FC2ブログ

道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

聖地

昨日・今日、メッチャ寒いです。
今朝の我が家のベランダの気温、なんと2℃。
しかも今日は昼から外出で、本牧の埠頭の荷揚げ場の見学でしたけど、現場は空調なんて気の利いたもんありません。
長袖のヒートテック、しっかり着込んで行きましたけど・・・やっぱり寒かったです。


ところで京都でこんな所に行ってみました。

20181211a.jpg

寺町三条を一筋下がった所にある、アンティーク兼喫茶の店。

実はここ、アニメの「京都寺町三条のホームズ」の舞台と言われる骨董商兼喫茶の「蔵」のモデルとなった店。
俗にいう「聖地」ってやつです。
月曜が定休日なのを知らずに行ってしまいました・・・残念!


そしてこちらは仁和寺から北野白梅町に向かっていた途中、等持院駅で見かけた京福電車。

20181211b.jpg

撮って拡大して気付いた、ヘッドマークがアニメ「刀剣乱舞」のキャラクター「一期一振」

20181211c.jpg

この辺は調べてなかったので「ほほ~っ!」と思いながら北野白梅町の駅にちょうど入って来た車両のヘッドマーク

20181211d.jpg


20181211e.jpg

「鶴丸国永」
「刀剣乱舞」実在する名刀をキャラクターにしたアニメだけあって、最近流行り? の刀剣女子にも人気だとか。

自分もメチャクチャアニメ好きって感じじゃないです(と思っている)が、どちらも何か月か前、テレビでやって
いたので記憶に新しかったし、しっかり録画もしてあります(笑)

by かねごん

挑戦

昨日は奥さんが宴会で、母の食事作りは自分が担当。
鰆の味噌漬けを焼いて、焼き茄子、そして私として初挑戦となる大根の白出汁での焚き物。
合わせて昆布出汁も取って、関東風じゃなくて、大根の味を活かした関西風。
思ったよりほっこりとおいしくできて、自分も母も大満足でした。

ちょうど京都でも、あちこちのお寺で大根焚きが始まってますねぇ。
昨日は千本釈迦堂、今日は妙満寺の大根焚きだったそうです。



そういえばこの前の京都、京料理らしいもの・・・食べませんでした。
強いて言えば、衣笠丼とカレーうどん位?

忙しくてなかなか会えなかった友人にも、大阪での仕事帰りに何とか会うことができて、夕食を一緒にしようと。
そして待ち合わせた場所は、なんとお互いに時間的にちょうど都合の良い京阪「香里園」にしようと。
メールで来た駅名を見て私、「店の名前??」 何と読むのかもわかりませんでした(笑)

で、行った先は手打ちの讃岐うどんの店「上を向いて」さん。
2年ほど前に開店した店だそうですが、まだ若いご主人、脱サラして香川で修行して、この地に店を構えたそうです。

開店時間と同時に店に入ったので、客は自分たちだけ。
オーダーしたのは「今日から開始」の限定メニュー「寅ちゃんネギの鶏南蛮」に「寅ちゃんネギの天ぷら」。

「寅ちゃんネギ」と言うのは山形県のブランドネギだそうで、後で検索してみたらかなりの高級ネギ。
もちろん九条ネギなどの青ネギと違った白ネギです。

20181209a.jpg

軽く焼いたネギに鶏肉、切り口のエッジ??が効いたうどん。

驚いたのは、何とツユが鶏肉に合わせて甘みがあるツユ。
鴨南蛮などでは甘いツユを使いますが、出汁の効いた薄味のツユに甘みを持たせるのはなかなかの挑戦?
もちろん控えめな甘みで、これに焼きネギ独特の甘みが加わって美味でございます。

白ネギって、九条ネギとは全く違うネギの甘味です。
そして鶏の旨味を引き出すのも、こっちのツユの方が正解・・・でも関西の人の印象はもしかしたら割れるかも?

うどんも当然、福岡や熊本の柔らかな「飲み物」と言ううどんとは正反対の腰の強いうどんですけど、意外に
のど越しが良くて、「お・・・これなら」と言えるもの。
東京で食べるさぬきうどんとは、一線を画するうどんでした。

20181209b.jpg

そして「寅ちゃんネギの天ぷら」

ぶっといです! ネギの香りと甘みがジュワッと出てきます。
ただ・・・わかっていても土地柄、やはり九条ネギのイメージが先立ちすぎて、ちょっと物足りなさも感じてしまう。
京都に来てすぐ、九条ネギいっぱいの衣笠丼、食べちゃったからなおさら???
いや、ホント、美味しいネギなんです・・・だけど・・・・って奴ですね。

でもこの旨味を見つけてきた御主人、さすがだと思いました。
今回はいきなり限定メニューをお願いしちゃったので、次回は基本のメニューもいただいてみたいと思います。


で、うどんの後はスタバで近況やらカメラやら、短い時間だったけどたっぷり話し込んできました。
あとで気づくとこの友人とも出逢って10年、歳は離れているけれど、今時にしては珍しい、気兼ねなく話ができるやつです。
これからも、よろしくって感じですね。

by かねごん

表参道のイルミネーション

仕事帰りに恒例の?表参道のクリスマスイルミネーション、撮りに行ってきました。

今年のイルミネーションのスポンサーはGoogle Pixel・・・ちょっと期待です。

表参道に来るの1年ぶりでしたが、先ず驚いたのが、表参道に並ぶ店がいくつも変わってしまっていたこと。
表参道だけじゃなく、渋谷に抜けるキャットストリートも・・・
結構こじんまりして、被写体として気に入っていた店がブランドショップに変わってしまったところ。
そして中には結構広い土地が更地になっていて、そこにあった神社が移設準備でお参りできなくなっているところも。

20181207a.jpg


20181207b.jpg


20181207c.jpg

この1年の変化は今までになく(表参道ヒルズ完成以来?)大きく感じます。

そして肝心のイルミネーション!

20181207d.jpg

相変わらずきれいです。
表参道全体が飾られるので、奥行き感があります。

六本木ヒルズのけやき坂も同様ですが、電飾の色が温かいのが表参道の特徴。
時間が経つとイルミネーション全体がウェーブのように光ったりして、楽しませてくれます。

ただ写真を撮っていてちょっと思ったのが、「例年よりちょっと暗くないか?」ということ。

20181207e.jpg

実は今回の写真、露出補正していません。
いつもならちょっとマイナス補正するんですけど、それをやっちゃうと全体が暗くなっちゃう・・・><

もしかしたら道沿いの店舗の灯りが明るすぎて、逆にイルミネーションが映えなくなっているのかもしれません。
そのくらい表参道が変化してきている・・・と言うことかも。

時間があれば六本木ヒルズも行ってみたいけど、行く余裕・・・あるかなぁ!

by かねごん

α6500雑感

昨日・今日、急に暖かくなって、昨日は20℃近くにまで。

ちょうど先週末に冬のジャケットに入れ替えて、夏・秋モノをまとめてクリーニングに出したばかり。
つまりこの暑さに対して冬物を着るしかない💦

さすがに朝、駅まで歩いただけで暑くて、電車の中はジャケット脱いでました。



さて今回京都に連れて行ったα6500。
レンズは今まで持っていたZEISSの16-70mm F4.0 1本だけ。
このサイズのカメラ、やはり街歩きカメラには手ごろでいいですね。
重戦車のD800Eに24-70mm F2.8D800Eにえ歩くのとじゃ全然違います。

そしてこの春の京都もα6000とこのレンズだけで出かけてますけど、結構使えるレンズです。
適度なシャープさとボケ味。
F4.0ですけど手振れ補正とボディの高感度画質も良いので、夜景でも平気。

20181205a.jpg


20181205b.jpg

妙心寺にて

蜘蛛の巣と手前のモミジ、それぞれにピントを合わせて比較。
今までこのレンズ、こんな撮り比べしたこと無かったですけど、このくらいクセのないボケが出てくれるのは
やはり性格の良いレンズってことですかね。

そしてボディは液晶モニタのタッチでフォーカスポイントが選べるのもとっても便利だし、スマホとBluetoothで
接続して、スマホのGPSデータを取り込むことができるのも旅カメラとしてはありがたい機能です。

欲を言えば・・・α6000と同じですが、液晶モニタの明るさが周囲の明るさに応じて自動調整してほしいのと、
バッテリがもっと容量増やしてほしい。
バッテリ1個で350枚はちょっと少なすぎませんかね?
RX100M3もほぼ同じ仕様ですが、αの方がメインとして使うので撮影量は段違いです。

今回もバッテリ3個体制で、ほぼ毎日2個目を使う状況でした。

いろいろ違う機能も付いているようなので、またしばらく遊びながら試してみましょう。

by かねごん

御太鼓司

今日は実家に行って風通しと内職。

2週間前に植木屋さんが入って庭木の剪定に下草の処理もしてもらったので、庭も塀周りもスッキリしてました。
ほぼ空き家ですけど、庭木の剪定はしておかないと、いかにも・・・って感じで、防犯上もよろしくないので
手入れだけは定期的にやってもらってます。



今回の京都で歩いた路は比較的短いもので、醒ケ井(さめがい)通、椹木(さわらぎ)町通、柳馬場通、そして堺町通。
そんな中で、醒ケ井通で見つけたここ。

20181202.jpg

御太鼓司・・・和太鼓・・・メッチャ興味深い。

ちょっとお話を聞いてみたい・・・店の前を何度かウロウロして、思い切って暖簾をくぐってみると、暖簾の奥には
なんと革の破れた太鼓が置かれていました。

ちょうどご主人がいらしたので「こんな訳で、くぐらせてもらいました」と言うと、快くお話をしてくれました。

店としては江戸寛政年間に創業して、200年以上経つそうで、全国からの太鼓の注文、修理等行っているそう。
最近は修理の方が多いそうで、その革の破れた太鼓も張替修理の依頼。

胴の塗り替えはもちろん、多少のひび割れなども、ほぼ新品同様に修理できるんだそう。

そして今でも太鼓の革は牛を使っているそうで、これを温度や湿度の影響がほとんど出ないくらい、しっかり張るのが
大変なんだとか。
また太鼓はその用途に応じて音の造り(チューニング)も違うだとか。

自分、ギターだけじゃなく、ドラムも叩いていたことがあるので、「チューニングの基本は同じなんだなぁ」と。
もちろん和太鼓は一度革を張ったらドラムのように調整はできません。
職人だけがなせる業ですね。

10分ほどでしたが、御主人のいいお話を聞かせていただくことができました。

by かねごん

ウ〇チがいっぱい

今日は先々週受けた瑠奈の健康診断の結果を聞きに、朝から奥さんと獣医さんへ。

まぁ血液検査の結果が中心なんですが、特に悪いところも無く・・・ただ中性脂肪がメチャ高い。

20181201a.jpg

参考基準値31~92に対して292って・・・検査前日から絶食、おデブだから脂質の少ないダイエット食に切り替えて
いるのにこの値・・・って、おやつも脂質は少ないものにしているのに。
運動不足は間違いないので先生も「お散歩出してあげてくださいね」。

あとは先日言われたストラバイト。
これは家であまりオシッコしないこと(1日1~2回)もあるので、散歩と「定期的にオシッコ検査しましょう」
ってことで、経過観察になりました。

笑えたのが、レントゲン写真。
素人目にみてもわかる程、お腹の中にウ〇チがいっぱい。
「便秘とかになっていないなら問題ないです」って、先生もちょっと笑い気味。

まぁ、経過観察程度で良かったです。



昨日京都から帰って来て、写真をパソコンにコピーしたんですが、撮ったコマ数833、その容量約13GB。
まぁ、紅葉を露出変えながら撮ったりしているので、そんなもんでしょうか?
ただα6500のJPEG、Extra Fineと言う最高画質で記録すると1コマ20MBを超えるものもあって、画素数から考えると
D800E以上ってちょっと驚きです。

さぁ、年賀状に使える写真・・・あるかな?

20181201b.jpg

さて今回、街歩きしていて気付いたのは、町家をリノベーションしたゲストハウスがとにかく多いこと。
どこを歩いていても「ちょっと小綺麗な京町家」=ゲストハウス・・・とにかくいっぱいあります。

こうして京町家を残すこと自体は、京都の景観を残す上で大切だと思います。
祇園に行けば表向きは世界遺産指定地域の京町家でさえ、扉を開ければ虹色の灯りが怪しく光るバー・・・
なんてのがあるのも事実です。

でも、余計な心配かもしれませんが、ゲストハウスばかり急増していて大丈夫なのか・・・と気になります。
こういうゲストハウスって、主な宿泊者は外国人で宿泊費もそれなりだし、グループじゃないとなかなか泊れないし、
リピーターとなる客も少ないのでは・・・?

ちょうど今は京都は外国人訪問客も多く、古い京町家に貸し切りで泊れることは憧れ的存在。
そんなバブル状態?の中で、「少し増やしすぎじゃないの」「この先大丈夫?」と言う印象を受けました。

by かねごん

Reutrn to 俗世

夜10時過ぎ、俗世に戻ってきました。

今日は柳馬場通と、その隣の堺町通を歩きながらフラフラ買い物して、最後の仕上げに京都タワーに登ってみました。
京都に通い始めて16年、いつも街歩きの起点となる京都駅の前にそびえる京都タワー。
ここの地下にある大浴場は何度か利用させていただきましたが、上のタワーは今まで、一度も行ったことが無く・・・

20181130a.jpg

地上100mから眼下に東本願寺、その右にまっすぐ北に伸びる烏丸通。
東本願寺の境内の大きさがよくわかります。

20181130b.jpg

西を見ると、ちょっとかすんでますが、画面右から京都水族館、鉄道博物館、JR貨物京都駅が一望できます。

20181130c.jpg

北北東側には比叡山が霞んでます。

こうして上から見ると「京都もビルが多いなぁ」って実感しますね。


そして今回、京都で歩いた歩数は87438歩。
昨日は仕事がメインの日だったので、7000歩ちょっとでしたが、火曜、水曜、今日は連日20000歩超え。
いやぁ、良く歩いたもんです。

今のところ筋肉痛も無く、軽いハリ程度ですが、念のためストレッチ、しておきましょう。

by かねごん


次のページ

FC2Ad