道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

ス・マ・ホ

昼前に羽田に帰ってきました。

オリンピックで「空港のセキュリティも厳しくなっていて時間がかかる」という話だったので、
6時前にチェックアウトして空港へ、とにかく混雑前にセキュリティ通過しようって作戦。

確かに混んでましたけど、早い時間だったので20分ほどでセキュリティ、通過できました。

ところで今回一緒に行った方が言っていて「なるほど」と思ったのが、地下鉄に乗っていて、
その風景が日本と同じ・・・多くの乗客がスマホいじってる・・・

言われてみれば確かに、アメリカやヨーロッパじゃ、鉄道に乗っていてスマホに夢中になって
いる人はほとんど見かけません。
それに比べて日本は、そして韓国でも・・・「他にすること無いのかよ?」ってくらいスマホ
中毒の多いこと。

まぁ、自分も地下鉄の中ではスマホで新聞読むのが日常だし、息子はトイレの中にまでスマホ
持ち込むし、奥さんはLINEとディズニー ツムツムに夢中だし・・・
人のこと言えた柄じゃないですが・・・


20180214.jpg

今回2泊3日の出張じゃ、街を歩く機会もなく、報告書用の会議の写真くらいしかありません。
ホテルの部屋からの風景も・・・こんなもんです。

会議の合間に「オリンピックでソウルも盛り上がっているのか?」と聞いたら「いやそれほど
じゃないよ」とそっけない返事。
「もちろんテレビやニュースは気になって見るし、中継は応援するけどね」

確かに金浦空港でもオリンピック関連のグッズは影もなかったし・・・地下鉄でもオリンピック
関係のポスターは見当たらなかったと思います。

長野五輪の時って、どうだったんだろ?
テレビにかじりついて見ていたのは覚えてるけど、東京がどうだったかまでは・・・?

さて、明日は一日仕事して、金曜日は休暇で3連休。
ちょっとどこか出かけたい気分です。

by かねごん

大雪です   ブラティスラヴァ-最終回

天気予報では昼から雪・・・のはずが、職場のある東銀座は、朝8時に細かな氷の粒が
ちらついてました。

で、そのまま10時ごろからは細かな雪が降り出して、昼1時ごろには急に吹雪のような
不利になって歩道も見る間にシャーベットになり始めました。

職場も朝から「今日は15時まで」とアナウンスされていたのが、昼過ぎには「急ぎの
仕事がない限り帰宅を」と変更指示。
私も14時前には撤収して、鉄道が遅くなり始める前に家に帰ってきました。

15時半過ぎの地元、相模大野駅周辺。

20180122a.jpg

もう5~7cmは積もっていて、街路樹の枝は、雪化粧してちょっときれいです。

20180122b.jpg

駐輪場の自転車のサドルにも、この通り。
湿った雪なので、タイヤやスポークにも雪がついてます。

本音を言えば、こんな時こそ「雪の鎌倉、撮りに行きてぇ!!!」チャンスなんですが、
行ったら最後、今度は帰ってこれる保証はないし・・・

さっき8時過ぎで、外の気温はすでに-1℃、雪は10㎝以上。
明日の朝、駅までの道が凍ってエライことになりそうだし、電車が無事に動いてくれるか。
気になります。



<ブラティスラヴァ-最終回>

ブラティスラヴァの街歩きが続いていますが、この旅行の中で、自分の印象に一番残った
のがブラティスラヴァだと思います。

旧市街は本当に小さな街で、主なところを観るだけなら1日あれば十分だと思います。
でもこの土地がいくつかの国に支配された歴史を追って歩いたり、新市街とのギャップを
楽しんでみたり、また私のような路地ヲタにも、とても1日じゃ足りない街と思います。

小さいけれど奥が深い街でした。
最後に、そんなブラティスラヴァの路地の世界を。

20180122c.jpg


20180122d.jpg


20180122e.jpg


20180122f.jpg


20180122g.jpg


そして最後の最後に、広場でなぜか日の丸を見つけました。

20180122h.jpg

近づいてみると、スロバキアの日本大使館でした。
そうか・・・小さな街だけど、ブラティスラヴァは立派なスロバキアの首都でした。

人生初のプライベート海外旅行、9月のオーストリア旅行の記事、これでひと通りおしまいです。
いい経験でしたね。
昨年のマイルもいつの間にか14万マイルもたまっているし、またどこか行ってみたいです。

by かねごん

とっても財産  ブラティスラヴァ-5

昨夜は前の前に勤めていた会社で入っていたテニス部の、2年半ぶり4回目の同窓会。
今回も15人のメンバーが遠く大阪からも集まって、大いに盛り上がりました。

ちょうど席が電気回路の設計をやっていたメンバーと一緒になって、当時の製品の話や
また自分も含めて今も真空管アンプの話になったり。

一人は今でも超高級真空管アンプの設計にかかわっていて、このまま話し込んだら夜が
明けること間違いなし・・・テニスの話はそっちのけで、熱い話で盛り上がってました。

前の会社の仲間はもちろん、前の前の会社の仲間ともこうして騒ぐことができるって、
自分にとって、ものすごい財産だなぁ・・・つくづく思いました。



<ブラティスラヴァ-5>

20180121a.jpg

聖マルティン大聖堂
14世紀に建てられ、85mの高さの塔を誇る、ブラティスラヴァで一番古い教会。

ハンガリー王国の歴代国王や女王の戴冠式が行われたそうです。

20180121b.jpg

静かで荘厳な雰囲気の内部。

聞いた話ではこの場所、元は墓場だったとか。
床に遺骨が見える窓もあるらしいんですが、残念ながらお目にかかれませんでした。
(好んで観に行こうとは思いませんが・・・)

20180121c.jpg

いつも思うんですが、教会のステンドグラスの美しさ、息をのみます。
ステンドグラスを通った光で、大聖堂の中は柔らかな光に包まれます。


この大聖堂、先日紹介した城壁のすぐ南にあるんですが、旧市街の南西の角と言うことも
あって、城壁なんか出会った人数人だし、大聖堂も、この辺は観光客、意外と少ないです。

街の治安はいいみたいですが、ヨソ者が荒らすこともあるので、一応注意は必要です。


さて、明日は午後から雪の予報。
しかも夕方から夜にかけては積もりそう・・・

交通機関に影響が出る前に、帰宅指示が出てくれるといいんですが・・・

とりあえず傘無しで歩けるようにゴアテックスのインナー付きのパーカ、チロリアンシューズに
念のた防水スパッツまで用意して、雪が降る中を歩く分には準備万全。

まぁ、心配は明日よりも明後日の朝の凍結ですね。

by かねごん


ちょっとだけ  ブラティスラヴァ-4

昨日・今日は寒さも和らいで、ちょっとだけ薄着になって通勤。

天気は予報ほど晴れず、どんよりした空模様だったけど、帰りの電車の中はちょっと
コートが暑いくらい。
明日までは寒さも緩むけど、明日からはまた寒くなるらしいです。

今年の冬って、いつもより寒い気がするんですけど・・・どうなんでしょ?



<ブラティスラヴァ-4>

ブラティスラヴァの街を囲む城壁から今度はブラティスラヴァ城に行ってみました。
城壁の横を通る道路をくぐったところに、お城に向かう階段が始まります。

20180119a.jpg

観光ガイドにも出てくる丘に向かう路。

結構急な坂道を300mほど登る(思ったより結構きつい)とお城の門にたどり着きました。

20180119b.jpg

左側は急な崖。

難攻な造りですね。
門からさらに100mほど行くとお城が見えてきました。

20180119c.jpg

まだこの高さの石垣の上・・・・・です。
一気に登る坂なので、短くても息が切れていたのを思い出します。

そして、やっとたどり着いたブラティスラヴァ城。

20180119d.jpg

4つの角の塔をテーブルの脚に見立てて「裏返したテーブル」と呼ばれているそうです。
(日本的に言えば裏返した将棋盤の方が似ている?)
戦いのための城ではなく、居住のための城、でも護りは硬く・・・と言った感じです。

中は博物館になっていました。(ここはちょっと省略します)

20180119e.jpg

街の南側をゆったりと流れるドナウ川。

手前の橋の上に乗っているのは展望台だそうで「UFO展望台」と呼ばれているそうです。
拡大するとこんな感じ・・・確かにUFOです。

20180119f.jpg

ここからブラティスラヴァの街が一望できるそうですが、自分は街中の路地をもっと
歩いて見たかったので、ここはパス。

20180119g.jpg

お城の南西側の門。

これも戦いのための城にあるような、物々しさはありません。

印象としては、しっかりとした守りでどっしりと構えて、やさしく街を見おろしている。
そんな感じを受けるお城でした。

この門からお城の北西側を回って、ほぼお城を一周して、また旧市街に戻りました。

by かねごん

マジ凹む  ブラティスラヴァ-3

朝、ハッと気が付くと時計の針は45分・・・10分寝坊。
慌てて準備して「いつもの電車の1本後に乗れる」と駅に着いて、ホームに並んで・・・
何気にホームの掲示板にふと目をやると、いつもの25分の電車がなく29分??

は??? 一瞬わけわからず・・・

そこで気付きました。
いつもの6時25分じゃなく、今は5時25分・・・・・・・1時間早い。

ガッビィーン

起きたのは5時45分じゃなくて4時45分。
考えてみれば、目覚ましを止めた記憶もない。
時計の分針だけを見て「寝坊した」と思い込んで行動してました。

家に戻って寝るわけにもいかず・・・そのまま職場のビルに7時に着いて・・・
事務所に入るとまだエアコンも効いてないので寒いし、1階のナチュラル・ローソンの
イートインで、ため息つきながらのんびり??朝食して・・・8時に出勤

いや、マジ・・・凹む。
俺、歳とってヤバくなってきたんじゃないか・・・と
朝食しながら奥さんにメールしたら「まぁ頻繁に起きなきゃ大丈夫よ」と慰めのお言葉。

でもやっぱりブルーな1日でした。



<ブラティスラヴァ-3>

ブラティスラヴァはモラヴァ川とドナウ川の合流点にも近いことから、交易の要所として
古くから都市が築かれて、中世にはハンガリーの支配下で、一時はハンガリーの首都も
ここに遷都されていたそうです。

現代から見ると小さな街ですが、外敵から町を守るための城壁も作られ、その一部が今も
残っています。

20180116a.jpg

案内板の「You are here」の所が城壁ですが、驚いたのはこの城壁に囲まれた内側。
Google Mapで見て比べると、当時の路がほとんどそのまま残っています。

北側の中央、広い路がつながっているところが、旧市街に入ってきたミハエル門で、
ここも城壁の一部だったことがわかります。

20180116b.jpg


20180116c.jpg

上の写真は南半分、下は北半分。
城壁の外側は道路になっていますが、歩道橋から全体を見ることができます。

20180116d.jpg

城壁の内側も歩くことができますが、この城壁、二重になっています。
どういう使い分けをしたんでしょう。

うーん、こういう所を歩いていると、妄想の世界に入ってしまいます。

20180116e.jpg

こちらが北西側の角から見える、現存する城壁の全体。
1枚目の地図と比べると、城壁の外、この道路の辺りも堀になっていたみたいです。

街を城壁で守って、さらに街を見おろす丘の上には城を築く。
まさに鉄壁の守り・・・ですね。

で、ブラティスラヴァ城の方にいってみました。

つづく
by かねごん

ブラティスラヴァ-2

普段はオーバーヘッドタイプのヘッドフォンで音楽聞きながら通勤してますが、先週からのこの寒さ。
ヘッドフォンで耳の冷たさはカバーできても、北風は容赦なく私の頭皮を直撃してきます。
(短髪なのでっ!)

さすがに寒いのは嫌なので、音楽聞くのもあきらめて、毛糸の帽子かぶって通勤してます。
頭を冷やすと冷やさないじゃ、感じる寒さは全然違いますからね。

毎日氷点下の朝の冷え込みも、とりあえず明日で一休みみたいですが水曜日は夕方から雨?
ま、インフルエンザも流行っているようなので、少しお湿りがあってもいいんでしょうね。



<ブラティスラヴァ-2>

20180115a.jpg

この橋を渡って正面のアーチをくぐると旧市街。

橋と言っても別に川があるわけではなく、庭のような路のような・・・空堀?

20180115b.jpg

アーチを抜けた途端、いきなりタイムスリップしたような街並みが飛び込んできます。

路に沿って左に曲がると、目の前にそびえる塔。

20180115c.jpg

ミハエル門

ブラティスラヴァの旧市街は元は城壁に囲まれていたそうで、中に入るには4つの門が
あって、その1つがこのミハエル門。

4つの門のうち現在残っているのは、14世紀に造られたというこの門だけだそうです。

20180115d.jpg

門を抜けてすぐ右側にはこんな路地もあって、私的にはもう・・・「萌え~っ」です。

門を抜けた両側はさすがに観光地。

20180115e.jpg

さっきまではほとんどいなかったはずの観光客が、どっと現れてきます。

振り返ってミハエル門を見ると、道の両側には土産物店やレストランがずらり並んでます。

この道をさらに進んで(背中方向)、右手を見ると、また萌え~な路地が・・・

20180115f.jpg

スウェーデンのストックホルムの旧市街もそうですが、敵が侵入してきたときに、軍団を
分散させて、攻撃しやすくするために、狭い路地を多く作ったといいます。

しかもクネクネとした路が多い。
ここもそうした考えなのかもしれませんね。

このあと、今に残る城壁の方へ行ってみました。

つづく

by かねごん

忘れないうちに ブラティスラヴァ

今冬一番の寒波で昨日・今日と、二日続けて朝の気温は-2℃。
思いっきり寒いです。

水曜日は宮崎や鹿児島でも雪が降ったとのニュースもあって、夜に熊本のいとこに様子を聞いたら、
熊本もうっすら雪で白くなっているとのこと。
翌日午後、ライブカメラを見てみたら、熊本市内の雪は無いものの、阿蘇の方は一面真っ白でした。
熊本って、夏の暑いイメージが強いけど、冬って東京よりも寒かったりするんです。



<日帰り・ブラティスラヴァ>
さて、しばらく途絶えていた9月の旅行、最後に日帰りで行ったブラティスラヴァの様子を。

ブラティスラヴァは、東欧スロヴァキアの首都。
1993年にチェコスロヴァキアから連邦を解消して、スロヴァキア共和国として独立した国です。
南にハンガリー、東にウクライナ、北にポーランド、そして西にチェコとオーストリアに囲まれています。

首都ブラティスラヴァはスロヴァキアの東の端にあって、ウィーンとの距離はほんの50kmほど。
ウィーン中央駅から列車で約1時間で行くことができます。

20180113a.jpg

ブラティスラヴァ中央駅

中央駅と言っても、何かローカル感の漂う駅は、内も外も人でいっぱい。
改札口の行列は特にすごくて、「往復切符(16ユーロ)を買ってよかった」と実感します。

20180113b.jpg

駅を少し離れると、トラムの車庫があって、次々に列車が出て行きます。

このトラム、新市街だけを走っていて、お目当ての旧市街は、トラムはもちろん車、も侵入が制限されて
いるそうです。

20180113c.jpg

途中幾何学的な通路の公園を抜けたりして新市街の中心部へ。

結構人が多く、道路の両側にビッシリ店が立ち並び、奥にはブラティスラヴァ城が見えます。

20180113d.jpg

路地の奥まで土産物屋、レストランがビッシリ並んでます。

ふと見上げるとこんな看板がありました。

20180113e.jpg

以前プラハに行ったときは、KGB博物館がありましたが、こちらはパブですか?

ちょっと覗いてみたい気もしますが・・・

20180113f.jpg

そんな新市街を歩いていくと、交差点の向こうに古い塔が見えてきました。

旧市街の入口です。

そんなわけで、この後は旧市街に入って行きます。

by かねごん


噴水><

昨日は自分の団体の賀詞交換会、そして今日は仕事でお互いに協力関係の団体の賀詞交換会に出席。
1月は月末まであちこちで賀詞交換会が催されます。

工業会の性質上、ここが会員企業同士、また企業と工業会との様々な人脈作りの場。
笑顔で挨拶しつつも、どこかのCMのように「それ・・・もっと早く言ってよ」とならないように、
皆さん名刺交換とそのあとの情報交換は真剣、名刺交換をしながらその場でメモを入れる方も。


おかげで今週は毎日早く帰って来てますが、さっきコーラを飲みながらパソコンに向かっていたら、
うっかりコーラのボトルに手が引っかかって倒してしまいました。

ボトルから吹き出すコーラを慌てて手でボトルの口を押さえたものだから大変。
噴水のように周りに飛び散る・・・力づくで手で押さえる・・・もっと勢いよく噴き出す・・・

最後はボトルが手から抜けて床に落ちて・・・もうパソコンデスクのキーボードから下はコーラまみれ。
しかも周り中に飛び散って・・・あ~ぁ・・・

不幸中の幸いは、砂糖の入っていないコカ・コーラ・ゼロだったので、ベトベトにならずに済んだこと?
せっかく早く帰って来たのに、掃除に小一時間・・・なんだかなぁ~ ><



20180111.jpg


ウィーン シュテファン大聖堂にて

ヨーロッパに行って、自分の楽しみの一つが教会巡り。
内部のフレスコ画やステンドグラス、彫刻等々、本当に美しく、一つ一つに見入ってしまいます。

去年行ったウィーンとその周辺の街の写真も、その後のロンドン、アトランタ、スリランカの連続出張に
かき消されて、そのままになっています。
まだアップできていないのはスロヴァキアの首都、ブラティスラヴァ。
個人的には路地もいっぱいあって、歩いていて一番面白かった街です。
忘れないうちに整理して、近いうちに紹介します。

by かねごん

元祖

遅ればせながら、いよいよ今日から年賀状作り。

始めたまではいいんですが、年賀状に使えそうな写真が・・・無い!!!

11月末の京都の写真だと、紅葉も「無理やり入れた」感が強くてワザとらしくて納得できるものじゃなく、
こんなの出したら口うるさい写真仲間からは何と言われるか・・・

先ずは写真じゃない普通の年賀状だけデザインしておきましたが、さて年賀用の写真はどーする?

最悪は日本の写真じゃなくて、9月のヨーロッパ旅行の写真から選ぶことも考えなきゃいけないかな?

ちょうど明日は代休で、朝は鶴見まで行って歯の治療。
終わったらそのまま鎌倉でも行って、思い当たるところで写真、挑戦してみますか?



<元祖>

スリランカのホテルの部屋にあったこんなモノ。

20171217.jpg

昨年行ったタイの一部のレストランのトイレでは見かけましたが、ここではホテルの部屋にも!

元祖ウォシュレットと言うか・・・マニュアルウォシュレットと言うべきか・・・
本来はトイレットペーパーが流せないトイレで、お勤めのあとに、これで洗うわけです。

ホテルのトイレ、もちろんトイレットペーパーを流していけない訳もなく・・・習慣なんでしょうか?

もちろん私もこれのお世話にはなっていません(笑)

by かねごん

全部自分用

昨夜は50分近く遅れて出発した帰国便、途中時速280kmなんて偏西風にも乗って、対地速度が時速1150km
なんてすごい速度(普通は時速800~900km)になったおかげで遅れを取り戻し、朝7時20分過ぎ、成田に
着陸しました。

今回はスリランカ航空だったんですけど、行きも帰りもすごく滑らかな着陸で、パイロットの「上手い」
を感じる操縦でした。

ただ、10月のロンドン出張でもそうなんですが、この時間に着くとそのあとのリムジンバス、7時50分の
バスにギリギリで間に合わないんですね。
次の9時のバスまで1時間余り、スリランカとは約25℃の気温差への対策で、持って行ったユニクロの
ダウンベストを着こんだり、お土産の袋をまとめたり・・・

で、今回買ってきた土産

20171216a.jpg

20171216b.jpg


ぜぇ~んぶ近くのスーパーで買った自分用です(笑)

まずはじめの写真の左2つはスパイスの効いたピーナツで、ガーリックも効いていています。
その右のナッツの入ったベビースターラーメン?みたいなのは、太めの麺と豆類にスパイスを効かせた
スナック。
どちらも食事の時の酒のつまみに出てきたモノなんですが、なかなか美味です。
それぞれ日本円にして約160円と180円。

その上の緑色の横長の袋はジンジャービスケット。
ジンジャービスケット(クッキー)はスリランカの名物だそうで、食べているうちにちょっとノドに
しみるくらい、強めにジンジャーが効いていて、紅茶とすごく合うんです。
これが50ルピー(約37円)とお手頃価格。
最近職場で紅茶ばかり飲んでいるので、3時のおやつにベストってことで5袋購入(笑)

あと上はリーフティーの詰め合わせ、2枚目の写真もティーバッグ。
「どれだけ紅茶買うんじゃいっ??」と突っ込まれそうですが、この他にもいただいたティーバッグが
80パックあったりして、紅茶だらけ。

詰め合わせは、ウヴァ、ディンブラ、ヌワラエリヤ、ルフナ、マターレといったスリランカの紅茶産地の
有名どころの飲み比べ。
2枚目は2つとも同じモノで、入数と個装の有無の違いですが、キャンディー地方の高地で採れる紅茶で、
ミルクティーによく合うのが欲しい・・・とホテルの一画にある紅茶の売店で相談して買ったもの。
どちらも日本円にすると約300円と190円と、ホテルの割にとても良心的な値段でした。

20171216c.jpg

こんなこじんまりした店にいろいろな紅茶がぎっしり。

20171216d.jpg

紅茶コンシェルジュのお姉さんがいろいろ相談に乗ってくれるのはとても助かりました。


今回はこの店と、工場の見学も含めて、結構セイロン紅茶を勉強させてもらいました。
特にその種類とグレードは日本茶同様に深い~っ!!

これは書くと長くなりそうなので、ちょっとまとめてからアップしたいと思います。


by かねごん


次のページ

FC2Ad