道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

台風通過

昼前から風が強くなり始めて、午後3時前から雨が降り出して、5時過ぎにはかなりの風雨でした。
今は既に台風は通り過ぎて風もいくぶん弱くなってきていますが、9時過ぎまでは、雨は止んで
いものの、外はビュービューと音を立てて、猛烈な風が吹き荒れていました。

小田急線も強風で一部運転を見合わせているところがあったようです。

昼過ぎに近所のスーパーに買い物に出ましたが、天気が崩れる前に買い物をしようとする客で
駐車場はほぼ満車、レジには結構な行列ができていました。 考えることは皆同じですね。



昨日、写真をアップする順番を間違えちゃいました。
ストーリー的にはこっちの写真が先でしたね。


成就院の参道からみた由比ヶ浜の景色。
この場所、いつ来ても「いい眺めだなぁ」と思いますね。
黒いゴマ粒のような一つ一つが人。やっと戻ってきたサーフ天国。

で、昨日の写真に行けば自然な流れでした。

さて明日は、電車も始発から正常通り動きそうですね。
午後から試験室に移動ですが、台風通過後で蒸し暑くなりそうです。

by かねごん


3ヵ月半ぶりに

久しぶり?に良い天気の週末。
鎌倉行きたい症候群の禁断症状に対処すべく??? 3ヵ月半ぶりに鎌倉に行ってきました。

まぁ、特別どうってコースを歩いたわけでもなく、極楽寺から海岸周辺を材木座に行って、駅の方に
戻るという、ほぼいつものコースを歩いただけなんですが、今日はいつもみたいにのんびり昼前後に
家を出るのではなく、しっかり9時前に出て、ゆっくりと楽しんできました。

ただ、天気が良かったので結構日焼けしましたねぇ。
顔が真っ赤になって、少し薄くなってきた腕時計の跡もまたはっきりした感じです。


七里ガ浜から由比ヶ浜、材木座にかけての海岸線。
前にも書きましたが、8月の海水浴場や海の家が終わって、サーファーたちに海が戻ってきていました。

台風が日本の近くにいるのに、思い切りベタな海で、波も膝から良くて腰。
多くのサーファーはカマボコ(板に張り付いた状態)で波待ちでした。

明日からは海も荒れるんだろうなぁ。

by かねごん


台風接近  ゴチャゴチャ

昨日、家内は東京ドームにSMAPのコンサートに出かけて、11時過ぎにご機嫌で帰ってきました。
本人は「嵐」の方に行きたいのが本音だそうですが、とにかく「嵐」はものすごい倍率だそうで
ファンクラブでもなかなか手に入らない代物だそうです。


ところで台風17号、まともに日本縦断しそうな動きですね。
会社でも「月曜日は天候や交通機関の動きを見て、無理な出社は控えるよう」通達メールが
飛んでました。

今はこうして事前にメールで無理をしないように連絡がきますが、そういえば昔の会社では
「小田急線が止まったので早く帰宅してください」って、すごい連絡が流れたことがありました。
通勤する人のほとんどが小田急線を使っているのに、そりゃ無理だろう・・・

まぁ、それも今にしてみれば、古き佳き時代ってところでしょうか



会社の帰り、ちょっと用があって新宿東口方面へ・・・


駅の通路にも壁にもベタベタとド派手な「ビックロ」の広告。

ビックカメラとユニクロのジョイント・・・昨日はずいぶんニュースでも流れていたようですが、
東京の新名所・・・ってほどのもんかなぁ??


東口に出てみると、ビックカメラ東口店のビルにまで・・・←あっち・・・って
関西の人が見たら「なんやねん!」って突っ込みが入りそう!

なんでもコンセプトは「素晴らしいゴチャゴチャ感」だそうですが、ゴチャゴチャならやっぱり
ドンキだろ。

ちなみに東口に行ったのは別の用事で、ビックロに行くためではありません。念のため!

by かねごん


名札  歌舞伎座

今日はいつもと違う工業会の会合。
この会、普段はメールベースでのやり取りが中心で、会合は年に1回だけ。
年に1回しか顔を合わせないので、なかなかメンバーの顔と名前が一致しません。

前にそのことを事務局に言ったら、今日はちゃんと席に名札が用意されていました。

ただでさえ私は工業会などに顔を出している割に、人の顔と名前を覚えるのがメチャクチャ
苦手なので、イベントなどで声をかけられるともう冷や汗もんです。
話しながら相手の名札をさりげなく見たりして、相手の名前を確認しています。^_^;

会議などでも、こうしていただけると助かりますね。



月曜日の工業会、建築中の歌舞伎座に入り口の唐破風屋根の骨組みができていました。


この骨組み、見られるのは今だけ。
完成したら今度は取り壊すまで人目には触れません・・・当り前か(笑)


来年4月に開場することが昨日発表されました。
全体を見ると、右端の屋根は瓦も葺かれて、外観もだいぶ雰囲気が出てきました。


ほぼ同じ位置から撮った以前の建物と比べるとこんな感じです。

外観はこれと似た感じみたいですね?
これから大屋根が葺かれると、一気に重厚感が出てくると思います。

さて、なんか台風が来ているみたいです。
関東の方に向かっているようですが、そんなに強い台風ではなく、日本に近づく前に
東に進路を変えるとの予報ですが、もうひとつ、台湾の南方にメチャクチャデカイ
905HPaなんてのがいます。

今年は大きな台風ができやすいんでしょうか?
被害がないことを祈ります。

by かねごん


ちょっとマイブーム

朝、ヒンヤリしていたので長袖のワイシャツを着て、日中は腕まくりしてました。
昼から外出してましたが、からっとした暑さで、汗だくになるようなこともありませんでした。



外出でちょっと時間があって買ったモノ・・・


手ぬぐい3点。

7月に祇園祭に行って、あちこちの山鉾で手ぬぐいを買って「せっかくだから使ってみよう」と
使い始めたら、これが結構便利でちょっとマイブームになってます。

今まではハンカチとは別に汗拭き用にハンドタオルを持って歩いてたんですが、手ぬぐいを
使いだしてからはこれ1枚。
汗はよく吸うし、日なたで暑ければ首にも巻けるし、乾きも早いし、とにかく便利。
使い始めの色落ちだけ気を付ければ、なかなかのスグレモノですね。

手ぬぐい買ったのは歌舞伎座の筋向い、銀座三原橋交差点の角にある大野屋さん。


コンクリートのビルに囲まれた、いかにも老舗の1軒で、明治元年に足袋屋として創業したそう
ですが、それ以前の江戸時代には晴海通りの方で染物の悉皆屋をしていたという歴史のある店。
店内は手ぬぐいが主に並んでますが、足袋や浴衣も置いてあります。

女将にさんに許可をいただいて、店内の写真を撮らせてもらいました。


昔ながらの柄は「日本」を感じますね。
今風に色を増やしてありますが、そのまま浴衣にしてもよさそうな感じですね。


さすがに歌舞伎座の前に長く店を構えるだけあって、歌舞伎役者の屋号の定紋があしらわれた
手ぬぐいもあります。
この他にも外国人観光客を意識した?多色染めの美人画や東海道五十三次などの手ぬぐいなど
決して広くはない店内ですが、とにかく手ぬぐいがいっぱい並んで、見るだけでも楽しいです。

今回私が買ったのは昔ながらの柄は、上から「麻の葉」「二の字」「桜花びら」と言うそうです。
柄の名前と言うのも、知ってみるとちょっと楽しいですね。

by かねごん


墓参り  思い出の詰まった場所

昨日、今日と秋本番を思わせるような涼しさです。
昨日の朝は気温が21℃とTシャツ1枚では寒いくらい、日中でも25℃くらいだったのが、
今日は天気予報通り朝から雨、日中でも20℃ちょっと、夕方には18℃と、家の中でもTシャツ
1枚じゃちょっと寒く感じるほどです。


そんな中、昨日は奈々もいっしょに墓参りに行ってきました。
墓参りに行くにはちょうど良い天候で、お寺にも墓参りの人が多く、あちこちで線香の煙が
上っていました。

ただ休日のせいか道路が混んでいて、いつもなら広尾にある家内の実家の墓参りをしてから
鶴見にある私の家の墓に行くんですが、昨日は順番を逆にして渋滞を避けるなど、いつもと
違うルートで行ってきました。

今年の春の墓参りから、行きは息子が運転するようになったのでずいぶん楽になりましたが
まだまだナビを見ながら運転する余裕もなく(いや地図の見方もわからない?)、横で私が
ナビの情報で息子をナビする?感じですね。

最近の若い人って、車の免許をとっても家の車を一人じゃ運転しないんですかね?
私なんか家に車がなかったので、会社に入って自分の車を買うまでの間、友達の車を借りても
ドライブに出かけたりしたもんですが・・・



墓参りの帰り、首都高から東名に向かっていると家内が「前の実家の辺り、どうなったろう?」
と言い出したので、そっちの方に行ってみることにしました。

家内の実家、以前は車で30分ほどかかる海老名の社家という駅の近くにありましたが、関越道、
中央道、東名をつなぐ圏央道の海老名ジャンクションの建設で立ち退きとなって、現在の所に
引っ越しました。
もう何年も行っていないので、さぞかし変わっているだろうと思いつつ行ってみると案の定、
先ず家のすぐ近くにあった相模線の踏切が無くなっていました。


ちょうど二人が立っている右の柵の辺りが踏切だったのですが、完全になくなっていました。
二人がいる所も以前は畑と線路の間の、狭い草ぼうぼうの未舗装の道。
そして右側のフェンスのあたりから右に入る路地があって、その奥に実家がありました。

場所を変えて実家の場所あたりに行ってみると、工事用のフェンスに囲まれていましたが
その上からカメラを出してのぞいてみると・・・


ちょうど正面奥あたりが実家のあった場所のはず。

家内にとってはいろいろな思い出の詰まった場所だけに、フェンスの隙間からしばらく
感慨深げに中をのぞいていました。

私も何枚か写真を撮って、帰って来てから家で見てみましたが、さすがにその痕跡らしい
ものは見つかりませんでした。

by かねごん


ちょっとボヤキ  マリンジャンボJr

今日は時々雨が降って、気温も30℃にとどかず、ちょっとすごしやすい天気。
夜になってからは、会社を出るとポロシャツ1枚ではヒンヤリ感じるほど気温が下がってきました。
今夜はエアコンなしで、秋本番の気配を感じそうです。

このところねぇ、設計の現場からの問い合わせがいろいろ多く、なかなか自分の仕事が進まない。
もちろん現場が最優先なので、それ自体は問題ないし、当然対応しなくちゃいけないんですが、
問題はその問い合わせの内容。

私たちから見ると、設計者として知らなきゃいけない基本的な技術への問い合わせも多く、
「おいおい、今までどうやって設計していたんだよ?」
って言葉が喉まで出かかることもしばしば・・・

どうも人材が入れ替わって、現場で十分な教育をする余裕もなく、技術的にも経験的にも未熟な
技術者が増えてきているような感じです。

これは一発、教育をやり直さないとダメかなぁ。

って今日はちょっとボヤキでした。


<マリンジャンボJr.>

さて一昨日、ポケモンジェットで思い出したマリンジャンボ・・・探してみたらありました!
ただ、マリンジャンボではなく、マリンジャンボJr。

Boeing 747-400Dのマリンジャンボは機体の大きさゆえ、ローカル空港には着陸できないことから
その強い要望に応えたのがBoeing 767-300に同じ塗装をしたマリンジャンボJrです。


1994年1月15日 羽田空港にて撮影

ちょうど着陸してきたマリンジャンボJrと、離陸する同型機のツーショットですね。

一般公募から小学生の女の子がデザインしたということ、そしてジャンボジェットをクジラに
見立てたアイデアで、大人が見てもすごく夢を感じる機体だったのを覚えています。


スポットに入ったマリンジャンボJr。
残念ながら目の前には来てくれませんでしたが、当時まだ3歳だった息子と見に行って、
親の方が夢中になって家内に怒られたのを覚えています。


さて、明日は秋の彼岸で墓参りのハシゴ。
天気がいいことを期待しましょう。

by かねごん


缶詰め  ポケモンジェット

強い雨が降ったり、晴れ間が差したり、昨夜は雷が鳴ったりと、不安定な天気が続いています。

昨日は会社の帰り、品川駅の新幹線改札に人だかりができていました。
掲示板を見ると大雨の影響で岐阜羽島-米原間で運転を見合わせているとのこと。

そういえば昔、台風が近づく中、大阪に日帰り出張した帰り、途中で新幹線が止まってしまい、
帰れなくなったことがありました。
工業会のほかの会社のメンバーと新大阪を乗って、名古屋で30分くらい止まって、そのあと
浜松まで来たのですが、なんと通過線で止まってしまいホームにも出られなくホントの缶詰め。

そのまま4時間ほど閉じ込められた後、ホーム車線に入った列車とドアの位置を合わせて、
そこにはしごをかけてホームに移動したことがあります。

当然その日は帰れず、泊まる宿も浜松周辺にはなく、在来線の袋井にやっとホテルを見つけて
泊ったことがありました。

なんか全然違う話に飛んじゃいました。



ところで先日の3連休、フィルムをスキャンしていたら、こんな写真が出てきました。


ポケモンジェット・・・2代目のポケモンジェット99ってやつです。
「なつかしーっ」と思う方も多いのでは?


撮影したのは2000年10月14日、羽田空港。
当時はまだマニュアルフォーカスのPENTAXに100mm-300mmのズームで撮ってます。

このころのポケモンジェット、あのマリンジャンボに続いてのスペシャルマーキングで、空への
夢をすごく感じさせてくれた機体じゃないかな。(間にスヌーピーがあったかな?)

どこかにマリンジャンボの写真もあるはず・・・探してみようっと。

by かねごん


グータラな休日

3連休って、あっという間ですねぇ。

昨日出かけた以外は、家でフィルム2-3本スキャンしたのと撮り溜していたビデオを見て、
そしてしばらく行っていなかった義父の家に家内とちょっと顔を出しただけ。
これと言ったことはほとんど何もしないで終わってしまいました。

鎌倉行きたい症候群はあるんですけどねぇ・・・
この数週間の忙しさと緊張感から解放されたせいなのか、ちょっとテンションが上がり
きらないというか、グータラな休日を過ごしています。



馬車道界隈にて

古い総大理石造りの建物も残る中、個人的には「横浜」といえば「レンガ」と「ガス灯」
が似合う港街・・・ってかんじかな。

by かねごん


鎌倉をあきらめて・・・

今日はねぇ、ホントは鎌倉に行きたかったんです。

今日は午後1時から鎌倉で流鏑馬の神事が行われる日でした。
実はこれだけ鎌倉に通っていて、いまだに流鏑馬を観たことが無いので、今日はそれを
撮りに行くつもりで用意をしていたのですが、朝から空はどんよりして、10時過ぎから
無情の雨が降り出しました。

雨雲の動きをみると、ちょうどその時間頃に三浦半島に南から北に動く強い雨雲が接近。
そして鎌倉に2か所あるライブカメラでチェックしても、かなりの雨が降っている様子。
雨雲の通過との微妙な駆け引き??でしたが、結局今日の鎌倉は中止しました。

でもこの私が6月に行って以来、3か月以上も鎌倉に行っていないんで、はっきり言って
また「鎌倉行きたい症候群」が発症してきてます。
近いうちにとにかく鎌倉、フラフラと行きたいです。



さて流鏑馬に行くのを中止してその代り??雨も上がった夕方近くになって、上野から
アメ横を抜けて、秋葉原に行ってきました。

アメ横でも秋葉原でも、週末は相変わらず人が多いですね。
特にアメ横は夕方にも関わらず(いや夕方だから?)、歩きにくいくらいで、写真を
撮りながら歩くのも、ちょっとためらうほどでした。

「そう言えば、昼食をまともに食べていない」と遅ればせながら思い出して入ったのが
秋葉原にある刀削麺の店「唐家」。
カウンタ10席の小さな店ですが、開店当時からちょっとお気に入りの店です。


私が頼んだのは「麻辣刀削麺」680円。
注文を受けると、奥で直径7-8cm、長さ30-40cmの麺のもととなる塊を担ぐようにして、
専用の包丁で麺を削り飛ばしながら鍋の中に麺を入れていきます。

店の奥でやるのでちょっと写真に撮れませんでしたが、削られた麺が吸い込まれる様に
鍋の中に飛び込んで行くのが職人技です。


出てきたのがこれ。
香菜(パクチー)が駄目な人は、ここで絶対アウト。
赤いスープにパクチーの緑がアクセント?
あまりわからないけど、これだけパクチーを盛って出す店って、少ないと思います。

私も30代前半に初めて台湾に行ってこれを口にしたときは、「見た目はミツバでも
香りはドクダミ」みたいなイメージを持ちましたが、さすがに慣れてきましたね。


ドンブリは小さめですが、中はびっしり詰まっています。
麺はこの通り、きしめんのような幅で厚みが倍近く、断面がひし形になっているのが
刀削麺の特徴ですね。

挽肉とゴマの混ざった辛みの中にコクがあるスープとパクチーの香りが、モチモチと
歯ごたえのある麺にからんでちょっと病みつきになりそうな味です。

食べ終わる頃にはかなり汗が流れている辛さですが、いつまでも口に残るような辛さ
ではありません。(50円増しで「激辛麻辣刀削麺」ってのもあります)
またパクチー好きの方にはパクチー大盛り(280円増し)があって、スープが見えない
くらいにパクチーが盛られてきます。

いろいろなラーメン店がある中で、辛いメニューだけのとんがった存在のラーメン店です。
(何故か辛くない坦々麺???ってのが1つある)

by かねごん


次のページ

FC2Ad