
原宿界隈を歩いてきました。

冬はまだこれから本番だって言うのに、ショーウインドーの中は春・はる・ハル。
そして冬物はバーゲンで30~50%OFFなんてのがあちこちに、タイムセールなんかだと
ほとんど叩き売りみたいなのも見られます。

ホントにこの業界、季節を先取りするのが早いです。


ところで今日は、D700に50mm一発付けて撮り歩いてたんですが、やはりいつもの大三元
ズームに比べると単焦点は軽くて扱いやすいし、しまうのもコンパクトでいいですね。
さすがにフレーミングだけは自分が動いて決めなくてはなりませんが、慣れてしまえば
さほど苦にもなりません。

ニコンのHP見たら、単焦点もいつの間にか半分以上が新設計のレンズに代わってるんですね。
得意の「いつの間にか…作戦」ですね。

それに比べ自分のレンズは新設計のレンズは1本だけ、残りは全てフィルム全盛時代の設計の
レンズです。

別に買い替えようとも思いませんが、どのくらい違うのか、撮り比べてみたい気もあります。
まさかそれで買い替えに火がつくとは思わないので、一度レンタルして比べてみようかなぁ?
火がついたりして・・・
by かねごん

現場を知らない?   腱鞘炎

今日は工業会の新しい技術者の教育プログラムの打ち合わせ。
関係する領域の専門の方々が集まっていろいろな議論がされました。

議題になったのが、若手が対象の教育とは言え、「現場を知らない技術者が増えてきている」ろいうこと。
やはりいろいろな現場を知って、初めてその技術が応用できて現場のために役立つわけです。

教育する側も、現場を知らない人たちに理解してもらうために、どう説明するかが課題となるわけです。
これちょっと難しい課題ですね。



ところで先月、「手の人差し指の第1関節の腱が引っ掛かるようで、指に斜めに力が入ると若干痛みが」
なんて書きましたが、その後の診察で「腱鞘炎」との診断結果が出てしまいました。

原因は主にパソコンのマウス操作。
マウス腱鞘炎なんてのがあるそうで、検索してみたら出る出る。
医者でも言われましたが、結構多いらしいです。

特に手のひらにフィットしたマウスで、指が比較的延びた状態でクリックしている場合は負担が大きく
発症しやすいらしいですが、自分のマウス、家でも会社でも、正にそのもの。
指をマウスの上にフィットさせてクリックではなく、指先だけを付けてクリックする方が負荷が指の
一か所に集中せず、いいらしいですが、当面湿布と軽い固定です。

利き手の人差し指、パソコンだけでなくかなり使う指なので、しばらく不便が続きそうです。

by かねごん


早く帰るつもりが・・・  熊本城宇土櫓

二日ほど更新、サボっちゃいました。

帰りも遅かったりしたんですけどね、月曜は午後から工業会の会合で外出、そして昨日・今日は
1日社内で仕事。
工業会の会合で午後から外出すると、会合後のお付き合いや特別な事情がない限り、会合後は
残業もなく、そのまま家に帰ることができるんですけどね、でも月曜は久しぶりに本屋さんに
ちょっと寄り道して立ち読みなんかしていたら、あっという間に時間が経って、いつもと
変わらない遅い帰宅となってしまいました。
せっかく早く帰れる日だったのに・・・なんだかな~


<熊本城 宇土櫓>


熊本城の天守閣のすぐ西側に立つ宇土櫓
西南戦争の際の火災でも焼け落ちなかった唯一の櫓で、3層5階地下1階、その大きさから
「第三の天守」とも呼ばれています。



重要文化財に指定されていますが、現在は内部が公開されていて、武者走りと呼ばれる廊下や
急な階段など、当時の城の構造を体感することができる貴重な建物です。

個人的にはコンクリート造りの大小天守閣より、この宇土櫓の方が好きなんですが、さらに
外から宇土櫓を見ると熊本城のすごさがわかります。


空堀から高さ20mになる高石垣の上に建つ宇土櫓。
こうして外から見ると、鉄壁の守りで固められた城であったことがわかります。

熊本城は加藤清正の時代で完成されたものではなく、それ以前から、そして清正以降細川家の
時代になってからも増改築が行われて現在の形になったものです。

多くが西南戦争の際に発生した火災で焼けてしまいましたが、熊本市では平成29年度まで、
熊本城第Ⅱ期復元整備計画を立てて取り組んでいます。

最終的な復元がどこまで行われるのかわかりませんが、現在石垣だけが残っている部分にも、
本来あった櫓や塀が復元されたら・・・ものすごい城になるでしょうね。

by かねごん


盛り上がって

昨夜は母と、先日行った熊本の写真と話で盛り上がり、母を寝かせたのが0時過ぎ、それから
片付けて家に帰ってたら、1時近くになっていました。

母も物忘れが多くなってきたとは言え、昔のことは比較的よく覚えています。
私も母や叔母から聞いた話に沿って、昔母が住んでいた付近の写真や熊本の家の品々を撮って
来たので、より話が盛り上って長話になるわけです。
こういう話をしている時の母は、いつもに増して活き活きしてますね。
昨夜はGoogle MapにStreet Viewでさらに盛り上がりました。



熊本城の長塀と言うと往時のまま残る、南側の平御櫓と馬具櫓をつなぐ242mもの長さの長塀が
有名ですが、西側の西大手門と戌井櫓をつなぐ長塀も復元されています。

この長塀越しに見る大小の天守閣そして往時のまま残る宇土櫓(左の建物)もどっしりとして
個人的に好きな眺めです。

さて今週は午後からの外出が3日・・・後半は少し早出しないと仕事が雪だるまになるかも・・・


<熊本城ホームページ>


by かねごん


見た・乗った・撮った

今日は社内の技術委員会の後に新年会。
結構騒いで、家に帰ってきたら声が枯れてました。


さて一昨日16日の朝、新宿駅で山手線を待っていると車両側面全体が緑色の車両が入ってきました。


山手線の路線カラーや車体が緑色になって50周年となるのを記念して、当時の103系に似せて側面を
緑色にラッピングした記念車両です。


車両上部には「50周年 みどりの山手線103系電車誕生」の文字が入ってました。

この車両、前日の15日にメディアに公開されて、この日が運行初日。
私もニュースで知っていましたが、初日に乗れるなんてメチャクチャラッキーでした。
車内は吊革の写真が違うだけですが、品川で降りた際、しっかり写真、撮っておきました。

by かねごん


PS:昨日、家内が二の腕にできた大きな青あざを見せてきました。
  どうしたのかと思えば、自転車で出かけようとして駐輪場に残った雪で滑って、他の自転車の
  ハンドルに思い切りぶつけたとのこと。
  雪はだいぶ融けましたが、まだ残っている雪は一度融けてまた凍った、滑りやすい雪です。
  「ぶつかった自転車は大丈夫だった?」・・・と出かかって、後を考えてやめました。
次のページ

FC2Ad