道楽オヤジの気まぐれ写真館

写真・ちょっとお出かけ・パソコン好きなオッチャンの道楽日記です。

自分の時間を楽しんだ一日

昨日は奥さんと買い物に出た以外は家でゆっくり・・・昔の仲間と久しぶりにSkypeしてみたり。
ワールドカップは始まるし、AKB総選挙にル・マン24時間、テレビにネット中継、忙しいです。

そして今日は、奥さんが東京ドームへキスマイのコンサート。
息子も出かけていて、夕飯はサンドイッチにちょっとおいしい紅茶を淹れて、瑠奈とのんびり。
久しぶりにゆったりとステレオの音にひたって、いい時間を過ごしてました。

そして奥さん、昼過ぎに出て行って、今さっき、11時過ぎて騒ぎ疲れて帰ってきました(笑)

家族みんなそれぞれ、自分の時間を楽しんだ一日・・・ってことですね。


さて、波除稲荷神社のお祭りに行った日、昼過ぎの場外市場、さすがに観光名所築地。
昔は多くの店が土曜日は休んでいたのに、今は違います。

20180617a.jpg

なんと言ってもこの人出。

職場の近所なので、平日は欧米人も多く見かけますが、この日はアジア系の人が多かったです。

20180617b.jpg

とにかく歩きにくいくらいの人・人・人

さすがと思うのは、英語や中国語の看板だけでなく、話せる店員さんもいる!
国際観光都市ってだけあります。
そういえば時々行く場内の定食屋のオヤジさん、付け焼刃じゃない、結構きれいな英語を話して
いてびっくりしたこともありました。

20180617c.jpg

欧米の人に人気なのが、この生牡蠣。

生牡蠣は彼らも食べる習慣があるので「築地で生牡蠣食ったぞ」って土産話になるんでしょうね。
レモンをかけたり、タバスコをかけたりして楽しんでます。

20180617d.jpg

インスタ映えを狙って、築地とは似合わない???こんなものも売ってました。

白イチゴって高級なんだっけ?

20180617e.jpg

最近はトリップアドバイザーなど、ネットで有名になる店も多いらしく、行列のできる寿司屋も
少なくありません。

これはどう見ても午後2時には店を閉められそうにありません。

20180617f.jpg


20180617g.jpg

この2つの建物が、築地の移転後に仲卸を中心とした店舗が入る「築地魚河岸」。
海幸橋棟と小田原橋棟があって、60店舗ほどが入っています。

築地が豊洲に移転すると、銀座界隈の料理屋への食材の供給は大きな問題。
ここを拠点にそれを解決しようってわけです。
3階には食事ができるエリアもあって、一般の人も食事ができるようになっています。

個人的には今のゴチャゴチャした所が好きなんですが・・・この前のような火事が起きると
どうしようもないし・・・中卸売場の老朽化を目の当たりにすると・・・仕方ないですね。

by かねごん

おわたぁ   築地場内

いやぁ~っ  オワタァ!

職場のイベントでテンパっていた仕事、昨日無事終了っ!
この間、久しぶりに連日11過ぎに帰宅して、風呂に入って、即寝の連続。
8時に出勤したら退勤まで職場に缶詰めだったんで、昼食も1階のコンビニで弁当買って、席で食べて。

疲れたのと達成感が重なる・・・複雑な気分ですねぇ。

今日は解放されたんで、ゆっくり寝て出勤も9時半。
定時で上がって、外の空気を吸いに銀座をフラフラして帰ってきました。
多少はメリハリつけないとね!

ま、今日からはこのイベントで止まっていた仕事を再開して、それはそれで・・・(-"-;A ...アセアセ


<築地場内>

波除稲荷神社の祭りに行く前に、築地市場内を少し歩いてみました。

築地市場の中卸売場は、午前10時までは取引の車の出入りも多いので、中には入れません。
(6月15日からは11時以降になるそうです)
また、マグロのセリは別口で早朝、先着順の受付で見学できます。

私が行った12時過ぎは、すでに仲卸の仕事も終わって、店の片づけもほぼ終わり、閑散とした時間。

20180615a.jpg

まず建物に入る前に目に飛び込む、発泡スチロールの処理場。

築地にはたくさんの鮮魚が送られてくるので、鮮度を維持するため、魚が発泡スチロールの箱に
氷詰めにされてきます。
使い終わった箱は、ここで溶かされて、塊にされてリサイクルされるそうですが、すごい量です。

週末のこの時間でこれだけ、平日はもっと山になってます。

で、中に入って行くと

20180615b.jpg

電気も既に消されて、ちょっと暗いです。

築地の中卸売場は大きく扇型になっていて、その弧に沿ってこうした広い通りが幾重にもあって、
その通りの間に数百の仲卸さんがひしめき合ってます。

20180615c.jpg

市場の必需アイテム、ターリーと呼ばれる電動運搬車。
メチャクチャ小回りが効いて、これが市場の内も外も、ひっきりなしに走り回ってます。

大通りの間にひしめく仲卸さん。

20180615d.jpg

20180615e.jpg

早朝からの営業を終わって、一部の店だけがまだ片づけをしていました。
この発泡スチロールの山も処理場に運ばれるんでしょうね。

20180615f.jpg

ぐるっと回って出荷場。
さすがにこんな時間には誰もいません(笑)

歩いてみてわかるのは、「さすがに老朽化しているな」と言うこと。
豊洲への移転、いろいろありましたが、老朽化だけは事実。
10月11日以降はこの姿も見られなくなっちゃうんですね。

できればもう少し威勢のいい時間に来てみたいものです。

by かねごん

築地 波除稲荷神社大祭2

今日は月遅れの息子の誕生会。
皆で外食してきました。
そういえば自分もあと2カ月ちょっと。 どこで食べるか考えとかなきゃいかんです。


で、昨日の続きの築地波除稲荷神社の大祭の様子。
今日は神輿の巡行の様子を!

昨日書いたように、ここでの神輿は波除神社の一つ。
だから築地の各町内で交代で、時には混合で神輿を担ぎます。

午後2時ちょうど、先導車に続いてお囃子の曳き車、そして天狗の面に高提灯を立てて、神職、
そして神輿が御旅所を出発しました。

20180610a.jpg

20180610b.jpg

位の高い?神職の方は人力車。

と、目の前まで来た神輿、拍子木が打たれて突然止まりました。
まだ100mも動いていないのに???

20180610c.jpg

どうも御旅所出しは、築地町内の役員さんたちで行われたみたいです。
役員さん⇒お歳の方も多い・・・ってことで御旅所を出てすぐに担ぎ手交代するようです。

20180610d.jpg

担ぎ手が交代してからは、一気に掛け声も勢いがついて、テンションも上がってきます。
こうしてみると、かなり大きな神輿ですね。
案内には「千貫神輿」、もちろん実際に千貫あるのではなく、大きな神輿の代名詞です。

見ていて思うのは、神輿の担ぎ方がとても紳士的だということ。
神田祭のようにハデに神輿を揉むのではなく、「ソイヤ、ソイヤ」で一歩ずつ進む感じです。

そして築地市場の正門を過ぎて「市場橋」と言う交差点。

20180610e.jpg

交差点の向こう側に御旅所が作られていて、お歯黒獅子、大獅子が待機していました。
神輿はここから築地市場に入ってくるので、ここで合流するみたいです。

しばらく待っていると、神輿が到着して、いよいよお囃子のあとに、お歯黒獅子、大獅子、
そして最後に神輿の順に市場の中に入ってきました。

20180610f.jpg

こうして連なってくると、なかなかの壮観です、迫力あります。

20180610g.jpg

20180610h.jpg

20180610i.jpg

そして向きを変えて細い路地に入って行きます。

20180610j.jpg

この時間、多くの店はすでに営業を終えていますが、観光客相手の店は営業中。
その中に神輿が入ります。

20180610k.jpg

横の路地から神輿を見ると、場外市場の商店の軒先を神輿が通って行きます。
神輿と市場が一体になって進む感じ!

このあと、お囃子からお歯黒獅子、大獅子、神輿は一旦市場を抜けて、築地の各町内を
練り歩き、夜8時過ぎに宮入りする予定でしたが、この日は土曜日。
最後の宮入、見届けたかったですが、母の食事当番もあるので、私はここで撤収。

でもこの市場の中を行く神輿。
今まで見たほかの祭とも違う一面を楽しませてもらいました。
来年以降、どのように運営されるのか気になりますが、とにかくいいもん、見せてもらいました。

by かねごん

築地 波除稲荷神社大祭

ちょっと仕事が来週後半までテンパってまして・・・帰りも遅くてブログの更新の余裕もないです。
奥さんにはもう「来週、月・火・水は夕飯要らない!」と宣言、水曜日の母の食事当番も、弟と
奥さんにお願いするっきゃないです。

それはさておき、今週は築地にある「波除稲荷神社」の大祭「つきじ獅子祭」。
築地市場の豊洲への移転を控えて、築地場内を神輿が通る最後の祭?

実はこの祭、2年前にも来て同じようなことを書いてましたが、あの時はすぐに移転が延期。
幸いにもこうして祭ができたわけです。
本当は昨日、100年ぶりと言われる神輿を船に乗せて御旅所に運ぶ船渡御と水鎮祭があって、
それを見たかったんですが、さすがにこのテンパった仕事の中では抜け出せず・・・


ま、とにかく今日の祭を3回ぐらいに分けて紹介します。


神輿の巡航での御旅所は、浜離宮庭園の入り口脇の広場に設けられていて、御旅所出しは午後2時。
12時過ぎに市場に着いてフラフラしながら浜離宮方向へ行ってみました。

20180609a.jpg

御旅所に向かう途中、前を歩いていた担ぎ手の一行。
締め込みに藍染の鎖柄の法被、粋ですねぇ!!

こうした法被姿の一行があちこちから御旅所に集まってきます。

20180609b.jpg

右の大きな屋根が御旅所。
そのまた右端に小さく見えるのは、お囃子の曳き車。

大きな広場が様々な法被で埋められ始めました。

20180609c.jpg

神職さんも入念な打ち合わせ、そしておかみさん達も、揃いの着物に帯。

20180609d.jpg

ここでは神田祭のように町内ごとの神輿ではなく、波除稲荷神社の神輿を皆で交代に担ぎます。
あちこちで町内の役員さん同士があいさつを交わす姿が、見ていて気持ちいいです。

20180609e.jpg

ふと目に留まったとある町内の役員さん。

袴姿にカンカン帽、そして右に半分だけ覗いている帽子は麻。
江戸のハイカラですねぇ!!

こうして粛々と集まってくる人を見ているだけでも楽しいし微笑ましいです。

なわけで、明日は神輿の巡行を紹介します。

by かねごん

梅雨入りです

今日から関東も梅雨入り、朝から雨が降ってます。

週末あたりには、靴も多少防水性のあるものに入れ替えて、雨対策。

自分、雨の日に歩くと結構ズボンの裾が(正確には膝から下が)ビッショリ濡れちゃうんですね。
傘をさすのが下手なのかなぁ?
そんな事もあって、多少防水性のある靴は必須です。

20180606.jpg

そういえば前々回、雨が降ると写真を撮る楽しみも増える・・・なんて書きましたけど、最近は
全然、雨の日の写真なんか撮ってませんね。

週末は鎌倉、平日ならば仕事帰りに表参道、青山界隈・・・
表参道も1年以上行ってないので、たまにはフラフラ、行ってみますかね?

by かねごん

さらば MARANTZ Sc-6

昨日書いた設備の入れ替え。

38年間使ってきた、ステレオのプリアンプ(つまりCDやチューナーと言った音源の切り替えや
ボリュームを操作するアンプ)がとうとう力尽きてしまい、ほぼ同年代の中古整備品を購入し、
きょうはその入れ替えを半日かけてやりました。

今まで使ってきたのはMARANTZのSc-6。
買ったのは会社に入って2-3年目の1980年・・・今まで38年間使ってきて、ボリュームを回すと
ノイズが出たり、切り替えスイッチを操作するとブチブチいって音が出なかったり・・・
だましだまし使ってきました。

が、とうとう中でカチカチ音がし始めて音が途切れるようになり、ほとんど音が出ない状態に。

20180603a.jpg

ラックから外したSc-6
見た目には何でもないですが、中の基板は黒く炭化してきて、大体の原因はわかっていますが、
さすがに交換する部品の数とかも考えると、自分で修理するのはちょっと無理・・・。

ってことで今回、同年代に売られていた2クラスくらい上のDENONのPRA-2000。
特殊な音質対策コンデンサ以外は交換、その他諸々整備した中古整備品を購入しました。

20180603b.jpg

見た目にはパワースイッチとボリュームツマミだけのシンプルなデザイン。
下半分が手前に開く構造になっていて、セレクターボタンが隠れてます。

20180603c.jpg

Sc-6に比べると、トーンコントロールなどの余計な回路は一切ついていない、基本性能に徹底
してこだわった製品、発売当時は20万円もした高級アンプです。

ステレオラックの裏、たぶん20年近く掃除もしてなかったので、セットの入れ替え作業よりも
掃除作業の方がはるかに大変 (-"-;A ...アセアセ

今回は壊れて使えなくなっていたMini-Discデッキ(知らない人、多いだろうなぁ)も外して
しまった分、CDの置き場所が増えました。
私と奥さんのCD、合わせてざっと400枚くらいはありそう・・・

でも先ずは、20数年ぶりにレコードに針を降ろしてみました。

20180603d.jpg

わずかに聞こえる懐かしいホコリのスクラッチ音。
そしてアナログならではの、柔らかな包み込むような音・・・

CDとの対比で言われた「レコードには音の無い時の音がある・・・」よく言ったものです。
久しぶりのレコードの音に、鳥肌立ちました。

これでまた我が家のステレオシステム復活ですが、外したSc-6・・・お疲れさま。
我が家にずっと置いておくわけにもいかないので、処分しなくちゃいけません。
ウッドケースはヤフオクにでも出せば、引き取ってくれる人もいると思いますが・・・
リボンでも付けて送り出してやりたい気分です。

最後に、記念にモデル名とシリアルナンバーの写真を!

20180603e.jpg

9XF030079

さらば! そしてありがとう! MARANTZ Sc-6!!

by かねごん


来週には梅雨入り

6月になっちゃいましたねぇ!

気温は高くても湿度が低いので、すごしやすい毎日が続いてます。

予報では来週半ばあたりには梅雨入りするだろうと・・・ちょっとジメジメした季節になりますが、ま、それも日本の四季あってこそ。

最近は雨でもビニール傘が多くて「傘の花が咲く」なんて情緒は無くなってしまいましたけどね。

強い雨じゃなければ、路面に反射する光もきれいだし、写真を撮る楽しみも増えます。
京都にいて雨だったら、すぐに石畳の道に行くんですけどね。


さて、昨日の帰り、また銀座をフラフラしてきました。

20180602a.jpg

爽やかですねぇ!

この時期のショーウインドウは色とりどりで、見ていて楽しいです。
どう写真に撮るか、悩みます。

20180602b.jpg

こちらのマネキンさんは、3人そろって何を見上げているんでしょうね?

中にはこんなものも・・・

20180602c.jpg

時代的には戦国時代、鉄砲が使われ始める前後の陣羽織を着た甲冑。
説明では松竹衣装部からとのことですが、ウインドウにこうした甲冑があると、さすがに外国人
観光客の目を引きますね。
覗き込んでいる人が何人もいました。


明日はちょっと家の中の設備の入れ替えでドタバタします。
長年使ってきたモノがとうとう寿命になりまして・・・
詳しくはまた明日。

by かねごん


次のページ

FC2Ad