道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

ちょっと寝不足  あ・か・り

業務報告会、無事終了。
でも、ちょっと寝不足ですねぇ。
昨夜もブログ更新してから、コメント書いたりしようと・・・Zzz
会社で爆沈しないだけ良かったけど、帰りの電車は危うく寝過ごすところでした。


<あ・か・り>
私のこのブログの中では、夜のショーウインドーの写真が数多く登場します。
ショーウインドーのあかり、独特の暖かい電球の光が好きなんですね。



私はショーウインドーの写真をデジカメで撮るとき、ホワイトバランスは「晴天」のままで撮ります。
画面はかなり赤みが出ますが、フィルムで撮るイメージに一番近く、また電球の光の柔らかさ、暖かさも
他のホワイトバランスより出てくれるかなぁ・・・と思っています。

最近は電球色の蛍光灯も多く出ていますが、写真に撮ってみるとやはり電球のような柔らかさは出ませんね。


さてさて、明日はアイスホッケーの撮影です。
バッテリーもエネループ8本2組充電できて、あともう8本充電中、これだけあれば多少の寒さで電池が
元気無くなってもなんとかなるでしょう。


by かねごん

聖橋~神田明神

7時半に早出して報告会の資料を些些と??やっつけ、10時過ぎから外出・・・
会社から山手線と京成線を乗り継ぎ成田駅まで約1時間半強、結構遠いですね。(その分寝ました)
現地で訪問先の設備や業務を見学したあと解散。ちょっと懇親会などもやっていたのですが、
そこでふと、「このまま成田空港に出てバスで帰ればいいじゃん・・・」 で即実行
8時過ぎていたこともあり、1時間40分で地元の駅まで帰ってきました。
バスの中では当然爆睡  乗り換えもなく、やっぱり楽ですね



<聖橋~神田明神>

聖橋は、お茶の水の駅の目の前、神田川に架かる橋です。
昭和2年にできた橋で、その名の由来は、湯島聖堂とニコライ堂というふたつの聖堂を結ぶ橋
ということだそうです。



その横に外堀通りから聖橋に昇る階段があります。
ちょっと人気の少ない階段ですが、見上げると聖橋の手すりに絡まる草が歴史を感じさせます。
この階段を上ると、道路の向こう側が湯島聖堂。その後ろ側には神田明神があります。




もちろんお正月や、神田祭のような猛烈な人ではありませんが、暗くなり始めた時間帯にもかかわらず、
お参りされる方も多く、境内では結婚式も行われていました。


by かねごん

Oh my God !   水草

このところ、来年から始まる新しい規制への対応を設計に伝えることに没頭し、明後日の業務報告会で
発表する内容をまとめるのを完全に忘れてました。
しかも明日は、10時過ぎから成田方面に外出・・・Oh my God
今日もちょっと遅くまでやって、1時間ほど前に帰ってきたのですが、明日も早出してやっつけますか。


<水草>



2008年10月25日撮影

先週、市ヶ谷から外堀通り、神楽坂の手前にあるボート場で半分水没したボートがありました。
長い間水に浸かっているようで、ボートの中は見事な黄緑色の水草が浮いていました。


by かねごん

焦ったぁ  D700の底力

昼前に工業会の事務局から電話が・・・
「○○省から依頼なんだけど・・・」
げっ・・・これから○○省行くの? 俺、上着じゃなくてパーカーだよ・・・
「いや、提出書類の打ち合わせしたいんですよ」  あぁ・・良かった。一瞬ドキッとしたよ。
予め予定が入っている時は、格好もそれなりにしますが、今日はちょっと油断・・・焦ったぁ



<D700の底力>
昨夜遅く(と言うより今朝早く?)ベランダから外を見ると空が澄んで星が見えていました。
試しに・・・と、D700と50mm F1.4Dレンズを持ち出し、ベランダの手すりでカメラを固定
しながら高感度撮影に挑戦してみました。


ISO:3200 1/2秒  F:2.0 絞り優先オート

冬の星座、オリオン座です。
ちょっと手ブレしてますが、何と、ものすごい数の星が写っていました。(ノイズじゃないですよ・・星です)
これには私もちょっとびっくりしました。
肉眼では全く見えないような星、10等星以上が写っていると思います。
アップした写真はトリミングして少しコントラストをあげて、空の暗みを強調していますが、ISO3200で1/2秒の
露出で、これだけの星が写るなんて、35mmフィルムでは粒子が荒れてここまできれいには写らないでしょう。
D700の高感度、恐るべし・・・です。


by かねごん

レンズ借り忘れたぁ  色のイメージ

D700を買って当たったアイスホッケーの試合の撮影会、うっかりレンズのレンタル予約するの忘れていて
今日電話をしたら、AF-S300mm F2.8は既に予約でいっぱいとの事。
仕方なく小型のAF-S300mm F4を借りることにしました。
(きっとこの撮影会で借りる人も多かったんだろうなぁ)

あと、300mmで足りなかったらフルサイズの必殺裏技、DX切り替えで450mm相当??
ちょっとレンズ暗いですが、会場はかなり明るいのと、一回り小さい機動性の良さ、あとはD700の
高感度の強みにまかせて楽しんでみたいと思います。
スポーツの写真って、以前テニス部で撮った位しか経験無いのですが、アイスホッケーだとシャッター
250~500以上って感じですかね?


<色のイメージ>
D700を手にして、気に入った色が出ず四苦八苦して、この1ヶ月ちょっとで3000コマを撮って
しまいました。
週末、天気にもなかなか恵まれずなかなか本気のテストができません。
先ずはイメージとして、RAW現像とかせず、JPEGでこんな感じが出るといいんですが・・・




いずれも2007年8月12日 横浜にて撮影

フィルムがベルビア100Fなので、かなり派手目の発色で現実とは違いますが、こんな感じの空の
色とグラデーション、深みのある海の色が、JPEGダイレクトで出るような設定を見つけるのが
今ある2つの目標のうちの1つですね。


by かねごん

冬物入れ替え  今年の紅葉は?

気温、上がりませんでしたね。
息子が模試でいなかったので、家内と衣類の入れ替え、やっちゃいました。
冬物を一部出して、かなりの夏物をしまいました。
まぁ、そんなに多くあるわけではありませんが、それでも押入れからの出し入れは結構重かったですね。


<今年の紅葉は?>
さて、昨日まで海外の話だったので、また日本に戻して・・・

考えたら、休暇を取って京都に行くまで1ヶ月ない事に気付きました。
当然この時期、紅葉の撮影がメインにはなりますが、毎度のことながら行く場所はその時の状況で
考えるので、あまり細かくは考えていません。
フィルムも取り合えず10本用意してあるし。



2007年11月9日撮影 神護寺にて

1月にもアップした写真ですが、去年はちょっと時期が早く、色づいている木も少なく、カメラアングルで
カバーしての撮影ばかりでした。
今年はもっといっぱい、きれいな紅葉を見たいですね。


by かねごん

風邪は退治  ヨーロッパの出張

風邪、もう大丈夫です。
午後から東京ドームのそばへ、とあるメーカーのバーゲンに行ってきました。
時間をずらしたつもりだったのですが、まあぁ、行列の長いこと。
一瞬躊躇しましたが待ち時間を聞くと30分程度とのことなので、並ぶと確かに30分ほどで入場できました。
あまり細かく書くとバレちゃうのでやめておきますが、いろいろ買いこんで来ました。

帰りは秋葉原まで歩いてメモリなどあさってきましたが、歩行者天国、いつの間にか再開されたみたいですね。
ただおまわりさんは、あちこちで警戒していました。


<海外出張>
海外出張と言っても、そんなに多く行っているわけではなく、年に1回あるかないかです。
しかも滞在型の出張は少なく、短い期間に、あちこち飛び回ることが多いです。
でも移動の際、私は鉄道を使うことが多いです。
場所によっては、空港までの移動時間を考えると、鉄道の方が速くて安いです!

ヨーロッパでは鉄道のルート検索のWebページもあって、これがまた楽しい。

試しにFromに Paris Nord (パリ北駅)
Toに Brussel Central (ブリュッセル中央駅)

を入れて、Search Connection をクリックしてみてください。
(好みの日にちとか、時間を入れてもOKです)
ルートによっては年齢を聞かれますので、適当に入れてください。
ヨーロッパの新幹線TGVで、フランスのパリからベルギーのブリュッセルまで約1時間半の旅です。


2007年10月22日撮影  パリ北駅にて

オードリー・ヘップバーンが今にも目の前を通りそうな駅です。


良く「鉄道の時間って大丈夫なの?」と聞かれますが、確かに日本ほど時間に正確ではないので、
ちょっと余裕を見るくらいは必要ですね


by かねごん

風邪はねじ伏せ  記念すべき1枚目

風邪、薬でねじ伏せてます。
当然薬による眠さもあって、朝の電車、終点折り返しに気がつかず、危なく逆戻りするところでした。
昨夜まずまず寝たこともあり、以後は眠くなることもなく、心配した鼻水も出ず、仕事できました。
このまま治ってくれるといいんですがねぇ


<記念すべき1枚目>
初めての海外は、どれをとっても記念すべき1枚目になります。
昨日のは、本当に海外でシャッターを切った1コマ目でした。
2週間半の滞在の間、2度の週末があり、列車でアムステルダムや、現在の会社では何度も行くことになった
ドイツ(当時はまだ西ドイツ)のケルンにも出かけてみました。
行きはともかく、帰りにどの列車に乗ってよいのかわからず、駅員に聞くととても親切に教えてくれるのですが
旨く聞き取れずに往生しました。

一つ言えるのは、歩く街並み、駅が映画のスクリーンに出てくる駅、そのものだったということでした。
大きな教会も当然日本で見たこともなく、中のステンドグラスの美しさに見とれました。



1982年10月9日撮影 アインドホーフェン駅

そんな週末の列車旅行の始点となったアインドホーフェンの駅です。
アインドホーフェンは欧州一の家電メーカー、フィリップス本社のある街で、駅前には創業者
アントン・フィリップスの銅像が立っています。



1982年10月9日撮影 アインドホーフェン駅にて

こんな変わった形の機関車に引かれた列車でしたが、中がやたら広かったのを記憶しています。
2等なのに2人掛けのシートの幅は日本の新幹線の3人掛け分近くあったかなぁ?


今と違ってメールがあるわけでもなく、FAXも出始め、あるのは国際電話とテレックス(死語?)。
今じゃ考えられないくらい、日本語と遮断された環境でしたが、いつもホテルの窓から見える教会と
塔の先端に立つ賢者?が心細さを和らげてくれました。



1982年10月撮影 アインドホーフェンにて



by かねごん

風邪ひいた  記念すべき1枚

昨夜からクシャミが多く出て、「花粉、そんなに多いかなぁ?」と思って今朝起きると喉が・・・
「ゲッ、風邪じゃん!」
会社に着く頃には鼻水も出始め、熱は無いようですが体はだるく最悪状態。
午後、社内の診療所に行って診察を受け、薬をもらってきました。

先週から息子、家内、そして私の順で風邪ひいてますが、私の場合、大体毎年、この時期になると
節操無く遊んだ夏のしっぺ返しが来るんですよね。
いい年して子供みたいに、喉をやられるとすぐ熱出すし・・・
今日は早く寝ます。


<記念すべき1枚目>
以前に書いたかもしれませんが、私が初めて海外に出かけたのは26の時、オランダのアイドホーフェン
という街への出張でした。
今の会社の前に勤めていた会社で、新しい製品の技術を習得するためだったのですが、当時、まともな
英語には程遠い(今もですが)学生の時に米軍基地で覚えたスラング交じりの英語が通じるわけもなく、
またドイツ語のような発音のオランダ人の英語は聞き取れず、地獄の思いをした記憶があります。

それでも2週間半ほどの滞在の間に必死に覚えた技術を毎晩ホテルでレポートにまとめました。


1982年10月初旬撮影 オランダ アインドホーフェンにて

そんな中で、記念すべき海外で撮った最初の1枚がこの写真です。
ただのホテルの部屋からの眺めですが、改めてこの出張の写真を見ると、一人で良くやったなぁ・・・と思います。

26年も前のネガなので乳剤面には細かなヒビ割れができていましたが、スキャナのソフトの処理で
見事修正できました。


思い出の1枚です。


by かねごん

誕生日 鎌倉めぐり番外編


今日は奈々の満1歳の誕生日。
いつもよりみんなに遊んでもらえたし、プレゼントにチーズもらってごきげんです。
相変わらず内弁慶な子で、散歩の時はちょっとした事で足が止まってしまいます。
でもとっても素敵な家族です。


<鎌倉めぐり番外編>
番外編で鎌倉のちょっと変わった光景を・・・


このアーチ橋、東勝寺橋と言って宝戒寺の裏手、滑川にかかる橋です。
鉄筋コンクリートが積極的に導入された関東大震災復興時、大正13年に建造された橋と説明されています。
鎌倉景観百選にも選ばれています。


こちらは私が2歳ごろにはあったという(母談)おもちゃのちょっぺー。
鎌倉駅から小町通りに入るとすぐ左にある、昔ながらのおもちゃ屋さんで、江ノ電プラレールなど
ちょっぺーオリジナルの商品があります。
私が幼少期のおもちゃは全てちょっぺーで買っていたそうです。
今は貴重な存在ですね。


今回仕上げに寄ったのは、ちょっぺーの反対側にあるイワタ珈琲店。
こちらも川端康成や大佛次郎などが通ったという老舗の珈琲店です。
何と言ってもここの名物は、厚さ2cmを超えるホットケーキ(800円)。私が行った夕方は当然売り切れ。
そこでオーダーしたのがクリームあんみつ(800円)。
実際にはフルーツクリームあんみつと言った方が正しいでしょう。
黒蜜の甘さとのバランスもよくグゥ~です。

小町通りは新しい店がいろいろ出てきていますが、こうした老舗もしっかり頑張っているんですよ。



さて、これが今回の鎌倉撮ったベストショットかな?
妙本寺総門の狛犬。
ちょうど木々の間から傾いた陽が差しこんで、見事に表情が浮かび上がっていました。
デジタルで撮った写真の中でもベストの部類かな?
当然JPEGで何の加工もしていません。


もっと使いこなせるようになりたーい!


by かねごん
次のページ

FC2Ad