道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

ブリュッセルの店が銀座に

今日は昼間でも半そでじゃちょっと肌寒く感じるくらいの気温。

それでも電車の冷房はガンガンに効いていて、腕が冷え切って、出社してからしばらく、ロッカーに
しまってあったカーディガンを羽織ってました。

電車の冷房って、この辺の微調整、できないんですかね?

ちなみにさっき、母のところに行くとき、車の外気温計は22℃でした。



さて、以前から気になっていた銀座の「Delirium Cafe GINZA」

元々はブリュッセルに本店を構えるビアバーで、銀座に進出してきたこの店も、多くの種類の樽生を
提供しているそうです。

ブリュッセルの店は入ったことはないですが、ピンクのゾウが目印なので、場所は良く知ってます。
ちょうどグランプラスの北側、小便少女の路地に面した所ですね。

で、そこのランチがボリュームがあるというのを聞いて、行ってみました。

20170802a.jpg

ここは以前はスペイン料理の「ガウディの舌」と言う店があったところ。
私が会社を辞めた日に、特に中の良かった若いのが(今も宴会やってますが)、歓送会で使ったのが
いつの間にか閉店になって、気が付いたらDelirium Cafeになってたんですね。

20170802b.jpg

ガウディにちなんでタイル張りだった店内も、当然変わって、ビアバーらしく木目が基調になって、
カウンターの奥にはいくつものサーバーが並んでいます。

ま、その辺は私には関係ないので、ランチ!

ランチは900円から1600円まで7種類くらいありましたが、ちょっと贅沢に
「平日ランチ限定お肉の盛り合わせプレート」1500円に、ランチドリンク100円。
このプレート、4種のグリル肉の盛り合わせで、イベリコ豚、薩摩錦鶏、イベリコ豚ソーセージ、
そして本日のお肉(何だか忘れた)の4種。

20170802c.jpg

こんなベーコン&生ハム、ハニーマスタードのサラダを食べながら待っていると出てきました。

20170802d.jpg

これ、すごいボリューム! ライスにしなくて良かったぁ!
女性なら二人で1プレートで十分じゃないかなぁってくらいの量です。

岩塩、マスタード、ハーブの入ったホットバター?からお好みの味付けでいただきますが、どの
肉も柔らかくて、ジューシーで、これは文句なく旨いっ!

一点食いせずに、順番に回して口に運んでいたんですが、途中からある悩みが・・・

「どれを最後に食べよう・・・???」

マジでそんなことを悩むくらい、どの肉もおいしいんです。

で、結局・・・最後に口に運んだのは・・・イベリコ豚のソーセージでした(笑)

食後のランチドリンク(ホットコーヒーにしました)も、大きなカップに入って100円の価値あり。
満腹で、午後は仕事にならないほどのランチでした。

Delirium Cafe GINZA


by かねごん

牡蠣の専門店でカレー

今日はちょっと涼しい一日。

昼食に出ても涼しい風で、つい食事にも足を延ばしたくなります。
いつもはオッサンチーム4-5人でむさ苦しく食事に行くのが、今日は皆外出で私一人。

以前に聞いていた、銀座6丁目にある牡蠣料理の店のランチカレーに行ってみました。

20170727a.jpg

GINZA SIXの真裏の三原通りにある活牡蠣と牡蠣料理専門店「楸(ひさぎ)」
小さなビルの2階にあるお店なんですが、この看板以外に目立った目印もなく、ランチタイムだけ
ランチ看板が出る程度。

そこに店があること自体がわからないくらい。
店内はカウンター数席と、テーブル席が6-8席の小さな店です。

ランチはカレー一本で、牡蠣のクリームチーズコロッケ・カレー(950円)から魚介たっぷりカレー
(1700円)まで6種類。
私は「ステーキカレーやわらか牛ロースと牡蛎のステーキのせ」(1100円)をお願いしました。

20170727b.jpg

出てきたカレーはかなり色の黒いカレー。
ご飯の量は少なめですが、ちょうどよく焼けた肉と、プリッとした牡蠣。

先ずはカレー。
色の濃さから「欧風カレー」をイメージしていたら大違い。
ルゥそのものには具が入っていないように見えますが、相当肉の味が出て、野菜とかなりの時間
煮込んだ感じの深みのある味わい、そして何よりも欧風と違うのはその辛さ。

汗をかくような辛さではなく、全体がビシッと締まる・・・辛さです。

そこにプリッとした牡蠣を食べると、辛さの中にミルクのような甘味が広がって「牡蠣とカレー
って合うんだ!」を実感しました。
ロースステーキも柔らかで、これはコスパの高いカレーだと思います。
ご飯が少なめと書きましたが、これだけ肉も乗っているので、食べ終えて物足りなさはなかったです。

オーナー曰く、夜は天然の岩牡蠣を中心に出すので、身の大きさのアタリハズレもあるので、仕入れ
ても出せないモノもあるのでちょっと割高になるのと、仕入れの数もあるので基本予約にさせて
もらっていますが、味は満足いただけます・・・とのこと。

今度、何かで自分のご褒美にでも、寄らせてもらいたいと思います。

by かねごん

検査中止??

生活習慣病検診の胃の検査、オプションでバリウムの代わりに内視鏡検査にしてもらってるんですが、
今日は数分でおしまい。

先生の一言
「昨日、夕飯は何時に食べましたか?」

昨日は8時過ぎに夕食して、そのあとは検査まで12時間以上、何も食べてないです。
でも自分もモニター見ながら???と思ったんですが、胃の中が空になっていなかったんですね。
それで検査中止。

先生には「遅い時間に食事」と思われたかもしれませんが、自分的には「12時間も経って、なぜ消化
できていない?」 そっちの原因の方が気になります。

とりあえずカメラを入れちゃったので、普通に検査料金は取られるし、しかも検査やり直しになるし。
踏んだり蹴ったりの検診でした。



検査を終わって、新宿での打ち合わせに合流する前に腹ごしらえ。
検査後なので、ここは思いっきり脂っこいものもなんでもOKです(笑)

久しぶりに熊本の桂花ラーメンに行きました。
前にも何回か書いてますが、桂花は私のラーメンの原点的存在の店。
一時は経営が変わって味が変わったり、また倒産危機もあったり、でも味を引き継いでいる老舗です。

20170724a.jpg

いつものように頼んだ生キャベツとしっかり煮込んだ三枚肉の塊が入った太肉麺(ターローメン)。
値段はちょっと上がって980円。

20170724b.jpg

麺は中細ストレートで、桂花独特のザクザクした感じの歯ごたえのある麺。
スープは豚骨臭の残る、熊本の「こだいこ」ほどじゃないけど、ちょっと癖のあるスープ。
そこにオリジナルの黒い焦がしニンニク油「マー油」が入って、香ばしさが広がります。

20170724c.jpg

そして太肉は、大きな三枚肉のブロックを煮込んだのを、その場で切り分けて盛り付けてます。
もうホロホロで、噛まずに口の中で崩れてゆく感じで、ここに生キャベツとスープを放り込めば、
もうサイコーですっ!

20170724d.jpg

桂花ラーメンを食べると、あとでマー油が結構匂うらしいんですけどね、そんなこと気にしてたら
旨いもんは食べられません。(笑)

しっかり食べて、しっかり打ち合わせに行ってきました。

by かねごん

最後の晩餐?

今日は「筆まめ」を使いこなして?? クラス会の案内はがきの作成。

「筆まめ」持ってますけど、年賀状の宛名は手書きだし、住所録と発・受信の管理にしか使ってないし、
奥さんの宛名印刷だけしか使ってません。
これで案内とか作るの、父の寒中見舞い以来???

そんな状態で往復はがきにクラス会の開催案内・出欠連絡を作ろうって、そんなのわかるわけもなく、
Webマニュアル見ながら、デザインやレイアウト、文言も考え・・・結局半日かかっちゃいました。


さて、韓国出張ネタも今回で最後。
最後の晩餐はキムチ以外は辛くない料理で・・・と「カルビタン」しました。

と言っても、どこに行けばカルビタンが食べられるのか・・・韓国って、看板も何も基本ハングル文字
でしか表示されていないので、まったくわかりません。
窓越しに店を覗き込んで、中の客が食べている料理で判断して飛び込みです。

入った店は、温和そうなオジサンがオーダーを取って、あとは家族と思しき人たちが、厨房に立ったり
料理を運んだりしている、アットホームなお店。
常連客が多いらしく、客と店員との会話も和んで、これはちょっと期待できそう。
注文を取りに来たオジサンに「カルビタン」と言うとニッコリ笑って「カルビタン?OK」と。

待っていると韓国ならではのキムチやら薬味やらいろいろ出てくるのがうれしいです。
ちょっと酸味の出始めた好みのキムチをつまんでいたら「もっと要るか?」とゼスチャーで話しかけて
くるので、もちろん「いただきます」。
この手のものが食べ放題なのもうれしいです。

で・・・出てきたカルビタン

20170708a.jpg

写真でわかりますか?
グツグツと言うよりもジュワーッと沸騰したスープに20cmを超える骨付きカルビが2本。

「これはすぐには無理!」と、しばし待って、トングで骨を抑えてハサミで骨から肉を切り離します。

20170708b.jpg

すでに十分煮込んであるので、身離れもよくて、適当な大きさにジョキジョキ。

仕上げに薬味のクコの実やコチュジャン、そしてご飯を入れて完成。

20170708c.jpg

先ずはスープを一口・・・うめぇ・・・思わず顔がほころんだところでオジサンと目が合って、
「マッシソヨ」と言ったら「そうだろう」と言わんばかりにうなずいてました。

日本の牛タンの店で出てくるテールスープをもっと濃厚にして(でもさっぱり)薬膳にした感じ。
味付けの基本はサムゲタンと同じで、具がひな鳥から骨付きカルビになった感じですかね。
肉も柔らかくて筋っぽさは全くありません。
あとは食べながらキムチを入れたり、クコの実を足したりでのお楽しみ。

で、キムチとかといっしょに供されたのが青唐辛子。

20170708d.jpg

韓国の青唐辛子は辛いものと京都の万願寺唐辛子のように辛くないものと2種類あるんですが、問題は
見ただけでは辛いのか辛くないのかわからないこと。
以前韓国のメンバーに聞いたこともあったんですが「食べてみないとわからない」と。

で今までも辛いのには当たったことが無かったので、半分ほどかじるとちょっとピーマンのような味で
辛みはあまり感じません・・・と、
飲み込んだ直後、食道と胃が痙攣起こしそうになって、口の中にもキターッ!

食道と胃で痙攣が起きかけているので水も飲めず、治まるまでの2-3分・・・ただただ耐えました。
オジサン笑ってたんだろうなぁ・・・顔を見る余裕もなかったけど・・・

そんなドタバタの夕食でしたが、これだけ食べて10000ウォン、日本円で約990円は安い!!
青唐辛子は余計だったけど、最後の晩においしい韓国を楽しませていただきました。

by かねごん

これから帰り支度

済州島でのお仕事、全工程終了っ!

気になっていた台風の影響、済州島と九州の間を通ったみたいですけど、幸いこれと
いった影響も無かったみたいで、朝9時過ぎには晴れ間が出ていました。
ただ今日、日本に帰るメンバーは台風に向かって飛ぶことになるので、揺れるだろうな><

で、今日は3時半過ぎにすべて終わったので、職場に報告メールを送って、少し街を
歩いて見たんだけど、なんかイマイチ写真にならず・・・夕飯食べて帰ってきました。

201707042153046c8.jpg

こちらは会議のメンバーと行った今日の昼!
お馴染みの冷麺ですけど、麺がメチャクチャ細く、今まで食べた冷麺でダントツの細さ。
でもハサミでジョキジョキして食べるとしっかりとあのコリコリした麺で、半分凍った
スープとの相性も抜群・・・うめぇ!

冷麺のスープって、何で旨いんだろう?

途中から付け合わせのキムチ&キムチの汁を入れて、またうめぇ!
白くて細いの、大根かと思ったら、スイカの代わりの梨でした(笑)
ちょっと彩りがサビシイ?


さて、これから荷物まとめて帰り支度。
配布された紙の資料、結構あるので、持ってきた紙はできるだけ捨てて!

しっかり寝ますっ

by かねごん

久しぶりに来店

午後から大手町から神田方面へ外出。

ふと思うところあって、食事の時間をちょっと遅くして、神田の方で食べることに。

行った先は、神田のあんこう鍋で有名な「いせ源」や、アニメのラブライブのモデルとなった
「竹むら」もある一角

20170427a.jpg

「いせ源」

20170427b.jpg

「竹むら」

そしてその先に見えてくる緑の垣根。

20170427c.jpg

「かんだ やぶそば」です。

明治13年(1880年)創業の老舗そば店。
2013年2月の火災で昔の建物は無くなりましたが、2014年10月に営業を再開しました。

自分、ここに来るのは、たぶん10年以上ぶり・・・
メチャクチャ久しぶりです。

20170427d.jpg

入口につながる石畳。
昔もこんなだったかなぁ? 久しぶりすぎて覚えていないです。

営業再開当時に来ようと思っていたんですが、あまりの行列にパスしてから、ちょっと
遠巻きにしていた感じもありましたが、今日は時間も遅く、さすがに空いていました。

20170427e.jpg

テーブル同士が適当に離れていて、ゆったりした店内。

「せいろそば」(ここでは海苔のかかったざるそばはありません)をお願いしましたが、
頼んでからそばを茹で始めるので、ちょっと時間がかかります。

で、ジャーン!!

20170427f.jpg

あの、はっきり言ってそばの量は少ないです。(昔から)
せいろに数ミリ盛られているだけ。
「1分で食え!」と言われたら、それも可能な量???

ま、そこは抑えてゆっくり味わいながらいただきます。

   20170427g.jpg

よく「そば通は、そばをツユに半分しかつけない」とか言いますが、それはここのツユが
濃い口であることに由来したもの。
全部つけたらしょっぱいと思います。

それでも鰹出汁の香りが口いっぱいに広がって、そばとの相性は抜群です。
他では味わえないツユです。

関西の人は関東のツユを「醤油で食べているよう・・・」という人もいますが、ここの
ツユならば旨味の違いがわかるんじゃないかな?

20170427h.jpg

久しぶりに「やぶ」をゆっくり味わうことができました。

by かねごん


PC復帰か?  リアルスペイン

正月明けに、PCの立ち上がりが変で、Windowsの立ち上がり時に再起動を繰り返したり、
エラー画面になったり・・・という記事を書きましたが、やっと解決した感じです。

原因は何とウイルスバスター・クラウドみたいです!!

たまたま「PCのファンの音が以前よりうるさくなったなぁ」と思ってCPUの温度を見ると
以前は正常時に38℃位だったのが43℃でファンの回転も上がってました。
タスクマネージャで確認してみると "Trend Micro Anti-Malware solution Platform"
というのがメモリを400MBも使っていて、CPU負荷も13%???

早速ググってみたら、これが原因でPCが重くなるとかフリーズするとかの不具合が色々
報告されていて、その中で「一度アンインストールしてから再インストールで解決」
という情報があったので早速試してみると、メモリの使用量が70MB程度に下がって
CPU負荷もほぼゼロ、PCの立ち上がりも今のところ安定した感じです。

これでちょっと様子を見てみましょう。


ところで先日のオランダ出張に行った際、同行していたメンバーと「オランダでの料理
って・・・何がある?」との話になりました。

チーズ、乳製品、ハム・・・とまぁ食品は出てくるんですけど、これと言った料理の名が
出てこないです。

「オランダ出張に来た時、何食べに行った?」

と考えてみたら、お互い「中華かイタリアン」ってことで爆笑。
まぁ、そんなもんですか???ってことになって、今回は食事の写真も撮らずじまい。

代わりにスペインのバレンシアで食べた料理を紹介します。

20170318a.jpg

先ずはチョリソーのアヒージョ。

日本ではエビやタコ、マッシュルームのアヒージョが多いですが、ここではチョリソーも
アヒージョに。
これが程よいニンニクと唐辛子、オリーブオイルでパンに絶妙に合います。

20170318b.jpg

そしてこちらはウサギと鶏のパエリア。

日本だと魚介類のパエリアが多いと思いますが、たまたまメニューの「ウサギと鶏」が
目に入って「これは日本じゃ食べられない」と頼んでみたら、これもなかなか美味。

強いて言うと初めて食べたウサギが、思った以上にサッパリ、いや悪い表現だと始めは
パサパサした感じでしたが、癖がないので、噛んでいるうちにサフランライスとの味とが
重なって第一印象を吹き消しました、オコゲも美味い。

あとで職場にいるスペイン通の女性(スペインや南米で働いていた)にメールしたら、
「バレンシアのオリジナル中のオリジナル」
だそうで、カタツムリを入れたパエリアも多くあるそうです。

で、バルセロナはカタルーニャでバレンシアはリアルスペインなんだそうです。
(確かにバルセロナとかカタルーニャは、独立の話も聞いたことがある)

ホテルへの帰り道、飲み物とかを買いにスーパーに寄ったら、肉屋さんにごくフツーに
皮を剥いだウサギがケースに並んで売ってました。
一羽が5~6ユーロ、日本じゃ見ないですけど、ここではごくフツーの食材だってことを
実感して帰ってきました。

by かねごん

役得

確定申告も終わって、職場の仕事も年度末のゴタゴタした提出物が片付いて、ひと段落。
ただ来週、水曜日から3泊5日で、今年度最後の出張ってことで、オランダに行ってきます。


そして今日は、とある組織のお呼ばれで、ディナー。
周りを見ると自分には分不相応ってのが直感でわかる程の集まりだったんですが、それだけに
料理もさすがの彩と美味しさ。

こんな時にスマホを出すのはマナーに反するもんですが、みんなやってたからここは自分も。

20170303a.jpg

オードブルのオマール海老と帆立貝の王冠仕立

海老の味噌まで使って、海老と帆立貝の風味と食感を楽しむ、香りのよい一品。
皿に散らばせたソースの彩もきれいです。

途中のスープ、魚料理や肉料理はパスしてデザート。

20170303b.jpg

桃のコンポートにレモンのジュレとイチゴのシャーベット

桃がね、種まで丸々1個のコンポート。
これはね、食べたことの無い、ホッと心が和むような・・・そんな上品な甘さの一品です。
個人的には一番満足感があったかも。

まぁ役得とは言え、美味しい料理、楽しませていただきました。

by かねごん

勘弁してくれ!  ブリュッセルでのランチ

久しぶりに遅めに出勤しようと、ゆっくり家を出たら小田急線が10分ほど遅れている。

念のためにいつもの各停通勤をやめて急行に乗ったら、その後が大変。

幸いにも隣の町田で座れて、一眠りして気が付いたら、まだ半分の距離も来ていない。

乗客同士のトラブルで遅れたのをトリガーに、その後ドアの故障も重なって、いつもは50分
ちょっとで着くはずの新宿駅まで、なんと2時間超え!

ったく勘弁してほしいです。
自分は座れたけど、2時間以上立ったままの人も相当いたはず。
出勤するだけで疲れてしまいました。


<ブリュッセルでのランチ>

先日の欧州出張、ブリュッセルに6泊もしていたんですが、毎日午前と午後に、それぞれ別の
打合せがスケジュールされていて、昼食は当然移動の間に済ませなければなりません。

レストランとかでゆっくり食べる時間もなく、そんな時に重宝したのが地下鉄の構内にある
サンドイッチスタンド。

20170228.jpg

フットロング(約25cm)サイズのサンドイッチに缶やPETボトルのドリンクを付けて5~6ユーロ
(600~750円)ですけど、ドリンク類は日本よりも高いです。

写真はチキンとレタス、トマトにチーズですが、結構ボリュームがあって、昼には十分。
種類が豊富なので、何にしようか悩むほど。

今回は打ち合わせの訪問先が地下鉄とトラム、バスの組み合わせだったので、乗り換えの際の
地下鉄のサンドイッチスタンドは本当に便利。
駅によってですが、20席ほどテーブル席もあるので、少しの間くつろぐことも、午後の作戦を
練ったりすることもできます。

滞在中は3回ほど(つまり平日はほぼ毎日)お世話になりました。


さて、明日から3月。
桜の時期ももうすぐですね。

明日は休暇をとって確定申告を提出して、どこか少しフラフラしてきますかね。

by かねごん

こっちが寒い

この2週間半余りで欧州を2往復して、午後家に帰ってきました。

帰りの飛行機、数千円追加でシート間隔の広い席へアップグレードしたら、ラッキーにも
隣の窓側の席が空きで、ますますのびのび使わせてもらって快適!!

ま、そこまではいいですが、成田について外に出て・・・なんですかこの寒さは???
リムジンバスが地元に着くころには、降っていた小雨も雪に変わって、外気温はほぼ0℃。
少なくともブリュッセルよりは間違いなく寒いし、ストックホルムとどっこい???

何はともあれ帰ってきたら洗濯・・・しました。

今回出張したメンバーは、私が一番若手???
1回だけ夕食にミシュランガイドに載っているレストランを予約してもらって、ちょっと
贅沢した以外は、比較的安上がりな食事・・・(でもボリュームはある)。

で、昨日の最後の晩餐は、お疲れモードがピークで、皆あれこれ選ぶ気力なし。
しかもホテルに帰ったら荷物の準備もしなくちゃいけないので、手っ取り早くてハズレの
少ない中華に決定!!!

以前自分が行っていた中華が無くなっていて、Googleで新しいところを検索して突入。
以外にも店内はかなり混んでいてちょっと期待。

やはり皆ラーメンが食べたかったようで、餃子(焼き餃子があった)と麺。

20170209a.jpg

ちょっと蒸し餃子用の物を焼いた感じもありますが、これが肉餃子でなかなか美味。

20170209b.jpg

麺は私はワンタン麺にしましたが、スープも日本のラーメンとは違うものの、しっかり
味のあるスープに歯ごたえのある麺、ワンタンも美味でこれは大当たりの部類でした。

さて、明日からは通常通りの仕事・・・でもほぼ1日中予定がびっしり。
時差ボケで眠くならないように・・・気を付けましょう。


PS:そう言えばFC2に移転する前に使っていたZAQのブログ、気付いたら1月末でホントに
  Closeしてました。
  ビジネスなんでサービス事業という点では、このFC2だってその可能性はゼロでは
  ないですが、多くの利用者が困るのも事実。私はこうして移管できましたが、
  移管できずに終わった方も相当数いるはず。
  こういうことの無いように、お願いしたいものです。

by かねごん

次のページ

FC2Ad