道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

昆布出汁   2665枚

夕方から家内の実家に行って、毎年恒例のすき焼きをして帰ってきました。

そして年越し蕎麦は、我が家ではいつも日付が変わる時間に食べるので、もう少ししたら準備です。
今日は近くのスーパーで、九条ねぎとにしんの棒煮を売っていたので、家内にゴリ押しして購入。
つゆも家内の心配を押し切って、いつもの鰹出汁ではなく昆布出汁。
我が家で初の、にしん蕎麦で年越し、ちょっと楽しみです。



今年最後の写真、京都で見つけた風呂敷屋さん。
古典柄から明るい現代的なものまで、幅広い品ぞろえで、見ていて楽しいですね。

さっきパソコンのデータを見たら、今年アップした写真がこの写真で469枚。
2008年のブログ開始当初からは、自分でも驚きの2665枚。

まぁ、よくもこんなにネタがあったもんです。

来年もこんな調子で気まぐれ写真館をよろしくお願いいたします。
それではみなさん、良い年をお迎えください。

by かねごん


レコード大賞  クリアファイル

AKB48、レコ大2連覇ですか?
確かに今この業界、一番勢いがあるのはAKBかEXILEか・・・ですよね。
AKBの多くの歌って、私たちの世代でも共通に通じる中学や高校生の頃の言葉が、歌詞の中ににちり
ばめられているのも幅広い層が身近に感じる一つの要因だと思いますね。
しばらくはこの時代が続くのかな?


さて大掃除も途中ですが、部屋の中の「見えるところ」の片付け、やはり「見えないところ」からに
なってしまいましたが、結構進みましたぁ。
まぁ、見えるところを片づけるためには、見えないところも片付けないと、モノが入らないってのも
事実なんですがね。

私もパソコン周りや本棚周りなど、パソコンの部品や工業会の資料などなど、片付けていたんですが、
片付けていると出てくるのが、忘れていたモノの数々。
そんな中から出てきたのが大量のクリアファイル。


ディズニーランドやその20周年記念、ピカソ展や奈良薬師寺展、松田聖子などなど、ちゃんと数えて
はいませんが、ざっと50枚以上はあると思います。

あちこち出かけると、そこのクリアファイルを記念?に買うことが多いのですが、その存在をしばらく
忘れていていました。

使わなきゃ意味ないし、使うのはもったいない気もするし。
でも使うべきですよねぇ?
少し会社に持って行って、自分のファイル用に使おうと思います。

by かねごん


明日は大掃除   あんぱん

年賀状も全て投函して、今日は家内の実家に行って、毎年末に集まる親戚のお相手をしたり、
途中中座して自分の実家に行って掃除機をかけて来たり、行ったり来たりでちょっと疲れたかなぁ。

明日は、家族で我が家の大掃除の予定ですが、この散らかった家の中、どこまで片付くのか?
我が家の大掃除は、見えないところばかりが片付いて、肝心の見えるところが意外と片付いていない
ってのがよくあるパターンです。

「今回は特に見えるところを重点的に!」と話していたんですが、どこまでできるかな?




先日従妹と会ったとき、「クリスマス~」と言って渡してくれたもの。
銀座木村屋総本店の酒種あんぱん「桜」。

木村屋は日本で最初にあんぱんを世に送り出したという店。
酒種あんぱん「桜」は明治天皇に献上され、あんぱんを世に広めるきっかけとなった品だそうです。

小粒のパンを割ってみると、真ん中のヘソに八重桜の塩漬けが入ってます。


甘さを控えたこし餡と、パン酵母を使わずに昔ながらの酒種を使った、しっとりとやわらかな生地、
そして八重桜の塩漬けが、こし餡の甘みを引き立てて、ほんのりと香りを添えてくれます。

これは和菓子と言っても良いくらい!
ぜ~ったい、お煎茶が合いますね~っ。

先日の京都でもそうだったんですが、街並みを歩いて、写真撮って・・・気になる店はあっても
入ったことがない・・・のが今までのパターン。
この銀座木村屋総本店も、そんな店の一つでした。

やっぱり歩くだけじゃなく、気になる店があったら入ってみるべきですね。
身近にある美味しさを従妹に教えてもらいました。

by かねごん


余計な時間   自分へのご褒美

年賀状作り、先ずは写真の印刷だけは終わりましたが、昨夜ちょっとトラブルがあって、プリンタの
インキを交換したら、プリントに紫色?の線が入るようになってしまい、クリーニングしてもだめ。
調べてみるとまたヘッド周りのクリーニングパッドにインキがべっとり。
これがノズルのクリーニングの際にヘッドにまで付着してしまったのが原因とわかりました。

このため今日は、朝からプリンタをバラして、以前紹介したヘッド掃除。
掃除して、組みたてて、色調整をしていたら午後3時、余計な時間を取られてしまいました。

結構使い込んだプリンタなのでそろそろ買い替え・・・かもしれませんが、解像度は今でも十分に
高い物なので、まだしばらくは掃除で使えるんじゃないかな?



10年以上前になりますが、ヨーロッパに3週間近い出張に行った際、自分へのご褒美に買った万年筆。
それまでも万年筆は何本かありましたが、紙へのペンの滑りと言うか、書き味が全然違います。

普段は契約書や国際会議での署名、たまに書く手紙などしか出番のない万年筆ですが、これを買って
以来、年賀状のあて名書きは、ほとんどこれを使っています。
(通信面はインクジェット紙なので使えません)

自分、そんなに字が上手いわけじゃありません。
でも万年筆を手にすると「字を書くぞ」って感じで、気持ちが締まりますね。
一文字一文字にも気持ちが入る気がします。

これこそ一生モン・・・って言うにふさわしいんだろうなぁ。

by かねごん


何年ぶり?  銀座でスペイン料理

昨夜は従妹と久しぶりに会って、銀座で忘年会と称して食事なんかして来ました。

義妹や父の葬儀のときには顔を合わせていても、そんな会話ができるわけもなく、こうして会って
ゆっくり話をして、食事をするのは「何年振り??」って思い出せないくらい久しぶり。

前から何度も「そのうちまた・・・」って言いながら、それが実現しない事への決まり文句と化して
いましたが、やっと実現したって感じです。


そして行った店は私の希望もあって、「ガウディの舌」というスペイン料理の店。
看板ではスペイン風居酒屋ですが、料理はなかなかの逸品ぞろいです。

店内は細長い造りで、スペインの建築家、アントニ・ガウディが設計したグエル公園やカサ・ミラを
イメージした海底の洞窟のような波打つ壁とタイルで作られていて、一度ガウディの建物を訪れた人
なら納得できる内装です。

タパス(小皿料理)を数皿、そしてメインにパエリアを頼みましたが、どれも納得の美味しさ。
その中でも特にインパクトのあった料理がこれ


ハモンイベリコ レセボ(スペイン産生ハム)

生ハムと言うと、元々が保存食と言うこともあって塩が強めのモノが多いですが、これはそれと違い
薄塩で、しかも脂の甘みが口の中に広がる逸品。
ヨーロッパなどに出張に行くと、ホテルの朝食にも生ハムが出てきますが、昔バルセロナに出張した
時に入ったレストランでも、こんなハムは出てこなかったですね。


エビのスペイン風オリーブオイル煮(アヒージョ)

オリーブオイルにニンニクや唐辛子を入れて、エビを煮込んだひと品で、これはもう美味しくない
理由がないですね。 エビを食べた後は、バゲットをこのオイルに浸していただきます。
この香ばしさはたまりません。


オマール海老の季節限定特製パエリア

メインディッシュにお願いしたのは、店の季節限定メニューでオマール海老を丸々1匹使ったパエリア。
あえて他の魚介は入れずにオマール海老だけで炊いたというパエリアは、海老の味噌の香りが広がって
これも今まで食べたことのない濃厚な味のひと品。
カニと一緒で、海老を食べるときは互いに無口になっちゃいますね。

料理に舌鼓を打ちながら、そして仕上げにデザートとコーヒーをいただきながら、積もり積もった
久しぶりのよもやま話に花が咲き、ハッと気が付いたら2時間半が過ぎていました。

いとこ同士って、子どもの頃からお互い知っているので、身構えることもなく何でも話せますね。
美味い料理とよもやま話、いい時間をすごす事ができました。

スペイン風居酒屋「ガウディの舌」

by かねごん


年賀状

街の中はクリスマス一色ですが、そんなの関係なく、今日は家にこもって年賀状作り。

いつも写真仲間用、一般用、そしてフォーマルと3種類は作るんですが、どれもなかなかデザインが
決まらず難儀してました。

特に写真仲間向け・・・たとえ年賀状でも皆なかなか評が厳しいので手を抜けません。
でもねぇ・・・今年は年賀状に使えるような「これっ!と言った良い写真がなく・・・思い切って
意表を突いたものにしてみました。

なんとか3種類ともまとまって、あとは印刷しながら宛て名書き。

さて正月明け、写真仲間からどんなメールが来ることやら。




表参道にて


by かねごん


やっと・・・

やっと年賀状作成モードに入りました。
と言ってもまだデザイン段階ですが・・・

例年、年賀状は写真仲間用が2種類、それに一般用とフォーマルと都合4種類作っていたんですが、
今年はあまり納得の行く写真がなくて、写真は1種類だけかな?
本音は2種類も作っている時間がない・・・てのもあります(笑)

印刷したら宛て名書き、私の場合、宛て名だけは手書きにしているので、ちょっと時間がかかります。

なんて考えていると、家の中の掃除なんて、する時間あるんだろうか??




鎌倉 寿福寺にて

この界隈、混雑する小町通りから、横須賀線の線路の反対側に抜けただけなんですが、いつも
人が少なく、のんびり歩ける一帯です。

だいたい鎌倉の人の流れって、北鎌倉周辺から鶴岡八幡宮、小町通り、若宮大路、この4か所に
集中してますね、あとは長谷の大仏様と観音様・・・かな?

ここを外せば結構静かなお寺や街並みを楽しむことができます。

年内にもう一度、鎌倉に行きたい気もしますが、ちょっと無理かな?

by かねごん


今日から・・・   昼・夜続けて

来週は有給休暇の消化ということで、今日から事実上の冬休みに入りました。
まぁ、やる事は仕事も家の中も山積してるんで、ゆっくりできる暇はなさそうですけどね。

それはさておき、今日の午前中の冷たい雨、昼前まで気温は4℃しかなく、あと2℃下がったら
雪になり始めるような寒さ。
ちょうど昨日、今年最後の仕事で大阪に行っていて、すごく寒かったんですが、その天気の
流れがそのままこっちに来たって感じでした。


そんな昨日の大阪、いつものようにちょっと早めに行って、ゆっくりとお好み焼きでも・・・
と、始めは思っていたんですが、いざ大阪に着くと「寒いっ!」。
天気予報じゃ関東の方が寒いはずだったのに、逆に大阪の方が寒く、急きょ「暖まる食事」
に変更・・・これは辛い物を食べて暖まるしかない・・・て事です。

行ったのは大阪駅前第3ビル地下2階にある韓国料理「チャンチ」梅田店。
ここ、メチャクチャ久しぶりで、4年半ぶりです。

スンドゥブのランチセットが4年半前と同じ850円はえらいっ! さすが大阪!
8種類のスンドゥブから選べますが、今回は海鮮(辛さは激辛)でお願いしました。


健康ご飯と日替わりのおかず(今回はチャプチェ)など全5品(+玉子は希望でサービス)。

海鮮は甘エビとアサリが2つずつで、ちょっとさびしい感がありますが、それでも味は出汁が
よく出ていて、辛さの中にしっかりとしたうま味もあって、美味しかったです。
辛いだけじゃない、納得のひと品でした。

驚いたのは、11時半の開店で15分くらいでほぼ満席、しかも7割方が女性、しかも激辛を頼む
女性がほとんど。 大阪の女性って辛いモノ好きが多いんですかね?


そして工業会の会合が終わった後、今度は北新地の韓国創作料理店「にゅーとん」で忘年会。
こちらのお店、水晶プレートで焼くサムギョプサルが有名だそうで、宴会はまず焼き肉から。


水晶プレートを特殊な台の上に斜めに置いて焼くと、肉が焦げにくい、煙が出にくい、肉の
旨味を閉じ込めやすい、などのメリットがあるそうで、プレートを斜めに置くことで、脂が
プレートの下に置いた器にたまるようになっています。


キムチも一緒に焼いたりしてますが、確かによくある「肉が炭になっちゃう」ような事もなく
最後まで美味しくいただくことができました。

宴会メニューでしたが、意外と美味しかったのがこのトッポギと韓国風だし巻き。



トッポギはちょっと甘めで、野菜やソーセージも入って、コチュジャンのコクが効いてます。
そして韓国風だし巻き、これが意表を突くひと品で、ニラやキムチが入って実に美味。
他のメンバーにもこれは大ウケのひと品でした。

ここは宴会メニューじゃなくて、ゆっくりいろいろ食べてみたい店です。

昼・夜続けて韓国料理で胃袋大満足の一日でした。


韓国創作料理店「にゅーとん」
by かねごん


霞が関も寒いっ

なんかこのところ、暖かかったり寒かったり、人間がヒートショック受けている感じです。

今日は朝からお役所の方に仕事があって、霞が関に行っていたんですが、この界隈のビル風の
冷たいこと!! 日本の景気と同じくらい??冷たい風が吹いていました。




先々週行った鎌倉明月院。

山門に向かう擦り減った階段の両脇は、葉を落としたアジサイ。
また来年、見事な花を咲かせて、来る人を楽しませてくれることでしょう。

さて明後日が大阪出張なので、明日は事実上の今年最後の出勤日。
でも来期の事業計画やら何やら、片付けなきゃいけないことがいっぱい残ってます。
何時に退社できることやら・・・

by かねごん


築地で忘年会

今日は午後から工業会の会合で外出。
会合が終わってから「今年最後ということで・・・」と、月曜から築地で忘年会してきました。

築地と言えばやはり新鮮な魚介を使った鮨、銀座のすぐ近くにありながら、築地市場を囲む
場外市場周辺では安くて美味い鮨が食せる店がいっぱいあります。

今日行った店もそんな中の一つ。
ちょっと訳あってお店の名前は紹介できませんが、盛り付けでわかる人もいるかな?


本鮪三種にぎり
やっぱり本鮪は、なめらかと言うのか、とろけると言うのか・・・
口にした時の感触が全然違いますね。


にぎり盛り合わせ
牡丹海老と穴子の一本にぎりがインパクトあります。

牡丹海老、身は甘く、味噌まで吸えるのは新鮮な海老ならではです。
穴子はふっくらとして、甘めのタレがすごく良く合います。

そしてこの店、個人的な意見ですが、舎利が美味い。
どんなにネタが良くても、舎利が合わないとせっかくの鮨が台無しです。
その点ここは舎利も美味く、お互いの良さを引き立てあってますね。

久しぶりに築地で鮨をいただきましたが、ここはやはり美味かったです。


さて、年内の仕事は今週いっぱいで事実上おしまい。
来週は有給休暇消化で、28日の午後にちょこっと出社するだけ。
年賀状作りと掃除に明け暮れしそうです。

by かねごん


次のページ

FC2Ad