道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

珍しい記録

今日も一日雨。

東京は8月に入って16日連続で雨が降っているそうで、40年ぶりとか、かなり珍しいそうです。
昼も23℃と、半袖シャツで外に出ると、ちょっと肌寒いほど。

この天気も今日までで、明日からは晴れ間が戻ってくるそうですが、この天気ですでに野菜は値上がり。
キャベツはもう3倍に値上がりしているところもあるとか。

夏なんですからねぇ、やっぱり晴れて、暑くなってほしいです。



さて、昨日の厚木基地、離陸を撮っていた機体が1時間ちょっとで戻ってきてしまいました。
まとめて戻ってきたので、何かの不具合じゃなく、天候の影響とか何かでしょうか?

20170816a.jpg

昨日の3枚目の写真の「ROYAL MACES」の200号機。

そうする内に来たのが同じ「ROYAL MACES」の207号機
昨日の4枚目、5枚目の後ろ側の機体です。

20170816b.jpg

あらためて気づいたのが燃料タンク5本満載でした。
先に飛んだ214号機も同じですが、これは他の機体へ空中給油をする役割を持った装備ですね。

20170816c.jpg

白いベイパーを引きながら着陸していきました。


オマケですが、昨日の写真、水平角の補正以外は何もしていないので、ちょっと物足りない感じでした。
で、4枚目、5枚目をもう少し作品っぽくトリミングしてみました。

20170816d.jpg


20170816e.jpg

自分で言うのもなんですが、やっぱり迫力出ますねぇ。

職場のPCの壁紙にしよ(笑)

by かねごん

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

厚木基地、雨天強行

一昨日、家族でのドライブ中止を早々に決めたことで、ドライブ⇒「早起き」という緊張の糸がプッツン。
昨日は家族全員しっかり朝寝して、目が覚めたら10時過ぎになってたです(笑)
で、まったりと昼間を過ごして、夜は家族でホテルのブッフェディナーで食事してきました。


さて、連休の最後は朝から霧雨模様。
それでも今朝、厚木基地から何機か戦闘機が飛び立ったり、このところ「厚木に飛行機が戻ってきている」
とかの情報もあって、「今日行くっきゃねぇ!!」と、厚木基地のそばの公園に出かけてきました。

ちょうど出かけた昼頃は雨も本降り。
飛行機の音も聞こえないので、車の中で雨雲レーダーを見ながら時間をつぶしていると、30分ほどで雨雲の
切れ間となって、雨がやみ、それと同時に・・・動き出しました。

20170815a.jpg


20170815b.jpg


20170815c.jpg


20170815d.jpg

次から次にアフターバーナー全開で10機ほど飛び立っていきました。

高温の排気ガスで景色が波ガラスのよう、そして湿度が高いので翼端からきれいなベイパーが伸びています。
最後は2機並んで滑走路に入って、続けて離陸。

20170815e.jpg

撮り逃がしたのも入れると10機くらい上がったでしょうか?

この後、自衛隊の対潜哨戒機P-1も上がったんですが、また雨が強くなってきたので車で待機.。
しばらくすると今度は天気の影響か、なんとさっき上がった機体が戻ってきました。

その辺はまた明日。

by かねごん

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

やっちゃった><

朝、ハッと気が付いたら10時40分!

アチャ~ッ!!!><
今日は厚木基地の春祭りで、7時半前には家を出るつもりだったのが・・・

一昨日までは期初ってこともあって、飛び込みの仕事もなかったのが、昨日は飛び込み
仕事が連続して、帰ってきたのが12時近く。
それからバッテリー充電したり準備して寝たのは2時半過ぎ。

起きられない時間じゃなかったんですけど、どうもお疲れだったみたいです><

毎度のことですけど厚木基地の入場はセキュリティが厳しくて、パスポートや住基カード
といった日本人であることの証明ができるモノが必要で、しかもゲートでは空港の金属
探知ゲートみたいなのが据え付けられるほど。

入場も、いつも会場前に行っても1時間半待ちは当たり前。
「この時間から行っても・・・入れるのは2時過ぎか?」
う・う・う・・・明日は家族で出かける予定もあるので、今回はパスすることにしました。


悔しいから去年の写真(笑)

20170429a.jpg

すごいのは、基本的にすべての機体に実際に手で触れることができること。
エンジンや脚の収納部をのぞいたり、ウエポンベイに触れたり、それをクローズアップで
写真に撮ったりと大サービスです。

20170429b.jpg

戦闘機の翼の日陰で一休みだってアリ!

20170429c.jpg

近くに寄れるから写真を撮る側も、より自由なアングルで撮ることができます。


そんなわけで今日はいじけて実家で洗車してました。
まぁ、来年は寝過ごさないようにして、出撃しましょう。

by かねごん

ちょっとこだわり撮影

この週末は、ちょっとした買い物以外は出かけるのをあきらめて内職に専念することに。

お出かけは来週末、ちょうど振り替え休日を金曜日に入れているので4連休(^^♪

3日からは青山公園でドイツフェスも始まるし、天気を期待しましょう。



なわけで、特に今日の記事はないので浜松の最終回・・・かな?

飛んでいり機体を撮る時は、ISO感度200、シャッター1/1000秒、絞りF/8~11で固定です。
今回展示されている機体の撮影は、露出を意図的にアンダーにして、その分機体表面の質感
を出すようにしてみました。

先ずはF2戦闘機

20161029a.jpg

正面から400mmでシンメトリックに狙ってみました。

フォーカスはHUD(ヘッドアップディスプレイ)のガラス板。
こうして見ると、バブルキャノピーの形がよくわかります。
横にキャノピーが張り出した分、パイロットはより広い視界を確保することができます。

20161029b.jpg

コックピットをハーネスの飛行前取り外しの赤テープにフォーカス。
オリジナルを等倍で見るとハーネスの繊維の質感がわかりますが、縮小版ではどうかな?
(いつもより大きなサイズにはしてありますが・・・)

20161029c.jpg

こちらはT4練習機の後席に乗るために設けられたエアインテーク上の滑り止め。
前部のNO STEP部分との表面の違いがよくわかります。

20161029d.jpg

F15戦闘機
パイロット名がシルエットで浮かぶように撮ってみました。

20161029e.jpg


20161029f.jpg

この2枚はF4戦闘機です。
上の写真では一見直線に見えるキャノピーと機体のラインが、実は複雑な曲線で構成されている
のがわかりますね。

そして下の写真ではシールドガラスとフレームの間に盛られた気密性を保つためのパティの
盛り上がりと、フレームにびっしり止められたネジ。
F2やT4、F15と全く違うのはやはり時代の差でしょうか?

まぁこんな感じです。
私の場合RAW現像ではなく、JPEG撮って出しが基本なので、リバーサルフィルムの時と同様に
露出の違いがそのまま出てしまいますが、今回は比較的よかった方かな?


また今日の写真とは違いますが、今回浜松に初参戦したα6000。
70-300mmのレンズをレンタルして付けていたんですけど、コイツのAFがなかなか優れもので、
11コマ/秒なんて高速コマ数にもかかわらず、しっかりAFが追従してくるのには驚きました。
ただバッファに余裕がないので約4秒ちょっと(40数コマ)でバッファがいっぱいになって
しまうのがたまにキズ。
連写するときは、タイミングを計る必要がありますが、こんな撮影でも結構使えそうです。


by かねごん

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

寒いっ  小松のF15

今日は以前の出張で休日出発・休日帰国した時の振り替え休日。

平日の休みなんてなかなかないので、どこかに出かけようかと思ったら昼前から無情の雨。
しかも寒い!

結局昼を食べに町田に出て、ヨドバシカメラふらついて帰ってきました。

今日は日中も15℃くらいで11月下旬の寒さだったとか。
半袖ポロシャツに長袖のアウター着て出たんですけど、それでも十分寒かったです。

そろそろ衣類の入れ替えやらないといけない時期ですかね。



さて、浜松基地の写真、第5弾

小松基地から飛来したF15戦闘機の起動飛行。

20161028a.jpg

2機で飛来して、先ずはごあいさつで左右にブレイク。

20161028b.jpg

そのあとはそれぞれで起動飛行。
こうして背中から見ると、テニスコートとも言われる主翼の広さがわかります。

20161028c.jpg

ほとんど真逆光で真上をすり抜けた後は急旋回。

20161028d.jpg

エアブレーキを開きつつもアフターバーナーバリバリでのターン。

20161028e.jpg

そしてハイレートクライム(急上昇)に向かって機首の引き起こし。

今回は割と時間をかけて暴れてくれた方かな?

この後は今回ちょっとこだわった展示機のパーツの写真を紹介します。

by かねごん

電車遅延

今日はいつもより小一時間遅く出社しようとしたら、途中「人身事故」で運転見合わせ。

止まった駅が他の路線に乗換えできる駅じゃなく、座っていたのでそのまま寝ることに。
1時間ほどして動き出しても当然ノロノロ。

結局出勤したのは2時間半遅れの10時半近くになってました。

いつもの8時出社だったら巻き込まれなかったのに・・・こういう時に限って><



さて、浜松基地の写真の続き。

基地祭では展示機だけでなく、他の基地から飛行展示に来る機体もいくつかあります。

20161026a.jpg

岐阜基地から飛んで来たF2戦闘機。

厳密にいうとF2の試作2号機(XF-2A)ですね。
垂直尾翼のマークから飛行開発実験団の所属であることがわかります。

20161026b.jpg

実験機なので機体や主翼にハードポイント(ミサイルなどを取り付ける場所)がなく、
つるっとしたお腹してますね。

20161026c.jpg

そしてこの機体の色、ブルーインパルスと同様、青空に映えますね。

戦闘機の展示飛行は急旋回、急上昇など派手な動きを見せてくれます。
ブルーインパルスと違って、次にどう動くかわからないので、重い望遠レンズを付けた
カメラで機体を追いかけるはなかなか大変です。


さて、今日はこれから母の食事当番、行ってきま~っす。

by かねごん

広角でブルー

予定通り今日は内職><

まぁ、これをできるだけ片付けないと、あとでゆっくり遊べないんでね。
とりあえず今日は急ぎの分の3分の1ほどやっつけました。


さて今回は済州島の話はもうネタがないのでおしまいにして、先週のブルーインパルス。
写真の整理もまだ十分じゃないので、大きく空を使った演技から。

20161023a.jpg

バーティカルキューピッド

2機が対象にハートを描いて、その中を1機がスモークの矢で貫く演技。
円と違って、左右対象にハートを描くのはなかなか難しいそうです。

20161023b.jpg

さくら

6機で空に大きな桜を描きます。
それぞれの輪がしっかりつながって、ホントにきれいです。

これにもう一つ空に☆を描く、スタークロスというのもあるんですが、今回は中止でした。

どれも大きく空を使う演技なので、広角レンズじゃないと画面に収まりません。
上の2枚は初めて、20mmを使って撮ってみたんですが、これでちょうどいい感じですね。

風が強かったのでスモークがちょっと乱れてしまったのはちょっと残念でした。


さて明日からまた仕事ですねっ!
出張の片付けもあるし、溜まったメールもあるし、火曜日は委員会でその準備も。
しっかり順番つけて片付けましょう。

by かねごん

新演目

明後日からの出張のプレゼン資料作ってたら帰りが遅くなっちゃいました。
でも明日一日、余計な飛び込みが一つくらい入っても、なんとか完成できるレベルまでになったので
ちょっと余裕が出てきました。

それはさておき、今日は朝から雨。
いやぁ一日違いでよかったです。


で、昨日の写真からブルーインパルスの新演目「フェニックスループ」と「フェニックスローパス」を
何はともあれアップしておきます。

     20161017a.jpg

フェニックスが羽を広げたような隊形で大きなループを描く「フェニックスループ」
6番機がフェニックスの尾を表しています。

20161017b.jpg

そして演技全体の最後を飾ったのがこの「フェニックスローパス」

実は昨日、結構風が強く、また雲も出始めたため、演目に一部変更があり、快晴無風の時に行われる
第一区分から雲が低い時用の高さを使った演技の少ない第三区分を混ぜた形で行われました。

風を考慮して、2機が交差するクロス系の演技は、安全面から互いの距離を確保して行われたので、
これはちょっと残念でしたが、まぁ十分に楽しませていただきました。

やっぱりねぇ、ブルーインパルスって、オッサンが見てもカッチョイイですよ!!

by かねごん

全身バリバリ浜松基地

夜9時過ぎ、浜松基地から帰ってきました。

最後のブルーインパルスの演技の頃、ちょっと雲が出てき始めましたが、まずますの天気に恵まれて、
絶好の航空祭日和。
おかげでしっかり日焼けして帰ってきました。

まだとりあえず、カメラからデータをパソコンに移しただけなんで、出来栄えはわかりませんけど、
先ずはちょっと目立った、かなりマニアック???な1枚。


20161016.jpg

ほぼ真横から朝陽が当たって左右の光の陰影が目立った早期警戒管制機、E-767を正面から1枚。
今回はこんな風に展示機体はその一部をちょっと切り取る感じで撮ったのが多くあります。
ま、ゆっくり整理して紹介します。


で、今日は久しぶりに総重量が約5kgにもなる200-400mm F4なんてバズーカレンズを付けたシステムを
メインに振り回していたので、手は握力が無くなるし、腕、肩、首、背中、腰、そして1日中立って
いたんでふくらはぎに太ももまで、もう全身の筋肉がバリバリです。

風呂でしっかりストレッチしてから寝ないと、ヤバいことになりそう・・・です><

by かねごん

砕氷船「しらせ」

連日の34℃超え、夏人間の私的には「これでなくちゃ」なんですけどね。
汗をかくのさえ苦手な奥さんは、文句タラタラです。

さて、昨日の海上自衛隊横須賀基地(正しくは海上自衛隊横須地方賀総監部)の公開。
米軍横須賀基地の公開と並行して行われています。

米軍さんは基地の公開は一部だけで、見られる艦船も2隻ほど、夜には花火大会もあるそう
ですが、個人的には海自の方が好きかなぁ?

海自はJR横須賀駅からすぐってこともあって、とにかくアクセスがいいです。

簡単なチェックの後、正面の岸壁には目玉の「いずも」が!

20160807a.jpg

いずもを見るのは今回で3回目ですけど、全長248m、50m近い高さは何度見てもデカいです。

ただ今回、私の一番のお目当てはこちら。

20160807b.jpg

南極観測船「しらせ」です

遠目に見たことはあるんですけど、こうして間近に見て乗艦できるのは初めて。
説明によると南極観測船とも言われていますが、これは文部科学省での呼び方で、防衛省
では「砕氷艦」と呼ぶそうです。
南極地域観測隊の輸送や研究のための船なので、文部科学省の予算で建造されて、運用と
運行は海上自衛隊が行っているそうです。
(これは知らなかった)

基本的には砕氷機能を持った輸送艦なので、船体には貨物を入れる船倉があるし、貨物の
積み降ろしのクレーンが4基あったり、デッキにはコンテナを載せるラックがあったり。

デッキをぐるりと見た後はブリッジへ。

20160807c.jpg

思った以上に広々とした空間です。(天井はちょっと低めだけど)

視界も広く、ガラスには凍結防止の電気ヒータも埋め込まれているそうですが、嵐の時は
ワイパーを早くしても全く見えないそうです。

20160807d.jpg

ブリッジから見る船首。

南極では、ここに真っ白な世界が広がるんですね。

20160807e.jpg

乗員の居室。

二人で一部屋ですが、思ったよりもかなり広い部屋でした。
何よりも収納スペースが多く、良く考えられているなぁ・・・って感じます。

20160807f.jpg

乗員の方に教えていただいて、あらためて見に行った艦首部分。

分厚い氷にぶつかっても大丈夫なように、艦首部分一帯の外装が厚くなっていました。
氷の暑さが1.5mまでは自力で氷を割って進み、それ以上になると、一度200~300m後退して
それから全速で加速して氷に体当たりして砕くので、艦首部分は強化が必要なんだそうです。

更に氷を割りやすくするために、大量の水を撒く装置があったりと「砕氷船」であるが故の
多くの工夫が凝らされた船でした。

by かねごん


次のページ

FC2Ad