道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

自分の時間を楽しんだ一日

昨日は奥さんと買い物に出た以外は家でゆっくり・・・昔の仲間と久しぶりにSkypeしてみたり。
ワールドカップは始まるし、AKB総選挙にル・マン24時間、テレビにネット中継、忙しいです。

そして今日は、奥さんが東京ドームへキスマイのコンサート。
息子も出かけていて、夕飯はサンドイッチにちょっとおいしい紅茶を淹れて、瑠奈とのんびり。
久しぶりにゆったりとステレオの音にひたって、いい時間を過ごしてました。

そして奥さん、昼過ぎに出て行って、今さっき、11時過ぎて騒ぎ疲れて帰ってきました(笑)

家族みんなそれぞれ、自分の時間を楽しんだ一日・・・ってことですね。


さて、波除稲荷神社のお祭りに行った日、昼過ぎの場外市場、さすがに観光名所築地。
昔は多くの店が土曜日は休んでいたのに、今は違います。

20180617a.jpg

なんと言ってもこの人出。

職場の近所なので、平日は欧米人も多く見かけますが、この日はアジア系の人が多かったです。

20180617b.jpg

とにかく歩きにくいくらいの人・人・人

さすがと思うのは、英語や中国語の看板だけでなく、話せる店員さんもいる!
国際観光都市ってだけあります。
そういえば時々行く場内の定食屋のオヤジさん、付け焼刃じゃない、結構きれいな英語を話して
いてびっくりしたこともありました。

20180617c.jpg

欧米の人に人気なのが、この生牡蠣。

生牡蠣は彼らも食べる習慣があるので「築地で生牡蠣食ったぞ」って土産話になるんでしょうね。
レモンをかけたり、タバスコをかけたりして楽しんでます。

20180617d.jpg

インスタ映えを狙って、築地とは似合わない???こんなものも売ってました。

白イチゴって高級なんだっけ?

20180617e.jpg

最近はトリップアドバイザーなど、ネットで有名になる店も多いらしく、行列のできる寿司屋も
少なくありません。

これはどう見ても午後2時には店を閉められそうにありません。

20180617f.jpg


20180617g.jpg

この2つの建物が、築地の移転後に仲卸を中心とした店舗が入る「築地魚河岸」。
海幸橋棟と小田原橋棟があって、60店舗ほどが入っています。

築地が豊洲に移転すると、銀座界隈の料理屋への食材の供給は大きな問題。
ここを拠点にそれを解決しようってわけです。
3階には食事ができるエリアもあって、一般の人も食事ができるようになっています。

個人的には今のゴチャゴチャした所が好きなんですが・・・この前のような火事が起きると
どうしようもないし・・・中卸売場の老朽化を目の当たりにすると・・・仕方ないですね。

by かねごん

おわたぁ   築地場内

いやぁ~っ  オワタァ!

職場のイベントでテンパっていた仕事、昨日無事終了っ!
この間、久しぶりに連日11過ぎに帰宅して、風呂に入って、即寝の連続。
8時に出勤したら退勤まで職場に缶詰めだったんで、昼食も1階のコンビニで弁当買って、席で食べて。

疲れたのと達成感が重なる・・・複雑な気分ですねぇ。

今日は解放されたんで、ゆっくり寝て出勤も9時半。
定時で上がって、外の空気を吸いに銀座をフラフラして帰ってきました。
多少はメリハリつけないとね!

ま、今日からはこのイベントで止まっていた仕事を再開して、それはそれで・・・(-"-;A ...アセアセ


<築地場内>

波除稲荷神社の祭りに行く前に、築地市場内を少し歩いてみました。

築地市場の中卸売場は、午前10時までは取引の車の出入りも多いので、中には入れません。
(6月15日からは11時以降になるそうです)
また、マグロのセリは別口で早朝、先着順の受付で見学できます。

私が行った12時過ぎは、すでに仲卸の仕事も終わって、店の片づけもほぼ終わり、閑散とした時間。

20180615a.jpg

まず建物に入る前に目に飛び込む、発泡スチロールの処理場。

築地にはたくさんの鮮魚が送られてくるので、鮮度を維持するため、魚が発泡スチロールの箱に
氷詰めにされてきます。
使い終わった箱は、ここで溶かされて、塊にされてリサイクルされるそうですが、すごい量です。

週末のこの時間でこれだけ、平日はもっと山になってます。

で、中に入って行くと

20180615b.jpg

電気も既に消されて、ちょっと暗いです。

築地の中卸売場は大きく扇型になっていて、その弧に沿ってこうした広い通りが幾重にもあって、
その通りの間に数百の仲卸さんがひしめき合ってます。

20180615c.jpg

市場の必需アイテム、ターリーと呼ばれる電動運搬車。
メチャクチャ小回りが効いて、これが市場の内も外も、ひっきりなしに走り回ってます。

大通りの間にひしめく仲卸さん。

20180615d.jpg

20180615e.jpg

早朝からの営業を終わって、一部の店だけがまだ片づけをしていました。
この発泡スチロールの山も処理場に運ばれるんでしょうね。

20180615f.jpg

ぐるっと回って出荷場。
さすがにこんな時間には誰もいません(笑)

歩いてみてわかるのは、「さすがに老朽化しているな」と言うこと。
豊洲への移転、いろいろありましたが、老朽化だけは事実。
10月11日以降はこの姿も見られなくなっちゃうんですね。

できればもう少し威勢のいい時間に来てみたいものです。

by かねごん

見慣れない光景

昨夜寝る前に、ふとメモバインダーを見ると1通のハガキ。
「あ、土日でバーゲン!」

東京ドームの横で、毎度のスポーツ用品メーカーのバーゲン。
先ずは出かけて物色。
この前買ってなかなか歩きやすかったパンツを追加で2本、それに20年以上着て疲れてきたので
パーカーを1着購入しました。

で、その後はまたいつものように秋葉原へ行ったんですけど、ちょっと今まで見慣れない光景が。

20180519a.jpg

「なんじゃこの人だかりは???」
ざっと200人以上?
AKB劇場とは離れているし、芸能人の出待ちにしては外国人も混ざってる。

しかも皆一様に下を向いてスマホを・・・ポケGoだぁっ!!!

歩きながら何人かの画面をのぞいてみたら、赤黄色の鳥が・・・帰って来て調べたら「ホウオウ」
だったみたいです。
写真奥の道を歩いて行っても半径50mくらいがこんな感じ。

20180519b.jpg

さすがに時折車も通るので、皆さんちゃんと端に避けてますが・・・

この光景、初めて出会ったけど、誰も話し合うでもなく、顔も上げず、立ち止まって、ひたすら
スマホに向かって・・・何かね、傍から見ると、ちょっと異様な雰囲気ですよ。

ビッグサイトでコミケ(コミック・マーケット)が開催される時は、日本中から集まったヲタが
秋葉原にも流れてきますが、それはこういう感じじゃなくて、一応人も流れるし。

これがポケGoの怖さかぁ・・・

by かねごん

夜桜

今日は午後から東京駅の地下にある貸会議室で打ち合わせがあって、そのあとに懇親会。

この業界の技術の重鎮ともいえる方々の中に同席させてもらって、図々しい私もさすがに緊張しました。

で、懇親会からも解放された後、夜桜を愛でに、上野公園をフラフラしてきました。

昨日の午後からは風も強くなって、都内の桜はかなり散り始めて、おそらくこれが「今年最後の桜」でしょう。

20180330a.jpg

夜8時頃の上野公園。

よく見ると2-3割の花が散って、葉桜になり始めていますが、まだまだ見事な桜です。

20180330b.jpg

見上げると晴れた空には満月が・・・夜桜見物には最高の演出です。

20180330c.jpg

・・・見とれちゃいますね。

で、目線を落とせばこうして花見を楽しむ人たち。

20180330d.jpg

一応ロープが張られて、この外側で宴会をやるように仕切られています。
ボンボリは8時に消灯されたみたいですが、宴会はまだまだ続きます。

でも、昔のようにバカ騒ぎする輩はほとんどなく、散歩する側も気持ちよく楽しむことができます。

20180330e.jpg

ひと通り散歩して帰り際、見上げた空には満月に照らされる桜。

日本に生まれてよかったなぁ・・・楽しませていただきました。

by かねごん

人形町で見つけたもん

今日は出張の資料準備で一日家の中。

ふと気づくと訪問先の住所と担当の携帯番号がわからない・・・
名刺を置いてきちゃった。

幸い他の用件でもいつでも対応できるように、メールデータのバックアップを持っていたので、
その中で探すことができて一安心。

今回、夕方に着いて帰りは早朝、仕事は1日だけなので、ちょっと気が緩んでいるかも・・・
注意注意!!


<人形町界隈>

人形町界隈を歩いていて見つけた、あんなもん、こんなもん。

20180210a.jpg

20180210b.jpg

和風の店が多い人形町の中で、パリの一角のような雰囲気の構えのレストラン。
外に小さなテラス席もあるし、建物の角のこの絵タイルがすごくオシャレです。

あとで打ち合わせ先で聞いた話では、ここの奥様、フランス人で元々は近くのおそば屋さんに
お嫁に来て、御主人とこの店を始めたとのこと。
で、おそば屋さんもご主人のご家族で営業しているそうです。

今度打ち合わせのある時は、また早めに来て、ランチしてみようかな・・・


20180210c.jpg

この看板を見て、その意味がピンと来る人は、結構これが好きな方?

桜の花に肉の文字・・・桜肉・・・つまり馬肉のお店ですね。

私も馬肉、大好き人間。
去年熊本に行った時には、いとこの実家で馬刺しをごちそうになったり、一人で行くときも
たいてい馬刺しは食べに出かけてます。

うーん、東京で普通の居酒屋にある馬刺しは、半解凍のハムみたいな薄さの馬刺しが多くで、
ずっと敬遠してきたんですが、ここは専門店。
ランチあるのかなぁ・・・気になります。

by かねごん

相模川絶景

今日は愛車の2度目の車検。

ディーラーに車を持ち込んだ後、天気もいいし、風もないし、陽射も暖かなので、相模川の方へ少し
歩いてみました。

相模線の下溝と原当麻の駅の間。(気になる方はGoogle Mapで見てください)

ブラタモリ風に言うと?、ちょうど相模川の河岸段丘の中断、段丘崖もある地域です。

20180114a.jpg

段丘崖の上を走る道路から眺めると、手前に相模川、厚木側の段丘、そして奥に丹沢山地を望む絶景です。

時々車で通るので、景色が良いのは知ってましたが、ゆっくり歩いて眺めるのは初めて。
こうしてのんびり見ていると、相模原の景色、すっごくいいところだなぁ・・・と実感します。

上の写真の一番左側が大山(おおやま)1252m。

20180114b.jpg

大山のアップ。
山頂には阿夫利神社があります。
大山は阿夫利山とも呼ばれていて、語源は雨が多いので雨降山からきたとか・・・小学校で習ったなぁ。

小学校の遠足で初めて登って以来、都合3回くらい登ったと思います。

20180114c.jpg

こちらは北側で、画面左半分で一番高い、比較的なだらかな山頂があるのが丹沢山1562m、そして
画面右半分で一番高いのが丹沢山地の最高峰蛭ヶ岳(ひるがたけ)1673m。

丹沢山は30前後かなぁ? 1度登ったことがあります。

最近こんな広々とした景色に触れることがなかったので、ちょっと萌えて帰ってきました。


なわけで、スミマセン、ブラティスラヴァの続き、お休みしましたm(__)m

by かねごん

昼から焼肉

今日は昼からクラス会の準備の打ち合わせ。

会場となるホテルで打ち合わせして、会場の中と設備を見せてもらって、テーブルレイアウトや
上座の位置、スクリーンやパソコン操作の確認等々、具体的な打ち合わせ。

で、そのあとは幹事同士で毎度の焼肉しながら打ち合わせ。
昼の2時前から食べ放題の2時間、腹いっぱい焼肉食べて、夜になっても全然空腹を感じません(爆)

さすがに店に入っても、昼から焼肉してる客は2-3組。
確かにゆっくり話すにはいいですが、今日は母の食事当番・・・母より自分の方が夕食、量も少なく
「どこか悪いの?」と心配されてしまいました。



<日本橋川を歩く-5>

常磐橋を過ぎると流れは左に折れて、日本橋までは、一石橋、西河岸橋を挟んで100mほど。
この界隈は江戸時代、大変な盛り場だったそうで、迷子も多かったので「迷子の道しるべ」と言う
石碑も建てられ、今に残っているそうですが、残念ながら歩いているときには気づきませんでした。


20170910a.jpg

また一石橋の名前は、橋の両岸に「後藤」の屋敷があったことから「五斗+五斗=一石」という
洒落で着いた名前だとか・・・粋ですねぇ!
この先は日本橋ですが、せっかくなので西河岸橋を渡って南側から日本橋に向かってみました。

20170910b.jpg

西河岸橋から見た日本橋。
こうしてみると高速道路の圧迫感、きれいなアーチの橋の姿を台無しにしているのがわかります。

20170910h.jpg

そして日本橋に到着。
こうして見ると、橋そのものより上を走る高速道路が「日本橋?」って感じです。
橋のたもとにはこんな説明もありました。

20170910c.jpg

20170910d.jpg

ずいぶん架け替えられていたんですね。

そして日本橋の欄干にいる狛犬と麒麟。

20170910e.jpg

20170910f.jpg

反対側と揃って阿吽になっているようですが(そこまで見なかった)、狛犬は玉の代りに東京都の
紋章を携えているのがまた粋です。

20170910g.jpg

「日本橋 三越本店」

ここまで来たので、あと1㎞ちょっと先の隅田川への合流まで行ってみたかったんですが、空から
ポツポツと雨が・・・

今回はここまでで撤収しました。
この先、また機会があれば歩いてみたいと思います。

by かねごん


あらためて通勤時間って

昨夜はガチで11時過ぎまでインターネット会議やって、ホテルで朝まで爆睡です。

泊ったホテルは職場から徒歩3分。

7時半まで寝ていても、ホテルの朝食をとって、8時過ぎに出勤できるこの手軽さ。
つまり7時半と言えば、9時過ぎに出勤するときに乗る電車の時間。

改めて30年近く続けている自分の通勤時間の長さ・・・実感しましたね。



<日本橋川を歩く-4>

一ツ橋を過ぎると神田橋、鎌倉橋と続きますが、鎌倉橋の濠の外側は鎌倉河岸といって、魚や青物
などの生鮮食品から米、酒、さらには材木や茅に至るまでの物資が集める場所だったそうです。

橋そのものは関東大震災の復興事業で架け替えられた橋ですが、こんな跡がありました。

20170908a.jpg

20170908b.jpg


橋のたもとにある説明では、第二次大戦中1944年11月の米軍の空襲で、爆撃と機銃掃射の際に受けた
銃弾の跡が大小30個ほど・・・

こんなところに戦争の傷跡が残っていました。

この辺は約100mおきに橋や橋の跡があります。
中央線が通るレンガ造りの「龍閑橋架道橋」は、橋そのものは濠の埋め立てで無くなり、親柱だけが
説明版とともに保存されていますが、架道橋は大正時代に造られたままの姿をとどめています。

20170908c.jpg


この後は新常磐橋、常磐橋と続きますが、ここの東側は日本銀行の建物。
石造りの常磐橋は都内で一番古い橋だそうですが、東日本大震災の被害で修復工事中でした。

また常磐橋際に残る石垣も一部組み直しをしているようで、ここでも地震の被害があったようです。

20170908d.jpg


日本橋までもう少しです。


この週末は、管理組合の会合や、クラス会の打合せ等々予定があって、遊びには行けないかな!

by かねごん

30回目

今日は30回目の結婚記念日。

と言っても、今日は母の食事当番もあるので、ケーキを食べるのもバラバラ。

ま、いつも言いあいが絶えず、お互いよく我慢しつつ?? 30年も一緒にやってきたな・・・と。

それでも息子はやっと社会人になってくれたし。

また1年、この道楽オヤジでガマンしてくださいませ!




<日本橋川を歩く-3>

今日はこれだけ。

俎橋から雉子橋(きじばし)そして、一ツ橋と歩いてくると、そこには部分的に石垣があります。

20170906a.jpg

反対側に回ってみると・・・

20170906b.jpg

本当に隅っこの部分ですが、間違いなく石垣です。

近くを探すと「一橋徳川家屋敷跡」の石碑。

説明によると一橋家は、徳川御三家に次いで将軍職を受け継ぐことができる御三卿の一つで、
徳川最後の将軍で、大政奉還をやった「一橋慶喜(徳川慶喜)」を輩出した家。
後で調べてみたら石垣は、外堀に面した屋敷の一橋門の石垣の一部らしいです。

敷地は気象庁や太田町合同庁舎まであった・・・どれだけ広いんじゃ!

川そのものは面白くないと書きましたが、こういう史跡に出会うと「おおっ!」って感じ。
急にテンション上がりますね


さて、明日は夜8時から3時間余りのインターネット会議。
月曜日は8時半過ぎに終わったけど、さすがに疲れて翌朝は起きられませんでした。

明日は夜11時過ぎまで続くので、職場でホテル予約してもらいました。
少しはゆっくり寝られそうです。

by かねごん

予定より早く・・・

今日は15時に横浜の大桟橋に大型客船が入港するというので、午前中から横浜に出かけて、元町から
山下公園辺りをフラフラ。

多分初めてだと思うんですが、オッサン一人、マリンタワーに上って景色を楽しんだりしてました。

で、入港前に腹ごしらえ・・・と大桟橋近くのカフェでランチして、14時になってそろそろ・・・
と・・・大さん橋に行ってみるとすでに船が入ってる!!! え・・ええ・・・っ!

聞いてみたら「予定より1時間早く、14時に入港」したそうで・・・
マリンタワーの上から注意していたら、東京湾に入っているのが見えたでしょうね。

やっちゃいました。
凹んで早々に撤収してきました( ;∀;)



<日本橋川を歩く-2>

神田川から分岐して三崎橋、新三崎橋、あいあい橋、新川橋、堀留橋と歩いてきても、正直言うと
遺構の説明以外、川そのものは面白くないです。
川にふたをするように首都高速が走っていて、陽の当らない圧迫感だけ。

20170903a.jpg

堀留橋から上流の新川橋を望む。

20170903b.jpg

橋の脇が高速の出入り口になっていたり。

20170903c.jpg

こんな圧迫感です。

ちょうど東京オリンピックに合わせて首都高速の整備が突貫工事で進められて、土地の買収や高架を
あまり高くできないなどのコストの問題から、こうしたコストがセーブできる、既存の河川や国道の
上に高速道を通す案が進められたと聞いたことがあります。

これが昨今話題となっている「日本橋」の景観を失うことになった一員ということです。
上に青空が広がっていたら、どれだけ気持ちがいいでしょうね?

そんな中、俎橋(まないたばし)で、橋の先に続く道を見ると、大きな鳥居。

20170903d.jpg

靖国神社でした。
この先の信号から先は以前に歩いたこともある道。
こんなところに出るんですね。

なんか息苦しさも感じる道ですが「日本橋川」という名前に魅かれて歩いてしまいます。

by かねごん

次のページ

FC2Ad