道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

早朝の電話は・・・

この数日、台風の接近もあってちょっと蒸し暑くなりましたね。

昨日は午後、半休をとって母の退院後の定期検診に連れて行ったんですが、とりあえず経過良好。
肺炎球菌の予防ワクチンも注射してきてもらいました。

診察後、車いすを降りて病院の長い廊下を手摺り伝いに歩いてみたり、なんか入院した後の方が
足腰もしっかりして、確かな足取りで歩いているように見えるくらいです。

家でも昼間はほとんど起きているようで、食堂の椅子に座ってテレビを見るようになったり、
入院前と大違いです。

まぁ、強いて言えば忘れっぽいのは仕方ないかな?
今朝も私が出掛けた後、6時半ごろに電話をしてきて「昨日打った注射、なんだっけ??」
って、忘れっぽいのは仕方ないけど、早朝の電話は勘弁してほしいです。



恵比寿界隈にて

今週はいろいろあってずっと8時出社してますが、この時間だと気温も低くて楽です。
ただいつもより1時間以上早起きするので、寝不足がちょっときついです。

by かねごん


富士総合火力演習

木曜日に日焼けした額から頬にかけて、皮が剥けてきました。
若い時は大きなのが剥けたのに、今は細かいのがポロポロ・・・歳とると皮の剥け方も変わる?

さて先週は休暇を二日取ってしまったので、会社の仕事もちょっとたまって、帰りも遅くなって
たりしていたので、今日は一日おとなしく、明日の工業会の会合で使う資料の宿題をやったり、
木曜日の演習の写真を整理したり。

まぁ、工業会の宿題と言ってもマイペースでできる内容だったので、時間に追われることもなく、
「今日は家でのんびり過ごす事ができた」と言えるでしょうね。



<富士総合火力演習>

今日の夜のニュースでもいくつか紹介されていた、富士総合火力演習。
私が撮影に行った日は、気温は高くても湿度が少なく、きれいに晴れ上がった富士山をバックに
演習が行われました。


今回の総合火力演習の目玉は、何と言っても新型戦車10式の参加です。
昨年までは展示だけでしたが、今回からは演習で実射するということで、注目度No.1です。
今年1月から量産車が陸上自衛隊に納入され始め、現在は6台が納入されていますが、その6台が
すべて演習に参加していました。


10式はスラローム射撃と言って、S字を描きながらの走行中に射撃をしたり、また後退しながらの
射撃など、今までの90式戦車では不可能だった射撃を見せてくれました。

ところが写真を撮る側からすると、初めて見る射撃でタイミングがつかめず、スラローム射撃
での射撃の瞬間の写真はほぼ全滅。


辛うじて停車中の射撃で数カットは抑えましたが、うーん・・・このスラローム射撃の撮影は
来年以降の課題となりましたね。

10式戦車、従来の90式に比べると軽量化されて且つ防御力を維持しているということですが、
その運動性能のすごさが見ていてもわかります。


前進・後退時共に時速70km/hの速度が出せて、しかも90式の半分の半径で旋回ができるという
だけあって、後退しながらの旋回はド迫力です。

この他にもいろいろ楽しんできましたが、今回は戦車ネタだけということにしましょう。

最後に今回のベストショット。


90式戦車の走行間射撃で、右側には飛んで行く砲弾もしっかり写すことができました。

by かねごん


残暑お見舞い申し上げます  馬車道3

残暑お見舞い申し上げます!

木曜日に続いて昨日・今日も強い陽射しの一日でしたね。
昨日は昼過ぎにちょっと外出したんですが、陽に当たると昨日の日焼けがピリピリしました。
でも今週は気温は高くても湿度が低いので、カラッとして日陰に入って風に当たると涼しく
感じるので、外を歩くのも日陰を歩くとずいぶん楽でした。

来週もまだまだ暑い日が続きそうです。
水分と塩分補給は十分にして、熱中症をはじめ、夏バテ、エアコンの入れ過ぎでの寝冷え等々、
皆さんもお気をつけください。

ちなみに一昨日の演習、炎天下で水分補給は必須。
午前中だけで私と息子二人でスポーツドリンクと水、合わせて3リットル消費しました。



<横浜 馬車道>

さて馬車道にはこの他にも日本の写真の開祖とも言われる写真師、下岡蓮杖が明治元年に
開いた写真館「相影楼」が開かれたことを記念した碑があったり、のんびり歩くほどに
いろいろな歴史に会うことができます。


一本路地を入った横浜十番館の前には、牛馬のために設けられた水飲み場が残されています。
横の案内板によれば当時、荷馬車協会には三千頭もの牛馬がいて荷物を運んでいたそうです。




街灯がすべてガス灯だったり、ちょっとおしゃれな店などもあるし、レンガ造りの歩道には
馬車をあしらったタイルが埋めてあったりと、歩いていて楽しいです。

ただ・・・ちょっと気になったのは、こんなにいい感じの街並みなのに、関内駅に近づくと
居酒屋チェーンの看板が目立つこと。
少しは店の構えや看板のデザインも横浜らしく考えてくれればいいのに、他の街にあるのと
同じ看板。
これではせっかくの馬車道の景観が台無しです。

最後はちょっと残念なところもあったけど、久しぶりの馬車道、満喫しました。

by かねごん


また日焼け  馬車道2

富士総合火力演習、行ってきました。

とにかく今まで行った演習の中では一・二番じゃないか?って思うほど、良い天気に恵まれて、
蒸し暑さもなく、炎天下の中、祇園祭に続いてまたしっかり日焼けして帰ってきました。

写真も800枚以上撮って整理できていないので、これは後日アップします。



<横浜 馬車道>

ちょっと間があいてしまいましたが、横浜の馬車道は先に書いたとおり、明治・大正そして
昭和の初期に建てられた近代建物がいくつか残っています。


中には関東大震災にも耐えて、現在に残る建物もあります。

横浜港から関内に向かって歩いてみると、まずはじめにあるのが旧富士銀行横浜支店の建物。


当時の名前では安田銀行ですね。
いまは「東京芸術大学」のプレートが入っていました。
安田銀行は当時、同じようなデザインの支店を各地に建てたそうですが、現存しているのは
わずかだそうで、その中でも一番大規模な建物だそうです。


こちらは旧東京海上火災保険ビルで、目の前に県立歴史博物館があるので目立ちませんが、
平らな壁を覆う多様な張り方のタイルが特徴の建物で、しっかりと案内板が立っています。
現在は民間のオフィスビルとなっているそうです。


これは旧川崎銀行横浜支店の建物で、大正11年に建てられて関東大震災にも耐えた建物ですが、
前面部は当時の建物を残して、後ろ側を現在の建物にするという、歴史的な建物・景観の
保存・再生の手法としても先駆的な建物だそうです。

こういった建物の前の歩道には、その建物の歴史的な意味の説明案内板があるので、これを
見ながら歩いてみるのも楽しみかたの一つですね。

by かねごん


これから御殿場へ!

今日は午後から設計のメンバーが集まって月1回の技術勉強会。
私も今日は受講する側で勉強させてもらいました。

やはり技術をやる人は最新の技術は勉強しておかないと、取り残されちゃいますからね。

さて、今晩これから夜中に御殿場に向かい、陸上自衛隊の富士総合火力演習の撮影に行ってきます。

仮眠をとるので馬車道の続きはまた後でアップします。

By かねごん

ロンドンオリンピックのメダリストのパレード

朝早くから人間ドック、行ってきました。

今日は先生との息もピッタシ合って、胃カメラも全然苦しくなく検査ができ、モニターを
見る余裕もありました。
まぁ、速報での結果ですが、歳なりのボロは出てきているものの、即治療が必要な項目は無く、
経過観察で済む内容ばかりだったので先ずは一安心。(メタボは当然?言われましたが)


その人間ドックの待合室のテレビを見ていて流れていたニュース。
「11時から銀座で、ロンドンオリンピックのメダリストのパレード」

パレードをやるのは知っていましたが、今日とは知らなかった。
人間ドックが終わるのが10時前、午後からの速報の結果説明が13時・・・「行けるっ!」

本当は上野のツタンカーメン展に行こうと思っていたのを急きょ変更して、銀座のパレードを
見に行ってきました。

新橋に着いたのは10時10分頃、でパレードの終点の銀座8丁目周辺はものすごい人で、身動き
できないくらいで、そこからいい場所を探して歩いて6丁目と7丁目の中間ぐらいでなんとか
前から4列目くらいに入れました。

待つこと数十分、11時にパレードが始まり、この場所だと15分くらい・・・と思っていると
ちょうど4丁目の交差点を通過したあたりですごい歓声が聞こえて、さらに数分。

もう選手の名前はいいですね。最高の笑顔をご覧ください。












とにかくNEXだけがバッグに入っていたので、道具はこれ1台。
通過の時はモニターも見れないくらいで、感覚だけで撮ったので、とにかくピンボケと
的外れの多いこと。
帰って来て見ると、半分以上が後ろの壁にピントが行ったり、選手の顔が切れてたり・・・
これだけ失敗が多いのも初めて・・・ってくらいひどい出来でした。
アップした写真にもその手が混ざってますが、お許しを!


あっという間に通過してしまいましたが、沿道の人たちからも暖かな言葉がいっぱい飛んで、
すごく良いパレードでした。
何事にも控えめな日本人、たまにはこういう騒ぎをやってもいいと思うんだけどなぁ。
警備やスタッフの方は、ホントご苦労様でした。

そして選手の皆さん、改めて「元気と勇気と感動をありがとう!」

by かねごん


今日行けばよかった  馬車道

今日はきれいに夏空が広がって、気温も33度くらいまで上がったようですが、一番暑くなる
午後1時過ぎに買い物に出ても、そんなに暑さを感じません。
空気がカラッと乾燥しているんですね。

当り前ですが、暑さの中で湿度が高いのと低いのじゃ、汗の蒸発が全然違うので大違いです。
どうせなら今日、横浜に行けばよかったなぁ・・・



<馬車道>
横浜の馬車道は、関内駅の横浜よりの端から港の方に延びる路の一部。
幕末に横浜港が開港された当時からある路で、関内にある外国人居留地と港を結ぶ道の一つ
で、外国人がこの路を馬車で行き来していたころから「馬車道」の名がついたそうです。

明治・大正・昭和初期に建てられた近代建物がいくつか残っているのも馬車道の特徴で、
中には関東大震災にも耐えて、現在に残る建物もあります。


その貴重な建物の一つ、神奈川県立歴史博物館。
明治37年に横浜正金銀行本店として建てられ、関東大震災でも屋上ドームを焼失しただけで
建物本体は災害を免れ、昭和20年の横浜大空襲でも損傷することなく、現在にいたっている
貴重な建物で、国の重要文化財、そしてその敷地も国の史跡に指定されています。


入り口の階段。
夏の暑さの中でもひんやりとした感触が伝わってきます。


建物をバックにガス灯の柱を撮ってみるとこんな感じです。

2-3回に分けて、馬車道を紹介します。

さて、明日は休暇を取って人間ドック。
日頃の不摂生が検査結果に出そうな気配が・・・・

by かねごん


SSDに換装

午前10時ごろ、南東の方角からまっ黒な雲が出てきて、11時前から猛烈な雨。
雷も鳴って、窓からの景色も白くかすんで、視界も200m位しかなかったんじゃないかな?
猛烈な雨の時間は30分程度だったと思いますが、これだけの降り方は久しぶりでした。


さて、先日手を加えたネットブック(死語?)について・・・
約3年半前に購入した工人舎のML6KL12A、Windows XP-Homeでメモリは2GBあり、画面サイズが
今時8.9型しかも1024×600ドットと小さいのと、立ち上がりが遅い以外はOfficeも走るし、
利用目的から考えれば大きな不自由はありません。

それでも時代の流れから考えれば、手を加えて使い続けるのも、これが最初で最後かと思い
HDDをSSDに換装して速度アップさせてみました。

工人舎と言うマイナーブランドですが、東芝のNB100がほぼ同仕様の製品で、これの記事を
もとに作業を進めました。


分解してHDDを外した状態の内部
意外とすっきりしてました。


右が外したHDD、左が換装するSSD
最近のはSATA3ですが、こいつの場合はSATA2なのでこれで十分かな?


SSDに乗せ換えた状態。

乗せ換えたSSDには予めHDDのクローンを作ってあります。
使用したのはEASEUS Todo Backup というフリーソフト。
SSDを元のPCにUSB接続(アダプタが必要)して、このソフトを起動させて、
クローンの作製を選ぶだけ。

40分ほどでコピーは終了しました。

あとは元通りに組み立てるだけですが、CPU等の放熱部分が、キーボード下の放熱板にしっかり
密着するように組みたてるのがポイントでしょうか?

起動時間は格段に改善されました。
半分とは言いませんが、それ近く、4割近く早くなったんじゃないかな?

しばらくこれで遊んでみたいと思います。

by かねごん


猛暑が戻ってきた  三条通を歩く5

昨日・今日はまた猛暑が戻ってきました。
朝、家を出るとムッとするような蒸し暑さで、駅のホームに立っているだけでも汗がじわっと
出てきます。

おまけに今日は、一番暑い2時過ぎから蒲田にある実験室に用ができて移動。
炎天下を20分近く歩いて、実験室にたどり着いた時には汗だく。
こんなところで思い切り『夏』を実感しちゃいました。



<三条通りを歩く5 三条商店街>

了頓図子を過ぎて三条通りをさらに西に歩くと「釜座町」と言う町名が出てきます。
この付近は秀吉の時代にさかのぼって多くの釜師(茶釜を作る鋳物職人)が多く集まっていた
事に由来しているそうです。

そして堀川通を過ぎるで千本通までは、アーケードになっている三条商店街。
約800mもある商店街には約180点もの商店が軒を並べているそうです。
京都はこうした地元密着型の商店街があちこちにありますね。


おもしろいのはその商店街の真ん中にある鳥居。
八坂神社の御供社で、祇園祭の環幸祭では三基の神輿が立ち寄る場所でもあるそうです。
鳥居が商店街の大きさに合わせて??小さめになっているのがおもしろいですね。


商店街の中に露店があるのもおもしろいです。
普通の野菜と一緒に柴漬けや京野菜が並んでいました。


ずっと続くアーケード。
閉まっている店が多いのが気になっていたら、この日は木曜日で定休日の店が多いそうです。
でも商店街全体で統一した定休日ではないので、開けている店もあるんだとか・・・
これもまたおもしろいですね。

こんな中を歩いて千本通にぶつかったところでこの日の三条通はおしまい。
あとで地図を見たら、これで三条通りのだいたい半分を歩いたことになるようです。
そのうちに渡月橋から千本通まで歩いて三条通を完歩させたいです。


さて、今日でとうとう56歳になってしまいました。
一昔前ならこれで定年です。
今、こうして現役で現場と技術の仕事ができるのはありがたい限りですが、これからは
今まで以上に若手を育てることも考えなければなりませんね。
残り4年間、どれだけのことができるか、真剣に考えながらやっていきたいと思います。

by かねごん


夏休みおしまい  三条通りを歩く4 了頓図子

連休最終日、昼前から横浜へ出掛けて、久しぶりに馬車道に行ってきました。
部分的には通りかかったことはあっても、ちゃんと歩いたことはきっと10年以上無かったと
思います。

ただ昔の馬車道の記憶との変わり様に、ちょっとがっかりした面もありました。
これはまた後日紹介します。


<三条通りを歩く4 了頓図子>
室町通を過ぎてちょっと行くと、左手にちょっと趣のある細い路がありました。
吸い込まれるように入っていくと案内板があって、そこが了頓図子(りょうとんのずし)
であることがわかりました。

了頓図子は衣棚通(ころものたなどおり)の南端、三条通から六角通をつなぐ100mちょっとの
部分の別名で、元は足利家代々の従臣である廣野家の末裔の廣野了頓の茶亭があったそうです。
この邸地の表門から裏門まで、了頓の意思で一般の通行が許されたそうで、ここに住んだ
了頓に由来してその名が残ったそうです。



図子は車1台が通れるほどの道幅で、両側に町家を改装した住宅や商店、工房が並びます。
見た感じでは、比較的新しくここに住んだ方々のようですね。

祇園祭の時に地元の方が「30-40年前はこの辺もみんな町家で、コンクリート造りの建物は
数えるほどしかなかった」と話されていましたが、京都の街並みもどんどん変わって、
いるようです。
時代の流れと言ってしまえばそれまでですし、私もこうして写真に残すくらいしかできませんが、
少しでもこうした街並みが残ってほしいですね。

by かねごん


次のページ

FC2Ad