道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

残業控えめ?

オリンピックが始まってちょっと寝不足。
自分だけじゃなくて、通勤中の電車の中、会社でも多くの人がそんな感じだし、みんな
いつもより残業を早く切り上げて帰っているみたいです。

そして家でこうしてブログを更新している、私のパソコンの画面の隅にも、なでしこジャパンの
南ア戦のTV中継が出ていてます。

後半も一進一退、押しているのは圧倒的に日本ですが、南アのディフェンス、硬そうですね。


表参道にて

さて、明日は一日、会社でいろいろ打ち合わせの多い一日。
会議の途中、寝ないように気をつけましょう。

by かねごん


再修理

先日、京都に行く前に修理から戻ってきた 80-200mm のズームレンズ、再修理に出しました。

実は京都にいる時から症状が出ていて、だましながら使っていたのですが、症状は、
1枚写した後、カメラの電源を入れたままでしばらくして、次の被写体にピントを合わせようと
するとフォーカスモータが動作しません。
1回フォーカスリングを手で回してやると、モータが動作するようになって、そのまましばらく
放置するとまたダメ・・・で、フォーカスリングを手で回すと動作・・・の繰り返し。

どんな状況で発生するのかはっきりさせないと、再修理に出しても「再現しません」になるので、
いろいろ確かめていました。
今まではこんなこと無かったので、修理上の問題だと思うんですけどね。




表参道界隈のブティック、あちこちで夏物のセールをやっていましたが、ショーウインドウは
もう初秋の装いになり始めていました。


今日も日中は34℃オーバー。
ただ風がある程度あるので、先日のような蒸し暑さはずいぶん楽ですね。
さて来週の予報、最高気温は若干下がりそうですが、果たしてどうなる事か。

by かねごん


塩バテ  盆踊り

なかなか暑い日が続きますねぇ。
あちこちで35℃超えの猛暑日の記録。
会社に行くときも、駅から会社までの数分の間で、じとっと汗が出てきます。

私はまだ暑さに強い方(その代り寒さがダメ)ですが、それでも水分だけはしっかり摂ります。
ひどい時は、塩をなめるくらいの方がいいんですよね。
昔、夏山で経験したことがありますが、塩バテって、ホントに体が動かなくなります。
水だけ飲むから、体内の塩分バランスが崩れるってやつです。

昔「水を飲むとバテる」と言ったのは、水だけで塩分を摂らないからバテるってことです。

私も先日の京都では、水を4リットルくらい飲んでいましたが、途中ラーメンを食べて、普段は
血圧の関係であまり飲まないスープを全部飲んで、塩分補給していました。



さて昨日、夜は少し風もあったので、恵比寿から原宿まで歩いてみました。
(もちろん着替えのTシャツは持ってます)

恵比寿駅を降りると、景気のいい太鼓の音。
駅前のロータリーを通行止めにして盆踊りをやっていました。


ロータリーの周りには町内会などが夜店を出していて、人でいっぱい。
でも踊りに参加する人が多いのにも驚きました。

外国の方も、見よう見まねで踊りに参加したり、楽しんでいたようです。



家に帰ってくると、通路に黒い物体が・・・見るとカブトムシです。
マンションの通路の灯りに誘われて、どこからか飛んできたのでしょう。

家内がカブトムシが大好きなので、一度家に入れましたが、以前飼っていた時のマットや
昆虫ゼリーもなく、かわいそうなので自然に帰してやることにしました。

この辺にもまだいるんですね。
自然の中で元気に生きてほしいものです。

by かねごん


席を譲られて・・・

帰りの山手線に乗ったら、前に座っていた男性が「どうぞ」と席を譲ってくれようとしました。
「あ、大丈夫ですよ」と丁重にお断わりしましたが、席を譲られたのって初めての経験。

まぁ、頭は白髪が多くて髭もかなり白く、しかも京都で日焼けしていて、白いのが目立つのは
確かですが、俺、そんな歳に見えるのかなぁ?・・・それともそんな疲れた顔をしてた?

本人は現役バリバリでやっているつもりなんですが・・・
歳なりの体のボロだってだんだん出てきますけどね・・・
せっかくの好意もお断わりしてしまって、それで良かったのかなぁ?
非常に複雑な心境でした。

ちなみに家に帰ってその話をしたら、家内は拍手で「おおっ おめでとうっ」って
やっぱり言わなきゃよかった




京都の帰り、伊丹空港でちょっと時間があったので、展望デッキでヒコーキ見物してました。
なんかヒコーキ見てるのって気持ちいいですね。

特に伊丹は小型機も多いので羽田とかと違った楽しみもあります。

by かねごん


経過観察

今日は休暇を取って、母を退院後の経過観察で病院へ連れて行きました。
家内も付き合ってくれたので助かりました。

結果はすこぶる良好で、先生からも「これからはどんどん普通の生活を進めてください」との事。
ただ肺炎を起こしやすい傾向はあるので、月1回の検査は続けましょうという事で先ずは一安心。

母も3週間入院していた割に足腰が弱ることもほとんどなく、車に乗るときの足取りもしっかり
していて、入院中に病院にお願いしてやっていただいたリハビリ(ちょっとした歩行訓練ですが)
の効果があったようです。

帰ってきて本人に結果をもう一度説明すると、「ところで私はなんで入院したんだっけ?」と
入院中からも出ているずっこけるような質問。
まぁそれなりの歳ですから、直近のことを忘れやすいのは仕方ないです。
「デイサービスにも続けて行って大丈夫だって」と話すと「ああ良かった」と喜んでいました。




銀座界隈にて

by かねごん


督促状??  祇園祭を影で支えていた役者

家に帰ると青い印刷の封書・・・神奈川県自動車税管理事務所???
封を開けると自動車税の督促状。

家内からも「払ってなかったの?」と言われて他の郵便物の山を見てみると・・・ありました。
未開封のままの納税通知書。

自動車税はいつもボーナスが出てから払っていたので、うっかり忘れていました。
今月中に払わなくっちゃ。



<祇園祭で見つけたあんなもん、こんなもん>

祇園祭で撮った写真、5日間で何と1900余り!
初めのうちは曇り空でホワイトバランスを変えたり、夜景で露出を変えたりしていましたが、
後半はそれも無くなって、自分でも「まぁ良くこれだけ撮ったな・・・」と思います。

まだ全部は見きれておらず、これから整理が大変ですが、そんな中で、ちょっと見つけた
祇園祭を影で支えていた役者を2枚。


1枚目は烏丸通を中心に、屋台の食べ物の容器や飲料のペットボトルなど、大量に出るごみを
分別回収してくれていたシルバー人材の皆さんです。
「缶」「ペットボトル」「その他」の3種類に分類するよう、街のあちこちにこのような
回収箱が設置されていましたが、特に人の多い烏丸通では、回収箱の周辺でこちらの人たちが
「はい、こちらで処分します」「ありがとうございました」って、わざわざ手で受け取って
飲料の飲み残しや氷まで分別してくれていました。

私もお世話になった一人ですが、笑顔で受け取ってくれて思わず「ご苦労様です、お願いします」
って言葉が出ました。
これだけの人が集れば、出てくるごみも半端な量ではないはず。
この暑さの中、それをわざわざ手で受け取って分別するってすごく大変なことだと思います。
頭が下がります。

おかげで街の中に放置されたごみ、ゼロではありませんがすごく少なく、気持ちよく祭を
楽しむことができました。ありがとうございました。


2枚目は一見なんでもない夜景ですが、良く見ると、いつも夜でも真昼のように広告塔やビルの
灯りが煌々としている四条烏丸付近ですが、ほとんどのビルが灯りを消していました。

もちろん市からの要請もあると思いますが、灯りを落とすことで街全体が暖かな光に包まれて、
山鉾の提灯や夜空に延びる鉾頭が夜空に浮かび上がって宵山を盛り上げていました。

節電効果も相当ある??

当然このほかにも多くの人が支えているのは当然ですが、街全体の協力があって、
祇園祭が成り立っているんですね。

by かねごん


27時間テレビって・・・

27時間テレビ、やってましたね。
家内は芸能系が好きで、時々公開放送の観覧にでかけたり、今回の番組も当然見ていますが、
私は最近、どうもこれを見る気になりません。

今年はタモリの求心力で支えられていた感じもしますが、なんか最近は企画に乏しいというか、
ドタバタばかりが目立って、あまり中身が無いように感じるんですね。




今日は祇園祭の話はお休みにして、夏と言えばやはり高原 or 海。
写真は2012年の今頃、家族で行った蓼科にある女神湖から眺めた早朝の蓼科山。

以前似たような写真をアップしたかもしれませんがお許しを。

早朝の高原の空気って、独特のものがありますね。
ヒンヤリした湿り気があって、深呼吸がこんなに気持ち良かったんだって思います。

by かねごん


涼しい一日  祇園祭

昨日・今日と、それまでの暑さがウソのような涼しい一日になりました。
というよりも、寒がりの私にはいつもの半袖のポロシャツ1枚じゃ肌寒く、今日は薄手の長袖
シャツを羽織って出かけるほどでした。

日中の最高気温も24℃、昨夜は18℃まで気温が下がったということは、このところの最高気温と
10℃以上も違うってことで、これは気を付けないと体調を崩す原因になりますね。
ホント、要注意です。
明日日曜日いっぱい気温が低く、月曜日からはまた暑くなるそうです。

さて連続して掲載している祇園祭。
山鉾巡行を終えて、山鉾が新町通りに帰ってきました。

四条烏丸からスタートして四条通を東に移動し、四条河原町で左折して河原町通を北へ上り、
河原町御池で左折して御池通を西に進み、最後は御池新町から新町通に入って南に下りつつ
それぞれの町内へ戻って行くそうです。


11時半過ぎ、先頭を行く長刀鉾が、2時間半に及ぶ巡行を終えて新町通に姿を現しました。
普段の新町通、この辺は北向きの一方通行で道幅も広くありません。
そこに鉾が入ってきますが、「これ、ホントに通るのかよ!?」と思わず疑います。

もちろん通るから入れてるんでしょうし、電柱には黄色いカバーが掛けられています。


神業とも言える捌きで、先頭の長刀鉾は30cmもの余裕??を持って、ギシギシと音を立て
ながらホントに通過(当り前だ!)して行きました。

目の前1m余りのところを通過する鉾は、宵山での停まっている鉾とは違って
とんでもない迫力、そして我々素人には危険な代物です。
私は新町通三条のすぐ北側で、電柱の陰にいましたが、これは絶対に正面に入って写真なんて
撮ったらいけませんね。


函谷鉾(かんこほこ)は「さすまた」のような道具を使って電話線?を押していました。


そして月鉾は私がいる目の前の電柱をわずか10cmほどの距離で通過。
しかも反対側は、屋根方が電話線を支えています。

見ていてわかったのですが、屋根方(屋根の上の4人)が電柱を押すと、鉾がしなって隙間が
できるんですね。
釘を使わず、荒縄で組み上げることで、こんなしなやかさが生まれるんだと知りました。

菊水鉾が通過する12時半過ぎまでここにいましたが、とにかく暑く「これ以上ここにいると
熱中症が危ない」と思い、ここで昼食を兼ねて撤収しました。

by かねごん


熱帯夜もひとやすみ  祇園祭

夕方、家の方では夕立があって、一時的にかなり強い雨が降ったそうで、私が夜帰宅する
頃も、ちょっとひんやりした空気を吸うことができました。

このところ続いていた夜中でも27-8℃もある熱帯夜も、今日は一休みです。


さて、祇園祭の山鉾巡行。
私は10時頃に四条烏丸を離れ、南観音山と北観音山の向き換えを観に四条新町へ移動しました。
宵山で北観音山、南観音山で、ちょうど10時過ぎに四条通に出て向きを変えるというお話
を教えていただきましたので、これに合わせて移動したわけです。

この二つの観音山は四条新町を北に入ったところにありますが、北向きに組みたてられる
そうで、新町通りには後ろ向きに(つまりバックで)進み、四条通で東に向きを変えます。

「向きを変える」・・・やることは辻回しと同じですが、どうも前進しながら行うことでは
ないので辻回しと言わず、「向きを変える」と区別して言っているようです。


写真は南観音山が先に向きを変え、後から出てきた北観音山が向きを変えるところです。
山と言ってもどちらも約7トンもの重さがあって、菊水鉾や鶏鉾と同じくらいの大きさが
あるので、向きを変えるのもすごい迫力でした。



しばらくすると、新町通りの南側から幕末に焼失して142年ぶりに、しんがりとして山鉾巡行に
仮復帰した大船鉾が、火災を免れたご神体の神面を唐櫃に納めた「唐櫃巡行」としてお囃子を
従えて四条通に出てきました。

どこからともなく温かな拍手が湧きおこり、皆が復興を出迎えていました。
再来年の再建を目指しているとのことですが、きっと大船鉾は、今年の山鉾巡行で
一番の目玉だったかもしれませんね。

by かねごん


祇園祭  帰ってきました

昨夜10時過ぎ、無事に帰ってきました。

関東も今年一番の暑さで、群馬の館林では39℃とか・・・こちらも猛烈に暑いです!
と思ったら、一気に梅雨明けしてたんですね。

昨日の京都も一昨日に続いて、いやそれよりも暑くなりました。
祇園祭のハイライト「山鉾巡行」も、暑いけど素晴らしい青空の中で執り行われました。

9時スタートの山鉾巡行、私はチェックアウトの荷物をまとめていて出遅れて、8時半前に
四条烏丸に着きましたが、思ったほどの人出はなく、順に来る山鉾の写真を撮るのには、
光線の具合もちょうど良い、四条通の南側、烏丸との交差点から70-80mのところの2列目
に構えることができました。

ここでお稚児さんが剛力に担がれて鉾に上がる様子や、巡行の開始、四条烏丸に順に入る
山鉾を眺めていました。
後で聞いた話では、やはり辻回しが行われる四条河原町の方は、身動きが出来ないほどの
人であふれかえっていたそうです。

私の周囲にいた人たちも、多くが河原町方向にに流れていきましたが、私は逆の四条新町
へ向かい、「南観音山」や「北観音山」が四条通に出る際の方向転換(辻回しと同じ)や
幕末の大火で焼失して、今年142年ぶりに唐櫃での巡行で仮復帰した大船鉾、また友人に
教えられて、巡行を終えた山鉾が新町通を通過する様子などを回りました。

いずれの場所でも道路際に立つことができて、「ホントに人が混んだら使わない」決めて
持ってでた80-200mmの望遠ズームもフルに力を出してくれました。



お稚児さんも座して、出発準備も整った鉾。
後ろ(四条烏丸の西側)には、さらに出番を待つ鉾が並びます。


「えんやぁら・・・やぁー」の掛け声で巨大な鉾が動き出すと、周囲からは拍手が起こり、
私も思わずシャッターを押す手を止めて拍手。 これは鳥肌もんです。
そしてファインダー越しではなく、直にこの目で見たく、カメラを下ろして見入りました。


長刀鉾の生神様であるお稚児さんが見せてくれた「太平の舞」。
鉾から身を投げ出すようにして舞う姿は圧巻で、また拍手。

ただこの暑さのため、12時半過ぎには「これ以上外にいると熱中症がヤバい」と思い
昼食後少し歩きまわっただけで、ほぼ撤収に至りました。
いや、本当に昼食に入った食堂のおばちゃんも「こんなの珍しい」と言うほどの暑さ
なんだそうです。

今日はこの2枚にして、あとは写真の整理をして、少しずつ紹介したいと思います。
(写真、いつもの圧縮率だと、ちょっと詳細さに欠けてしまいましたね。ごめんなさい)

by かねごん


次のページ

FC2Ad