道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

チューリップ

今日は、とある業務の説明会で、朝から霞が関のお役所へ直行。
まぁお役所柄、いつも事務的な説明なのは仕方ないです。
もう少し現場目線で説明してくれるといいんですけどね><


昼過ぎに説明会も終わって、フツーに職場に戻るにはあまりにポカポカして天気もいいので、
日比谷公園を抜けて、有楽町まで歩いてみました。

20170412a.jpg

日比谷公園の入り口の桜、五分咲きですかね~・・・五分散りの(笑)
ちょっと若葉が出てきてますけど、まだきれいに咲いてました。

20170412b.jpg

公園の中の花壇は色とりどりのチューリップでいっぱい。
風に揺れるチューリップって、な~んか微笑ましいですね。
やさしい気持ちになれる気がします。

ところで一昨日の川面の桜、職場の仲間と話してたら「花筏」(はないかだ)なんて洒落た
呼び名があるんですね。
知らなかったです。


そして夜になって、10日間の北海道研修を終えて息子が帰ってきました。
研修はともかく、札幌で食べられる名物は食べつくした・・・と食道楽してきたみたいです。
だいぶ散財したみたいですけど、こういう時じゃないと食べられないモノって、あります。

ま、いいんじゃないですかね。
この道楽オヤジもそんなもんですから(笑)

by かねごん

神田川で

朝から小田急線は人身事故で、出勤が40分遅れ。

幸い早出しているのが日常なので、午前中の仕事に影響なかったですけど、こうした遅れは
勘弁してほしいです。


午後3時過ぎから神田岩本町の方で会議があって外出、秋葉原が近いので会議のあとは当然
直帰でアキバに寄って帰ります。

その途中、神田川に架かる和泉橋でふと川を見ると・・・

20170410.jpg

桜の花びらで、川面に模様ができていました。

どこから流れてきたのか、上流からずっと続いています。

この週末で桜も散り始め。
これもまた桜の魅力ですね。

神田川沿いにはいくつか桜の名所もあるので、あと2-3日もすると、もっと多く流れてくる
かもしれません。

by かねごん

テーマ: - ジャンル:写真

千鳥ヶ淵の桜 満開

今日から薄手のコートもやめて、ジャケットだけで通勤です。
そして仕事の帰り、フラフラと千鳥ヶ淵の桜を観に行ってきました。

都内の桜は満開、しかも週末ってことで、桜の名所はどこもすごい人出だったようです。
自分も千鳥ヶ淵での夜桜は初めて。
九段下から歩き始めたんですけど、お堀の周りの桜道、人がすごくてなかなか思うようには
歩かせてもらえないほどです。

それでも日本武道館への入り口を過ぎて、一部に設けられている「写真撮影者用コース」には
見向きもせず(全然動きそうにないので)、千鳥ヶ淵緑道の端まで来ると、きたーっ!

20170407a.jpg

お堀の両側にてんこ盛りの桜・桜・桜

写真撮影者用コースは推察するに、ちょうどお堀を中心に、左右に桜が入るような場所らしい
ですが、これでも十分。

20170407b.jpg

緑道の桜も覆いかぶさるように咲いていて、歩きながら桜を愛でるには最高。

緑道の桜とお堀の向こうの桜、両方を楽しみながら歩けます。
お堀の近くは写真を撮る人がいっぱいで歩きにくいですが、緑道は人は多くても流れています。

20170407c.jpg

ふと思ったんですが、お堀の向こう、皇居側の桜の照明、明るすぎないか?

緑道側から照らす形の照明なんですけど、ちょっと明るすぎて・・・個人的にはもう少し暗く
したほうが風情もあっていいんじゃないかと思うんですけどね。
しかも緑地側と照明の色も違うし・・・

ま、それでもこうして歩いていると改めて「日本人って桜が好きだなぁ」って思います。

20170407d.jpg

ふと見上げると、桜の先にお月様が明るく照らしていました。

うーん・・・月明りだけで桜を愛でるなんてのも・・・できたらいいな。

by かねごん

テーマ: - ジャンル:写真

水天宮で気晴らし?

来週の出張前、突然降って湧いた出張なので、心の準備以前に、情報をもらうべき役員も
体調を崩してダウンと、どんな資料が必要なのかも十分把握できず、空転状態。

そんな中で昨日、今日二日続けて昼から外出・・・「もうどうにでもなれ」って感じ。
始めからわかっていればスケジュールなんかいれるんじゃなかった!

もう開き直って、航空券とビザは確保できているので、あとは行き当たりばったり???
できるのは月曜日に役員が復帰してきた出鼻を捕まえるしかないです。



まぁそんな訳でジタバタしていても仕方ないんで、今日の人形町方面への外出、ちょっと
早く職場をでて、気晴らし?に今年4月に建て替えが終わった水天宮に行ってみました。

水天宮と言えば、安産・子授けで有名な神社で、我が家も長男を授かった時に奥さんと
安産祈願にお参りしました。

20161209a.jpg

水天宮前交差点から見た新社殿。
一段高いところにヒノキ造り?の真新しい社殿が鎮座しています。

20161209b.jpg

正面に回ると近代的な、でも荘厳な雰囲気を持つ建屋の奥に社殿がみえます。この
この建屋、免震構造になっていて、地震の際には最大で60cmも横に動くことができると
書いてありました。
手前の緑地帯は、その時の緩衝隙間だそうです。

20161209c.jpg

新社殿、銅葺の屋根がやっと少し色がくすんで、落ち着いてきた感じです。
どんな神社仏閣、お城だって、落成当時はこんな感じでしょうね。

息子もここまで育ちました・・・の感謝を込めて、お参りさせていただきました。

by かねごん

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

日比谷公園2 もっといじって!

今朝、出かける直前、ふと見ると瑠奈のトイレにウンチがコロッと・・・
あとでイタズラするといけないので、とりあえず拾ってトイレに流して出かけたんですが、
出てしばらくして「アッ、ケータイ忘れた」

ウンチに気を取られて、ケータイをポケットに入れ忘れてました。

「あーあ、一日ちょっと不便かなぁ」
なんて思いながら、電車の寝過ごし防止の目覚ましに使っているので、寝過ごしだけは
気を付けようと考えてました。

で、新宿に無事について地下鉄に乗り換える途中、ハッと気が付いた・・・

「・・・メガネ、かけてない・・・><」

言い訳させてもらえば自分、視力は裸眼でも1.0あるんで、メガネなしでもとりあえずは
不自由なく見えちゃうんです。
メガネは乱視と老眼の補正だけなんで。休日なんかは、朝食の時、メガネをかけていない
こともしばしば。

ただねぇ、いくらウンチに気を取られたからって、ケータイにメガネまで忘れるとは・・・

帰ってきて変に私の言い訳を理解してくれる奥さんが逆に不自然。

「もっといじってくれよっ!!!」



なわけで、気を取り直して昨日の日比谷公園の続きです。

日比谷公園は西側がこうして鬱蒼と木が茂っていて、その中を散策するような感じで
細かく路が作られていて、のんびり歩くことができます。

20161116a.jpg

こんな見事なイチョウもあって、ベンチで本を読む人も・・・いやスマホでした。

20161116b.jpg

ビルに囲まれた中で、ベンチに座るとビルは視界から消えて静けさの中、
ちょっと贅沢な時間が流れますね。

20161116c.jpg

東側に歩いてくると、今度は広い空が広がります。
面白かったのが、ベンチに座ってポカーンと空を眺めている人が多いこと。

サラリーマン、空を眺める機会も少ないですからね。
こうした息抜き、絶対必要だと思います。

そして日比谷公園の東の端に来ると、池と石垣が出てきます。

20161116d.jpg

石垣は江戸城日比谷見附という見張り門跡のもの、そして堀を池にして残したそうで、
石垣の上は歩くことができます。

日比谷公園って知ってはいても、あまり歩く機会の無い存在でした。
公園ができた当時の水飲み場とかもそのまま残されていて、これ本気で歩いてみると
結構ディープな場所かもしれませんね。

by かねごん

日比谷公園1

今日は午後から霞が関の方へ外出。
寒さも和らいでコートもいらず、外出にはちょうどいいです。

予定よりかなり早く終わったので、ちょっと日比谷公園をフラフラしてみました。

20161115a.jpg

と、その前に目に飛び込んできたのはドイツ国旗と日の丸。
国会議事堂周辺は海外の要人が来日すると、両国の国旗が並びます。
調べたらドイツのガウク大統領が訪日していたんですね。

20161115c.jpg

日比谷公園の中はビルに囲まれた都会のオアシス、早くも紅葉が始まっていました。

20161115b.jpg

東京都の木、イチョウもこんなに色づいてます。

そして日比谷の野音で親しまれている日比谷野外大音楽堂。

20161115d.jpg

20161115e.jpg

最後に来たのは1977年、カルメンマキ&OZの最後となったコンサートだったと思います。
(って知ってる人・・・いないか?)
始まればステージ前に駆け寄って、最後まで皆総立ちでしたね。
最近は騒音問題もあるのであまりコンサートには利用されていないみたいです。
(収容数も確か3000人無かったんじゃないかな?)

学生の頃は、コンサートはフォークが神田共立講堂、ロックは野音って感じでしたかね?
いやぁ、このステージと客席・・・昔のままで懐かしかったですね、見に来てよかった。

日比谷公園、明日ももう1回です。

by かねごん

西新井大師

予定通り実家に行って内職して、京都に持って行くキャリーケース持って帰ってきました。

実家もほとんどの家具は置いたままですが、人が住まなくなって7年、近くに小さな子供の
いる家もできてきて、いつまでもお化け屋敷にしておくわけにもいかなくなってきました。
誰もいないってことは事故や事件に巻き込まれるリスクもあるってこと。

そろそろ手を考えなくちゃいけない時期かもしれませんね。
まぁ、自分一人の考えでどうこうできる問題ではないので、母と弟にも話してみましょう。



さて舎人ライナーを西新井大師西駅で下車して、西新井大師までは住宅地から環状7号線に
沿って歩いて約15分。

20161113a.jpg

参道の奥にどっしりした山門が構えています。
この手前両側に草団子屋が向かい合っていて、実に美味そう。
ただお互い呼び込みもあって、どっちかで買うのが悪いようで・・・結局買わず・・・。

あとで聞いたら昔から食べ比べで有名な店だったそうです。
両方買っときゃ良かったかな?

20161113b.jpg

境内に入ると山門とうって変わってコンクリート造りの本堂が夕陽に照らされていました。
コンクリート造りとは言え、なかなかどっしりとした造りで、いい感じです。

    20161113c.jpg

境内西側にある三重塔。
京都・奈良でみる三重塔とは違い、飾り気のない、素朴な三重塔です。

こういう塔ってなかなか無いんじゃないかな?

ここまで来てまた舎人ライナーまで戻るのもつまらないので、西新井まで歩こうと思って
地図を見たら、目の前に東武大師線の大師前駅があることがわかりました。

なんとこの線、西新井から大師前までのほんの1㎞程の路線。
西新井大師にお参りする人のための路線???

20161113d.jpg

ホームまで上がってきても改札機もなく、西新井で乗り換え、または駅を出る時に改札が
あるという、これもまた変わった仕組みです。

西新井からは東武スカイツリーラインから半蔵門線、田園都市線直通電車に乗って一気に
中央林間へ出て、小田急線で帰ってきました。

なかなかアクティブで面白い一日でした。
都電荒川線は、今度是非制覇してみましょう。

by かねごん

読めない・・・

久しぶりに温かな一日でしたねぇ

今日は奥さんとしっかりインフルエンザの予防接種、してきました。

来週土曜日から京都なんで、この週末はおとなしく家で内職したり、実家に行ったりして
徐々に準備を始めるつもりです。
何せ土曜日は朝が早いんで、少しずつ荷物の用意しないと、金曜の夜がドタバタになるんで。

ところで今年の京都、いつもよりちょっと紅葉が早いみたいですね。
情報ではもう一部見頃になっているところも多いとか。
今回は4泊5日ですが、1日は大阪に行く用があるので実質ほぼ4日。

毎度の路歩きがメインですけど、少しは紅葉も見たいかなぁ・・・


都電荒川線で大塚までわずか2駅、そのまま帰るにはちょっともったいない時間だったので、
池袋-上野間をもう1駅、ついでに舎人ライナーに乗ってみようと日暮里に向かいました。

舎人ライナー(舎人:とねり)って、普通読めないですよねぇ。
自分も読み方を知ったの、割と最近です・・・でも時々忘れる(笑)

路線図を見たら、さっき乗った都電荒川線から熊野前で乗り換えできたんですね。
ま、日暮里なら始発になるので、それもいいでしょ?


そんな訳で、日暮里駅での舎人ライナーの入線です。

20161112a.jpg

見ての通り、レールがありません。
お台場の方を走るゆりかもめと同じで、案内軌条式と言われる路面上をタイヤで走る全線
高架の列車です。

20161112b.jpg

走り出すとしばらくして大きな川をふたつ渡りますが、ちょうどこの辺はまだ隅田川と荒川が
並んで流れている場所なんですね。

写真は荒川で、画面右側のさらに右側に隅田川が流れています。

20161112c.jpg

おお~っと思っていたら、そのあとは一転してあまり変化のない住宅地の上を走り続けます。

途中下車して面白そうな駅名は、西新井大師西駅と舎人公園駅、それと東京と埼玉の境になる
見沼代親水公園駅?

で、西新井大師西で下車して西新井大師に行ってみることにしました。

by かねごん

祝都電初乗車

今日は朝は雨が残って午後から晴れ・・・の天気予報が外れて、午後もどんよりして
時々細かい雨が降るという底冷えのする天気。

しかも事務所の空調が壊れて暖房が効かない!!

もう最悪っ

上着を着て仕事をしても寒いし、寒いからパソコンのキーを叩く指も早く動きません。

幸い午後から外出だったので、何とか難を逃れましけど、Wパンチは勘弁してほしいです。


さて、とげぬき地蔵にお参りして、地蔵商店街を板橋に向けて歩いていると踏切が・・・
そのすぐ横が駅になっていて「庚申塚」。

都電荒川線の「庚申塚」駅です。

20161111a.jpg

これが東京か?  と思わせる、何ともl風情のある無人の駅舎。
ホームに面しているのは普通の商店。
駅名が書かれた柱は上が時計になってるし、屋根を支える柱に付けられている丸型の灯り。

そしてよく考えてみると自分、まだ都電に乗った経験が・・・無い!

そこで板橋まで歩くのを急きょ変更そて都電初体験することにしました。
帰りの山手線に乗るため、大塚までのわずか二駅ですけど・・・

時刻表を見て驚いたのは、電車の本数が少ない日中でも6-7分おきに運行されていること。
ホームで少し待っていると来ました、初の都電荒川線。

20161111b.jpg

車内は思った以上に人がいっぱい。
とても車内を撮る状況ではなかったですけど、なんかすごく温かみを感じる車内でした。

大塚を降りて線路沿いを数10m歩くと線路が大きくS字を描いていました。
一般的にいうとS字の線路=撮り鉄の鉄板ポイント???

20161111c

ちょっと待って撮ってみたんですけど、考えてみると荒川線は1両編成。
長い連結車両じゃないんで、そこまでの感じにはならなかったですけど、レールが光って
少しは「らしい」感じになったかな?

気付いたんですが、都電荒川線 スリムな車体に幅の広い線路。
もしかして標準軌(線路幅が1435mm)?と思って調べてみたら、なんと国内、いや世界的
にも珍しい馬車軌間と呼ばれる1372mmの線路幅を持つ路線なんだそうです。

初めての都電、都内でこの雰囲気はインパクトありました。
本数も豊富なので、一日乗車券を買って全駅制覇・・・してみたくなる路線ですね。

by かねごん

聖地をフラフラ

ますます寒いです。⛄

さっき母のところからの帰り、車に表示される外気温は6℃でした。
そして我が家も今日から暖房入りました。

昼に外に出た時も、北風がメチャクチャ冷たい。
もう帽子なしじゃ耐えられない。
明日からは毛糸の帽子かぶって出勤しますっ!


ところでアメリカの大統領選挙、トランプ氏が勝利。
過激な発言の背景はいろいろな戦略がありそうですが、政治も軍も経験のない資産家が
国民の支持を受けたということは、それだけ国民に不満が溜まっていたということ?

うーん、今日の株や円の乱高下を見ると期待感より危機感の現れ。
この先どうなることか・・・


さて、とげぬき地蔵をにお参りして、地蔵商店街を歩いてみました。
近くに大型商業店舗がないためか、個人経営の店舗が並ぶ昔ながらの商店街です。

20161109a.jpg

どこに行っても金太郎飴は人気ですねぇ。

20161109b.jpg

20161109c.jpg

軒先の文字が大きく見やすい(笑)
何とも言えないちょっとレトロな看板が並ぶ街並みです。

20161109d.jpg

荒物屋の店先に、こんなの見つけました。
昔ながらのトタン製の湯たんぽ。

まだあるんですねぇ・・・若い人は知らないだろうなぁ。

こんな感じで街並みを楽しみつつ、板橋方向に歩いていたんですが、この先に
都電荒川線が走っていることに気が付きました。

by かねごん

次のページ

FC2Ad