道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

メールが・・・いっぱい   東洞院でハンバーグ

久しぶりの出社は朝から他部署との打ち合わせ。
ちょっと早めに出社して準備を・・・と思ったら山手線が車両点検で運転見合わせ。
結局打ち合わせぎりぎりに出社となってしまいました。

たまっていたメールもどうでもいいメールを捨てても240余り・・・
まぁ、今日はこれの処理でほぼ1日を費やしました。



さて昨日、最終日の昼食を何にするか・・・四条烏丸辺りをうろうろ・・・
東洞院通六角通下ルで、うっかり見落としそうな、でも気になるポスターを発見。


・・・??????
お店のポスターなんですが、「ズームイン!」(しかもズーミンまで)の他「おはよう朝日です」
「土曜はダメよ!」その他、店が紹介された雑誌が・・・
まぁ、わかりにくい入口、ビルの狭い階段を上がった2階にある店とは言え、
これだけメディアに紹介されたことをウリにする店って・・・・と思いつつ
入ってみました。


ランチタイムの終わりの時間近くということもあってか、店内に客はまばら。
ランチメニューも肝心のハンバーグは煮込みハンバーグとハンバーグカレー。
他にはロースカツと生姜焼きでちょっとメニュー不足??
とりあえず煮込みハンバーグを頼みました。


ちょっと細長いハンバーグが出てきました。
厚みもさほどなく、女性向き?

味は煮込みハンバーグなので、デミグラスソースがしみ込んで、ハンバーグ本来の
インパクトが伝わってこないなぁ(煮込みってどこも同じ傾向ですが・・・)
それでもかなり粗挽きの肉を使った感じは伝わってきます。

とりあえず可もなく不可もなく・・・?
今度来る時は、ディナータイムのグリルハンバーグの方で期待しましょ!


by かねごん


帰ってきました そして感謝

夜10時半近く、俗世に帰ってきました。

今日は先ず、毎回行っている東寺にお参り。
山を背負っていないせいでしょうか、東寺の紅葉はちょっと遅く、ちょうど見頃に
入った感じでした。


東寺の後は、ちょっと小さな路を・・・と思い立って、東中筋通を南の端の
木津屋橋通から北の端の仏光寺通まで歩いてみました。


仏光寺通の近くでは車も入れない、辻子といった感じの狭い路です。
路地好きの私にはたまりません。
通り全体を見ても、町屋も多く残るなかなか趣のある通でした。


いつものことですが、こうして道楽ができるのも家族の理解があってこそ。
何よりも「家族に感謝」です。
あとは自分の体があってこその旅。
自分もこの歳です。
健康にも気を使って、来年もまた来ることができるよう、頑張りたいと思います。


by かねごん


発見! 下立売通が二つある!

今日は思い切り、京都の路歩き。
東洞院通から下立売通、妙心寺通、そして中立売通を歩き通しました。
天気も良く、気持ちよく歩くことができました。

そんな中で、すごい発見(私にとって)がありました。

下立売通が二つある!

きかけは下立売通を歩いて、いよいよ終点の丸太町通との合流点近く。
「念のため」と思い、路を掃いていた年配の女性に路を確認すると「下の下立売」という
言葉が出てきました。そして「昔は妙心寺道を下立売と言ってたんだけどね」と・・・

ちょうど妙心寺道も歩くつもりでいたので、ここを歩きながら妙心寺の境内に入ったところ、
境内の案内図では、門前を横切る道が下立売通と書かれているではないですか。
やっぱり地図の下立売通と違う!


そこでお寺の案内の方に聞くと、「妙心寺道も下立売通も同じ路」という答でしたが、
でも丸太町通にぶつかっていた通も間違いなく下立売通だったし・・・
消化不良を起こした気分で妙心寺道を歩いていると、来る時にも渡った紙屋川に架かる橋に
「上ノ下立売橋」の文字が!


今度は先ほど歩いて来た下立売通に戻って橋の名前を見ると「新下立売橋」。
と言うことは、やはり妙心寺道がもともとの下立売通だった・・・?
住所表記にも「上ノ下立売通御前西入ル」と書かれていました。


ちょうど表に出ていた方に聞くと
「妙心寺道も下立売通も同じだが、この辺の人は、西大路から御前通までを上ノ下立売通と呼んでいる」
「一筋南の路を下ノ下立売通と呼んでいる」
「でも上ノ下立売通は御前通で切れているけど・・・」

つまり妙心寺通は元々が下立売通で、妙心寺通と言う名ができて、一筋南の路を
通称下立売通と呼ぶようになった。
それでも地元では、上ノ下立売通、下ノ下立売通と言って区別しているようです。


京都の路に関心のない方には、どうでもよい話かもしれませんが、私にとっては今までの
路歩きの中で、一番面白い、めちゃくちゃすごい発見でした。


by かねごん


京都の紅葉

今日は金曜日。
土・日は紅葉見物で大混雑すると思い、それなら今日のうちに・・・と、曼殊院から
詩仙堂を回ってみました。

一昨年に来た時は、平日なのに貸切タクシーのお客さんでいっぱいだったのに、
今年はタクシーが少なく、ゆっくりと観ることができました。
観光バスが来た時はさすがにどっと混みますが、だいたい観光バスのお客はすぐに
ハケるので、あまり気になりません。

あいにく昼前から雲が出始めて、よい光にはなかなか恵まれませんでしたが、
楽しむことができました。


修学院の駅から曼殊院に向かう途中にある鷲森神社の参道の紅葉が見事でした。
既に散り積もったイチョウにモミジの紅色のコントラストが鮮やかです。


こちらは詩仙堂の庭園の水路に散ったモミジ。 言葉は要りません。

帰りに京都御苑を少し散策してみました。


京都御苑はまとまったモミジはありませんが、その一本一本が見事です。
そしてここにも黄金色に輝くイチョウの絨毯がいくつかありました。
ちょっとふんわりして、とても柔らかな絨毯でした。


さて、明日はいよいよ私にとってのメインイベント。
路歩きをする予定です。
どこを歩くかは未定ですが、5月に来た時は南北の路が多かったので
今回は東西に歩いてみようかな?


by かねごん


歩かないつもりが・・・   新福菜館河原町店

大阪での所用を済ませてホテルに戻ってきたら午後3時近く、
今日はあちこち回るのではなく、予定していた澤井醤油本店と一保堂で醤油とお茶を
自宅用・お土産用にそれぞれ買ってきました。
そして自分用にも寺町商店街にある伊藤組紐店で、携帯のストラップも作ってもらいました。


ちょっと地味な配色ですが、自分だけのストラップができました。
以前に作ってもらったストラップは、2月に携帯と一緒になくなってしまったので
よかったです。

そして今日の夕食は、京都のラーメンでは外せない新福菜館のラーメンが食べたくなって
新福菜館河原町店へ・・・
本店は京都駅近くということもあって、いつも混雑しているのに、河原町店は割と
すいていて、穴場的存在です。

頼んだのはラーメン(並)と焼き飯(小)のセット。



ここのラーメンは、箸の先5mmも見えない程に濃い醤油のスープ。
深いコクのあるスープに中太のストレート麺、そして敷き詰められた薄切りの叉焼と
九条葱の緑色がアクセント。
初めて食べた時は醤油がちょっときつく感じるかもしれませんが、これがクセになる
魔力的なラーメンですね。



一方焼き飯は、ちょっと油多めですが、醤油の焦げた香りが香ばしい焼き飯です。

セットでしめて900円は満足できるお値段です。

今日はあちこち回らないつもりでしたが、食事の後、先斗町から四条通りに出たら
久しぶりに花街を見たくなって、結局白川から花見小路、宮川町をまわって五条へ、
そこから烏丸通に抜けて帰って来ました。

さて、明日はどうしようか・・・紅葉or路歩き?
昨日・今日で合計20km以上歩いているので、ふくらはぎは思ったよりパンパン。
朝起きた気分で決めようかな・・・


by かねごん


京都着・・・

昨夜は自分でもイライラするくらい、準備の段取りが悪く時間がかかってしまいました。
いつもやっている事なのに・・・歳のせい??

それでも一応睡眠はとれて、午前11時前に無事、京都に着きました。
八条口前の銀杏も色づいて、歩道にかなり散り積もっていました。


まずはホテルに荷物を預け・・・さて・・・どこに行ってみようか・・・
私もまだ見たことがないので、話のタネに混雑承知で、東福寺に行ってみました。


紅葉のピークは過ぎていましたが、それでも見事ですね。
名所だけあって平日なのに人も多く、週末はどれだけ混雑するんだろう?

東福寺のあとは、混雑を避けて「混まないはず・・・」のところに行ってみました。


写真は今熊野観音寺ですが、泉涌寺、三寶大荒神、今熊野観音寺、智積院とまわって
どこも人も少なく、紅葉もよかったです。
特に今熊野観音寺と智積院は、ちょうど陽が傾いて、紅葉を一層引き立ててくれました。

(と、ここまで書いたところで落ちた! 気づいたら日付変わってるし・・・)

さて、明日は所用で大阪に行って来ます。
帰る時間にもよりますが、街歩き程度はできるかな?


by かねごん


これから準備です

明日からの京都行に備えて、銀座のニコンで、カメラのローパスの清掃と
点検をしてもらってきました。
新宿のニコンはいつもメチャ混みですが、銀座の方は比較的すいていて、
サービスの方ともいろいろ話ができる(そのくらいすいている)ので、
私はいつも銀座に持ち込んでいます。




2009年11月14日 鈴虫寺近くにて


いよいよ明日から京都に行ってきます。
昨年の京都は欧州の出張から帰国してすぐに京都と、なかなかハードでした。
でも紅葉はちょっと雨に降られて、いつもと違う、しっとりした紅葉を
撮ることができました。

さて、今回はどんな京都に出逢えるでしょうか? 楽しみです。

なんて言ってますが、荷物はこれから用意を始める状況。
朝、羽田に向かうバスは5時40分発。
寝ている時間があるのかなぁ・・・


by かねごん


三脚は持たずに!

京都で行動用に使うカメラバッグや途中大阪でのある講演で使うモノなど、
一部の荷物を宅急便でホテルに送りました。

三脚は・・・今回も持って行きません。
この時期、紅葉を撮る等、多くの人が集まる場所での三脚使用は、周りに迷惑だし、
いくらケースに入れても、長物はお寺の中などで文化財にぶつけるリスクもあります。
写真の構図の固定や、手ブレは頭と腕でカバーする。

そして私のメインの路歩きには、三脚は無用の長物。
行動しやすいことの方が重要です。




写真は家の近所のとある場所。
桜の葉が紅く色づいて散り始めていました。


by かねごん


二日続けて・・・   五反田で親子丼

小田急線は、昨夜に続いて今朝も人身事故。
私も思いっきりこれにつかまってしまい、途中駅で電車が止まってしまいました。
他の路線への乗り換えもない駅で止まってしまいましたが、幸い一駅先で乗り換えが
できたので、仕方なく隣の駅まで歩いて、いつもと違う路線で出社。
結局30分ほどの遅れだけで出社することができました。

小田急線が悪いわけじゃないですが、ホント、勘弁してほしいです。



さて、今日は家内が友人とコンサートに出かけてしまったので、夕飯は外食。
前から気になっていた「五反田で軍鶏の親子丼が食べられる」という店に行ってみました。

「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし」さん
小さなビルの2階にあって、入るにはちょっと勇気が要ります。
店内はカウンターとテーブル合わせて10数席ほどの小さなお店で、昼はランチの
親子丼だけ、夜は焼き鳥 and ワインバー(日本酒ももちろんありました)って感じ。
店内は暗めで「和」の雰囲気はほとんどありません。

10人ほど、しかも外国の方も数人いて焼き鳥を召しあがっていて、ちょっと親子丼を
頼む(しかも酒も飲まず)のは気が引けましたが、思い切ってオーダー。

お店の方も物静かで、客同士が静かに飲みながら焼き鳥を楽しむ事を大切にしている。
そんな感じで、決してワイワイ騒ぐ店ではありません。
この辺は好みが割れるかもしれません。



待つ事しばし・・・出てきた親子丼。
汁物もお新香もない、親子丼直球勝負。
大きめに切った肉に、さっと混ぜただけの、金色に輝くトロットロの卵。


早速いただくと、卵のコクのある甘味が広がって、そこに軽く炙った軍鶏の肉の
香ばしさと旨みのバランスが絶妙! 噛むほどに軍鶏の旨みが出てきます。

もちろん下割は入っていると思いますが、ほとんどわからないです。

あとで聞くと、「長野のぎたろう軍鶏は肉と脂のバランスがいい」そうで、これに
こだわっているとのこと。
カウンターの中で焼き鳥を担当されている方も、実に丁寧にゆっくりと時間をかけて
焼きあげているのがわかります。


帰ってきて調べたら、このお店、ミシュランの1つ星を取っているんですね。

ほとんどのお客さんは予約できているようで、一人駆け込みで入れた私はラッキー?


  「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし」 

  「ぎたろう軍鶏」 


by かねごん


鉄道運行情報  青空に映える

夜、9時過ぎに会社で仕事をしていると携帯にメール。
「鉄道運行情報・・・小田急線は9時10分頃発生した人身事故で、運転を見合わせています」
って・・・帰れないじゃん

結局10時近くまで仕事をして新宿駅に向かうと、ちょうど復旧した直後。
30分ほどの待ちで座って帰ることができましたが、結局家に着いたのは0時過ぎ。
夕食も食べていなかったので、コンビニ弁当を家で食すことになりました。
で、弁当を食しながら、Blog更新です。



今日は朝から外出で、東京タワーのすぐ傍で仕事をしていました。
昼過ぎ、仕事が終わって会社に戻ろうと外に出ると、きれいに晴れ上がった空に
東京タワーが天を突くようにそびえていました。

この東京タワーのツートーンカラー、青空に本当によく映えますね。
見ていて気持ちがいいです。
東京スカイツリー、高さで勝っても青空に映えるのはきっと東京タワーでしょう。


by かねごん

次のページ

FC2Ad