道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

築地 波除稲荷神社大祭2

今日は月遅れの息子の誕生会。
皆で外食してきました。
そういえば自分もあと2カ月ちょっと。 どこで食べるか考えとかなきゃいかんです。


で、昨日の続きの築地波除稲荷神社の大祭の様子。
今日は神輿の巡行の様子を!

昨日書いたように、ここでの神輿は波除神社の一つ。
だから築地の各町内で交代で、時には混合で神輿を担ぎます。

午後2時ちょうど、先導車に続いてお囃子の曳き車、そして天狗の面に高提灯を立てて、神職、
そして神輿が御旅所を出発しました。

20180610a.jpg

20180610b.jpg

位の高い?神職の方は人力車。

と、目の前まで来た神輿、拍子木が打たれて突然止まりました。
まだ100mも動いていないのに???

20180610c.jpg

どうも御旅所出しは、築地町内の役員さんたちで行われたみたいです。
役員さん⇒お歳の方も多い・・・ってことで御旅所を出てすぐに担ぎ手交代するようです。

20180610d.jpg

担ぎ手が交代してからは、一気に掛け声も勢いがついて、テンションも上がってきます。
こうしてみると、かなり大きな神輿ですね。
案内には「千貫神輿」、もちろん実際に千貫あるのではなく、大きな神輿の代名詞です。

見ていて思うのは、神輿の担ぎ方がとても紳士的だということ。
神田祭のようにハデに神輿を揉むのではなく、「ソイヤ、ソイヤ」で一歩ずつ進む感じです。

そして築地市場の正門を過ぎて「市場橋」と言う交差点。

20180610e.jpg

交差点の向こう側に御旅所が作られていて、お歯黒獅子、大獅子が待機していました。
神輿はここから築地市場に入ってくるので、ここで合流するみたいです。

しばらく待っていると、神輿が到着して、いよいよお囃子のあとに、お歯黒獅子、大獅子、
そして最後に神輿の順に市場の中に入ってきました。

20180610f.jpg

こうして連なってくると、なかなかの壮観です、迫力あります。

20180610g.jpg

20180610h.jpg

20180610i.jpg

そして向きを変えて細い路地に入って行きます。

20180610j.jpg

この時間、多くの店はすでに営業を終えていますが、観光客相手の店は営業中。
その中に神輿が入ります。

20180610k.jpg

横の路地から神輿を見ると、場外市場の商店の軒先を神輿が通って行きます。
神輿と市場が一体になって進む感じ!

このあと、お囃子からお歯黒獅子、大獅子、神輿は一旦市場を抜けて、築地の各町内を
練り歩き、夜8時過ぎに宮入りする予定でしたが、この日は土曜日。
最後の宮入、見届けたかったですが、母の食事当番もあるので、私はここで撤収。

でもこの市場の中を行く神輿。
今まで見たほかの祭とも違う一面を楽しませてもらいました。
来年以降、どのように運営されるのか気になりますが、とにかくいいもん、見せてもらいました。

by かねごん

築地 波除稲荷神社大祭

ちょっと仕事が来週後半までテンパってまして・・・帰りも遅くてブログの更新の余裕もないです。
奥さんにはもう「来週、月・火・水は夕飯要らない!」と宣言、水曜日の母の食事当番も、弟と
奥さんにお願いするっきゃないです。

それはさておき、今週は築地にある「波除稲荷神社」の大祭「つきじ獅子祭」。
築地市場の豊洲への移転を控えて、築地場内を神輿が通る最後の祭?

実はこの祭、2年前にも来て同じようなことを書いてましたが、あの時はすぐに移転が延期。
幸いにもこうして祭ができたわけです。
本当は昨日、100年ぶりと言われる神輿を船に乗せて御旅所に運ぶ船渡御と水鎮祭があって、
それを見たかったんですが、さすがにこのテンパった仕事の中では抜け出せず・・・


ま、とにかく今日の祭を3回ぐらいに分けて紹介します。


神輿の巡航での御旅所は、浜離宮庭園の入り口脇の広場に設けられていて、御旅所出しは午後2時。
12時過ぎに市場に着いてフラフラしながら浜離宮方向へ行ってみました。

20180609a.jpg

御旅所に向かう途中、前を歩いていた担ぎ手の一行。
締め込みに藍染の鎖柄の法被、粋ですねぇ!!

こうした法被姿の一行があちこちから御旅所に集まってきます。

20180609b.jpg

右の大きな屋根が御旅所。
そのまた右端に小さく見えるのは、お囃子の曳き車。

大きな広場が様々な法被で埋められ始めました。

20180609c.jpg

神職さんも入念な打ち合わせ、そしておかみさん達も、揃いの着物に帯。

20180609d.jpg

ここでは神田祭のように町内ごとの神輿ではなく、波除稲荷神社の神輿を皆で交代に担ぎます。
あちこちで町内の役員さん同士があいさつを交わす姿が、見ていて気持ちいいです。

20180609e.jpg

ふと目に留まったとある町内の役員さん。

袴姿にカンカン帽、そして右に半分だけ覗いている帽子は麻。
江戸のハイカラですねぇ!!

こうして粛々と集まってくる人を見ているだけでも楽しいし微笑ましいです。

なわけで、明日は神輿の巡行を紹介します。

by かねごん

たった1/3ですが

すっごく蒸し暑い夜です。
さっき、母のところから帰ってくるとき、車の外気温は27℃。
エアコンの設定は25℃なんですが、車から降りるとメガネが真っ白に曇るほどの湿度。
たまりません><

今日は海自の横須賀地方隊のサマーフェスタで、基地の開放&艦船の公開だったんですが、最近の
諸々の事情・・・ってやつで、主な艦船が出払ってしまい、公開される船は砕氷艦「しらせ」と
試験艦「あすか」だけ?

どうしようか悩んだんですが、一緒に行くはずだった奥さんも「なんか物足りない?」ってことで
中止にしました。


で話は変わって昨日、仕事終わりに築地本願寺の盆踊り、行ってきました。

昨日大きな火事となった築地場外市場。
気になって本願寺に向かう途中、通ってみたんですが、火災の影響を受けなかった店は、向かいの
店でも今日からしっかり営業していて、気丈さを見せていました。

20170805a.jpg

今回焼けたのは、特に老舗店が並ぶ一角。画面中央は場外市場の一角にある墓地。
ご先祖さん、さぞかし驚いたでしょうね。
あの路地の広さでの再建は、消防法の絡みもあるので難しいでしょうが、早く元気な姿を見せて
ほしいものです。


さて本題の盆踊り、夜7時開始でしたが私が行った7時半頃は、もう踊りの輪はいっぱい。
やぐらの下の一段高いところで先生?がお手本になって踊って、それを幾重にも囲むように一般の
人の踊りの輪ができてます。

20170805b.jpg

写真の外側の提灯が、踊りの輪の最外周。
この外側は、飲食席や「見る阿呆」の場所です。

昨日はちょっとテーマを持って、踊りの「手先」を撮ってみようと、レンズは85mmの単焦点一発。
さすがに踊りの流れる動きと、85mmのピントの浅さで、なかなか手先のピントが取れません。

多少ボケていても「何とか見られる・・・」のが全体の1/3だけ。
デジタルの時代で良かったです(笑)

20170805c.jpg

20170805d.jpg

20170805e.jpg

20170805f.jpg

20170805g.jpg



by かねごん

どんと焼き

底冷えのする寒い一日、午後2時前からは冷たい雨も降り始めて夕方には本降りに。
山梨の方では大雪警報が出ているそうで、明日未明まで降るとの予報です。

そんな中、今日は奥さんとここ何年か続けている、先代のワンコたちへの墓参りに行き
その後初詣に行ってきました。

先代のワンコたち、前にも紹介したと思いますが、車で30分ほどのところの動物霊園で
眠っています。
そんなに大きな霊園ではないですが、毎日それぞれの水を欠かさないなど、管理も良い
ので安心してお願いできてます。

記帳を見ると、毎日10数件の方がお参りに見えているようで、どこの家でも大切にされ
ていたいたんだな・・・というのがわかります。

年に1回しか来れないですけど、奥さんともしばし、先代の話題に花が咲きました。


<どんと焼き> (新町通を歩くはちょっとお休み)

初詣に行った小さな神社、ちょうどどんと焼きをやっていました。

20170108a.jpg

地方によって「どんと」「どんど」等、いろいろな呼び名があるそうですが、私も
小学校3年で相模原に越してきてから初めて知った行事でした。

でもその当時「どんど」と言ったか「どんと」だったかまでは覚えていません。

既にかなりのお札や飾りが燃されていましたが、ちょうど私も納めようと思って持って
来た正月飾りを、一緒に焼いていただきました。

20170108b.jpg

消防団の方が上から霧状に水をかけて、火の勢いを調整し、また火の粉が飛ばないよう
注意していました。

振る舞い酒があったり(私は飲めません)農家さんが野菜を安く売っていたり、ただ
肝心の子供たちの姿があまり見えません・・・

どんと焼きってこの火で木の枝に刺したお団子を焼いて・・・
私たちが来た時にはすでに終わっていたみたいですが、地元の野球部の子供たちが
お参りしていました。

20170108c.jpg

どんと焼きなんて見たの、何10年ぶりでしょうね?
たぶん小学校の時以来・・・

なんて話を奥さんとしながら、しばし炎に暖を感じていました。
by かねごん

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

今年も「Bon Dance」

本気の夏になってきたみたいです。
朝からムッとする空気、昼はカッとする陽射し「夏だぜ、夏ぅ!」

今日は海上自衛隊横須賀基地の公開だったんで、遊びに行ってきたんですけど、いや暑い!
「いずも」をはじめ「てるづき」「たかなみ」そして砕氷船「しらせ」が展示されてました。
「しらせ」に入るのは初めてだったんで、なかなか面白かったです。
船の中にいる時間が長いのに、わりと陽に焼けた感じです。

写真はまだパソコンに落としてないので、明日以降に!


で、昨日の話なんですけど、昼過ぎから霞が関のお役所へ打ち合わせに行ってきて・・・
そして仕事の後は、去年も行った築地本願寺の盆踊り大会へ行ってきました。

20160805a.jpg

夜になっても十分暑いんですけど、遊びと仕事じゃ、外にいても気持ちが違いますね。

20160805b.jpg

なんか去年よりも人が多い気がするんですよ。
人気の屋台は30m近くも行列ができてるし、通路も身動きできないほど。
なんか部分的に祇園祭の宵山みたい・・・(行った人しかわからない?)

20160805c.jpg

インド様式の建物の前にやぐらを組んで、その周りに踊りのスペース、更にその周りには
テーブルを並べて飲食スペース、そして通路を挟んで一番外側に屋台のスペース。

20160805d.jpg

踊りの輪も五重・六重となって明らかに去年より多い!
浴衣姿だけじゃなく欧米の人も、会社帰りのサラリーマンはカバンを肩に輪の中へ。

なんか、ここの盆踊りって、踊れる踊れないにかかわらず、輪の中に入りたくなるんです。

で、私も見様見真似で輪の中に入ってみました。
なんかね、同じレベルの人が多いので、「踊れないから・・・」なんて関係ない。
楽しいです! 輪の中に入れて嬉しいです。

輪の中で楽しむことが一番なんですね。

2曲ほど輪の中にいたんですけど、ザックが背中に密着して、さすがにこれは暑い!
いくらなんでも・・・と、ここで輪を抜けましたが、いや思った以上に楽しかった。

築地市場が11月に移転して、来年の盆踊りはどうなるんでしょうね。

来年またあったら、また輪の中に入って楽しみたいですね。

by かねごん

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

開放! 築地の祭り

昨日の雨、梅雨と言うよりも豪雨に近い雨。
駅まで行くのに一応スパッツを着けても膝から上がビショビショ。

外出すれば職場から地下鉄の入り口まで、数十メートル歩いただけでビショビショ。

風もあったんでよけいに濡れます。
しかも天気の回復が遅くなって、外出から帰ってくる時もまだ雨でビショビショ。

さすがに遅くに帰る時間には雨も上がってました。


さて、先週末から続いたカンヅメ仕事、とりあえず解放されました。\(^o^)/

この後まだ、これに関わる仕事が残ってますが、まだそれは来月のこと。
今日はしっかり定時で上がらせていただきました。



一昨日の築地の祭り、派手さはないですが、「築地の粋」をあちこちで感じました。

20160613a.jpg

先導するお囃子の引き車の上に構える桃太郎。

20160613b.jpg

神田祭じゃあまり見ない? 締め込み姿の男衆もあちこちに。

20160613c.jpg

子供の締め込み姿、かわいいです。
周りの大人に冷やかされて、テレ顔・・・の写真もあったんですが、Web上に公開するのは
いろいろ問題にもなるので、斜め後ろ姿だけ。
表情・・・察してください。

20160613d.jpg

休憩時間は町会同士でしょうか? 談笑する姿が見られて、築地の暖かさを感じました。

来年から築地市場は無くなりますが、この祭りは新しい形で続くという話を、波除神社の
宮司さんが話しておられました。

どんな祭に進化するんでしょう。
来年が楽しみです。

by かねごん

Bon Dance !

昨日夕方、職場の窓越しに太鼓の音が・・・見ると築地本願寺に提灯の灯りが・・・
29日から明日1日まで、築地本願寺で納涼盆踊り大会が開かれていました。

お祭り好きな私も仕事を6時過ぎに終わらせて「見る阿呆!」で行って来ました。




築地本願寺は日本のお寺ではユニークなインド様式と言われる石造りの建物。
関東大震災で本堂を焼失して、昭和9年に再建されて現在の姿になったそうです。




本堂前は広いので、2段のやぐらを組んで、その周りに「踊る阿呆」の踊り場、そして一番外側に
テーブル並べて「飲む阿呆」向けの席もたっぷり用意されていました。




築地ですから、屋台もそれなりの店が並んでます。
ホルモン煮込みで有名な「きつねや」は、行列の長さもダントツで、さすがにあきらめ。
玉子焼で有名な「松露」の玉子焼きサンドイッチも、ガンガン売れてました。




「さすがだなぁ」と思ったのは、「踊る阿呆」が本当にいっぱいいたこと。
規模は大きくても踊るのは保存会の人が中心・・・というのではなく、踊りの輪が幾重にもなって、
個人の時間の楽しみ方を知っている欧米の観光客も輪に入って「bon dance」を楽しんでいました。
(団体行動中心のC国人観光客はこういう輪には入れないようでした)




8時過ぎて空を見上げると、本堂の上にはきれいな満月。
夏のちょっといい時間を楽しませてもらいました。

by かねごん


今週はお疲れです

今週は月曜日以外はずっと早出続き。
帰りも遅い日が続いてさすがにちょっとお疲れモードです。

それでも昨日、霞が関の方での仕事が片付いたので、ひと段落つきました。

連日寝不足だったので身体ももうガチガチのバリバリ、背骨と肩甲骨の間辺りは、触ると痛いほどまでに
なっていて、今日は整形に行ってしっかり揉みほぐしてもらってきました。

リハビリの先生、私の背中を肘まで使って、グイグイ体重をかけて押してたところを見ると、相当バリバリ
になっていたみたいです。
リハビリの後は、背中から汗が出るような感じまでしてました。

ま、そんなに一気に体がほぐれるわけじゃないですけどね、それでもずいぶん楽になったです。



さて、遅くなりましたが神田祭の「担ぎ手の手」。
今回はカメラを陣取った場所がちょっと高い位置だったので、ほとんどがこの位置からの撮影で、結果
イマイチ迫力に欠ける写真となってしまいました。

今回はその中でも、「まずまずかなぁ・・・?」ってのを4枚。(トリミングしてます)
やはり下から担ぎ手と同じ目線で撮らないとダメかなぁ・・・ 2年後また、頑張りましょう。










by かねごん


お巡りさんに傘

台風、ちょうど帰宅する頃から雨が強くなり始め、家まで歩く間にだいぶ濡れました。
でも温帯低気圧になったこともあってか、11時過ぎると雨もやんで外は静かになってますね。

明日は台風一過、晴れて都内の予報最高気温は29℃・・・ってマジ???
このヒートショックは勘弁してほしいですっ!




まだ神田祭の写真、当然?整理できていないですが、人のすごさはこんな感じ。

参道は全く動きません。
というか、先に宮入を控えた神輿が待っているので、これが動かないと人も動けないんです。

私はこの裏手にある通りを知っているのでそちらから入りましたが、これを知らないで並んでいたら・・・
境内にたどり着くまで、きっと1時間以上はかかるでしょうね。




鳥居の外にはお巡りさんの警備車両。

暑い中、赤い傘が・・・一張。
警察でこんな傘を用意するわけないし、地元の粋なはからいでしょうか?

今週はちょっと早出が続くので、今日はこれで寝ます!

by かねごん


神田祭 ご遷座四百年奉祝大祭

朝から気持ちよく晴れて、毎度の「担ぎ手の手」に魅せられて神田祭の宮入、行って来ました。

神田祭は2年に1度行われますが、今年はご遷座四百年奉祝大祭ということで、例年になく人出もすごく、
狭い境内の中は見物の人でいっぱい。
そこに神輿が入ってくるので見物人をどけて神輿の道を確保するので、更におしくらまんじゅう状態に。

割と本殿近くの人の動きの少ない場所を確保して、午後3時過ぎまで撮っていましたが、さすがに今年は
人がすごく、この場所も身動きができないどころか、自分がカメラを構える事すらちょっと危ない状態に
なってきたので、途中で撤収して来ました。

ここまですごい人は、なかなかないです。






まだ一通りチェックしてないんで、とりあえず。

神輿の飾り縄の房の揺れ方で、神輿の動き、伝わりますかね?

先週の厚木基地に次いで、まただいぶ日焼けしちゃいました。

by かねごん


次のページ

FC2Ad