道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

入れ替え  2階建て車両

今日も一日雨、近くの小学校の桜も満開ですが、この天気じゃ来る人もほとんどありません。
今年の桜も見納めですかね。

奥さんと買い物に出るくらいだったので、冬物の衣類を一部入れ替え。
もう今シーズンは着ないであろうヒートテックや厚物を中心に、少し残して春物に入れ替え。

我が家は自分の分は自分で入れ替えをやるのが基本。
まずはこれでスッキリです。


<オランダの鉄道>

別に撮り鉄ってわけじゃない(どちらかと言えば乗り鉄かも)ですけど、オランダの鉄道、
ローカルな鉄道はまぁ普通なんですけど、急行に相当するIC(Inter City)は、2階建ての
車両が多く使われていますので、ちょっと紹介。

20170409a.jpg

こんな車両なんですけど、この写真で見ると2階席の窓は高さがあまりなく、また天井が屋根
のように狭くなっているのがわかります。

20170409b.jpg

その2階席の内部。

窓の高さはないものの、景色を見る(見下ろす?)には十分です。
そして、通路部分の天井が高く、座席部分は低く・・・って感じの屋根型で、荷物の置き
場所は背もたれの間に置くようになってますが、大きなスーツケースまで入るほどの余裕は
ありません。

ただ車両の幅があるので、1席当たりの横幅は十分。
静かだし、揺れも少なくて結構快適です。

日本じゃ東北新幹線のMaxやまびこの二階建て車両が最高速の関係で全廃が決定するなど
ちょっと寂しい話もありますが、こちらではバリバリの現役です。

by かねごん

古いネガ

息子が就職前に部屋を大掃除していたら、私のネガアルバムが出てきました。

中を見ると、1986年9月から1988年2月まで、新婚旅行中のものを除く22本。
キャンプやいちご狩り、ディズニーランドなどなど、息子が生まれる前の結婚前後の時期。
またそれ以前の物や息子が生まれてからのモノも数十本、しかも保存状態はメチャクチャ良い
ものもあります。

実はポジフィルムのスキャンは大部分(約300本)が片付いてるんですけど、ネガは変色の
度合いも皆違うので、スキャンの際は多少の調整が必要で、どうしても後回しになっていて、
今までにスキャンしたのは30本あまり。
70~80年代の物も合わせてまだ相当数がスキャンせずに残っていて、今日、出てきた分も含め
るとおそらく200本は軽く超えると思います。

「時間ができたら・・・」なんて思っていたんですが、フィルムスキャナも随分使ってるので
いつもまで使えるかわからないし・・・
これは今からボチボチやらないと、いかんですね。


そんなネガを眺めていて見つけたのを早速スキャンしてみました。

20170325a.jpg

1987年10月から11月にかけて出張した台湾・台北で現地のメンバーと行った忠烈祠。

台湾政府が管轄する戦没者を祀る祠(今調べた)で、衛兵の交代式で行われるライフルドリルが
メチャクチャ洗練されています。

20170325b.jpg

行進の時の手の振り上げ、ドリル、「一糸乱れぬ」とはまさにこのこと。

この時の出張、結婚して1ヶ月半ほどでの出張で、しかも1週間の予定が2週間になり、3週間に。
奥さんには連絡しなきゃいけないし、国際電話も高い時代、確か電話代も10万円を超えたような
記憶があります。(メチャクチャ怒られた)

今のようにケータイで気軽に国際電話なんて考えられなかった時代ですね(笑)

by かねごん

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Go Dutch

昨日は真冬のような寒さで、家から見える丹沢の山々の上の方がほんのり白くなってました。

でもって今日はポッカポカの天気。
ちょっと気温差が大きすぎて、体調管理に要注意です。


ところで「Go Dutch」って聞いたことありますか?
Dutch=オランダ、オランダ人を指す言葉なんですけど、Go Dutchというと「割り勘にする」
という意味になります。
(オランダ人に向かって言ってはいけません)

オランダは人におごるという習慣がない(一説ではケチという説もあり)とかで、それが
「オランダ式=割り勘」という風になったらしいんですが、先日のオランダ出張で実体験。

初日の会議が終わって、レストランに集合してのディナー。
料理も美味しく、話もそれなりに盛り上がって、昼間のバトルも忘れて楽しいひと時。

そろそろお開き・・・って時間の時に「ハイ今日のディナーは一人53ユーロだよっ!!!」
わかっている連中は「ホラやっぱり!」って顔。
自分たちもレストランに向かう道で、「これでGo Dutchだったらたまらないねぇ」なんて
冗談を言っていた矢先のホンモノの「Go Dutch」
しかも総額のレシートを見せて個別のレシートは無し!!!

これじゃ職場にも請求できない53ユーロ=約6600円・・・日当ぶっ飛んだで、赤字です。

20170322a.jpg

そうしたら今日になって、会議の写真のダウンロードの案内があって、その中にレシートの
写真も・・・総額のですが・・・今さら遅いっちゅうの!!

しかもよく見たら、21人分の会計を18で割ってる・・・3人招待客がいたってこと???
う~ん、なんだかなぁ><


20170322b.jpg

気分直しに、ザーンダムの駅前のショッピング&オフィスビル。

ホテルの部屋から撮った写真ですけど、このオモチャ箱感・・・ほかの街じゃ見たことない
建物・デザインです。


さて、明日1日頑張ると5連休に突入ですね。
桜の情報とにらめっこしましょう。

by かねごん

確認ミス  IC切符

今日はいろいろ溜まった特別休暇の消化でお休みです。

実はこの職場に来てから、出張などで発生する特別休暇のルールをよく理解しないでいて、
年度末に今日も入れて都合6日の休暇を取らなければならない・・・という状況に!

まぁ自分もよく規定をよく読んでいなかったので???でした。

職場が変わればそのルールも変わるのは当然なのに、確認ミスでした。
幸い急ぎの仕事は先週の出張の報告書をまとめて来週提出するだけで、しかも大体は昨日、
同行していたメンバーと打ち合わせて9割がた完成しているので、若干余裕もあるくらい。

そんな訳で来週も金曜日は休み、再来週に至っては水曜日だけ出社で、あとは休みです。
ま、一応メールのチェックくらいは毎日しますけどね。

でも3月最後の週が休みってことは・・・桜も咲いてくれると嬉しいです。


<切符>

先日のブリュッセルでもそうだったんですが、今回のオランダも・・・鉄道の切符がIC化
されてました。

20170317.jpg

下がオランダのザーンダムからザーンセ・スカンスまでの当日往復(Dagretour)券。
中がブリュッセル市内の1日乗車券(表ではなく、裏に印刷される)。
そして上の大きいのが窓口で買ったブリュッセルからルーベンまでの週末往復切符。

良くわからないですが、基本的には自動券売機で購入できる範囲の切符がIC化された
感じなのかな?

当然、駅のホームやバス、地下鉄、トラムに据え付けられている改札機も、昔の機械的な
ガッチャンスタンプからICリーダに変わっていたし、ブリュッセルの地下鉄は全て日本と
同じように自動改札機が据え付けられていました。

でもこれね、使い捨てのICカードなんですよ。
切符の単価はIC化するのでかなり上がるはずですが、運賃は変わっていないってことは、
それを上回る収益があるってこと???

もしかして無賃乗車が多い???

もともと欧州の鉄道の駅には改札機はなく、自由にホームに行けてタダ乗りもできる構造。
欧州では、こうした公共機関の無賃乗車やキセルというのは非常に罪が重く、目玉が飛び
出すような罰金が待っているとの話は聞いたことがありますが、やはり時々検札が回って
きて取り締まっているくらいじゃダメなんでしょうか?

ま、背景はわからなかったですが、偽造もできないちょっと値段の高い切符です。

by かねごん

完全リセット   跳ね橋

一昨日、さんざん寝たおかげで昨日・今日は時差ボケは完全にリセットして仕事復帰です。

いつもなら大丈夫・・・と言っても、若干の時差ボケはあるもの。
なんかこのくらいスッキリ時差ボケ無しってのも久しぶりな気がします。

このところ朝10時くらいに成田に帰ってくるのに比べて、今回は夕方で、家に帰って食事
したら寝るだけだったのが良かったのかなぁ??


<跳ね橋>

オランダは運河の多い国で特にアムステルダムは網の目のように運河が発達しています。
元々土地が低いので運河と陸地の高低差もあまりなく、ちょっと大きな船は橋の下を通れず
跳ね橋になっているところも。

そんな橋がアムステルダム中央駅から南に1km程のところに今でも残っています。

20170315a.jpg

マヘレの跳ね橋
アムステル川に架かる橋で、1671年に作られたアムステルダムに現存する唯一の木造の
跳ね橋だそうで、現在の橋は1934年に架け替えられ、1994年まで手動で橋の開閉をして
いたそうです。(現在は自動開閉)

20170315b.jpg

橋を渡ってみました。
橋が跳ねる時は、この信号が赤になって交通を遮断します。

20170315c.jpg

橋の名の入ったプレート、「ge」を「ヘ」と発音するみたいです。

20170315d.jpg

昔の名残の開閉用ハンドル。
今は自動化されたので動きません。

20170315e.jpg

橋の可動部
確かに路面は木製でした。

すぐ近くにもう一つ、似たような跳ね橋がありました。

20170315f.jpg

調べてみたらウォルター・サスキンド橋という名前。
対岸なのでちょっと近くまで行く時間がなかったのですが、これもいい雰囲気の橋です。

アムステルダムは一部治安の良くないところもあるので十分な注意は必要ですが、この
運河に沿った街並みは一度ゆっくりと歩いてみたいところです。

by かねごん

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

パスポート切り替え

今朝、目が覚めたら10時40分、10時間近くも寝てました。

で、今日はパスポートの切り替え申請。
ヨーロッパなどでは、入国してから出国するまで、パスポートの有効期間が3か月(93日)
以上必要で、今の自分のパスポートは3月20日、あと1週間で93日という、ギリギリの期限
での出張でした。

VOIDの穴があけられたパスポート、入出国のスタンプを数えてみたらこの10年間で26回。
残念ながらプライベート旅行は一つもなく、全て出張というのが悲しいです・・・><


さて金曜日の夜は、同行したもう一人と一緒にアムステルダムに行ってきました。

国際会議って周辺国から参加しているメンバーは、夕方には帰国しなければならないので
飛行機の時間に配慮して、遅くとも夕方4時には会議を終了するのがお約束なんですね。

我々のように翌日に帰る参加者には恵みの時間です!

アムステルダムの街を見て歩くのは20年ぶりくらいでしょうか?
アムステルダム中央駅から、ダム広場という大きな広場に向かう途中、振り向くと道の奥に
中央駅がデーンと・・・存在感あります。

20170313i.jpg

20170313j.jpg

そして着いたダム広場の王宮。
35年前の初めて海外出張の時、まだろくにしゃべれない英語で頑張って切符を買い、週末に
列車に揺られてたどり着いたアムステルダムでもこの広場に来ました。

20170313k.jpg

その時の写真がこれ! 初めて聴くバグパイプの音の大きさにびっくりした1枚。
日付を見たら1982年10月9日でした。

ダム広場からは私よりアムステルダムに何度も来ているもう一人が「フラワーマーケットに
行ってみる?」と言うので、私も行ったことの無いフラワーマーケットに行ってみました。

20170313l.jpg

運河を背にした細長い広場に、約150mに渡ってお花屋さんがびっしり並んでます。

20170313m.jpg

さすがにチューリップの国オランダ。

季節にはちょっと早いみたいですが、チューリップ50本の花束が6ユーロ(730円位)から
10ユーロ(1220円位)

メチャクチャ安いです。
この他にもチューリップの球根は20個で4ユーロ等々・・・検疫の関係で持ち帰れないのが
残念・・・って思うくらい。

20170313n.jpg

色とりどりの花に、むさくるしいオジサンも癒されてきました。


さて、明日からは職場復帰。
メールはかなり処理してありますが、今回は出張の報告書をそれなりにまとめなくては
いといけないので、その整理からですね。

頑張って早起きしましょう。

by かねごん

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

This is the Holland !!

夜8時過ぎ、無事に帰宅しました。

土曜日の日本へのフライトは、このところ続いていた午前中の便ではなく、夜の便。
おかげで土曜日の2時過ぎまでゆっくり観光することができました。

オランダと言えば風車・・・ってことでザーンダムから電車で2駅のところにある世界遺産、
ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)に行ってみました。

私がいたザーンダムからはほんの5分、アムステルダム中央駅からでも4駅、18分ほどで着く
Zaandijk Zaanse Schans駅を降りて歩くこと10分ほどで、その光景が飛び込んできました。

20170313a.jpg

まるで絵葉書の中に飛び込んだような、街並みの先に続く風車小屋。
何度か遠くで見たことはありましたが、実際に近くで見るのは初めて。
周辺には10基あまりの風車小屋があって、一部は製粉や製材に今も稼働しているそうです。

20170313b.jpg

近くまで行くと、かなり大きいです。
全体の高さは30mを超えるでしょうし、風車の直径も20mはありそう。

20170313c.jpg

この周りに建つ家々が可愛すぎて、テーマパークのよう・・・と思って対岸を見たら、
昔からの家々もこんな感じ。
しかも各家に専用の係留場があって、水路との関係が密接なことがわかります。

実際に小屋に入ってみると、

20170313d.jpg

20170313e.jpg

絵の具などの顔料を作る小屋では、石のローラーで原料の石を砕いたり、また製材を行う
小屋では大きな鋸が上下して、丸太を板に切断するなど、風力による作業が今も行われて
いるそうです。

20170313f.jpg

風車の回転を伝えるシャフトとギア、全て木製で、用途によってギアを組み替えるそうです。

20170313g.jpg

運河沿いの路ですが、右側が海側の水面(水門で実際の海面よりも低いそうです)、左側は
農耕地ですが、水の高さが、1mくらい違うのがわかります。
この路が大切な堤防の役割もしているんですね。

20170313h.jpg

ちょっと曇り空でしたが、最後の日に「This is the Holland!」に触れることができました。

by かねごん

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

オランダ・ザーンダム着

3月8日、夜7時過ぎ、無事にオランダのザーンダムと言う街に着きました。

以外とね、寒くないです。
セーター着ずに薄手のパーカーでもOK!
もしかしたら相模原よりも暖かいかも?
(今朝の相模原は0℃まで冷えましたが><)

ホテルにチェックインして、夕食ついでに少し歩いてみました。

20170308a.jpg

使われなくなった古い運河の両側に商店がならんで、ちょっと小綺麗な感じがいいです。
オランダ人って割りと大きな体の割に、家はこじんまりしてるんですよね。

20170308b.jpg

広場を囲んで飲食店が並んでます。
小さな街なので、夜8時過ぎと言うのに人はまばら。

ちょっと私好みの街かも・・・
時間が許せば、少し歩いてみたいですね。

ま、何はともあれ明日から2日間の会議。
もう一人のメンバーと一緒に頑張ってきます。

by かねごん

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

リセットせねば

今日は車の点検日だったのをすっかり忘れてました。

スバルから電話がかかってきて「今日は一年点検のご予約をいただいておりますが・・・」

「えっ・・・あっ・・・すみまっせーん!」
「今から持って行っていいですか?」

なわけで、慌てて点検に持って行きました。

スケジュールには入れてあったんですけどね、もう出張でボケボケだし、昨日は夕方に
突然雪が降るわで、み~んな飛んでます。

昨日なんか職場に行っても午前中は委員会だったり、午後はイベントの事務局だったりで
出張のまとめはもちろん、本来の仕事はなぁ~んもしてないし、できるのは来週半ば過ぎ?


20170211.jpg

サン・ミッシェル大聖堂にて
教会の中で、訪問者が祈りをささげる祭壇に灯された蝋燭。



さて、出張で海外の話題ばかりになっていて「新町通を歩く」も、半分をちょっとを過ぎた
あたりで止まったままだし、再開しなきゃいかんですね。

その辺もちょっと準備しましょう。

by かねごん


あとは帰るだけ!

とりあえず今回の出張中の仕事、すべて完了です。

天気がイマイチだったのが残念ですけど・・・ま、お仕事優先ですから(笑)

今夜は荷物をまとめるだけですけど、いつもは紙モノが無くなって、スーツケースは軽くなるのに、
今回は日本じゃ買えないソースやら何やら買い込んで、逆にちょっと重くなりそう・・・

さらに重くなるのがベルギーと言えば・・・のチョコレート。
最近ブリュッセルに来て買うチョコレートの定番がこれ。

20170207.jpg

ピエール・マルコリーニ

ここ以外の店でもいろいろ買ってますけど(そのくらいチョコレート店が多い)、マルコリーニは
現地の工業会の人に教えてもらって以来、お土産だけじゃなく、自分用にも買うくらい。

ホントはここのエクレアがメチャクチャ美味しいんですけどね。
以前買って、ホテルで紅茶を入れて食べて、もう虜になってしまいました。
けど、さすがにエクレアは持って帰れないので、ここに来た自分だけの楽しみです。


ま、重くなったスーツケースも預けちゃえばあとは家までの道だけ何もすることないんですけどね。


そう言えば成田に着く9日、東京でも雪が降りそうとか・・・
天気予報を見たら、そんなにひどい事にはなりそうにないですけど、日中の気温は4℃・・・って
ブリュッセルより寒いじゃないですか><

一応傘は、スーツケースからすぐ出せる位置に入れておきましょう。

by かねごん

次のページ

FC2Ad