道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

感謝  南青山

多くのコメントをいただき、ありがとうございました。
Blogを始めて、こんなに皆さんの暖かい励ましをいただけるとは、考えてもいませんでした。
本当に感謝です。

ただ知っておいていただきたいのは、私一人でできたことではなく、家内、そして普段は
私よりも多く母の面倒を見ている弟の協力もあってできたことです。

家内は、手術後1ヶ月、退院して2週間半しか経っていないこともあって、体力が
まだ十分回復しておらず、タクシーの中以外で立ちっぱなしだったので、さすがに疲れたようで、
土曜日は帰ってきてからダウン、昨日もお疲れ気味でした。

で、とりあえず昨日は、病院で撮った両親の写真をそれぞれ届けてきました。
二人共、とても喜んでくれてよかったです。
普段顔を合わせることができない今、二人で写っている写真で少しでも力になればと思います。


さて、今日の関東は台風接近でしたが、幸い東にそれ、大きな被害もほとんどなく、良かったです。



<南青山>


南青山にて <フィルム撮影 by F5 with 85mm/F1.8>

夕方遅くのカフェ、ちょっと暗くなった店内に読書が似合います。

やはり表参道と違って、ここにはゆったりした時間が流れているようでした。


by かねごん

ひと月ぶりの再会  ウインドウショッピング

父が入院して明日でひと月になります。
それから母もほぼ寝たきりとなって、互いの状況がすごく気になっているようでした。
父は毎日母に電話をかけていますが、とにかく補聴器もつけていないので一方的な話ばかりです。
だから母も気になって、「ぜひ会いたい」と言うので、今日は介護タクシーを使って、
母を父の病院に連れて行きました。

もちろん父には内緒のサプライズ。

1ヶ月ぶりの再開に、多少話はチグハグしても、とにかく互いに直接話をすることができて
安心したようで、家に帰ってきてから母は何度も「会えて安心した」と繰り返していました。

これが少しでも二人の回復力の源になってくれればと思います。



  <南青山>

  
  南青山にて <フィルム撮影by F5 with 85mm/F1.8>


南青山のブティック。
ドアガラスの文字と店内のコントラスト、そしてそんな店をのぞきながら歩く女性。
ちょっと欲張って撮った一枚です。


by かねごん

術後検診  南青山

今日は家内の術後1ヶ月検診。
今まで車の運転も止められていたので、私も休暇を取って行ってきました。
ま、結果は良好ということで、まずは一安心。
1ヶ月ぶりにやっと車の運転許可も出ました。

家に帰ってほっとしていると夕方、弟から電話で
「入院している父の容態について先生が説明したいということで、付き合ってほしい」
とのことで、父の入院している病院へ。
本人はいたって元気で、自覚症状も無いのですが、徐々に血圧が下がってきていると言うことで、
今後の対応などについて、説明がありました。

しかし今年は家族一同、病院から縁が切れない年です。
病院の世話になっていないのは、弟の息子兄弟、義父、そして私ぐらいです。
さすがに一度御祓してもらった方が良いかな?・・・とマジで考えます。


<南青山>

原宿駅から続く表参道の雑踏も、表参道交差点を渡って南青山に入るとその様相も変わり、
若者相手の街並みは消え、落ち着きのある、セレブ??な街並みになります。

ちょっとした路地一つをとっても大人の雰囲気が漂って、落ち着いた気分で
街歩きを楽しむことができます。

   

      
      南青山にて <フィルム撮影by F5 with 85mm/F1.8>

表参道交差点に近い路地を入ったところにある、1階がブティック、2階がカフェになっているお店。
ちょっと看板が気に入って、昼と夜の顔を撮り比べてみました。


by かねごん

大量のネガ発見  ウインドウ

ちょっとウトウトしていたらこんな時間に

今日も気温・湿度ともに低めで、すがすがしい1日。
夕方から外出し、帰りは麹町から四ッ谷まで歩きましたが、散歩気分のようでした。

ところで今回、部屋を片付けていたら、十数年前の写真のネガが数十本、いやもっと出てきました。
息子の小さな時に出かけたディズニーランドや旅行の写真、会社の仲間と行った尾瀬の写真等々、
このところフィルムスキャンもずっとサボっていたのに、ここでまた数十本、一気に増えてしまいました。
またこまめにスキャンしていこうと思います。



<ウインドウ>

いつもの恵比寿から原宿にかけての撮影コース。
いつもウインドウのライティングが気に入っているショップ。
いつも通るたびにシャッターを切ってしまう場所です。


明治通り 神宮前六丁目付近にて


by かねごん

秋の始まり   銀座でカレーうどん

朝からちょっとひんやりとした、秋の始まりを思わせる気温でした。
夜も会社を出ると、乾いた涼しい風がとても気持ち良く吹いていました。

天気予報では明日も朝の気温は22℃、日中も27℃と過ごしやすい気温のようです。
でも今年は夏を楽しんでいないので、1回ぐらい、涼しくなる前に暑い中を出かけてみたい気もします。



<銀座でカレーうどん>

銀座は歌舞伎座のある三原橋交差点からほんの2分ほど、地下1階がラーメンの博多一風堂、
そして同じビルの1階にある『カレーうどん千吉』。
元は牛丼の吉野家系列のお店ですが、都内を中心に店舗を増やしているようです。

入ったのは午後2時過ぎだったので、ほとんど客もなく、カメラを出すにはちょっと勇気が要りました。



店内は電球の灯りを主とした落ち着いた雰囲気で、吉野家の煌々とした明るさとはちょっと違います。

で、頼んだのは基本の『千吉カレーうどん』(480円)
普通はこれに『ごはんセット』を頼み、うどんがなくなった後の出汁に、
ご飯を入れて2度おいしい・・・となるそうですが、メタボ対策中のため、うどんのみの注文です。




この『千吉カレーうどん』、ミルクたっぷりが売りのクリーム系の出汁で、色はかなり白く、
一見お子様カレーのような色・・・「カレーの味するのかい?」と、ちょっと心配になるほど。

先ずは出汁から・・・辛さはさほどでもありませんが、予想に反してスパイスがしっかり主張していて、
のど越しに食道を流れ落ちる出汁は、間違いなくカレー。

そして麺はちょっと平打ちで、カレーうどんとしてほど良いコシ。
出汁も麺によくからんできます。
思ったより美味しいじゃん。

残念だったのは短冊に切った揚げ。
出汁が効いているわけでもなく、揚げの香ばしさも伝わってこないのが残念。
醤油とみりんの出汁とかでアクセント付けてくれたら良かったのにぃ・・・って贅沢か?


それでもこの値段でこの味なら、十分満足できる内容でしょう。


by かねごん

さすがに疲れた

昨日から続いている納戸と化している一部屋の片づけ。
まだ半ば???ですが、それでも大きなゴミ袋6個分処理しました。
もちろんその部屋から出たものだけではなく、ついでに出てきたものもかなりありますが…
息子も今日は、相当協力(自分の物の処分に)してくれたので助かりました。



夕方は入院している父のところに、夕食のタイミングに合わせて見舞いに・・・
栄養失調で入院しているのに、食欲がないとか、体を動かしていないからとか、
いろいろ言い訳しているようなので、ちゃんと食べた時のご褒美? の最中と水ようかんを買って・・・

1時間くらいかけて、おかゆを2/3、おかずを半分近く食べていました。
「食べた方でしょう」という看護師さんの声もあったので、最中を渡したら、1/3程、美味しそうに食べていました。

そんな訳で、普段は「疲れた」と絶対に出さない私ですが、さすがに今日は疲れました。

スミマセン、写真は今日はお休みして、寝ます。

オヤスミナサイ。


物持ち  築地本願寺

昨夜は熱帯夜だったそうで、また蒸し暑い日が戻ってきました。
天気予報では来週火曜日以降は幾分気温は過ごしやすくなるそうですが、9月上旬までは
残暑が続くと思っていたほうがよいでしょう。

前にも書いたと思いますが、私は8月の熊本生まれのせいか、暑いのは相当暑くても平気です。
だから「鍋焼きうど~ん」なんてのは暑さを迎え撃つのに大歓迎です。
逆に外食で冷し中華、素麺の類はほとんど食べません。
(別にドMではありませんっ)

ちょっとテンション高めですが、今日は先週の続きで家の中の片付け。
半分納戸と化している一部屋を何とか使えるようにしようと、とにかく捨てることを前提に
片付けているのですが、ここでひと騒動。

家内と息子はえらく物持ちが良く、「あーだ、こーだ」と言って昔のものを後生大事に
抱えて捨てられず、これに購入して組み立てずにある息子のプラモデルの山が・・・

これはしばらくバトルが続きそうです。



<築地本願寺>

東京の人は普通「築地本願寺」と呼んでいますが、正しくは「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」
と言うそうで、れっきとした京都西本願寺の別院です。
HPによると1617年に浅草近くに建立されたそうですが、火災にあい、その後1679年に
再建して関東大震災で崩壊、現在の建物は1934年に落成したそうです。



外観は日本のお寺にしては珍しい古代インド様式の石造りで、とにかく横幅デッカイです。
中に入ると真宗寺院の祭壇が作られています。



銀座四丁目から晴海通りを歌舞伎座方向に行くと、歌舞伎座から数分、築地場外市場の反対側にあります。

東京に来られた方には、銀座見物のついでに築地場外市場で食事、そしていつもとちょっと違う
お寺を観るのも良いかもしれませんね。


by かねごん

冷えすぎ  中書島界隈

一昨日、昨日とちょっと早出して、今日の委員会の資料を作ったり、データをまとめたり。
頭の中もしっかり仕事モードに切り替わり、そして今日の委員会も無事終了しました。

ところで会社のエアコン、省エネで温度は高めに設定されているのですが、私の席の近くに
吹き出し口があるので、意外と冷えます。
半袖シャツ1枚だと、午後には腕が寒い程になるので、できるだけ長袖シャツで
腕まくりをして調節しています。
私の場合、寒いのが苦手で、電車で寝ていて気付くと腕が冷たくなっている時もあるので
このほうが冷房が効き過ぎる車内でも調節ができるので楽なんです。



     <中書島界隈>

     
     長健寺

京阪本線の中書島駅近くにある長建寺。珍しい竜宮門(唐門?)のあるお寺です。

目の前は伏見城の外堀跡の濠川(人工の水路)が流れ、その川向こうには大倉酒造(月桂冠酒造)
の建物がきれいな場所です。


     
     月桂冠大倉記念館

長健寺のすぐ前にある橋を渡って行くとすぐに月桂冠大倉記念館があります。
長くきれいな壁が続く建物で、前の道路もゴミひとつなく、きれいに掃き清められています。
観光客も少なく、ゆったりと京都を楽しむことができる場所ですね。


By かねごん

浦島太郎  酒蔵の街並み

久しぶりの出社、考えてみると夏休み以前から家内の入院や研修などが重なって、
この3週間で出社したのはわずか6日。
メールは家から多少処理していたので、さ程でもありませんでしたが、課の仕事、
自分の仕事・・・どこまでやったか・・・何からやるのか・・・浦島太郎でした。

でも金曜日は技術委員会。
しっかり切り替えて、現場の連中の前でボケかまさない様にしないとね。



<伏見 酒蔵の街並み>

伏見といえば、鳥羽伏見の戦いや坂本龍馬が宿していた寺田屋など、幕末の要所が
いくつもある場所ですが、酒処としても有名ですね。

     
     伏見にて2008年2月撮影 <D70>


鴨川と宇治川に挟まれた中書島駅から伏見桃山駅の間には月桂冠酒造や黄桜酒造をはじめ
いくつもの酒造があります。
歴史館などもあって酒造の歴史を観たり、また窓越しに中を観ることもできます。

この付近を歩くと、どこからとなく酒のいい香りが漂ってきます。
下戸の私でも、その香りに魅かれる、とても素敵な街並みです。


by かねごん

夏休みおしまい

昨日で両親の介護関係の審査立ち合いも一通り終了し、
今日は家の片づけをして、夏休みの最終日が終わりました。
結局、家事と介護関係で終わった休みでしたが、ま、たまにはそんなこともあるでしょう。

休み中、結構暑い日が続きましたが、湿度が低かったので昼過ぎ、ときには夕方まで、
エアコンも入れず、家の中を通り抜ける風だけで過ごした日もありました。

そして実は私、昨日、またひとつ歳をとってしまいました。
この1年、大きな怪我・病気もなく過ごせたことに「おめでとう」ですね。


明日からまた会社。
ちょっと早出して(起きられたら)、溜まったメールやそのほかの準備をしたいと思います。



     <由緒ある>

     
     綾小路醒ヶ井東角にて <2008年2月17日撮影 D70>

四条大宮からフラフラと綾小路に紛れ込んで見つけた大きな町家。
いたずら防止のためか、作られた鉄製の柵がちょっと余計でしたが、一階が大きく
格子作りになっていて、格調の高さを感じさせ、思わず撮った一枚。

後で調べたら江戸時代初期に創流した華道、専敬流の家元、林華流亭だそうです。
どおりで大きな建物なわけだ…

それにしてもその由緒にふさわしく美しい、見事な造りの建物です。

フラフラと紛れ込んだ路で、このような建物に出逢える。
だから街歩きって、やめられなくなります。


by かねごん

次のページ

FC2Ad