道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

薬師寺展に行ってきました

来週いっぱいで終了する奈良薬師寺展に行ってきました。

国立博物館、小雨が降る中、それでも大勢の人で入館までの待ち時間は約1時間。

私は薬師寺へは2回行っています。
西の京に宿をとって、早朝の勝間田池から見る薬師寺を撮ったり、ここをベースに奈良を歩いています。
だから、薬師如来さまにも、日光菩薩さま、月光菩薩さまにもお目にかかっています。

それでも菩薩さまに会いたくなるのは、やはり人を引き付ける何かがあるんでしょうね。

入館して前展示などを見ていよいよご対面・・・・・・・・

・・・・・・・・・行って良かったです。(言葉が見つからない)


そんな訳で、今日は薬師寺の写真で飾ってみました。

<薬師寺伽藍>

2006年9月29日撮影


<朝焼けに浮かぶ薬師寺>

2006年9月29日撮影

薬師寺の東塔、何とも言えないオーラのようなものを感じます。


奈良、京都、そして鎌倉・・・それぞれ歴史の舞台があって、それぞれにロマンがありますね。

そういえば薬師寺の東塔が解体修理されるそうです。
1300年建ち続けているのですから、疲れが来るのは仕方ないことです。
修理に入る前に、一度行っておきたいなぁ


by かねごん

売り切れ御免

会社に出てメールをチェック、事前に伏線を張っておいたので、4日間でほんの130件、
昼前から通常の仕事に戻れました。

今回の出張の土産、奥さんからは流行の『BBクリーム』と言われていたのですが、市内
でも免税店でも見つけることができませんでした。
うーん、どこで売っていたんだろう??

結局、家も会社も必殺『韓国海苔』!ちょっとがさばるけど、持ち歩くのに軽いし、美味
しいし最高!
会社へのお土産分は、あっという間に売り切れました。
(中には仕事中に「ビールが欲しい」という族も・・・)



仁寺洞(Insa-Dong)は、イベントの事務局の連中に「食事ができて土産物とか、
買い物ができるところ」と言って教えてもらった場所です。
後で調べたらやはりソウルの中心部で観光の起点にもなるし、民芸品やおみやげ購入の中心
だそうです。

この写真ではあまり感じませんが、平日でも結構観光客や若い人が多く、賑わっていました。


さて、今日で韓国出張ネタはおしまいです。(というよりネタ切れが本音)
タイ、マレーシア、中国、そして韓国、もちろん日本と、アジアは食道楽にはたまらない
ですねぇ。

あ、ちなみに体重、変わっていませんでした。よかったぁ


by かねごん

いろいろ食べて帰ってきました!

無事に帰ってきました。
今日のソウルは27℃近くまで気温が上がったようで、とにかく暑かったです。
で、羽田に着陸してからのアナウンス「気温は16℃です」に客席から思わず「えーっ」の声が上がってました。

今日は実質の仕事はなく、朝、集まった他の国のメンバーと社交辞令的な挨拶だけ。
あとは日本のメンバー7人でソウル市内に出かけました。と言っても昼食時間を入れて2時間くらいですが・・・

先ずKCAT(Korea City Air Terminal)に行ってチェックインし、スーツケースから解放されて、地下鉄で
観光街の仁寺洞(Insa-Dong)をふらつく事に。
しかし仁寺洞に着いた時点で11:30過ぎなので、先に食事を・・・「やったぁ!」

海鮮チヂミ、サムゲタン、ビビンバ、プルコギ・・・7人なのに、それぞれ2-3人前ずつオーダー。




特に直径30cm近いチヂミは、カキやイカ、ニラにネギ、シイタケ等いろいろ入っていて、これは大当たりでした。
そしてサムゲタン、前回2005年の12月に出張した時に食べて、温まる~、今回もやはり辛くないのに汗かく、さっぱりと美味しいですねー。
岩塩とかもいろいろ付いてきました。
私以外はみんなビール2本くらい飲んで、さすがにこれだけ飲んで食べれば満腹です。
でもこんなに食べてもお値段130000ウォン、つまり一人2000円超えませんでした。安い!


ちょっと食事に時間をかけすぎたので、結局観光らしい観光もできず、あとは仁寺洞通りの土産物屋を物色して、
地下鉄で金浦空港に向かいました。

観光はできず、韓国料理にも飢えた出張でしたが、最後にいっぱい食べて、無事に完了です。
体重計に乗るのがこわいよー


by かねごん

プルコギ・味噌チゲ やっと逢えた(涙)

朝から夕方までのコンファレンスはやはり疲れます。
しかも私のプレゼンはラス前、演壇に立つとみんな疲れているのが見え見えでした。
Everybody seems so tired.
Please survive until two more presentation finished!
なんてジョークを一発飛ばして笑いを取ってプレゼン開始しましたが、内容的には
昨日の方が出来が良かったかなぁ?

でも、とにかく終わりました。

そして夕食は、やっと・・・やっと・・・夢にも見た? Native Korean food!
プルコギと味噌チゲとご対面することができました。


ホテルのレストランでの食事だったので、辛さはさほどではありませんでしたが、
特に味噌チゲは貝類の出汁がよく出ていてなかなか美味でした。


明日はソウル市内でひと仕事して、15時過ぎの飛行機で帰国ですが、また食事も
少し期待できそうかなぁ!

(って仕事ができているのに、食事のことばかりでした)


by かねごん

韓国で韓国料理が食べられない?

韓国2日目、無事にメインイベントが終了しました。
あと残っているのは明日のプレゼンのみです。

ところで、せっかく韓国にいるのに、なんかそれらしい韓国料理を食べていません。
キムチだけはどこにでもあるし、バリエーションも豊富で飽きないのですが、それ以外は・・・
バイキング形式の食事ばかりで、焼き肉すらありません!
うーん・・・私はどこにいるのでしょう?

とりあえず、今日は写真のアップは無しということで!


by かねごん

参った チェックインに2時間   韓国グルメ

無事韓国につきました。
気温は22℃と、今日の東京に比べるとずいぶん楽ですが、それでも空調の入っていない場所で
スーツを着て動き回るにはちょっと汗ばむ陽気です。

一通りの仕事をして、夕食を食べて、ホテルに着いたのが夜9時半、さて部屋でゆっくり・・・
と思いきや、チェックインで私ともう一名の予約ステータスが違っているとのこと。
まぁ、細かく書くと大変なので書きませんが、要するに支払いの条件等がいろいろ違っているということです。

それから事務局担当者を呼んだり、状況説明したり、ステータス変更させたりで、結局部屋に入れたのは
11時半でした。
事務局とホテルが話し出せば韓国語だから???だし、結局何が問題なのかも分からずじまい。
ホント、お願いしますよぉ!


<韓国グルメ>
今日は現地のお偉いさんなどもいて、ちょっと高級?なレストランで食事となりました。
当然普通のキムチ意外に知っているものはありません。
いろいろ出てきたのですが、いくつか紹介しておきますと


これは水キムチ。
冷えていて、カブのシャキシャキ感とのバランスもよくなかなか美味


これは臭い! 臭さで名前忘れた!
エイのひれ?と豚肉をキムチで巻いて食します。
エイのひれがなんと言うか、浜辺に打ち上げられた魚のような、臭いです・・・
ぜんそくに効くそうですが、ほんとはこれ、内臓の方を食するそうです。こちらはもっと強烈なので、
日本人には無理と気を利かせてくれたようです。
ひれが硬くてなかなか噛めません。
何とか2切れ程、いただきました。



最後に今日のアタリ!
タコのキムチです。ニラ、タマネギ、ニンジンなどが混ざって、タコの歯ごたえとバランス最高!
周りの酒飲みにも、これが一番評判良かったみたい。


明日の練習してたらこんな時間になっちゃいました。
そろそろ寝まーす。


by かねごん

準備完了  鎌倉名刹4

とりあえず、韓国で使う資料は時間短縮となった分も含めて完成。(自分の英語のしゃべり以外は)
しっかりバックアップも取って、あとはバッグに詰め込むだけです。

で、持って行くカメラは・・・実際どのくらい外を歩くことができるかわからないし、イベント展示などを
多く撮ることになりそうなので、デジイチをメインにして、フィルムはコンパクトなGR-1sを持って行く
ことにしました。
(と言っても、GR-1の写りはバカにできませんヨ! ホント!)




<鎌倉名刹4>
22日に書いた浄智寺の少し北鎌倉駅よりに東慶寺があります。
その昔は縁切り寺として女人の駆け込み寺でもあったそうです。

東慶寺も浄智寺同様、関東大震災で倒壊し、現在の建物は昭和に入ってから再建されたものだそうです。
境内は開けて明るく、奥の墓苑に行くに従って木々がこんもりとしてきます。


2006年11月4日撮影 鎌倉 東慶寺にて

奥の墓苑に続く階段です。
東慶寺の墓苑には西田幾多郎、鈴木大拙、高見順ら多くの文人が眠っているそうです。
風のない早朝に行くと、木の葉の水分が日に照らされて蒸発し、木々の枝の間を湯気のように漂います。
この写真の上の方の枝、決してフレアじゃないですよ! 漂う湯気です。


さて、明日の晩は韓国です。
ホテルは当然インターネット接続できるので、このブログにどんな記事がアップできることか??
あくまでも、仕事がメイン、出張ですからね!


by かねごん

HDD購入  鎌倉名刹3

フィルムスキャンしたデータを入れているハードディスクがそろそろいっぱいになってきたので、午後から
秋葉原に行って500GBを2台(1台はバックアップ用)にリムーバブルトレイを買ってきました。
500GBが1台7800円、安くなったもんです。
まぁ、乗せ換えるのは韓国から帰ってきてからですね。フォーマットも時間かかるし。
これでざっとフィルム100本分のデータが収まります。


<鎌倉名刹3>
個人的には鎌倉のお寺はどれをとっても名刹と呼ぶにふさわしいところばかりだと思います。
今までにこのブログで紹介した妙本寺、東慶寺、高徳院、報国寺、浄智寺、明月院もそれぞれに趣のある名刹です。

実際にそこに行って歩いてみればわかるのですが、ほんの1-2枚の写真でそれを伝えるのはすごく難しいですね。


2006年11月4日撮影 鎌倉 寿福寺参道

寿福寺は山門から中門までの参道が美しいお寺です。
普段は中門までで、それより中には入れませんが、源実朝、北条政子の墓があるお寺です。
中門に腰掛けて一休みする親子、その後ろから仏殿が二人をしっかり見守るように建っています。


さて現実に戻って、韓国の資料作りの続きをやらなくては・・・


by かねごん

出張準備OK?? 鎌倉の名刹2

時間短縮されたプレゼン以外は一通り準備完了・・・いいのかなぁ? なんかいつもより余裕!

そして、現地の詳細スケジュールがきました。
思ったよりもスケジュール、詰まってます。

で、ホテルが金浦空港に降りるのにホテルはインチョン空港すぐそば・・・って周りに何にもないじゃん!
ソウル市内じゃないんだよ!
しょ・・・食事とかどーするんだぁ? 団長?
そりゃぁ、ホテルは一級のホテルかもしれないけど、ホテルで夕食なんて勘弁だよぉーっ

まぁ現地スタッフが予約したので、文句言えませんが、あとは行って見てのお楽しみにしましょう。


<鎌倉名刹>
昨日は北鎌倉の西側、つまり東向き斜面に建つ浄智寺、こちらは北鎌倉の東側、
西向き斜面に建つ紫陽花寺で有名な明月院です。


2004年9月24日撮影 鎌倉 明月院

この写真の撮影が9月なので花はありませんが、もうすぐこの階段の両脇が紫陽花で
埋め尽くされます。

平日の早朝などに行かないと、紫陽花見物の行列で、入場規制がされるほどです。
私は人混みが嫌いなので、この時期に入ったことがありません。
(本音は行ってみたい)


by かねごん

出張前のやっつけ仕事   鎌倉の名刹

出張前のやっつけ仕事で15分ほど前に帰ってきました。
こういう時に限って、だらだらと引きそうな相談事が入ってきます。
勘弁してくれぇ

プレゼンの時間が短縮された方の資料、まだ完成していません。
いざとなったら事例紹介でさっさっさっと流すか、配布資料に入っているページの軽いところをさっと流すかですね。

まぁ、土日でできるでしょう。


<鎌倉の名刹>


2003年10月12日撮影 鎌倉 浄智寺

北鎌倉に浄智寺という小さなお堂の寺があります。
ゆったりとした階段を上ると唐様の鐘楼門があります。鎌倉で鐘楼門はここだけです。(と思います)
現在の建物は関東大震災後に建てられたものだそうですが、個人的には名刹と呼ぶに
ふさわしい風格の寺だと思います。

最近、門の傷みがひどく立て直しされましたが、またちょっと経てば風格が戻ってくるでしょう。

このような寺は京都にもあまりないんじゃないかな? どうでしょう?


by かねごん
次のページ

FC2Ad