FC2ブログ

道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

抜歯

7月になっちゃいましたねぇ。
ホント時間が流れるのが早いっ!

そして今年は写真のアップ枚数も半年で300コマ超え!
多きゃいいってもんじゃないですけど、

さて、今日は左下の奥歯を抜歯してきました。
ずいぶん前に抜いた親知らずの手前の歯、実はその手前も抜いていて、ブリッジにしてたん
ですけど、もう20年以上も経っていて、抜いた歯に被せていた金属の中はボロボロになった
根っこしか残ってませんでした。

抜いた後、どうするかも問題ですねぇ。
保険で入れ歯を作るにしても、一番奥のは何で、金具をひっかける所が無くて、下あごの
内側を使った入れ歯とか、最近流行りのインプラントとか、選択肢はいくつかあるみたい。

皆それぞれ一長一短あるようなので、その辺も詳しく聴いて来たいと思います。

この他にも見た目は何ともなくても、レントゲンを撮るとヤバそうなのが2本。
とにかく昔に治療した歯なので、これも今後の治療でどうするのか見極めるようです。



<ストックホルム>
今回はスナップが多かったので、これで最後。

20190702a.jpg

最後の晩に行った地下レストラン。
前の記事で書いたように、1350年からあるという蔵を改装したレストラン。
キャンドルだけで料理の写真も満足に撮れない(色が出ない)ほどの暗さ。

20190702b.jpg

ISO6400でも1/4秒とかのSS。
料理を撮ろうとすると1/2秒・・・さすがに手振れ防止も限界です(笑)
店の雰囲気だけでもわかってください。
この暗さ、外に出たらまぶしかったのは事実です。

20190702c.jpg

ついでにモノクロで撮った旧市街。
あまりモノクロを意識したこと無かったけど、旧市街や逆光でのモノクロ、悪くないかも!

20190702d.jpg

旧市街を出たところでバスを待つ、同行4名。
長く延びた影が印象的で撮ってみました。
もう1枚いいのがあったんですけど、それはちょっと訳ありでアップしません。


さて明日も一度病院に行って、抜歯した傷口の処置をしてから出勤。
明後日は一日外出で、金曜日は自分が主催の勉強会。
ウーン、ちょっと出張明けにしては忙しすぎる~ (;~д~)ハァ↓↓

by かねごん

夜10時過ぎですが・・・

今日はどこかに時差ボケ修正に出かけようと思ったら、あいにくの雨。
特に時差ボケを感じてるわけじゃないですけど、予防に・・・

仕方ないので奥さんと買い物に出たり、夕方ちょっと町田に出たり。
明日は早出するつもりなので、電車で寝過ごしたりしないよう、体を慣らしておきましょう。



今回のストックホルム、日没が10時過ぎなので、ボートディナーの後、10時半頃に旧市街を
歩いても、空が暗くなった旧市街は写真に撮れませんでした。

それでも少し、街灯が燈った街を撮ることができたので、ちょっと紹介します。
4枚とも、カメラとスマホをリンクして、ジオタグ(GPSデータ)が埋め込まれているので、
対応したビュワーならば、撮影場所も地図上でわかると思います。

20190630a.jpg

旧市街「ガムラスタン」の中心となる広場にある「ノーベル博物館」
この時間、さすがに閉館で入れませんでした。

20190630b.jpg

広場の西に並ぶ建物は、カラフルでフォトジェニックで、観光ガイドでも紹介されています。
夜になるとまた独特の雰囲気があって、「非日常」を楽しめます。

この時間でも観光客も多く、治安も比較的良いところです。
(もちろん最低限の注意は必要ですが!)

20190630c.jpg

路地フェチの私の好みのこんな路地・・・灯りが並んで・・・萌えます(笑)
狭い空の明るさに対して、路地の暗さが引き立つ感じです。
これは後でモノクロにしてみてもいいかもしれません。

治安は比較的良くても人通りは全くないので、広い通りから少し入るくらいで撮影してます。

20190630d.jpg

こちらは広い路で、ちょっと人の流れが切れるのを待って撮った一コマ。
奥の教会はストックホルム大聖堂。
塔の時計台が撮影時刻を指していますねぇ。

ストックホルムの旧市街、写真でもわかるように、路地が狭いので空がすごく狭いです。
その分、ジオタグも誤差が大きくなって、10m以上位置がずれることもあります。
今回の写真はほとんど誤差修正の必要もなく、データが入りました。

by かねごん

サミットの影響?

一応無事に帰ってきました。

一応・・・ってのは、ヘルシンキでの乗り継ぎ。
パスポートチェックに異常に時間がかかって、乗り継ぎ時間が1時間しかないのに、パスポート
チェックを通過するまでなんと40分もかかりました。

日本人はICパスポートなので、普通ならその機械を通過してスタンプが押されるだけなのに、
今回は一人一人、もう一度係官がパスポートを入念にチェックして、スタンプ。

駆け足で搭乗ゲートに着いたときは、すでに他の乗客は皆機内に入ったあとで誰もおらず・・・
走ってくるのは我々のような乗り継ぎ客だけ。

チェックインしてあるから、飛行機だけ先に行っちゃうことは無いですけどね。
とにかく土産の買い物はおろか、トイレにも寄る時間もなく、飛行機に乗り込みました。

ほぼ同時刻に大阪行きの便があったので、サミットの影響でセキュリティが厳しかったのか???
ヘルシンキでの乗り継ぎは何度も経験してますが、こんなに厳しいのは初めてでした。



さて26日は、会議参加者ほぼ全員でボートディナー。

20190629a.jpg

定員100人ほどの船で、片道20kmほど離れた所まで、往復約3時間のディナークルーズです。

20190629b.jpg

20190629c.jpg

料理はド定番のトラウトサーモンにコールスロー、ブロッコリ、肉団子等々。
ストックホルムと言えば肉団子・・・店によっていろいろな味付けがあって、楽しいです。

意外と美味しかったのが、コールスローとブロッコリ。
日本のコールスローと違って、少しガーリックも入ってる?
とにかく美味かったです。

ディナーのあとは、皆それぞれの時間を楽しんでいました。
デッキに出てみると、フィヨルドの海に数えきれないほどの島があります。

20190629d.jpg

多くの島や入江が複雑に折り重なっているので、海とはいえ湖のように波は静か。
岸辺に建つ別荘はまるで湖畔のコテージのよう。

「本当に海?」と、疑いたくなるような景色です。

20190629e.jpg

この辺の海は川から流れ込む水の影響で塩分濃度が低く、それで良いサーモンが育つんだとか。

美味い料理をいただいて、なかなか見ることのできない景色とデッキで感じる風。
最高に良い気分でした。

by かねごん

お・し・ま・い

4日間の日程、すべて終了しましたヽ(^o^)丿
自分の大きな出番も、一昨日・昨日で終わって、今日は総会。
いろいろ発言する国もあって、予定より2時間ほど長くはなりましたけど、特に大きな
騒動もなく???、4時前に終了しました。

日本からのメンバーも、一部これから猛暑のフランスに飛ぶのもいますが、半分は明日
帰路につきます。

これから不要となった紙を廃棄して、荷物の整理です。



で、夕方から明日帰国するメンバー5人で、旧市街に繰り出して夕食してきました。

1350年からあるという地下の蔵を改装したレストラン。
キャンドルだけで料理の写真も満足に撮れないほどの暗さ。
でも美味しかったです。

食事の後は皆で旧市街をフラフラ。
ちょっとモノクロ写真で遊んでみました。

20190627.jpg

たまにはモノクロも味があっていいですねぇ。
細い路地がいい感じに浮かび上がってます。

明日はヘルシンキに飛んで、そこから成田へ。
乗り継ぎ時間が短くて、お土産買う時間も無さそう・・・

機内のお楽しみ用に、映画を入れたタブレットとノイズキャンセリングのヘッドフォン。
充電しながら荷物の整理始めます。

by かねごん

夜も明るさが・・・

昨日夕方5時過ぎ、無事にストックホルムのホテルに到着です。

今日は私をはじめ3人で来たんですけど、皆さんお疲れの様子で、夕食にも出かけずに
近くのスーパーで水とかの買い出しついでにサンドウィッチとか買っておしまい。

自分も部屋でひと眠りして起きたら夜11時過ぎ。
全然ひと眠りじゃないです。
そりゃそうだよね、日本じゃ朝の6時半過ぎ、飛行機の中で3時間ほど寝たとはいえ、
ほぼ徹夜ってことです。

でも今朝は7時過ぎにしっかり目が覚めて、時差ボケらしいものもなく快調です!


ところでこっちの日没は、午後10時過ぎ。
11時半過ぎてもまだ夕焼けが残ってます。

20190624.jpg

この後もこんな明るさがずっと残って、また空が白みだす感じです。

しかも調べてみたら日没の方向からわずか70°ほど右手から太陽が昇るみたいです。
場所柄、陽の沈まない白夜ではありませんが、真っ暗にならない夜、初体験です。



今日は明日からに備えて簡単な打ち合わせ。
そして明日から本番です!

頑張りましょう!

by かねごん

A350

ふぅ・・・/// 昨日も夜9時までSkypeで会議して、明日も・・・

どうも来週も京都に行っている間に1回はやることになりそう・・・
まぁ、ケツに火が付いた仕事なんで仕方ないし、自分だけじゃないんで、たまたまタイミングが京都と
重なっただけってことです。

非日常からちょっと引き戻されちゃうけど、仕方ない。
幸い日本のメンバーとの会議なんで、当然日本語・・・それが何よりの救い(笑)


20190529.jpg

さて先日のプラハ、成田からヘルシンキ経由でプラハに向かったんですが、今回はフィンランド航空の
エアバス社のA350。
2015年から就航している、コックプットの窓周りがパンダのような黒枠が特徴の新型機です。

数年前に乗った時は大好きなA340だったんですが、やはり4発エンジンの燃費の悪さなどが響いて、この
業界からは引退が相次いで、この機体に置き換わっているみたいです。

他のメンバーの引率的な立場上、機内の写真とか撮ることも無かったですが、荷物の収納スペースが
大きく、かつ位置が高いので機内が広く感じます。
そして機内がボーイングに比べ静かに感じました。
エンジン音はもちろん、フラップや車輪の動作音もゴトゴトした音もなく、「あ、良くできてるな?」

おもしろかったのが機外を見ることができるカメラ。
機体の上下にあって、上側は垂直尾翼から機体と景色を見ることが、下側はノーズギア(前輪)の後ろ
にあって、車輪の出し入れが見えて、結構マニアックな画面でした。

来月末のストックホルム出張はボーイング社のB787。
何度も乗っている機体ですけど、改めて比べてみたいと思います。(仕事に余裕があれば・・・)

by かねごん

駅ピアノ

今日は休暇なんですが、夕方4時半から1時間半のWeb会議。
この前のジュネーブの会議の延長の頼まれ仕事なんで、今回は出勤扱いにもならず・・・


さて、木曜日の午後、コンサートに行く前に、5年前の記憶をたどって少し街をフラフラしました。

20190520a.jpg

プラハでは本駅よりも古い1845年開業の「プラハ マサリク駅」。
エントランス部分が全面ガラス張りの、明るい駅です。(両横の建物も駅舎です。)

20190520b.jpg

内側から見ると、当然のことながら全面窓!
駅とは思えないです。

20190520c.jpg

屋根の明り取りも大きくて、全面窓の壁と相まって、屋根があるのにこんな開放感。
本駅ほど人も混雑していないので、のんびりした感じ。

でもその先のホームに行くと、列車が停まっています。(当たり前)

20190520d.jpg

20190520e.jpg

20190520f.jpg

総2階建ての列車は「エレファント」とニックネームが表示されいました。

そんな駅の中をフラフラしていたら、どこからとなくちょっとブルースっぽいピアノの音が・・・

20190520g.jpg

駅ピアノです。
NHKの番組でも放送された、チェコ・プラハのマサリク駅の駅ピアノ。
駅の一角に置かれていました。

通りがかりの人が自由に弾くことができるピアノ。
日本よりもピアノをたしなむ人が多い? そして自分を楽しむ人が多い?

20190520h.jpg

ちょうど屋根からのやわらかな光が、スポットライトのようにピアノを照らしていました。

教会でのコンサートも良かったですが、こうした駅ナカでの演奏、いい時間を過ごせました。

by かねごん

心の洗濯

午前11時半過ぎ、無事に家に帰ってきました。

時差的には一昨日になりますが、午前中は現地の販売店の視察。
午後はフリーで、夕食の待ち合わせが7時半だったので、その前に5時から行われる教会のオルガンを
使ったコンサートに、また行ってきました。

今度はパイプオルガンとトランペットを組み合わせたコンサート。
入場料はシニア料金がうれしい、驚きの約1500円!

20190519a.jpg

場所は旧市街中央広場に面した聖ミクラージュ教会(聖ニコラス教会とも呼ばれるらしい)。

ドイツなどの巨大なゴシック様式の教会と違って、比較的こじんまりとしたバロック様式の教会です。
元々は13世紀に建てられたゴシック様式の教会が、17世紀に現在の形に改修されたそうです。

20190519b.jpg

内部は前日の聖ジャイルス教会と趣が異なって、天井のフレスコ画以外はわりと質素?

でも真上には大きなシャンデリアがあって、後ろを振り返ると、二階にはパイプオルガンがあります。

20190519c.jpg

今回のコンサートはトランペットもこの二階で演奏されて、私たち聴衆の後ろから聞こえてくる感じ。

演奏が始まる前は「オルガンとトランペットの組み合わせ?」と思っていたんですが、いざ始まると
とても素敵で、昔聞いたことのあるドヴォルザークの交響曲「新世界から」の第二楽章一部や、
アンコールにはクラークの「デンマーク王子の行進曲」もあってちょっと感激。
(「知らない」と思ったらPrince of Denmark's MarchでYouTube検索してみてください。)

ウィーンでも感じましたが、日本じゃこうした気軽に音楽を楽しむ環境が整っていないのが残念ですね。

同行する方の引率や、フォーマルな会は、正直思ったよりきつかったですが、最後に音楽で心の洗濯
させていただきました。

by かねごん

寒いんです

プラハ、思った以上に寒いです。
5年前にTシャツで歩けたことを思うと大違い。
朝の気温は4℃、昼間も10℃ちょっとだったりで、ほぼほぼ真冬です!?
しかも昨日までは冷たい雨が降ったりやんだり、明日からは気温も上がりそうです。

そしてこちらでの大きな仕事も、今日でほぼ終了。
明日の午前中は同行メンバーを連れて少し販売店を回って、午後からはフリー!
久しぶりのプラハ、楽しみたいと思います。


そして今日も、6時過ぎにホテルに戻ってこれたので、急遽コンサートに行ってきました。
ちょうど5月12日から6月4日まで、プラハ国際音楽祭の期間中で、コンサートが街の
あちこちで開かれています。
しかも安いチケットは2000円くらいからと超格安です。

もちろん下調べはしてあって、今回は「生のオルガンが聴きたいっ!」
パイプオルガン、昔NHKホールのは聞いたことがあるんですけど、教会では聞いたことが
まだありません。
教会のその響きの豊かさの中で、パイプオルガンの音を楽しみたかったんです。

プラハの中でも最大級のパイプオルガンのある「聖ジャイルス教会」
ここで弦楽四重奏とオルガンの曲が交互に演奏される小一時間のコンサート。

教会の中で聴く弦楽も、日本で聴いたXX会館とか○○ホールとは大違いの豊かな響き。
パイプオルガンに至っては「全身で聴く」感覚で、建物全体から音が伝わってくるような
圧倒的な響きで、1時間を楽しんできました。

20190516.jpg

夜10時半のプラハ旧市街広場。
まだまだ人がいっぱいですけど、石畳に反射する光がとてもきれいです。

明日は最終日、午後からの自由時間をゆっくり楽しんで、できればまたコンサートも
行ってみたいと思います。

by かねごん

10連休ですが…

明日から10連休って方、多いんじゃないでしょうか?
自分もご利益にあずかっている一人なんですけど、翌再来週、14日からのチェコ出張での現地との
段取りが進まずヤキモキ・・・、のんびり休むのは難しそう?

今回初の試みで、10人ほどのメンバーで現地企業の見学をさせてもらう予定なんですけど、その
場所がなかなか決まらなかったり、移動時間がかかりすぎたり・・・

現地の窓口の人もイベントの準備でなかなかこちらまで手が回らず・・・

まぁその辺は仕方がないです。
訪問先が決まったら、あとはこちらに引き継がせてもらって、担当者ベースで進めさせてもらいます。



20190426.jpg


写真は5年前に撮ったもの。

「プラハの春」で知られる1968年春に起きたチェコスロバキアの民主化活動。
しかしその夏には、その活動を抑え込もうとした旧ソビエト軍の戦車が、この広場にも侵攻した場所。

ほんの50年前のことなんですね。
今回はあまり街を見て回る時間はなさそうですけど、少しでも歴史に触れることができたらと思います。



そうそう、話は変わって先週末からマスクを外し、今週正式に?? 花粉終了宣言しました。
時期的には4月3週目、例年とほぼ同じです。

奥さんにも「窓開けて、洗濯物も外干ししていいよ!」と。
毎度のことながら2カ月ちょっと、ご協力ありがとうございました(笑)

by かねごん

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

かねごん

Author:かねごん
2016年2月、Zaqから引っ越してきました。

年に2回ほど行く京都、家から小一時間で行ける横浜・鎌倉、その他海外出張で撮った写真等々、日々の出来事と共に紹介します。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

京都 (107)
鎌倉・湘南 (81)
横浜 (41)
原宿・表参道界隈 (57)
銀座 (99)
奈良 (2)
ちょっとふらふら (80)
路地裏・街並み (24)
その他の国内旅行 (30)
海外出張・旅行 (168)
ドイツ (15)
わんこ (58)
自衛隊・ミリタリー (43)
食・辛・食 (78)
カメラ・写真 (23)
パソコン (26)
祭り (15)
山・アウトドア (7)
その他 (150)
古寺(京都・奈良・鎌倉以外) (5)
京都で出逢ったあんなものこんなもの (13)
未分類 (1628)

検索フォーム

訪問者

あなたは

人目の訪問者

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん