道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

もう少し参加してほしい

夕方から高校のクラス会の打ち合わせ。
思ったより人が集まらなくて、ちょっと困った状態です。

46人中、亡くなった人が2名、住所不明が2名、住所不明ではがきが戻ってきたのが9名、
欠席が12名、そして出席は10名と寂しい状態です。
さすがに前回のクラス会から27年くらい経ってるんで、結構離ればなれになっている仲間もいます。
わかっているだけでも札幌や仙台に住んでいる人も・・・それは無理だよなぁ・・・

ちょっと間が開きちゃったんですよね。

まだはがきが戻ってきていない11名、はがきは届いているはずなので、手分けして電話攻勢しようと
いう結論になったけど、どこまで伸ばせるか・・・頑張ってみましょう。


<ボケ味の違い>
写真を撮るとき、絞りを調整をすることで、背景や前景にボケを出して被写体を浮かばせる手法は
色々な場面で使います。

ただそのボケ具合もレンズの焦点距離や受光素子の大きさ(画素数ではなく寸法です)によっても
かなり変わります。

一般には、焦点距離が長い、絞り値が小さい(F2.8とか1.8とか)、受光素子が大きい(APS-Cより
フルサイズ)方がボケは出やすいといいます。

たまたま同じ場所で撮った下の2枚の写真

20170811a.jpg


20170811b.jpg


上はD700(フルサイズ:36mm×24mm)に焦点距離20mm、絞り:F2.8 
下はRX100-M3(1型:13.2mm×8.8mm)で焦点距離8.8mm(24mm相当)、絞り:F2.8
で撮ったもの。(補正値が違うので明るさは若干違います)

同じ絞りでもこれだけボケが違うんですが、ボケが出にくいはずの20㎜もフルサイズではこれだけ
ボケが出るということ。

たまたま同じ写真があったので比べてみましたが、改めて違いに納得です。

by かねごん

ちょっと反省

昨日の昼食の店を出た時、すぐ向こうにニコンのSCを見つけて、忘れていたことを思い出しました。

センサーのクリーニング!

羽田での写真で気付いた方もいるかもしれませんが、画面中央付近と右側の2か所に影!

頻繁にレンズ交換やってると、どうしてもゴミが付いてしまいます。
特に飛行場は排気の油煙だったりすると、カメラのダストオフ機能じゃとれません。
で、今日は昼休みを使って2台とも持ち込み、クリーニング&点検してもらいました。

ニコンのSC、しばらく行かなかったら1000円のセンサークリーニングだけってのはなくなって、
「おすすめ点検パック」という500円から3000円の7種類のコースメニューになってました。
今回は2000円のBコース(点検+センサー清掃+外観清掃)でお願いしましたが、2台で4000円+税
ちょっと痛い><

しかもちょっと混んでいて、引き取りは夕方。
ま、仕事帰りに引き取れるので、大した影響はないですが・・・
でも外観清掃もしてもらったので、ダイヤル周辺等に溜まっていたホコリもきれいになって、
ちょっと気持ちいいです。

今日は20㎜単焦点を付けていったので、さっそく銀座の街をフラフラして撮ってきました。

20170728a.jpg

20170728b.jpg

20㎜で撮って歩くの、すごく久しぶりですけど、このレンズの世界観ってやっぱり面白い。
個人的には眼の高さに構えるのではなく、腰の高さ以下に構えるのがいいです。
当然ノーファインダー!

レンズがコンパクトで邪魔にならず、京都に行くときも大体バッグに入ってるんですが、最近は
ズームに頼ってあまり出番がなく・・・
イカンですね、ズームに頼って自分で動くこと忘れちゃ・・・
ちょっと反省です。

by かねごん

CP+に行ってきた

CP+ ウン年ぶり・・・に行ってきました。

あさイチで歯医者で定期検診やって、その足でCP+会場のパシフィコ横浜へ。
10時半過ぎに着いたんですけど、平日にもかかわらずかなりの人出。
渋滞するまでは無かったですけど、一部の催しには行列もできてました。

今回、ニコンは個人的には気になる商品は無いし、どこに行ってもトークイベントばかり。

そんな中、一番広いブースを確保していたソニーは「体験型」という点で面白かったかな?

手ブレ防止や高速連写をαシリーズやRX100Vを使ってバスケットボールで、懐中電灯がないと歩け
ない程の暗い部屋で鉄道ジオラマの夜景をα7SⅡを使って高感度で、他に新しい100mmレンズで
ポートレート撮影など色々なシーンを色々なユーザ層に向けた、あれこれと楽しめる展示だった
印象です。

20170224a.jpg

ISO 12800  1/800秒  F3.5

20170224b.jpg

ISO 12800  1/500秒  F3.5

どちらもα7SⅡに、レンズは24-70mm F2.8

今時1200万画素だろ・・・なんて言ってられないこの解像度。
ブログ上の写真じゃさすがにわかりにくいですが、オリジナルを見てもノイズの少なさと、しかも
エッジのキレがそんなに甘くならないのはスゴイです。
しかもこれが1/800で切れるって・・・・

まぁ、とんでもない時代になったもんです。

しっかり遊ばせていただき、帰ってきました。(笑)

写真館

奥さんが「実家に退院の報告に行きたい」というので、昼食がてら行ってきました。

87歳になる義父、本当はうれしくていろいろ話したいのに、むっつり顔で言葉少なめ。
食事をしてもすぐに席を立って、居間でテレビつけて。

そのくせしばらく行かないと「全然来ない」「たまには来い」と文句を言う。
昔の男の人ってそんなもんですかね?

自分の父ももったい付ける感じは、確かにありました。

そのうち自分もそうなるんですかね?



さて家では前に書いた、母の女学校時代の写真のスキャン作業。
奥さんの入院・手術でほったらかしになっていたので、スキャンを終わらせ、若干の
補正を加えて印刷。
スキャンしたJPEGが1枚50MBを超えるのもあって、解像度上げ過ぎたかな?

印刷するとき、プリンタへの転送がさすがに重いです。

     20160903a.jpg

14-5歳頃の母。 当たり前ですけど、若いですっ!

卒アルなんてなかった時代ですから、結構学校で催しのたびに写真屋さんが入ったり、
また個人でも写真館で友達と一緒だったり、一人だったりで結構写真を撮っているん
ですね。

     20160903b.jpg

こうして撮影日が書かれている写真も何枚かあります。(14歳当時)
この写真館、ライティングや小物なんかも相当しっかりやってくれてますね。
当時にしてはこうした写真、結構贅沢だったんじゃないでしょうか?

20160903c.jpg

意外と集合写真に日付が無くて、いつの撮影かわからないものが多いです。
やはり個人で写真館で撮るのと違うので、日付がわかりにくいんでしょうか?

写真をよく見ると、撮影した写真館の押し印(刻印)が入っているものもあって、
調べてみると、現在も写真館としてあることがわかりました。

当時から続く写真館って、凄いですね。

by かねごん

α6000 横浜でテスト

ちょっと薄曇りでしたけど、横浜、行ってきました。

心配したほど蒸し暑くもなく、桜木町から山下公園を抜けて、中華街、石川町まで、
ほぼいつものコース。

ちょっと失敗したのが、撮り比べするカメラにRX100M3を持って行ったこと。

焦点距離が似たような感じなので選んだんですけど、ZEISSのレンズのカメラじゃ
ちょっと格が違いすぎました。


20160813a.jpg
α6000

20160813b.jpg
RX100M3

汽車道の鉄橋ですが、どちらも絞り開放です。
背景のボケ具合は似たような感じですね。

20160813c.jpg
α6000

20160813d.jpg
RX100M3

サークルウォーク、発色は似たような感じです。
ただこの写真じゃわからないですけど、オリジナルの画像で正面のビルの窓を等倍で
比べると、RXのレンズの解像度の良さがはっきり出てます。

20160813e.jpg
α6000

20160813f.jpg
RX100M3

こちらは大桟橋に入港していた客船「オーシャン・ドリーム」
汽車道の写真でもそうですが、RXの方はZEISSレンズの個性がはっきり出ています。

ざっとこんな感じですかね。

もちろんRXはそのレンズ専用にカメラが設計されているってこともあるでしょうが、
画のキレがちょっと違い過ぎたです。

NEXを連れて行けばよかった。
ただただZEISSレンズが欲しくなるだけの結果になった気がします。

で、今回、α6000を使って気になったこと。

1.液晶モニターの明るさ調整がオートじゃない
  これ、びっくりしたんですけど、マニュアルと晴天屋外の2段階の切り替えです
  外でマニュアルじゃ暗くて使い物にならないので、晴天屋外に切り替えますが
  NEXもRXもこれはオート。
  ファインダーはオートになってるってことは、ファインダー撮影が前提ですか?

2.思った以上にバッテリの減りが早い
  今回、写すたびに電源OFFしたり、プリAFをONにしたり、またまた液晶モニターの
  明るさが晴天屋外でメチャクチャ明るくしたりと、バッテリを食う状態だったので
  いたし方ないところもあるかもしれませんが、ほんの120枚ほど撮っただけで、
  バッテリ残量39%はちょっと食い過ぎ?
  プリAFをOFF、パワーズームじゃなければ随分違う?

3.ズームボタンを探す
  これは自分の問題なんですけど、片手で持って歩いていると、サッと構えた時に、
  右手の人差し指が無意識にズームボタンを探しています。
  NEXじゃそんなことないのに、なぜ???(笑)

by かねごん

テーマ:SONY α PHOTO - ジャンル:写真

α6000 夜の銀座でテスト

今日の通勤電車はさすがに空いてましたね。

困ったのが昼食。
築地界隈のサラリーマン相手のランチ店が軒並み休み。

夜は飲める店も多いので、サラリーマンがいなけりゃ店も休みってことです。

幸い近くの中華料理屋が店を開けていたので事なきを得ましたが、職場の仲間の話では
「時には銀座の方まで行かないと、飯にありつけないこともある」そうです。

ま、最悪の場合、下のコンビニと言う手もアリですが、やはりこの時期は弁当の数も
少なく、早めにいかないとおにぎりか菓子パンしかないそうです。


で、仕事の帰り、α6000ぶら下げて、銀座をフラフラしてきました。

ホントは銀座のソニーのショールームに行って、ZEISSのレンズテストさせてもらいた
かったんですけど、7時を過ぎていたのでアウト・・・残念。

一応設定は、WB:晴れ、画質:Vivid、ISO:100~3200オート、高感度NR:弱
露出補正:-0.7って感じで


20160812a.jpg

とあるレストランの看板

WBが晴で撮ると、電球の灯りが活き活きしてきます。
画質をVividにしているのに赤くなり過ぎないのがソニーらしくて使いやすいです。

この辺、ニコンの方が赤が強く出るので、ニコンのカメラではSTDで撮りますね。

色の奥行き感も悪くないです。
Vividでコントラストが強い分、シャドウ部が上手く奥行き感につながっている感じ。

20160812b.jpg

数寄屋橋交差点のTOKYU PLAZA

これは行ったことがある人じゃないとわからないと思いますけど、とにかく凄い宇宙観が
ある場所で、肉眼で見ていても、この建物の漆黒と光のコントラストはすごいです。

そしてその漆黒の中に浮かぶブルーのリングは「どこに映っているんだろう?」と思う程。

インパクトのある建物が、インパクトのある写真に撮れてます。

これ、ホントはRX100M3、D800Eも並べて撮り比べしてみたいですね。
(変なオヤジに見られるのは覚悟で・・・(笑))


さて、明日は天気もよさそうなので、横浜にテストしに行ってきます。

by かねごん

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

75年前・・・

今日はカメラのテストに出かけようと思ってたら、残念ながら曇り空。

テストは週末に見送りです。

でもその分、気温も上がらなかったんで、ずっと箱入りだった瑠奈のお散歩。
久しぶりに外に出てうれしかったのか、よく歩く歩く!

自分ともども、いい運動させてもらいました。


で今、母の女学校時代の写真をスキャンしてるんですが、これがなかなか時間がかかる。

1枚1枚ではなく、古いアルバムから読み込むんで、アルバムを壊さないよう気を使うし、

元データは多少いい画質で取り込もうと、1200dpiで読み込むとスキャンもそれなりに
時間がかかります。

これにプリスキャンで写真をまっすぐにしたり読み込み範囲を決めたり・・・
フィルムと違って元が大きいんで、スクラッチ処理とかはしなくて済むので、その分は
楽なんですけどね。


20160811.jpg

母の旧制高等女学校入学(熊本県立第二高等女学校)当時と思われる写真、最前列左端が
母ですけど、皆緊張してますね。

真ん中しかピントが合ってなくて、撮ったカメラのレンズの歪もよくわかります(笑)

当時はまだ個人がカメラを持つなんてできなかった時代ですから、結構スタジオや屋外で
写真屋さんが撮った個人の写真が多いのに驚きます。

あまりゆっくり時間をかけるわけにもいかないんで、できる時にどんどんやっちゃいましょう。

by かねごん

α6000買っちゃいました

昨日、今日は東京も37℃超えの猛暑。

昼を食べに外に出ると、焼き付けるような太陽と熱気がすごいです。
そんな暑さだから当然天気も不安定に・・・

今日は仕事を上がる直前に「相模原に大雨洪水警報」そして「小田急線運転見合わせ」と
続けてメールが!

しばらくすると、新宿と相模大野間で折り返し運転とのことで、通常の新宿経由で帰って
来ましたけど、時間はいつものほぼ倍の75分もかかってしまいました。

ま、そのくらいで帰ってこれたので、良しとしましょう。


で、話は変わって昨日は奥さんが「ARASHI」のコンサートで出かけていて、夜は外食して
帰ったんですけど、家に届いていたのがこれ。

20160810a.jpg

中古ですけどα6000、買っちゃいました。
前から気になっていて、でもα6300じゃちょっと値段的に手が出ないし。

で、ヤフオク見てたらちょうど出物があったんで、落としちゃいました。

今までNEX-5Nも持っていて、先日の横須賀なんかはNEXで撮ってたんですけどね。

D800を持って行けない、持って行くほどじゃない時のカメラって位置付けかな?
RX100M3はメインにもなるサブカメラですけど、位置付け的にはα6000よりも上ですね。

20160810b.jpg

今までのNEXと比べると、ひと回り、いやふた回り近く大きいですけど、掌への収まりは
大きな分、いいですね。

これにZEISSのレンズ、付けたいです。
今度、銀座のソニーのショールームに行って、レンズテストさせてもらってきます。

by かねごん

ひとやすみ

原稿締切、間に合いましたっ!
多少目次の見直しとか残ってるんですけど、これは来週以降でOK。
先ずは一安心。

やっぱり一山超えるってのは、いいもんです。
次は再来週の出張に向けた準備が諸々。
ま、それは忘れて週末を楽しみましょう。


さて、先日買ったスマホSO-04H。
まだそんなに遊ぶ余裕ないですけど、とりあえずカメラが2300万画素って・・・なにそれ。
RX-100M3が2090万画素なのに、この小さなボディにそんな画素数入れてどうすんの?
大体こんな小さなレンズじゃついて来れないでしょ?

ってわけで、昨日ちょっと外出ついでにムチャな2000万画素対決の撮り比べしてみました。

20190701a.jpg


20190701b.jpg

上がSO-04H、下がRX-100M3
SO-04Hの方が、若干明るめ、発色も派手に出てますかね?

で、これの中央部をほぼ等倍にして比較すると。

20190701c.jpg


20190701d.jpg

同じく上がSO-04Hですが、かなりエッジ処理(輪郭強調処理)が効いているのがわかります。
レンズの解像度が期待できない分、エッジ処理で解像感を上げている感じです。

後ろのビルの窓や文字、船の赤いともづな等でエッジ処理がよくわかります。

1画素当たりの面積も小さいから、夜景とかは相当苦しいはず。

その辺もこれから遊んでみたいと思います。

by かねごん

モノクロフィルム スキャン

福岡で桜の開花宣言、出たそうですね。

今日は天気も雨が残ったりしてイマイチだったんで、奥さんと買い物行って、あとはちょっと内職して
明日墓参りでも行こうかと思います。

連休と重なって、混みそうだなぁ><


ところでブログには書いてなかったですが、何か月か前からフィルムスキャナでモノクロフィルムを
スキャンすると階調が出ず、白と黒だけのベタな画像になる現象で悩んでました。

カラーはネガ、ポジともに問題ないので、何か設定の間違いだろうと思って、そのまま放っていたん
ですが、今日その原因がわかりました。

フィルムに付いた傷やホコリをデジタル処理で取り除く機能がソフト上であるんですが、モノクロの
フィルムのスキャンではOFFにしなくちゃいけないのが、なぜかONの設定になってただけ。

普段プリセットを信じてで使っているので、切り替わっているのに気づかなかったんですね。
試しに古いネガ、スキャンしてみましたが、さすがに傷とか目立ちます。

20160319.jpg

1977年5月5日 米軍座間キャンプのホールを借りてやったコンサート。
39年前はさすがに腹も出ていません。(笑)

友人に頼んで撮ってもらった写真ですが、当時は高感度のフィルムもなく、コダックのトライXという
ISO400のフィルムが普通手に入る最高感度。
もしかしたらISO1600に増感現像してもらってるかもしれませんね。

増感現像・・・な~んて言っても、今の人には通じないですよねぇ。(爆)

最近ずっとサボってるフィルムスキャン、少しやらないといかんなぁ><

by かねごん

次のページ

FC2Ad