道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

ベルリン到着 寒さは・・・

午後3時半にベルリン着。

着陸前に飛行機の窓から雲の間に見える地上は、ところどころ雪景色。
後で聞いた話では、数日前に少し雪が降ったのが、まだ解けずに一部残っているそうです。

で、夕方の外の気温は0℃。
明日の予報最低気温は-4℃。
メチャクチャ寒くはないですが、曇り空なので、日中もほとんど気温差はないみたいです。

ホテルに入って夕食までの間に、同行メンバーと一緒に飲み物等の買い出しにスーパーへ。
なぜか自分の目当てだったオランデーズソーズの素やスープが、2件のスーパーとも売って
なくて「あれ???」って感じでした。

明日、時間が取れたらもう少し見てみよう!!

買い物の後はWitty'sのカリーヴルストを一皿買って皆で分けました。
前回のようにケチャップが濃すぎることもなく、カリーヴルストが初体験のメンバーには、
「これは絶対ビールが合うっ!!!」と、なかなか受けが良かったです。


     20170125.jpg

ディナーに行くときに通った、以前にも紹介したカイザー・ヴィルヘルム教会。

ホテルからは100mちょっとの場所ですが、昨年12月、ここの広場で行われていたクリスマス
マーケットにトラックが突っ込むという悲惨な事件が起きた場所です。
特にそれを思わせるようなモノは何もなかったみたいです。(夜なのでわからない)

ディナーはドイツ料理へ、その辺はまた後で!

明日は最後のひと仕事!
頑張りましょう!!!

by かねごん

癒しに感謝    ドイツで買ってきたもの

今日は奈々の初七日を兼ねて、動物霊園にまだ置いていなかった奈々の写真を桃の写真と一つの額に入れて
置いてきました。

息子は奈々の頭を撫でるように骨壷のカバーを撫でていました。
家内は、奈々が通っていたトリミングのオーナーに言われた言葉を繰り返しながら、涙ぐんでいました。

私だって、そりゃ辛くないわけないです。
でもいつかは必ず来ること、ただそれが早く来てしまったという現実をどう受け止めるか・・・
自分としては、みんなを癒してくれた奈々に感謝の気持ちで送りたいです。



さぁ~て、話は変わって先日のドイツ出張で買ってきたモノ。




日本じゃ売っていないソースとスープばかり。
これが結構美味しいんです。

左下の3つは、鉄板のオランデーズソース。
アスパラガスだけじゃなくて、ソテイしたサーモンやエッグベネディクト等々、用途はいろいろ。
前回は水とバターで解くのを買ってきましたが、バター高騰の折、水だけでできるのを選んでみました。
(味が物足りなければバター追加すれば・・・と、単純な考え)

左上の2つはハーブ系のソースで、肉料理にも使えそう。

そして右側の4つの袋はスープ類。
アスパラガスやオニオン、グリーンXXXのスープ、右下の四角いのはブイヨン。

どれもREWEというスーパーで0.89~1.19ユーロなので、2-3袋ずつ買ってきましたが、これがKaDeWeという
超有名デパートで見たら何と1.6~1.98ユーロ。
やはりこういうインスタントもんはスーパーで買うもんですね。

by かねごん


息子に伝えたいこと    やっぱりベルリンはカリーヴルスト

お盆の棚行、お坊さんも見えて無事に終わりました。
今日は息子も来てくれたので、「毎年こういう事があるから知っておきなさい」って感じ。

やはり自分たちの後、檀家となって墓を継いでもらう訳ですから、何をどうすると言うのを覚える
のではなく、先ず「こういうことがあるんだ」と言うことを知っておいてもらうことが大切だと
思うんですよね。

母も家内と孫も来てくれたので大喜びしてくれました。
いつも私が言っている時に比べると、まぁ喋る喋る!
素直に気持ちが出ていました。



さて今回のベルリンでも、単独行動がなかなかできなかった中、しっかりカリーヴルストを食べて
来ました。(3回だけです)

先ずはヴィッテンベルグプラッツ(Wittenbergplatz)の駅を出たすぐにあるWitty's。




ベルリンでは3本の指に入る店だそうで、Bio食材を使っているので、お値段は少し高めです。
この店の良いところは、注文を受けてからポテトフライ(POMMES)を揚げるところ。
だから"mit pommes"(with french flies)と頼むと、ちょっと時間がかかります。

ソーセージも皮付き(mit darm)と皮無し(ohne darm)が選べます。




私はこの基本に反してポテトは頼まず、カリーヴルスト(皮付き)だけ。
「なんで?」と突っ込まれそうですが、この後同行しているメンバーと夕食もあるので、控えめ
にした次第。

普通はソースをかけて、その上にカレー粉を振るんですが、ここでは逆。
しかもたっぷりカレー粉を振ってから、ソーセージが見えないほどたっぷりのソース。

正直言って、ソースの味が強すぎてソーセージの味がわかりません。
カレー粉もかなりスパイシーで、ソースを落としながら食べるとちょうど良い感じでした。

そして駅前広場の道路の向こう(南側)にあるのがImbiss。




Imbissってあちこちで見る気がするんですけど、チェーン店でしたっけ?

どちらの店の写真でもそうですが、ちょうど夕食前の谷間だったせいか、お客はほとんど無し。
混雑する時間帯ではどちらも行列ができていましたが、うーん、やはりWitty'sのほうが優勢?

で自分も夕食前にもかかわらず、Witty'sに続いてハシゴ!




こちらの方がカレー粉の振り方もソースの量も一般的です。

個人的な意見で言うと、Imbissの方が香ばしく焼けている感じで好みかな?

さすがにこの日の夕食は、かなり控えめにしました。

ちなみにメインディッシュになるようなカリーヴルストはこんな感じ。




ソースがケチャップ系ではなくデミグラス系になってまろやかな甘みと酸味がソーセージの味を
十分に引き出しているのが違うところですかね。
もちろんソーセージも違うんでしょうけど、旨味が違いました。

さて、明日は1週間ぶりの出社。
メールはかなり処理していましたが、机の上が心配・・・

早出してやっつけて、家に帰ってきたら今度は京都行の準備も・・・
ちょっと忙しい2日間になりそうです。

by かねごん


帰ってきました

成田に午後1時半過ぎに着いて、思わず、「なんじゃこの蒸し暑さは!?」
一昨日までずっと雨が降っていたそうで、久しぶりの晴れ間でこの蒸し暑さだったそうです。

ちょっとリムジンバスの間があって夕方5時ごろ、家に帰ってきました。

今回のベルリン出張、雷雨になったり、にわか雨はもちろん、晴れていても突然雨が降ったり、
今まで何度も来ていますが、こんなに荒れた天気のベルリンは初めてでした。

だから仕事ではもちろん、夕食や、ちょっとコンビニに買い物でも折りたたみ傘は必携でした。




で、今日は数少ない晴れ間を無駄にすまいと、寒いのを我慢して行った木曜日に撮った写真から2枚。
先ずは国会議事堂。
ドイツ国旗が強い風で見事になびいていました。

実は前に友人が、夕陽に染まる国会議事堂を撮っていたんですが、マジックアワーの写真、やはり
撮りたかったです。




こちらはちょっと意識して、太陽と雲を入れて撮ったブランデンブルグ門上のクワドリガ
(4頭の馬に牽かれた戦車)に乗った女神像の馬と女神の持つ鉄十字の付いた杖。

東西分離時代、東側にあったブランデンブルグ門は、鉄十字の紋章はナチスを連想させることから
この部分は削られ、鷲も削られて葉冠だけになっていたそうですが、ドイツ統一後にまた民族の象徴として
復元されたそうです。


そういえば、今はブランデンブルグ門の周囲は車は通れませんが、初めてベルリンに行った当時、
門を車が通れたんですよ。




って昔の写真を探したら、ありました。

手持ちなのでブレてますが、2000年7月4日、15年前に初めて行った時の写真。
調べてみたら2002年10月から車両通行禁止になったそうです。

さて、明日は棚行といって、盆にお坊さんが檀家を回ってお経をあげに来る日。
おまけに京都に送る荷物も用意しなくちゃいけないし・・・
ちょっと忙しくなりそうです。

by かねごん


とりあえず「任務完了、帰途に就く」

なにはともあれ、こちらでの打ち合わせ等、すべて終了しましたっ!

今日はベルリンの中心から少し離れたところを訪問しての打ち合わせ。
久しぶりに地下鉄と電車を乗り継いでの移動。
なんか車窓を流れる景色に「外国に来ている」って実感します。

打ち合わせも予定より1時間近く早く終了。
これを逃す手はないと、ホテルに戻って荷物を置く時間も惜しんで、そのまま電車で
ブランデンブルグ門の先まで行って、ウロウロしていたんですが、今日のベルリン、とにかく寒い

最高気温は17℃、しかも風が強いので体感気温は12-3℃しかなかったんじゃないかな?
長袖のワイシャツでジャケット無しじゃ寒いです。

おまけにホテルに戻らなかったので、靴もビジネスシューズのまま。
だんだん足は痛くなってくるし・・・

夕食はアレクサンダープラッツまで足を延ばして・・・なんて考えていたんですが、それどころじゃ
なくなって、5時過ぎに撤収。

ホテルでひと眠りして結局夕飯は近所で済ませてしまいました。


さて、明日は昼過ぎにホテルを出て、帰国の途。
空港に向かいます。

写真は今回、200枚も撮ってないけど、帰ったらアップします。

さて、荷物の整理整理

by かねごん

ベルリン到着

昨夕7時前、なんとか無事にベルリンのホテルにチェックインしました。

「なんとか」と言うのも、実は今朝、セットしたはずの目覚ましが鳴らず寝坊しまして・・・
原因は単純で、いつも仕事に行くときの設定(土日を除く平日に鳴る)のままでした。

幸い雨だったので、家内に車で駅まで送ってもらおうと、出かける15分前にセットしていた家内の
目覚ましで自分も目が覚めたありさま。
雨が降っておらず、歩いて駅まで行くつもりだったら、「完全にアウト」でした(汗汗)

おまけに昨夜は夕食時の9時過ぎから強い風が吹き始め、ホテルに帰った直後、10時過ぎからは
ものすごい雷雨になって、ホテルの窓がビリビリ鳴るほどの雷鳴と、近くに雷が落ちまくり!
ヨーロッパにはあちこち行きましたが、こんな雷雨は初めての経験だと思います。

そんなわけでベルリン二日目、仕事のほうは無難に片付いて一安心。
ただ同行している一人がちょっと体調がすぐれないのが気になります。

そして夕食に出かけるまで2時間ちょっと、近くを少し歩いてみました。

ホテルから西に数百メートル歩くとヴィッテンベルグプラッツ(Wittenbergplatz)という地下鉄の
駅があります。先にベルリンに来ていた友人の情報では、カリーヴルストで有名なWitty's、他にも
スーパーやデパートなどもあるとのこと。



右にある大きな建物がカーデーヴェーという、ドイツ最大級のデパートそして右側にある三角屋根
の建物が地下鉄ヴィッテンベルグプラッツ駅の建物です。




そして駅の北側にカリーヴルストのWitty's、そして道路の向こう南側にはImbisも・・・
夕食前というのに、カリーヴルストをハシゴしてしまいました。

by かねごん


先ずは一歩     元気の元

午後から家内と母の所へ行ってみると、受け答えもしっかりしてきて、自分から話しかけてくる
こともあるし、冗談を言う余裕もある等、一昨日とはずいぶん改善があって、食事もできるように
なったとのこと。

ただずっと同じ姿勢が長いので、腰の圧迫骨折したところがかなり痛むようでした。

それでもまだ一歩ですが、快方に向かって踏み出した感じですかね。



一昨日の母の容態を見て、ちょっと穏やかじゃなかった自分。
本当はこんなこと、考えちゃいけないのかもしれませんが、自分、長男なので万一の際のことも
考えておくのも、家を継ぐ者の役割の一つと父に教わったし、実際そう思っています。

ただ昨日はちょっとネガティブループになっていて、何とか頭の中をプラス思考にしようとして家に
帰ると、友人から元気の元が届いていました。




10日ほどベルリン辺りに行ってきたということで、その土産。

ベルリンのトラムの路線図に地下鉄など鉄道路線図、ホワイトアスパラのスープにハリボーのグミ、
ハイレマンのチョコ、そしてドイツの公共放送連盟「ARD」の付箋にステッカー、ベルリンフィルの
コンサートカードに観光地図。

これ、どれも行ったことのある人じゃないと価値のわからないものばかり。
嬉しいですねぇ、こういうの。

路線図なんて、自分は出張ベースだけど、思わず乗降した駅を探しちゃいます。
出張だと意外とこういうのってもらって来ないんですよね。

いい気持ちの切り替えになりました。

by かねごん


FC2Ad