FC2ブログ

道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

キャッシュレス

朝、8時半ごろに成田に帰ると毎度のことですけど、地元に向かうリムジンバスが9時の出発。
今日はいつもより10分ほど早く着陸したので「これは・・・」と期待したんですが、バスのチケットを買いに
並んだ時点で8時59分。
切符を持って外に出た時には、バスの姿はありませんでした。><

この次のバス、10時35分なんですよ。
それまで1時間半余り、お茶したり、メールのチェックしたりして潰しました。



さて、今回の出張、成田を出てから帰国するまで、なんと現金は一度も使いませんでした。
スウェーデンは、世界でもキャッシュレス化が特に進んでいる国として有名で、店によっては「No, Cash!」
と書いてある店もあるほど。

「現金命」が板について、キャッシュレス後進国である日本では、なじまない光景かもしれませんが、現地の
人達は「Swish」と言う日本のEdyやWAONにも似たカードやアプリを使って支払いをしています。
「Swish」を持たない我々外国人は、レジの横にあるクレジットカード決済端末に、自分でカードを挿して、
PINコードを入力するだけです。

しかもこれがコンビニなどで、コーラ1本でもOK。
レストランで割り勘や、個別に勘定する場合も、店は慣れたもので気軽に対応してくれます。
結局「念のため」と思って換金した300クローネ(約4500円)は全く使わずに終わりました。

20181019.jpg

キャッシュレスは現金を持たないので、スウェーデンでは現金目当ての強盗などは激減したそうです。
でも日本だとどうなんでしょう?
自分も「PASMO」と「Edy」を使っていて、交通系の支払いやコンビニでの支払いに使ってますし、クレジット
カードもかなり使うタイプ。(ショッピングマイルを貯めるのが目的の一つですが・・・)
けど、台風や地震災害の多い日本では、停電になったらキャッシュレス決済はできません。(少なくとも今は)
こんな時にモノを言うのはやはり「現金」なので、やはりある程度の現金は手放せません。

もちろん普段使いはキャッシュレス有りだと思いますが、そこに普及しないのは、日本人は物理的に見える、
触れることができるモノに安心を求めているのかもしれませんね。(個人的な考えですが・・・)


ま、それはさておきスウェーデンでは物価の高さに驚きました。
「前からそうだったかなぁ?」
ちょっと食事すると、ファストフードでも1200円は超えてしまいます。
コンビニでコーラ1本が日本円換算で450円(税込み)、サンドイッチとかとセットでも300円にはぶっ飛びました。
消費税は12%と25%の2段階(自分が買い物した範囲で)ですが、それ以上に本体価格が高いです。
自分には関係ないですが、酒税もかなり高いそうで、ドイツなどからの並行輸入品が増えて問題になっていると
現地のメンバーが話してくれました。

所得税もかなり高いスウェーデン、それでも医療費や学費(大学まで)が無料など、多くの国民がその恩恵に
あやかることができているので、文句を言う人は少ないんだとか。

今回はいろいろ勉強させてもらいました。

by かねごん

会議終了 少し街歩き

3日間の会議日程、すべて終了しましたッ!

今日の午後便で帰国するメンバーもいるので、会議は2時過ぎに終了。
日本のメンバーの一人とは、明日の朝6時の便でドイツに飛ばなくてはならないということで、ここのホテルを
チェックアウトして今夜は空港近くのホテルに泊まるとのことで、ここでお別れです。

いつも思うんですが、欧州のメンバーって、「こんな内容まで議論するか?」と思う項目まで熱く議論します。
まぁそこまで英語力のない我々には「良きに解釈すればいいじゃん」と思うところですが、考えてみれば彼らは
日本のような曖昧が通用する文化ではなく、また彼らも互いに言葉も違い、文化も違う仲。
「絶対に曖昧にしない」と言うのが根底にあるんでしょうね。

私と残る一人、3時前にホテルに戻り「今夜は会議中にたまった仕事もあるし、夕食もバラバラでいいね。」

3時間ほど、集中して仕事をやっつけ、少しは街の空気を吸おうと久しぶりに旧市街を歩いてきました。

20181017a.jpg

旧市街に向かう道、ほぼ南にあるのにこの月の低さ。さすが北欧です。

ストックホルムの旧市街はノーベル博物館などがある小さな島。
のんびり歩いても2時間もあれば歩き切ってしまうほどです。

20181017b.jpg

旧市街の入り口付近、坂の上にストックホルム大聖堂がそびえています。

この旧市街、敵の侵入を妨害(分散)する細い路地がいっぱいあるので、路地フェチの私としてはたまりません!
今日もあちこち探索させていただきました。

ま、その辺はまた今度。
残りの宿題やって、荷物の整理して寝ます。

by かねごん

そこそこ寒いです

昨夜7時、ストックホルムのホテルにチェックイン。

飛行機の中も5時間近く寝て、「ホテルで眠れるかな?」とちょっと心配だったのがまた8時間以上しっかり睡眠。
仕事でも家でも連日ドタバタあって、さすがに疲れていたのかもしれません。

先行してノルウェーに行っていたメンバーとも無事合流して、先ずは1日目の会議も終わって一安心。

こちらの気温、今日は日中15-6℃まで上がって、パーカーを着ているとちょっと暑いくらい。
昼食に入ったレストランのおばちゃんは「こんな暑いの異常気象だよ!」と!?

それでも会議場の街路樹はこんなに色付いて、もう散り始めていました。

20181015.jpg


北欧で陽の角度も浅いので、金色に光ってきれいです。

夜になるとさすがに冷えてきて、ディナー後の夜9時過ぎは、私の頭では毛糸の帽子が欲しいくらい(笑)

それではあと2日、頑張りましょう。

by かねごん

場外は移転しません

今朝起きたら、なんかのどが変。

午後からはちょっと咳も出始めて、風邪の初期症状?
先週ちょっと息子が風邪気味だったり、職場で隣の席の人が風邪ひいてたりだったので、もらったか???
それとも風呂のあとの夜風がいけなかった???

でもここに来て風邪はヤバいっす!
風邪薬に抗生物質、とにかく叩き潰さないと!

今週からノルウェーに行って、現地合流するメンバーのメールでは、朝の気温は5-6℃、コート必携とのこと。
もちろんホテルの中は暖かですが、朝の移動や夕食に出たりは、寒さ対策が必要ですね。

明日は給湯栓の工事もあって、1週間ぶりに我が家の風呂も待ってるし、とにかく今日は早く寝ましょう。



さて、築地市場が豊洲に移転して、築地場外市場の様子をお昼がてら見に行ってみました。
豊洲の移転で、築地場外市場も移転してしまうという噂が流れたのか、多くのテレビニュースなどでも
「場外は移転しません!!」的なことが放送されていました。

いくつかの仲卸さんもこの中で営業を続けていて、銀座界隈の料理店へ食材を供給し続けています。

20181012a.jpg

午後1時半過ぎの場外市場。
思ったよりも多く人が出ていました。

いや正確にいうと、今までの場内市場の人の動きがなくなった分、クルマが減って、ちょっと空きが出た?

20181012b.jpg

それぞれの路地も、結構な人出。
やっぱり築地はこうでなきゃ。

競りの市場は豊洲に行っても、庶民の食の市場はやはり築地場外で、活気にあふれていてほしいですね。

by かねごん

間借り風呂脱出か?

先週末から給湯栓の漏水で、お湯が一切使えず、風呂は母と奥さんの実家を交互に使わせてもらってます。
仕事もちょっと早く終わらせて、夕食はそれぞれの家。

普段なかなかコミュニケーションが無いので、ある意味いい機会かな?
でもあまり長く続けるわけにもいかないし・・・と、今日、業者さんから連絡が入って
「土曜日にお湯が使えるように工事します。」とのこと。

このあと2週間、出張が続くので古くなったユニットバスの交換まではさすがに無理・・・と言う話をしたら、
「だったら先ず、お湯が使えるようにしましょう。」

ユニットバス本体の交換は、そのあと腰を据えて考えることにして、先ずは劣化した部分の交換工事をする
ことになりました。

風呂を借りるのも明日で終わりになりそうです。



話は変わって、今も時々行く、歌舞伎座裏にある「歌舞伎そば」
カウンター7席ほど、それに待ち席も7席の細長い、ウナギの寝床のような店内。

いつもお決まりの一番人気「もりかき揚げ」 470円。
大体7-8割の客が、夏でも冬でもこれを頼みます。

20181011.jpg

野菜かき揚げを食べやすく割って乗せてくれるんですが、揚げたてを乗せてくれるので、カリッとして、
ほんのりサツマイモの甘みも入ったりして、とっても美味。

もちろん蕎麦も香りのよい、しっかりとした蕎麦で、タレは薮蕎麦のようなガツンとしたものではないですが、
蕎麦の香りを活かす、絶妙なもの。

ここに来ると、なぜかゆっくり味わいながらそばをすする自分がいます。
(店にとっては迷惑な客かもしれませんが・・・)
今日も他の客の1.5倍くらい時間をかけて、ゆっくりと味わっていただきました(笑)

by かねごん

メカニックさん ありがとーっ

クルマの1カ月点検、行ってきました。
なんか擦ったところの修理が気になるのか、奥さんも「一緒に行く」と。

点検のあと、見積額について「板金までは行っていないので、2万円くらい」と、大体想像通りの説明。
細かい日程などについては、自分の出張もあるので「また後日」と言うことで帰ってきました。

で、家に着いて改めてクルマを見ると「ん?????」

傷がほとんど治ってる?

いや、完全じゃないですけど、言われなきゃわからないくらいに目立たなくなっていました。
奥さんもしゃがみこんで見たんですけど「えっ、傷がほとんど消えてる!」

どうも点検の時に、メカニックさんがバフがけして傷を目立たなくしてくれたみたいです。
ここまで目立たなければ、修理に出す必要は無いくらい。

しかもサービスでやってくれて・・・奥さんも私も「メカニックさん、ありがとーっ」



来週の今頃はストックホルム。
ストックホルムは4回目になりますが、今回は会議が3日間と1日スケジュールが多く、議論も白熱しそう。
ただ、基本的に会議は定時で終わるので、街中を歩く時間も増えそうです。

20181008.jpg

2004年、初めて行った時の写真。

旧市街は敵の攻撃を分散するために作られた、狭い路地のいっぱいある街です。
まさに私好みの街?

今週はその準備と、先週のイベントの片づけ、そして風呂を借りるために早く帰らなきゃいけないという、
別の意味でタフな1週間になりそうです。

by かねごん

漏水

ホテル滞在中、階下の住人の方から「上階から自宅の天井に水が漏れているようで、確認をお願いします。」
との連絡がありました。

マンションなどビルの漏水は、必ずしも真下に落ちるとは限らないので、両隣やさらに上の階も含めて今日、
業者さんが確認したところ、なんと漏水元はウチ。
風呂場の蛇口につながる銅製の給湯管が古くなって、小さなピンホールができて、そこから漏水していました。

20181007a.jpg

上のロー付け部分のその上、ちょっと赤い部分が漏水箇所。

20181007b.jpg

そしてユニットバスの裏側の壁と床。
夕方撮ったので、水はほとんど無くなってコンクリート面が濡れているだけですが、午前中はビショビショでした。
画面上部の木枠とそれに打ち付けられている石膏ボードもちょっとヤバそう。

あとで業者さんからの連絡では、漏れた水は下の3階だけでなく、2階の方の天井もシミを作っていました。
ヘタすると1階まで被害が広がるかも・・・


さてこの後大変なのがその修理。
被害を受けた方への修理と補償は、マンションで入っている保険が適用されるので、私の負担はほとんど無いはず
ですが、漏水元となる私の専有部分はそうはいきません。
穴の開いた配管は長いので、穴の部分だけを塞いだり交換するのは老巧化した他の部分に穴が開くリスクがあるし、
給湯管全体を交換するにはユニットバスの一部を壊さなきゃいけなさそう・・・

ユニットバス本体も築35年以上が経って、加水分解と言うプラスチックの劣化現象でかなり劣化しているので、
早いうちに交換しないとバスタブや床のひび割れなど、今度はもっと大変な事態になりそう。

この際思い切ってキッチン、トイレ、そして洗面台もいっしょに交換しちゃった方がいいのかな・・・
ただそこまでやると、その費用もそれなりに・・・・・。
クルマを買い替えた直後だけに、そこまでの出費は痛いです。

そして修理にせよ、交換にせよ、業者にお願いするにしても連休中で火曜日以降だし、しかも今度の日曜から
金曜まではスウェーデンに出張があって、帰国してその翌週月曜から金曜までは、また中国出張。
キッチン、トイレ、そして洗面台は別として、風呂の工事はどう考えても今月末から打合せが始まって、工事は
来月になってから。


そんなわけで当分の間、給湯器は一切使えそうにありません。
つまり、風呂にも入れない・・・ということになってしまいました。

風呂は近く銭湯も無いので、母と義父のところを借りる予定ですが、とにかく毎日のことなので、帰りが遅い時は
もう9年間使っていない実家の風呂(ここが一番近い)をシャワーだけでも使えるようにすることも必要かも・・・

まぁ、えらいタイミングで、えらいことになってくれました><

by かねごん

次のページ

FC2Ad