道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

毎年が最高の楽しみ!

昨日の暖かさとは一転、寒い一日でした。
午後3時過ぎからは雨も降り出して、せっかく満開になった桜も冷たい雨に打たれていました。
夕方ちょっと車で出かけたのですが、隣駅近くの病院横にある桜並木がピンクのトンネルを作っていました。
車を運転しながらだったので、横目でちょっとしか見られませんでしたが、その一角だけは暖かさを感じました。


ちょっと前ですが、2005年は桜の開花が4月になってからでした。
しかし今年と同じく一気に暖かくなったため、桜だけでなく、山桜や海棠までもいっぺんに花が咲きました。

20080330a.jpg

ちょうど散り始めで、桜吹雪が見事な日でした。
源平池が桜の花びらで埋め尽くされるかと思うほどでした。
写真を縮小しているのでわかり難いですが、原寸でみると花びらの舞がしっかりと写っています。
火曜日が水曜日あたり、こんな光景が見られるかもしれませんね。

20080330b.jpg

こちらも同じ日には杉本観音から見た山桜です。
これだけきれいな山桜は、私は少なくとも見たことがありませんでした。


今年の桜もきれいで最高でした。
でも、その年によって見せる顔は様々ですね。
毎年、毎年、桜を見て「最高!」って言えるしあわせが楽しみです。
(頭の中はいつも春ぅ)


by かねごん

鎌倉の桜 行ってきました

鎌倉、頑張って朝6時半過ぎに家を出て行ってきました。
今回はフィルム一眼にレンズ4本、そしてBlog用にコンパクトデジカメを持って、三脚は使用禁止が多いので持って行きません。

20080329a.jpg
さすがに8時前に着くと鎌倉もすいてますねぇ。
でも段葛にいるのはカメラを持った人ばかり、みんな考えることは同じです。
先ずは八幡さまにお参りして、すいている時間帯に源平池周辺の桜を抑えておきました。


八幡さまの後は、絵柄天神や鎌倉宮周辺をふらふらしながら、浄妙寺へ。
寺の裏山に回ると、桜の木の下のベンチで昼寝をする贅沢なニャンコが・・・
20080329b.jpg
アングル的に桜まで入らなかったのが残念ですが、シャッターの音がしても耳も動かしません。
くぁーっ・・・こんな昼寝してみたい・・・

そして、鎌倉の竹寺として有名な報国寺、さすがにここは人が多かったです。
できるだけ写りこむ人が少ないように、1ショット撮るのに待つこと・・・
20080329c.jpg


なんだかんだで段葛に戻ってきたらまだ1時、でも段葛は朝と違ってこの人・人・人でした。
20080329d.jpg
若宮大路の歩道も人で思うように歩けないほどで、当然食事処はどこもいっぱい、鎌倉駅の南側へ行けば人も少ないので
そっちで食べました。



最後はお約束?の妙本寺。
ここは写真を撮りに来る方が多いです。
普段はほとんど人のいない境内も、今日ばかりは違います。
さすがに本堂の階段に腰をおろしてのんびり・・・とはできませんでした。
20080329e.jpg
山門横の桜が見事です。


時計を見ると3時、天気予報のとおり、雲で日も陰ってきました。
本当は海岸に近い材木座の方まで行ってみたかったのですが、帰りの江ノ電がメチャ混みするのは
目に見えているので、この辺で撤収してきました。


歳をとったせいもあるのか、最近桜と紅葉を見ると、「日本に生まれて良かったなぁ」って思います。
また来年、会いに行きますよー
(でも、今日のスギ花粉はすごかった・・・今も鼻が詰まってるし、夜、眠れるかなぁ・・・)


by かねごん

桜の艶 その2

雨、降っちゃいましたね。
色、あせちゃったかなぁ・・・
でも、どこのブログでも桜が満開です。

20080328.jpg
2005年4月8日撮影

この年は今年と同じように、急に暖かくなって桜が一気に咲いた年でした。
名古屋城名物の桜も一気に咲いて、花枝を撮ろうとするとポンポンのような枝ばかりでとても写真にならず、
遠景のほうがよかった思いがあります。

でも、この石垣のボリュームはすごかったですね。


明日は頑張って早起きして、人が増える前に鎌倉行きますよ!
どこから廻るか・・・・・決めてません

by かねごん

桜の艶  やっちゃった

久しぶりに乗り過ごしてしまいました。
帰りに大崎から埼京線に乗って新宿で降りるはずが、気がつくと大宮・・・・ああーーーっ  やっちゃった
そこからまた新宿まで戻ってきて、1時間のロスでした!
疲れてるのかなぁ・・・
まぁ、朝、新宿から逆戻りするよりはいいか・・・


<夜桜>
初めて夜桜に感動したのは24-5の時だったと思います。
当時、福島県の二本松というところに2週間毎に出張していました。
週末に出張先の人たちと近くの霞が城というところに花見に出かけました。
当時まだ私も若く、桜など興味がなかったのですが、山一面が桜で、頂上に小さな天守閣があって、
初めて「夜桜ってこんなにきれいなんだ」と感動したのを今でもはっきり覚えています。
今はどうなったんでしょうね? 
街の人たちもとても優しくて、なんかまた行ってみたい気分です。

20080327a.jpg
2006年3月27日撮影

ちょうど2年前の3月27日、初めて桜の季節に京都に行きました。
まだちょっと早かったのですが、祇園白川沿いの桜の艶に魅せられ、春らしい水色の着物で飾った舞妓さん・・・
話では枝垂れ桜が短くなってしまったそうですが、それでもこれが京の春か・・・とまた感動しました。

最近は舞妓さんも増えて100人を超えたと昨日の新聞に出ていました。
花街がまた活気づいてきたんですね?

by かねごん

仕事する天気じゃないよ!

桜も一気に咲き始めて、あちこちのブログにも桜の写真がアップされ始めました。
朝、山手線の車窓からもあちこちで白く桜が見えます。
いい天気で、昼過ぎにちょっと外出したら、「暖かい」を通り越して「汗ばむ」ほどの陽気でした。
マスクさえなければ最高に気持ちがいいのにね!

「いやぁ、屋根の下で仕事する天気じゃないよ!!」などと不謹慎なセリフを吐きながら事務所に戻りました。


外出の時、歩きながら桜を撮ってみました。


20080326.jpg
大崎駅の東側、目黒川沿いのオフィスビルに囲まれた桜です。
夜にはライトアップもされ、ちょっとした都会のオアシスです。
今年は週末がちょうど桜の見ごろになりそうです。
私の職場ではありませんが、花見を計画している宴会幹事は場所取り大変なんだろうなぁ。

土曜日、ちょっと気合が入ってきましたねぇ・・・人出覚悟で鎌倉かな!


by かねごん

居心地のいい場所 その2

桜が咲き始めました。
今日午前中、工業会の打ち合わせで銀座方面に行ったのですが、ちょうど新橋演舞場の前、首都高速道の脇の桜が2分ほど咲いていました。
鎌倉の桜も咲き始めたとのニュースが流れていました。
今週末くらいが見ごろになるでしょうか?
比較的暖かい日が続きそうなので、一気に咲くかもしれませんね。


<居心地のいい場所>
鎌倉を回った後に、最後によるお寺が妙本寺です。
20080325.jpg
2001年12月21日撮影

鎌倉駅の近くなのですが、いつも人の多い小町通りや 段葛から道一本外れただけで、休日でも静かな時間が流れています。
比企一族の墓がある境内は、桜、山桜、そしてその後に咲く濃いピンクの海棠が見事です。
写真では雨の境内で人もいません。
花の時期はさすがに人も多いですが、普段は人も少なくのんびり出来るお寺です。
いつもお参りした後に失礼して、本堂の階段に腰をおろし、しばらくボーッとしています。
似た人もいるもので、本堂の回廊でごろっとしている人も時々います。

自分的には、贅沢な時間だと思っています。
今週末、行ってこようかなぁ

by かねごん

居心地のいい場所

自分の家以外で居心地のいい場所ってありますか?
私はいくつかありますので、紹介してみます。

その一つに稲村ケ崎があります。
稲村ケ崎は新田義貞が鎌倉攻めの際に、陸路のない稲村ケ崎を超えるために黄金の太刀を海中に投げ込んだところ、
潮が引き砂浜が現れ、これを突破して鎌倉に攻め入ることができたという場所です。

私は何かに行き詰った時、カメラも持たずに一人ただボーッと海をながめに行きます。
稲村ケ崎下の海岸は風と波の音が気持ちよく感じられる場所で、天気の良い日には遠く富士山も見ることができます。

たぶん少なくとも1-2時間はそこにいると思います。
どうという結論が出るわけじゃありませんが、モヤモヤや何か引っかかっていたものが消えてスッキリした気分になります。
これも一種のストレス解消なんでしょうね?

20080324.jpg

2001年11月撮影

いつもは昼間に行く場所なのですが、ある日鎌倉から江ノ島まで、海岸を歩いた時にちょうど稲村ケ崎で日没となり
夕焼けに江ノ島が、そしてその向こうに遠く富士山がシルエットで浮かびあがっていました。


by かねごん

パリの華  大規模修繕中

私が住むマンションは今、大規模修繕工事中で、建物のベランダ側全体に足場が組まれ、さらにネットが張られています。
外装のヒビを直したり、壁面の再塗装をしたり、古くなったシーリングを交換したりと、工事は数か月に及びます。
この間、ベランダに置いてある物はエアコンの室外機以外は置くことができず、家の中に入れなくてはなりません。
また工事のない週末以外は洗濯物もベランダに干すことはできません。

とにかく、居間にはベランダに置かれていたものが陣取り、大量の洗濯物が室内の干されるのですから、うっとうしいこと
この上ありません。
まぁ、このおかげでより長く、安全に住むことができる訳ですから、あまり文句を言ってはいけませんね。
ひとつ我が家で私だけが受けるご利益が、花粉のこの時期に工事となったことで、部屋の中への花粉の侵入や、洗濯物への
花粉の付着が極めて少ないことです。ホント!!

一戸建てを持てば、年月が経って建物が傷めば個人で修理しなくてはならず、その費用もバカになりません。
マンションの場合は、あらかじめ修繕費を積み立てることによって、一時出費がないようにしているので、その辺は
非常に助かりますね。


<パリの華>
パリには出張で3回行っただけです。
昨年行った3回目は、交通ゼネスト直後やラグビーのワールドカップと時期が重なり、ホテルは郊外しか取れず、
しかも高額、地下鉄移動で仕事だけして次の目的地に向かったので、街中を見ることもできませんでした。

20080323.jpg

1998年9月パリにて

初めて行ったパリでの写真です。
パリの華と言えば、パリジェンヌ・・・ですが、私にはこの老人がパリの華に映ったのを覚えています。
セーヌ川に浮かぶ開店準備中の船上レストランで、一人椅子にくつろぐ老人・・・
そして準備中にもかかわらず、気さくに老人と談笑する従業員。

人に言うほど多く海外に行っているわけではありませんが、こんな光景に出合ったのはパリだけでした。


by かねごん

大原雪景色 その6 次回挑戦

入院していた家内のお母さんが無事退院しました。
ある程度定期的に処置が必要な病気なので、本人も仕方ないと割り切っているようですが、やはり入院というのは
周りもいろいろな面で大変です。
誰でも歳をとれば、多かれ少なかれガタが出てくるのは仕方ないことです。
自分も節操のない生活ばかりなので、少しは気をつけないとね!


<次回挑戦>
雪の三千院を堪能しているうちに、気温がどんどん上がってしまいました。
羽毛のような雪は、見る間に融けてしまいます。
宝泉院に行くと、楓の細い枝の雪はほとんどが落ちた後でしたが、額縁の中の五葉の松は変わらず見事でした。

20080322a.jpg

まぁ、三千院で十分に楽しませてもらったので仕方ないですね。
でもどこかで聞いた『ニッポンのハイビジョンは2:1・・・』という言葉・・・確かにその通りです。

8時半過ぎに三千院に入って、宝泉院を出る頃はもう昼近くになっていました。
昼食を取って、寂光院にお参りして戻りましたが、来年かいつになるかわかりませんが、また雪の大原に挑戦したいですね。


そんな訳で、大原雪景色はおしまいです。
またあちこちで拾った写真など紹介しますので、お付き合いください。


<奈々、5カ月の誕生日>
奈々が今日で生まれて5カ月になりました。
体重は3.6kg、前歯は永久歯が生えてきました。

20080322b.jpg

まだお散歩に慣れないようで、音のするものにはビクビクしていますが、とても元気です。
相変わらず、気は強い子なので、甘やかさずしっかり躾けてゆきたいと思います。

by かねごん

大原雪景色 その5 雪のレフ板

飛び石連休ということもあって、今日はフロアの約半分が休暇・・・
私の会社は休暇が基本的に自由に設定できるフレックス休暇制のため、こういう時は結構まとめて休む人がいます。
まぁ、他の会社や社内の他部門でも同じなようで、通勤電車はすいているし、電話もメールも少なく、こういう日に
出勤すると自分の仕事が思いきりはかどり、遅れを取り戻すには最高でした。


<雪のレフ板>
普段は宸殿から見る往生極楽院の写真が有名ですが、阿弥陀さまに失礼して正面から撮らせていただきました。

20080321.jpg

Blogの写真ではよくわからないかもしれませんが、普段は陰になってほとんど写らない内部が、雪のレフ板のおかげで
阿弥陀さままでもうっすら写っています。
それにしても張り出した小枝や石灯籠にふんわりと積もった雪が見事でした。

by かねごん
次のページ

FC2Ad