道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

衣替えというけれど・・・

明日から6月、今までなら衣替えの時期ですが、省エネとかクールビズ等で5月から衣替えを始めている
会社や工業会も増えて、あまりはっきりした「衣替え」という感じがなくなってきました。
通勤時間の電車でも、5月半ばから上着を脱いだ人たちの姿が急に目立つようになりましたね。

だいたい今まで、暑いのを我慢して上着を着ていたりした方に無理があったと思うんですがね。

私の会社はまた極端で、これといった服装制限が無いんで、Tシャツ・ジーンズで来るやつもいるし
ビジネス街とはおおよそかけ離れたスタイルです。

これで社外の方と打ち合わせしているんだけら、これはこれでいかがなものか・・・と。

私? 私は普段はチノパンにシャツ、外出や来客の時はスラックスにワイシャツで分けてます。




写真を見て、これが何か分かる人は同年代の方?
使わなくなった火鉢を池に使う・・・私の実家でも庭に半分火鉢を埋めて、カメを飼っていました。
懐かしくなって思わず撮った一枚。


さて、明日は日帰りで大阪。
また早めに行って、梅田界隈でうまいもん、探してみますか。
(これが大阪日帰り出張の一番の楽しみ)

by かねごん


アップデート  コリア ハウス

出張中の出来事で気付かなかったんですが、D700のファームウェアがアップデートしてたんですね。
早速アップデートしました。

内容は「まれに露出がアンダーになる事の改善」だそうですが、前から気になっていた、画面の中に
輝点があると、露出がそれに引っ張られる傾向があったので、それが改善されるとうれしいです。




韓国出張でホスト国がディナーを兼ねて招待してくれたコリア ハウス。
宮廷料理を味わって、伝統芸能を楽しむことができるところです。
一応ディナーだったので食事中の写真は控えましたが、そのあとの公演はフラッシュを光らせなければ
撮影可だったのでしっかり撮ってきました。




もちろんショーアップしているところはあるでしょうが、それでも芸術として素晴らしいものでした。
写真にはないですが、太鼓の大合奏などはド迫力で、とにかく会場全体がエキサイトするほど。
リズム的にはアフリカのビートに近い感じもあって、ソウルフルな(洒落じゃなくて)演奏でした。

by かねごん


たまには心の洗濯  景福宮(キョンボックン)2

1週間ぶりの出社、予め案内はしていたし、現地である程度の処理もしていたので、溜まった
メールもたいしたことなく、午後には本業に復帰できました。
韓国での会議の議事録や出張報告は書かなきゃいけないですけどね・・・。

そして家内はご機嫌で帰ってきました。
部屋・料理・風呂・そして宿の方々、どれをとっても相当良い宿で、大満足だったようで、
また友人とも遅くまで、しっかり語り合うことができたようです。

私が京都で道楽させてもらっているのと同じで、こういう心の洗濯、必要だと思いますね。
その内また、楽しんできてほしいものです。



<景福宮(キョンボックン)2>

景福宮、勤政殿の後ろ側には居住区や倉庫が広がっています。


屋根が美しい曲線を描いていますね。


この塀の内側に入ると、通路を介してさらに塀があって、そこから中に入ります。


往時をしのばせる、韓流時代劇に出てくるような光景ですね。
(観光客が多いので、人が写り込まないように写真を撮るのが結構難しいです)



建物の中や、柱列が美しいの回廊も、極彩色に彩られています。

日本でも平等院鳳凰堂や銀閣寺、永観堂なども、創建当時は極彩色で彩られていたことが
わかっており、一部で復元もされていますが、このような感じだったのかもしれません。

今でいう侘び寂びの世界とはちょっと趣が異なります。

景福宮、実は過去に2回、日本によって破壊されていたんですね。
初めは豊臣秀吉の文禄・慶長の役の戦火で焼失、2度目は日本の植民地政策で日韓併合の際に
一部の建物を残して破壊されてしまったそうです。
現在は2025年までの国家プロジェクトとして、景福宮が最後に完成した1868年当時への復元
を目指して、事業が進められているそうです。

ほんの1時間ほどでしたが、初めて韓国を観光できました。
正直言ってこの景福宮だけでも、もっと時間をかけて、ゆっくり見て回りたいですね。
カメラもデジタルだけではなく、フィルムでじっくり撮ってみたいところです。

by かねごん


高級温泉旅館一泊旅行  景福宮(キョンボックン)

今夜は家内が昔馴染みの友人と温泉旅行に出かけています。

家内とこの友人、心友と呼べるくらいの中で、年に何回か新宿で会って、いろいろ話をして
帰ってくるんですが、2ヶ月ほど前に会った時にちょうどイベントの抽選をやっていて、
この抽選で一等「高級温泉旅館一泊旅行」が当たったんです。

東北や木曽など、いくつものコースから選べて、調べてみるとホントに一泊ん万円するような
宿ばかり、しかも交通費込み。
それでも一泊二日なので、移動時間がもったいないということで、現地でゆっくりできる
伊豆の伊東温泉の宿(全室離れ)に決めたようです。

こういう当選って、ホントにあるんですね。

今頃は二人でまた、いろいろ話し込んでいるか、それとも普段の疲れで寝落ちしているか・・・
まあ、せっかくだから楽しんできてほしいです。



<景福宮(キョンボックン)>

景福宮はソウルの北側にある14世紀末に創建された王宮跡で、幾度かの戦火の後に再建され、
また現在多くの建物が復元されています。
ソウル市内には、それぞれの王朝によるいくつもの王宮跡が残っていますが、景福宮は
その中でも最も規模が大きな王宮だそうです。


正面入り口にあたる「光化門(クァンファムン)」
王宮の入り口にふさわしい、どっしりした門で、当時の姿?をした衛兵が立って、一時間毎に
交替式が行われていました。




光化門を入るとさらに興礼門(フンレムン)、勤政門(クンジョンムン)、二つの門を抜けて
宮殿の正殿にあたる勤政殿(クンジョンジョン)にたどり着きます。


勤政殿から勤政門をパノラマで撮るとこんな感じです。
この広さ、伝わりますかね?

明日はもう少し内部も紹介したいと思います。

by かねごん


少しだけソウル観光  奉恩寺(ポンウンサ)

今回の出張、毎日いろいろなテーマの会議があって、観光する余裕はほとんどありませんでした。

唯一それらしいことができたのが、木曜日にすべての会議が終わって、日本からのメンバーと
夕食後に行った、ホテルの前にある「奉恩寺(ポンウンサ)」と、金曜日に飛行機の時間に若干
余裕があったので、タクシーにお願いして行ってもらった「景福宮(キョンボックン)」。

日を分けてそれぞれ紹介したいと思います。


<奉恩寺(ポンウンサ)>

奉恩寺は高層オフィスビルの立ち並ぶ、韓南の江南区のど真中に広大な敷地を構える、1200年余の
歴史を持つと言う古刹です。


まだ明るいうちに撮った、寺の入り口にあたる「真如門」。
日本で言う「山門」ですね。
手前にある装飾は、何かのイベントのようで、夜になると灯りが入ります。



真如門を抜けて次の建物が仏殿にあたる「法王楼(ボブワンヌ)」
建物の二階が法会や祈祷が行われる場所だそうです。
色とりどりの提灯が、人々の心を導くかのように連なっています。

そして法王楼を抜けると息をのむような光景が広がっていました。



空を埋め尽くすかのように灯された赤い提灯。

本堂にあたる「大雄殿(デウンジョン)」前に広がった、ちょっと言葉にできない幻想的な光景です。
私自身も「わぁ~っ・・・これ・・・すげぇ!」としか言葉が出ませんでした。
(小さな写真ではこの雰囲気は伝わらないと思い、写真をクリックした際のサイズを大きくしました)


石塔の前には献灯台が置かれ、いくつもの蝋燭が風に揺れていました。

この他にも地蔵殿や霊山殿など、いくつもの建物がありますが、夜遅くまで門が開かれていて、
多くの方が参拝に訪れたり、また散歩に訪れたりして、広く庶民に開かれたお寺という印象でした。


さて、今日は整形外科で肩と股関節のリハビリついでに、出張の疲れも取ってもらい、
あとは出張の荷物を片づけて、母のところへ食事に行っておしまいです。

明日はどこかに出かけたい気持ちもあるんですがね・・・別件で工業会の宿題もあって、
こちらの方も片付けないといけないので、うーん、出かける余裕はないかなぁ。

by かねごん


帰国  言うべきことは言う

今日夜6時半過ぎ羽田着、8時半過ぎに帰宅しました。

昨日は、全体会議での報告と一部の討議だけで、早めの4時に終わる予定でしたが、その討議が
長引いて結局6時過ぎまで続くなど、最終日にもかかわらず熱い議論が繰り広げられました。



政治の世界でもそうでしょうが、「思っていることは言う」のがこういう会議での常識です。

日本人って、下ネゴなどではいろいろ動いても、いざ会議で発言しない人が多いです。
でも会議で発言しないと議事録にも残らないし、「日本は何も言わなかった」というのと同じ
ですから、たとえ英語が下手でも「主張する」ことが大切です。

私も昨日、ある提案に対してかなりきつい発言をさせてもらいました。
でもそれを言ったことが、他の国からの多く意見を引き出すことにつながって、結局保留に
持ち込むことができました。
それだけではなく、その提案をした人からも、「そういう背景があるとがよくわかった、
提案を練り直す時には、ぜひ意見を聞かせてくれ」と言われ、言うべきことを言ってよかった
と思いました。



この会議、今回も本当にいろいろいい経験をさせてもらいました。
この歳でも、こうして自分を磨くことができるって、本当に幸せなことだと思います。

つたない私の英語に付き合ってくれた各国のメンバー、サポートしてくれたスタッフに本当に
感謝の気持ちでいっぱいです。

今日は帰国の報告とこの気持ちだけで、写真は明日以降にします。

by かねごん

あと一日

昨日・今日の私のメインイベント、いろいろあったけど、何とか無事に終了しました。
メチャクチャ集中したので、メチャクチャ疲れましたが、とにかく終了しました。
残すのは明日の全体会議での報告と、一部の討議だけです。


さて昨日は会議が終わってから、あちこちのメンバー8か国14名と市内の有名焼き肉店、
「サムウォンガーデン」へ夕食に出かけてきました。
皆でいろいろ話をしながらなので、あまり写真は撮れませんでした、少しだけ。


七輪で炭焼きです。


韓国の焼き肉にしては、野菜やキムチの種類が少ないのがちょっと気になりましたが、
勿論なくなれば次々と補充してくれます。


店の特製キムチ。
イカやニンニクを白菜で包んだ団子のようなキムチで、ハサミで4つに切って出してくれます。
肉とレタスと一緒に巻いて食べると、これは美味です。


ちょっと贅沢レベルの骨付きカルビ。
30㎝位の長さの肉で、適度に霜が入って、柔らかくて・・・もう最高!
ちなみにこの焼き網は、肉を一枚焼く毎に交換してくれます。

こういう会食の時の英語、結構きついです。
仕事の会話は使う単語も限られますが、食事の時の一般的な会話は話題も広く、
単語の範囲がぐっと広くなるので、わからない単語も多く、自分にとっては一番大変です。

さぁ、あと一日、がんばります。

by かねごん


初日終了  COEX

先ずは初日、無事に終了。食事をして部屋に帰ってきました。

金環食、当初の天気予報より晴れ間が広がって、雲の切れ間からも見えたところが
多かったようですね。

今日のソウルは気温が日中30℃近くまで上がったようです。
昼休みに建物の屋上に出てみましたが、湿度が低くカラっとしているものの、確かに
強烈な日差しでした。

今回の会場、ソウルの中心部から南東に6-7㎞のところにある三成洞・COEXという場所で、
2002年に日韓共同開催されたFIFAワールドカップの会場の近くです。
COEXは会議場、コンベンションホール、映画館、水族館、免税店、ショッピングモール、
そしてホテルなどが集まった複合施設で、とにかくバカデカイ施設です。


会議・コンベンションホールの入り口。
4階建ての建物ですが、ワンフロアが広く、いくつものホールや会議場が入っています。
今回の会議もこの中の会議室を使っていますが、これだけの会議施設は日本にはないですね。


地下のショッピングモールもとにかく広く、1-2回でこのモールをマスターするのは無理!
ところどころに置いてある、モール内の地図を見ないとホテルにも戻れなくなりそう。

買い物だけではなく、食事も韓国料理はもちろん、和食、中華、イタリアン、ステーキ等々
いっぱいです。
今回の出張でディナー以外の日は、ここで食事をすれば十分でしょう。

さて、明日の午後からは私のメインイベント???
とりあえず資料も出来上がったので、午前中に確認して臨みたいと思います。

by かねごん


ソウル到着

昨日は午後4時前に、ソウルのホテルにチェックインしました。
結構気温が高く、25℃前後ありそうですが、蒸し暑さはありません。

チームで今日から参加するいろいろな会議の内容を再確認したり、資料のチェック等
余念がありません。

テレビでNHKが映るので見ていますが、日本は金環食で盛り上がってますね、
こんなチャンスめったにないので、多くの人に見てほしいです。

私はいよいよこの後、9時から会議開始。

私のメインの受け持ちは、明日の午後と明後日は終日ですが、ある程度気心の知れた
メンバーとの打ち合わせとはいえ、やはり会議を仕切る立場としては緊張します。

さて、行ってきます。

by かねごん

これから出張準備  結局石垣

明日の今頃はソウルのホテルで、月曜からの会議の最終準備をしている頃です。

月曜日の金環食が見られないというのは、もう割り切るしかないので、仕方なし。
2035年9月2日の皆既日食まで、元気で飛び回れる体を維持しましょう。

さて出張の荷物の準備、毎度のことながら、これから開始です。
仕事のモノは鞄に入れて、これを持って現地に着けば、とりあえず仕事ができるようにしておいて、
スーツケースに入れるものは大きな紙袋を用意して、とりあえずこの中に放り込むのが私流。

これをスーツケースに並べるように入れて、最後にシワになりやすいシャツやジャケット等を
詰め込んでおしまいですが、今回はずいぶんガラガラな感じなので、遊び用の靴とショルダー
バッグも入れて隙間調整するつもりです。

カメラもNEX1台です。

<大阪城にて>

昨日は石垣の話で終わってしまったので、今日は天守閣からの景色。
NEXのスイングパノラマで遊んでみました。



左端が天満橋方面、右端が大阪城ホール、その左のビル群が京橋のOBP(大阪ビジネスパーク)。
ちょっとガスがかかって遠景が見えないのが残念でした。



天守閣前広場から見上げた8層の大天守。
不思議なことに、パッと見た感じ、そこまで大きく見えないんです。
もちろん遠くから見たり、また近寄って見れば大きいんですが、ちょうど
この距離くらい・・・

この天守閣の石垣も一つ一つも・・・ホントに大きな石で、石垣を中心に
見ると、他の城と比べて石垣の積み段が少なく、相対的に大きさを感じません。

画面中央の石垣の左側に、ハシゴに乗った人がいるんですが、高さ1.3m以上は
ありそうな石が積まれているホントにすごい石垣です。

眺めと天守閣の話が、結局石垣になってしまいました。
それでは韓国、行ってきます。

by かねごん
次のページ

FC2Ad