道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

応仁の乱勃発の地

昨夜10時過ぎ、俗世に戻ってきました。

昨日の京都、暑かったです。
着ていたパーカーを脱いでTシャツにちょっと薄手の長袖シャツで十分。
しかも熊本に行く前から「この1週間は寒い」という予報だったので、アウターパンツも暖パン1枚
だったので、脚も暑い。

まぁ、よく晴れたので、それはもちろん気持ち良かったです。

はじめは「東山の方から少し紅葉も見て・・・」なんて思っていたのですが、あの人混みを思い出して
やはり「路歩き」に方針変更。

ちょっと地図を見て、変わった名前の歩いたことのない路を歩いて見ようと「智恵光院通」から「日暮通」
に行ってみようと地下鉄の鞍馬口で下車。
ちょうど地上に出たところにあった、周辺地図を見ると・・・ん・・・

20171129a.jpg

「応仁の乱勃発地」
歴史苦手の私でも、11年も続いて京都を焼き野原にした(合ってる?)応仁の乱くらいは知っています。

ちょっと興味をそそられて行ってみるとそこには「御霊神社」がありました。

20171129b.jpg

説明書きでは平安時代に朝廷から庶民に至るまで信仰を集めた御霊信仰と言うのがあって、特に御所の
守護神として皇室の崇敬が厚く、皇室からの寄付品を多く蔵しているとのこと。

20171129c.jpg

確かに舞殿には、玄武、青龍、白虎、朱雀の四神の旗が立てられていました。

20171129d.jpg

写真ではわかりにくいですが、本殿の両脇には錦の御旗も立てられて、皇室とのつながりがわかります。
そんな信仰の地で、応仁の乱は始まった。

20171129e.jpg

鳥居の脇にあった応仁の乱勃発の地の説明書き。
550年前の出来事なんですね。

南側には相国寺がありますが、辺りは今は普通の住宅街。
昔はどんな土地だったんでしょうねぇ。
戦が始まるということはそれなりの広い土地もあったっということ?
いろいろ妄想が湧く場所でした。

by かねごん

囲まれた!

大阪で仕事の後、一度ホテルに戻るのも時間がもったいないので、直接東寺に行ってみました。

観光バスが何台も入って、ここも結構な人出です。
いつもと同じように立体曼荼羅を拝観して、庭を歩いてみましたが、紅葉は一部散り始めって感じでした。

20171127a.jpg

西に傾き始めた太陽で、ちょっと逆光ですが、その分モミジの色は鮮やかに撮れます。

20171127b.jpg

風もなかったので、東の水路ではこんな景色も。

いろいろ構図変えたり露出変えたりして撮っていたら、「あらきれい!」「素敵ねぇ!」とオバチャン達に
囲まれてしまい、「シャッター押してくださる?」と・・・。

今日はコンデジだったので、良かったですが、大きなデジイチ持ってると「プロにお願いしましょうよ」
とお世辞を欠かさないオバチャンも・・・プロ? 違うっちゅうの!!!


さて明日は適当に街歩きして、いつもと同じく夕方に京都を発って、帰ります。
慣れない狭い部屋で荷物の整理、ちょっと手間がかかりそうです。

by かねごん

なんじゃこりゃ!

今朝の熊本は雨。
昨日まで雲の多い日ばかりでしたが、雨には降られることもなく、結果オーライでした。

で、午後2時前に京都に着いて、ホテルに荷物を預けて、「いざ昼飯!」と駅前に出ると「なんじゃこりゃ??」

あの、今までに見たことないくらいの人・人・人。
元京都人の友人から、この飛び石連休の初日23日に、京阪電車が紅葉見物の客が多すぎて、列車遅延まで起きた
と言うメールはもらっていましたが、これは・・・日曜だけに帰る人で新幹線も遅れそう???

駅の外、しかも裏側の八条口で・・・普通に歩けないし、食事処もどこも見たことない大行列。
ここで食べるなんて無理!

怖いもの見たさに、駅の表側(塩小路)に出てみたら、地下商店街&レストランのPortaも人でいっぱい。
結局昼飯は、ちょっと歩いた七条通の先の中華に入って事なきを得ましたが、自分で言うのもなんですが、こんな時、
ちょっとでも土地勘があるって、大切だなって実感しました。


昼食を取ったあとは、人混みを避けて買い物・・・なんですが、それでも四条の方へ行かなくちゃならない辛さ。
しかも目的の店は商店が並ぶ寺町通。
ここは一駅先の烏丸御池で降りて、人混みを避けることができました。

一保堂さんでお茶を買って、しかも今回はアウトローな、でもおいしいお茶の入れ方を教わって、鳩居堂さんで
特別な人用の年賀はがきを買ってフラフラと、足は普段この時間には入らない錦市場へ。
そこでのお目当てのお店が、

20171126a.jpg

京丹波さんで売っている「焼ポン」という焼き栗。
今までさんざん店の前は歩いていても、試食すらしたことが無かった栗。
9月にウィーンで小粒のを食べて以来、気になっていたんですが、大きさはウィーンの3倍は優にある大きさ。
ゴルフボールを一回り小さくしたくらいの大きさがあります。
焼きたてを試食させてもらうと「フワッ」と口いっぱいに広がる栗の香りと優しい甘さが・・・ンまいっ!!
ホクホクと言うよりも、ちょっとしっとり感もあるような?

不思議なのが、食べたあとも唾液腺が止まらない・・・

20171126b.jpg

で、今、ホテルにいる自分の前にも・・・買ってきちゃいました。
一番小さな270gの袋。

20171126c.jpg

あらかじめ包丁が入れてあるので、とても食べやすいです。

明日は朝から大阪で昼過ぎまで仕事で、その準備もしなきゃいけないし、洗濯もあるので、夕飯はデパ地下の弁当で
済ませたんですが、その後もこれが止まらないです。
この記事を書きながらも・・・

もう10個は食べたかも・・・ちょっとヤバい。


今回はいつものホテルじゃないので、部屋も狭く、荷物の置き場も無いのでずいぶん勝手が違います。
明日もそうですが、要領よく荷物の準備をしておきましょう。

by かねごん

俗世に帰る

夜10時過ぎ、また俗世に戻ってまいりました。
今日は湿度も高く、また一段と暑い日でしたね。

そして予定通り、一日京都鉄博で遊んでました。
と言っても、これ、一日じゃ見切れないです。

ちょうど汽車にも乗ったことがあって、東海道新幹線の開通も知っている、私らの世代には
鉄道好きじゃなくても「ああ、あったよね」で通じる世界。

機械好きの人間(私もその一人)には、この鉄の生き物がたまらない。

20170530a.jpg

歴代の特急列車を前に、自分も「全部乗ってます」

外の機関庫に行けば、ずらり並んだ汽車がお出迎え。

20170530b.jpg

一両ずつ見始めると、もういくら時間があっても足りません。

20170530c.jpg

ナメクジと呼ばれたD51の初号機も。

で、4時間半近くいたんですけど、半分見たのかな?
自分の見るペースだとここ、もう2回は来ないと・・・満足できないかもしれません(笑)


で、ホテルで荷物を引き取って、ちょっと早めに伊丹空港へ。
もちろんヒコーキの写真が目当てです。

なんてしたら「お暇な主婦の日常」のりらさんが「今日は休みだし、近くだから」とチャリ
飛ばして来てくれました。
りらさんにお会いするの、3年半ぶりの2回目。
お互い「顔、覚えてるかな~っ」・・・でも大丈夫でした。

りらさんの伊丹空港展望デッキの撮影場所(ってかお手振り場所?)教えていただき移動。
そこで目の前にいるANA機のプッシュバックが始まった瞬間、りらさんお手振りモード。

20170530d.jpg

20170530e.jpg

始め横に手を振っていた機長もこちらに気づき、続いてコーパイも。
「私に返しているのかわからないけど」と言ってましたが、いやいや手を振っているのは
りらさん、あなたしかいないでしょ(笑) でもこれ・・・楽しい。

短い時間でしたが、楽しい時間、過ごさせていただきました。


さて、明日から俗世で仕事です。
朝しっかり起きられるように・・・寝ます!

by かねごん

宇治で・・・

京都に毎年通い始めて15年・・・かな?

今日はこの15年で行ったことのない、宇治に行ってみました。

宇治に行ったのは25年以上前だと思うんですけど、奥さんの家の法事で奥さんの両親と一緒に車で
福山に行って、その帰りに宇治に一泊して以来。

やはりお決まりコースで、先ず平等院に。

20170527a.jpg

3年前に外装の修理が終わって、創建当時の鮮やかさが戻った鳳凰堂。

以前の方がどっしりしていて、歴史を感じさせる状態の方が良かったとか、意見はいろいろあるよう
ですが、そこはいろいろな意見があるのは仕方ないですね。

でもこの姿から、その当時を妄想する楽しみもあるのは確かです。

週末だし、すごい混雑かと思ったらそんなでもなかったです。
むしろ三十三間堂や清水寺の方がはるかに混んでいると思います。
季節柄、修学旅行の学生はいますけど、彼らは長居はしないので、あまり気になりません。

平等院のあとは、宇治神社、宇治上神社をお参りして、三室戸寺(みむろとじ)へ。

20170527b.jpg

階段を登り切った先には、江戸時代に建てられたという二層造りの立派な本堂が現れます。

ここ、初めて来たんですが、なんか広々して居心地が良いいお寺さんでした。

まだ花は咲いていませんでしたが、本堂に向かう途中には広大な庭園があって、6月にはアジサイが
咲き乱れるそうです。

このあとまた平等院の近くまで戻って、最後に寄ったのがここ。

20170527c.jpg

松阪屋嘉八本店

ここも25年以上前に寄ったお茶の老舗で、ここのご主人にお茶を入れる際の「湯冷まし」の大切さを
「茶葉が褐色になるのは、お湯の温度が高過ぎて茶葉が煮えているから」「お煎茶も4~5煎めまで
入れることができる」などと教えていただいたお店です。

ちょうど新茶の季節、当時のことや相模原にも移動で出店されていたことなどを話し、新茶をお願い
しようとしたら、ご主人が茶葉を出しながら「飲んでいきますか?」と店内で試飲させてくれました。

店の間に腰を下ろし、先ず茶葉を1片、そのまま口に入れてしばらくすると、何とも言えない爽やかな
甘味が口の中に広がってきます。

まさに「甘露」

そして淹れていただいたお茶。
口に含んで転がすと、京都のお茶らしい、さらっとした口当たりと甘味の中にわずかな渋み、そして
新茶の独特の香りが口の中いっぱいに広がって、飲み込むのがもったいないくらい。

この味、しっかり覚えて、家で淹れるときの目標ですっ。

いつもは一保堂さんでお茶を買っていますが、こうして1対1でお話ししながらお茶を買うことは
なかなかできません。(たまにできますけど)

結局4煎目まで、お茶談義しながら、素敵な時間を楽しませていただきました。

by かねごん

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

焦ったぁ!

朝、ホテルを出て京阪電車で天満橋に向かおうと、七条駅に着いたら、

「寝屋川市駅で人身事故のため運転を見合わせ中」

ゲッ!
ホテル出る前のテレビの交通情報では正常運転だったのに、その直後に事故が起きたらしいです。

自分、10時から天満橋で講義をしなきゃいけないんで、慌ててJR京都駅に引き返して、大阪から
地下鉄を乗り継いで何とか開始15分前に到着。

もうワイシャツは汗でビショビショだし、カッコ悪いけど、受講生が待っているのにそんなこと
言ってられないですからね。

いつも30~40分前には現地に着くように、早めに動いていたのがラッキー。
とにかく受講生に迷惑かけることなく、間に合ってよかったです。



さて夜には昔、工業会で一緒だったある会社の方と2年半ぶり??の再会で、昨年友人に教えて
もらった鴨川の納涼床で夕食。

ある会社の方と言っても、自分の昔の会社とは同業他社。
でも技術領域では同じ工業会の中で、お互い今でも(彼はまだ現役で)頑張っている仲。
彼も関西ではいろいろ講義をしているので、雑多な話はもちろんしてるんですが、自然と話題は
講義の話や次の(講義を担当する)世代の心配等々、2時間半余りいろいろ語りました。

で、お互い話に花が咲いたのは良かったんですけど、今日の京都、日中の暑さと打って変わって
夕方からは北東の風が強く、気温もずいぶん下がって、外での食事はマジ寒いし料理も冷える。

小一時間で店にお願いして席を店内に移させてもらい、やっと落ち着くことができました。

20170526.jpg

帰り道、七条大橋から見た京都のローソク「京都タワー」

以前と比べると、照明の色が少し色が変わったような・・・
LED照明にでもなったのかな?

by かねごん

俗世を離れて・・・

俗世を離れて夜9時半すぎ、京都に到着しました。

ホントは9時前に着くはずだったんですけどね、伊丹空港から京都に来るのに名神高速が工事で
通行止めとかで遠回り。

10時過ぎて遅い夕飯を食べに出ても、もうどこの店もCLOSED!
結局コンビニ弁当なんて、寂しい結果になってしまいました><



京都に着いて驚いたのが、駅の八条口のロータリーがこの半年でずいぶんきれいになったこと。

20170525.jpg

観光バスの発着スペースも拡充して、ずいぶん整備されて使いやすくなりそうです。

ホテルで聞いたらこれだけではなく、ホテルも新しく4件ほど建つ計画があるそうで、まだまだ
京都駅周辺も変わっていきそうですね。

さて明日は午前中、大阪でひと仕事して、それからはホントに非日常を楽しみます。

で、明日に備えて今日はこれまでっ!

by かねごん


来週の今頃は・・・

ふと気づいたら来週の今頃は京都です。

木曜日の夜に京都に入って、金曜日は午前中大阪の天満橋で一仕事して、そのあと土曜日から
火曜日までの4日間、俗世を離れてまた京都をフラフラしに行ってきます。

今回はいつものような行き当たりばったりの路歩き・・(それが主ですが)だけじゃなくて、
自分にしては珍しく、ちょっと京都を離れて行ってみたい場所もあるんです。
天気が良くて、何とかそこも行けたらいいなぁ・・・と。

去年と同様、新緑がきれいな時期なんで、今から楽しみです。

20170518a.jpg

2016年5月29日 常寂光寺にて

20170518b.jpg

2016年5月29日 祇王院にて

紅葉の季節は人でいっぱいの常寂光寺も祇王寺も、去年はほとんど貸し切りでした。
(渡月橋や竹林は相変わらずでしたが・・・)

写真撮るのも一旦忘れて、ボケーッとこの空気の中に身を置く贅沢!
紅葉もいいけど、やっぱり新緑の方が目に優しいし、落ち着きます。

今年はどうなるでしょう。


さて、明日は休暇を取ってこの時期送られてくる税金の支払いや手続き等々。
そしてお寺さんからは祖母の27回忌の連絡も来てるし。

諸々をやっつけちゃいましょう。

by かねごん

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

ママチャリ  新町通-最終回

昨日の春一番で「来るな?」と思っていたら、案の定来ました。

「花粉」

今年は少なめだそうで、1月半ばから薬は飲んでいたんですけど、鼻じゃなくて目に来ました。
これからは洗眼&目薬の出番です。

そしてそんなに程度はひどくないですけど、鼻にも来るんで、マスクも必需品。
何年か前にSARSが流行った時に、何箱も買いだめしてたんですけど、それも残り少なくなって
きたんで、これもまた買い足ししとかないといけないです。


ところで昨夜奥さんから「自転車のブレーキが効かなくなった」と話があって、今朝早速点検。
乗っているママチャリは、もう10年超の長寿選手。

調べてみたら後輪のローラーブレーキが調整の限界を超えていて、さすがにこれは修理不能!
前輪のブレーキだけじゃ万一の時に転倒しやすいです。
パートに通うのにほぼ毎日使うものなので、予定を急きょ変更して近くの自転車屋を回って
適当な額の自転車を物色しに・・・

別に電動アシストも変速ギアも要らなってことで、予算は2万円以下。

ママチャリも長く使うモノなので、気に入った色とかを探し、3件ほど回って気に入ったのが
見つかりました。


<新町通を歩く-最終回>

紫明通を過ぎるとさすがに街並みも新しく、真新しい高校もあったりして、なんかこっちの方が
開けている街の感じすらある新町通。

20170218a.jpg

北大路新町にて

ビルもそこそこ大きいのが建っているし、町家も少なくなってますね。
被写体に困りながらしばらく歩くとそこはもう玄以通とのドン突き、新町通の北の端でした。

20170218b.jpg

この丁字路で新町通歩きはおしまい。
玄以通の右への上り坂はすぐに賀茂川の土手に続きます。

20170218c.jpg

上りきったところが土手の上になる上賀茂橋西詰。
川の向こうには北山の峰々が連なっています。

20170218d.jpg

上賀茂橋から下流を見ると、広々としたのどかな風景が広がっていました。

ここまでのんびり歩いてちょうど3時間ほど。

20170218e.jpg

川の東側でしばらく休んで、ちょうど橋のたもとにあった「楽庵」さんでお昼。
お店の奥さんにこの辺の話をいろいろ話を聞かせていただいて「実は京都駅から新町通を歩いて
来ました」と話をしたら「え~っ、うちらでもそんな歩いたことない」と驚かれてしまいました。

曇り空がちょっと残念でしたけど、楽しく歩くことができたし、楽庵さんの奥さんとの会話も
楽しく、まさに一期一会。
いい路歩きでした。

by かねごん

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

国立博物館  新町通-11

今日は先日の出張中の休日出勤扱い分の代休。

春一番だそうで、春のような暖かな気温と猛烈な南風の中、上野の国立博物館で開かれている
「春日大社 特別展」を観に行ってきました。

この6日間限定で展示されている国宝の4領の鎧をはじめ、春日大社に奉納された宝物や歴史、
幸いにメチャ混みなんてことも無く、ゆっくりと見させていただきました。
たまにはカメラも持たず、こうした展示を観るのもいいもんですね。

このあとは、毎度のスポーツ用品の会社のバーゲンに行って帰ってきました。


<新町通を歩く-11>

同志社大学の先のクランクを過ぎると、新町通もまた狭い路に戻ります。

20170217a.jpg

20170217b.jpg

歩いているとまだ古い街並みも残っていて、こんな私好みの路地があったりして・・・

またこの辺りは、お寺も多い事に気が付きました。

20170217c.jpg

狭い路に突然こんな重厚な構えの門のお寺も現れたりして、ちょっとびっくりです。

そうこうして歩いていると、路は紫明通にぶつかります。

20170217d.jpg

明治中頃までの新町通は、この南の鞍馬通までだったのが、市街地の拡大で延長されたそうで
そうするとこの先は、明治以降の新しい新町通・・・ってことですね。

20170217e.jpg

紫明通は中央分離帯が遊歩道になっていて、元は琵琶湖疎水の分線の一部だったそうです。
遊歩道の中は意外に広く、散策路のようになって、この時期はイチョウの黄葉がみごとでした。


さて、せっかくの3連休ですけど、出歩くのは今日だけ。
明日・明後日は奥さんと買い物に行ったり実家に行って探し物があったり、内職も・・・><

ま、たぶん来週も金曜日が休みなので、楽しみは後に取っておきましょう。

by かねごん

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

次のページ

FC2Ad