道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

京都最終日  俗世に戻ります

今日も暖かな京都でした。
最終日、どこに行こうか正直悩みました。
ちょっと今回はお寺周りもしてみたかったのです。
でも、やはり私らしく「京都の路歩き」をしようと決めました。

昨年11月に偶然見つけた塩小路の東の端を訪ねて京都駅前から塩小路通を歩き、鞘町通、問屋町通、
宮川町通、先斗町通 短い通ばかりですが、ずいぶん歩きました。
途中、川端通に出てみましたが、鴨川沿いの桜もちょうど見ごろになって、きっと今週末は
またすごい人出になることでしょうね。



それぞれに風情があって、幾つもの細い路地があり、新しい発見もあって、楽しい路歩きでした。
特に宮川町通りは、こんなにお茶屋さんがいっぱい並んでいる通とは知らず、びっくりしました。



個人的には、花見小路よりもこっちの方が趣があって好きかもしれないです。
それぞれの路は、後日紹介しますが、宮川町通ではこんな光景も2-3見られたりして・・・
(フェイク舞妓はんじゃなくて、まだお化粧前の舞妓はんです)



今度はまた秋ごろ、来れたらいいですね。
今回、友人と会って少しだけですが、何だかんだと話しながら一緒に京都を歩くことができました。
会社や家族とは別に、まったく身構えることもなく互いに自分を話すことができ、とても充実した
時間を過ごすことができ、うれしかったです。
この歳で、こういう話ができる人がいるって、恵まれているなぁ・・・ホント感謝です。


さて、昨日から暖かくなったせいか、昨夜から京都でも思い切り花粉を感じました。
今日は歩いていても、目はかゆいし、クシャミは出るし・・・
今回はずっとマスクなしでいたのですが、今日はさすがにマスクをして歩きました。


エネルギー、思いきり充電できました。
明日から俗世でまた頑張ります。


by かねごん

醍醐寺にて  自分へのお土産

朝起きたら、足の人差し指の根元に小さなマメができていました。
今日は、山屋なら知っている、必殺バンドエイド十字貼りで出かけました。


午前中に「早々に撤収」などと書きましたが、結局1時過ぎまで醍醐寺にいました。
と言うのも、山門のところの拝観窓口で「一日こんな感じですか?」と聞くと
「11時過ぎまで待ちなはれ、12時過ぎまで、少し空きますよ。」
てな情報をいただいたのです。
さすがですね、昨年秋にもここの女性に情報をいただきましたが、ちゃんと人の流れが
わかっていらっしゃる。聞いてみるもんです。



そしてホテルに帰ってきて鏡を見ると、顔が真っ赤・・・昨日・一昨日もあるでしょうが、
今日は本当に良い天気だったので、かなり日焼けしたようです。

今回、フィルムカメラは久しぶりにF100を連れてきました。
ここ何年かF5ばかりだったのですが、D700とF5、しかも短焦点を数本持ち歩くのは
なかなかハード、しかも昨日、一昨日のように歩くと足も肩もパンパンになるので、今回は
F100、D700、ズーム2本、短焦点2本にした次第です。

しかし3泊4日、もう明日の夜は俗世ですね。
今回は何故かいつもは買わない自分へのお土産を買いました。
寺町通りにある伊藤組紐店で、とんぼ玉を入れた携帯ストラップを作ってもらいました。
携帯ストラップとしてはかなり高価な部類と思いますが、たまにはいいでしょ。



by かねごん

半端じゃない

醍醐寺に来ていますが、平日なのに、半端じゃない人出ですね。

さすがに洛南だけあって、桜は見事に咲いていますが、適当に撮って早々に撤収しましょう。

かねごん

京都を四角に歩く  2日目

今日は今回京都に来た目的のひとつ、北野天満宮へ息子の大学合格祈願のお礼参りに行ってきました!

先ずは東寺にお参りし、その後羅生門跡、西寺跡を回って、御前通を北野天満宮に向かいました。
(って、今日も乗り物には一切乗らず、ひたすら歩いた私です)

個人的に感じるのは、堀川通りから西は、一部の名所旧跡を除いて観光地は少なく、地元の人たちの
生活の場・・・といった印象を受けます。
ですから飲食店も四条や木屋町のようなしゃれた店はなく、着飾ることのない「地元の食堂」
といった店がほとんどです。


今日、昼食に入った「お好み焼き かよ」(北小路御前上ル)もそんな店の一つでした。
4人席が2つ、カウンター6席ほどの小さな店で、おばちゃん2人でやっているようでしたが、
観光客は私一人、他はどう見ても地元の方と思しきが、次から次に入って店内は満席、
具がいっぱいのミックスやきそば、とても美味しかったです。
人気があるのも納得です。




たどり着いた北野天満宮も思ったほど混雑していませんでした。
11月には受験の合格祈願で本殿前に長い行列ができていましたが、それもほとんどなく
ほどなくお参りを済ませ、今度は前回歩いた寺内通と一条通の間にある、上立売通を東に! 上立売通は、西は千本釈迦堂から東は相国寺の境内を抜けて寺町通りにぶつかる通です。
ここも西陣の中心なので、織物問屋などの看板が目立ちました。

寺町通から河原町通を歩いて、今日の夕食は西木屋町通四条下ルにある、スパゲッティハウス
「Caldo」。




一人の時しかオーダーできないニンニクたっぷりのペペロンチーノをオーダー。 個人的にペペロンチーノはアルデンテよりもさらに硬め・・・が好きなのですが、まさにその ゆで具合で料理が出てきて大感激!



京都をいっぱい歩いて、おいしく食べて、大満足の一日でした。

ちなみに昨日一緒だった友人の話では、昨日、15km以上を歩いたとのことでした。
恐らく今日もそれに近いくらい歩いたと思います。
つまり二日間で30km???

ってなわけで、今日は路地の写真はありません。


by かねごん

京都より 1日目

午前11時過ぎ、京都に到着しました。
メチャ寒いはず・・・だったんですが、思ったよりも気温は高く、寒さ対策で重ね着の私は
昼ごろは汗ばむほどに・・・でも、夕方にはちょうど良いくらいの気温までさがってきました。
天気もまずまずで良かったです

で、今日はこちらにいる友人と再会し、延々数時間、ひたすら京都歩きを楽しんできました。
いつもは○◎通を制覇するパターンですが、今日は気の向くままにあちこちの通に入り
後で写真のGPSデータを見ないとわからないくらい・・・いや、ふくらはぎはパンパンですが、
楽しい一日でした。

<白川沿いの桜>
夜、祇園の白川周辺に行ってみたのですが、桜が7-8分咲きになっており、ものすごい人出でした。



今週末あたりが桜のピークと見て、ものすごい数の観光客が集まっていました。
とにかく、まっすぐに歩けない程の人で、こんなにすごい数の人をここで見るは初めてでした。


でも、ここで見る夜桜、風情があって、とてみも素敵でした。



今日は風呂で十分にストレッチして寝ます。
そして明日は・・・
当然決まっていません。
朝起きて、飯でも食べながら考えます。


by かねごん

明日から京都です

一昨日、「寒い」と書いたら、昨日は朝、何と雪がちらつきました。
もちろん積もるほどではありませんが、この時期に雪はおどろきました。
そして今日も寒い一日、明日からの京都の天気予報は、日中こそ10℃を超えそうですが、
朝は1~2℃と、真冬の寒さです。

そう言えば、ちょうど昨年11月の京都もそのくらいの気温で、メチャ寒かった記憶が・・・
しっかりセーターを入れて行こうっと!


<たつみばし>
巽橋の写真は、このブログの中にも何回か登場している、京都の定番の被写体ですね。
それだけにいろいろな雑誌、旅行ガイドにも写真が載りどう撮っても「どこかで見たような・・・」
感じとなってしまい、写真に撮るには最も考えさせられる、難しい被写体の一つです。



<2005年2月8日撮影 <Film・F100>

橋とその周辺は何も変わらないのに、写真に撮るたびに何か違った表情が伝わってくれば
大成功でしょうか? 果たしてこの写真の表情は・・・どうでしょう?



さて、明日は朝4時半に起きて、羽田経由で京都に向かいます。
冒頭にも書いたように、今回は風邪をひかぬよう、寒さ対策が重要ですね。


明日は京都からブログアップします!


by かねごん

寒いっ

朝10時過ぎから外出、気温も暖かかったのでコートを置いて出たのですが、これが失敗。
昼前には雨が降り出し、事務所に戻る頃にはぐんぐん気温が下がり、手が悴むほどの寒さになりました。
「本当に三月末かよっ!」
夜、家に帰って来る道も、雨こそやみましたが、北風が本当に冷たかったです。
所々で見かける、少しほころび始めた桜も、また堅く閉じてしまいそうです。

天気予報では、今週から来週初めの東京の最低気温は4-5℃、最高気温が14-15℃だそうですが、
週末から出かける京都の方は、朝は1-2度、日中も10℃ちょっとだそうで、冬の格好が必要ですね。


<早朝の街並み>



2002年2月 産寧坂にて <Film/PENTAX>



同 二寧坂にて


早朝、まだ観光客もまばらな産寧坂から二寧坂をあるくと、朝陽の柔らかな光が
気持ちよく町家を照らします。
二階の窓に下がった京すだれの列が、京都ならではの風景を映しますね。
この界隈は土産物屋が軒を並べて、昔ながらの建物は少ないかもしれませんが、
私のちょっと好きな京都の街並みの一つです。


by かねごん

金色の橋殿  WBC優勝

今日は早出で夜は職場の宴会、先ほど帰ってきました。
久しぶりの職場の宴会で、部長以下大いに盛り上がりました。

WBC、決勝戦にふさわしい素晴らしい試合でしたね。
職場のあちこちで携帯でワンセグを隠し見る姿が・・・そして社内外ともにネットワークの重いこと・・・
私? ちょうど打ち合わせの休憩でワンセグつけたら、イチローの決勝タイムリーの瞬間でした


<金色の橋殿>
いよいよ週末土曜日から来週火曜日まで、休暇と合わせて京都に行ってきます。
いつも気まぐれ旅なので、少し自分の気を高める意味でも京都の写真をアップしたいと思います。

下賀茂神社にある建物のひとつ、橋殿は楼門を入って東(右手)にあり、建物の下を川が流れる
珍しい造りの建物です。

夕方にここを訪れると橋殿の金張りの壁に夕陽が射して見事に輝いていました。
きれいに磨かれた床にも光が映えて、ドキッとするほど気持ちが引き締まりました。



2007年2月3日 下賀茂神社にて <Film F5/85mm>

さて、今回はどんな京都に出逢うでしょうか?


by かねごん

オーロラ  今日も強風

今日も強い風の一日で、交通機関が乱れたり、成田空港では航空機の着陸失敗炎上という痛ましいニュースもありました。
朝、駅に向かうのに一瞬歩けないような向かい風を受けるほどでした。


<オーロラ>
オーロラって見たことありますか?
私は1回だけ、ちょうど8年前の今日、出張で訪れたフィンランドのKemi(ケミ)という街で見ました。
Kemiはちょうどバルト海からボスニア湾に入った一番北の奥にあたる部分にある街で、豊かな森林を
持った紙パルプ産業が盛んな街です。
あと80kmほど北に行くともう北極圏で、オーロラ帯にも入っているとのことでした。

先方の人たちと会食の途中、窓の外の空に雲のような光が・・・「あれ何だ?」「Northern lightsだよ」
地元の人は珍しくもないので、全く気にも留めてませんでした。
私と、ドイツから来ていた仲間は、カメラを手に夢中でマイナス30度近い外に飛び出しました。

本来超広角で撮るものらしいですが、その時持っていたのは28mm単焦点のコンパクトGR-1だけ、
オーロラなど考えてもいなかった私は当然、撮り方もわからず、とりあえずカメラを塀の上に固定して
30秒ほどの露出で数枚。





2001年3月23日 フィンランド Kemiにて撮影 <GR-1>

一番明るい星が土星、その下側につりがね状に並ぶ星が、おうし座のヒアデス星団、
土星の上側の小さく数字の7のような形の星の集まりが昴ことプレアデス星団です。

なんとなく光のカーテンらしく??・・・あまりうまく撮れませんでしたが、感動の一瞬でした。
こんなの一人で見ていたら、絶対感動で泣いちゃうと思いますよ・・・ホント。
3泊しかしませんでしたが、オーロラを見ることができたのは、この夜だけでした。


今ではトナカイの肉料理と、マイナス30度近い寒さ(でも暖かいそうです)、そしてこの写真が
とても良い思い出です。


観光するところはこれと言ってありませんが、
チャンスがあれば、またぜひ行ってみたいところです。


by かねごん

強風  部屋づくり

今日は一日、強い風が吹き荒れました。
マンションの敷地内にある、駐車禁止の鉄製の立て看板が風で倒れるほどです。
厚木基地に向かう米軍の戦闘機の編隊さえ、時折横風にあおられてフラフラする場面もあるくらいでした。


3連休、結局どこに出かけるでもなく、車のディーラーと近所の某ヨ○×シカメラに行った位で
終わってしまいました。
と言うのも、今まで無かった息子の部屋を確保するために、半分納戸のように使っていた部屋を
片付け始めたんです。
しかし納戸のように使っていた部屋ですから、簡単に片付くわけがありません。

それに息子にも、受験に使って大学には必要無い科目の諸々を処分してもらい、かなりの量を
処分してもらったのですが、それでも一向に減りません。

後でまた本棚など新しく入れなくてはなりませんが、これで本当に収まるのか・・・心配になってきました。


<20mmの世界>
昨日に続いて、20mm、ローアングル、ノーファインダーの写真、表参道界隈で撮ってみました。




2009年2月11日 表参道にて <D700>

もしかして、これがワンコの視線??


そうそう、週末からの京都で使う行動用のカメラバッグその他を宅急便でホテルに送りました。
私としては、やはりデジタル1本にすることはできず、毎度の銀塩との2丁拳銃に対応して
大きめのバッグを持ち歩くことにしました。
デジタル完全移行は、まだまだ先かな?


by かねごん

次のページ

FC2Ad